世界文化遺産 【マカオ歴史地区】(南側) 画像

案内所トップマカオの世界遺産(マカオ歴史地区) > フォトギャラリー 南側



マカオの世界遺産構成要素分布マップ

建物や広場の番号は、上マップ内の番号と一致しています。
1 媽閣廟
3 港務局(海事水務局)
4 鄭家屋敷
5 リラウ広場
6 聖ローレンス教会
7 聖ヨセフ修道院および聖堂
8 聖オーガスティン教会
9 ロバート・ホー・トン図書館
10 ドン・ペデロ5世劇場
11 聖オーガスティン広場
12 民政総署
13 セナド広場
14 仁慈堂
15 三街會館(関帝廟)

16 盧家屋敷
17 大堂
19 聖ドミニコ教会
21 イエズス会記念広場
22 聖ポール天主堂跡
23 ナーチャ廟
24 旧城壁
25 モンテ砦
26 聖アントニオ教会
27 カーザ庭園
28 カモンエス広場
29 プロテスタント墓地
30 ギア要塞
以上の説明、画像は、フォトギャラリー北側の記事へ。


1〜13  媽閣廟
媽閣廟は、マカオの街が形成される以前から存在していました。正門、中国式鳥居と4つのお堂で構成されています。媽閣廟のように単一の建築集合体の中に異なる神を祀る様々なお堂が存在するのは、儒教、道教、仏教および複数の民間信仰の影響を受けた中国文化の典型的な例だと言えます。
1
b0212342_21071190.jpg

2
b0212342_21071882.jpg

3
b0212342_21072382.jpg

4
b0212342_21072902.jpg

5
b0212342_21075579.jpg

6
b0212342_21080126.jpg

7
b0212342_21080697.jpg

8
b0212342_21081081.jpg

9
b0212342_21081640.jpg

10
b0212342_21084833.jpg

11
b0212342_21085349.jpg

12
b0212342_21085842.jpg

13
b0212342_21090345.jpg


14〜26 港務局(海事水務局)
1874年、マカオの警察部隊を補強するためにインド・ゴアから派遣された連隊の宿泊施設として建築されました。現在は海事水務局として使用されています。建物はムガール帝国の建築要素を反映した新古典様式の建築です。
14
b0212342_21172641.jpg

15
b0212342_21175877.jpg

16
b0212342_21184318.jpg

17
b0212342_21191322.jpg

18
b0212342_21194303.jpg

19
b0212342_21201365.jpg

20
b0212342_21204383.jpg

21
b0212342_21221600.jpg

22
b0212342_21224638.jpg

23
b0212342_21231659.jpg

24
b0212342_21234621.jpg

25
b0212342_21241674.jpg

26
b0212342_21284633.jpg


27〜30 鄭家屋敷
1869年以前に建てられた屋敷は、著名な中国の文豪・鄭観應の伝統的な中国式住居でした。複数の建物と中庭で構成されており、アーチ型の装飾に灰色レンガを使用したり、インド式の真珠貝の窓枠に中国式格子窓が取り付けられるなど、中国と西洋の影響による様式が混在しています。
27
b0212342_21293283.jpg

28
b0212342_21300140.jpg

29
b0212342_21330046.jpg

30
b0212342_21303103.jpg


31〜33 リラウ広場
その昔、リラウの地下水がマカオの天然水の供給源でした。ポルトガルの言い伝えに「リラウの水を飲んだ者はマカオを決して忘れない」とあり、これはリラウ広場に対する地元民のノスタルジックな想いを表したものです。このエリアはポルトガル人が最初に住み始めた地域の一つです。
31
b0212342_21352889.jpg

32
b0212342_21461053.jpg

33
b0212342_21454022.jpg


34〜42 聖ローレンス教会
16世紀中頃にイエズス会によって建てられ、マカオで最も古い教会の一つです。現在の外観および規模は1846年に再建されたものです。かつては海を臨む南湾の水辺にあり、ポルトガル人船乗りの家族はこの教会の階段に集まり、彼らの帰還を祈り待ち続けたことから、「風順堂」と名づけられました。当時は比較的裕福な人々が教会付近に住んでいたため、壮大かつ贅沢な建築の仕様が伺えます。新古典様式の造りですが、僅かにバロック調の装飾も感じられます。
34
b0212342_22150399.jpg

35
b0212342_22151021.jpg

36
b0212342_22151750.jpg

37
b0212342_22154642.jpg

38
b0212342_22155380.jpg

39
b0212342_22155863.jpg

40
b0212342_22160412.jpg

41
b0212342_22160945.jpg

42
b0212342_22171838.jpg


43 聖ヨセフ修道院および聖堂
b0212342_22453599.jpg


44〜51 聖オーガスティン教会
スペインの聖オーガスティン修道会によって1591年に最初に創設されました。この教会は何千人もの信者が参加するマカオで最も有名なキリスト教行事、パッソス聖体行列を司ることを伝統としてきました。昔、大雨の際には司祭たちがヤシの葉を使って屋根の補強をしていました。遠くから見ると、これらの葉は風によって浮遊する竜の髭のように見え、地元の中国人はこれをLong Song Miu (竜の髭寺院)と名付けたといわれています。
44
b0212342_22210510.jpg

45
b0212342_22211276.jpg

46
b0212342_22211839.jpg

47
b0212342_22214676.jpg

48
b0212342_22215359.jpg

49
b0212342_22215987.jpg

50
b0212342_22404646.jpg

51
b0212342_22225289.jpg


52〜58 ロバート・ホー・トン図書館
1894年以前に建築された建物は、元々はドナ・キャロリーナ・クンハの住居でした。1918年に香港の事業家ロバート・ホー・トン卿がこれを購入し、別荘として使用していました。1955年の彼の死後、遺言に従ってマカオ政府に寄贈され、図書館として改築されました。
52
b0212342_22290045.jpg

53
b0212342_22290559.jpg

54
b0212342_22291191.jpg

55
b0212342_22291818.jpg

56
b0212342_22292428.jpg

57
b0212342_22293033.jpg

58
b0212342_22294640.jpg


59〜70 ドン・ペデロ5世劇場
1860年、中国で最初の西洋式劇場として300席を設けて建築されました。地元マカオのコミュニティーにおける非常に重要な文化的名所として残っており、現在も重要な公共の催事や祝賀会の会場として使用されています。
59
b0212342_22324735.jpg

60
b0212342_22325378.jpg

61
b0212342_22325909.jpg

62
b0212342_22334693.jpg

63
b0212342_22335373.jpg

64
b0212342_22335921.jpg

65
b0212342_22340464.jpg

66
b0212342_22343806.jpg

67
b0212342_22344460.jpg

68
b0212342_22344974.jpg

69
b0212342_22345450.jpg

70
b0212342_22345845.jpg


71〜73 聖オーガスティン広場
71
b0212342_22390846.jpg

72
b0212342_22392399.jpg

73
b0212342_22393056.jpg


74〜80 民政総署
1784年に建築された建物は、マカオ初の市議会所有のものであり、現在もその機能を果たしています。「レアル・セナド」(忠誠なる評議会)という名称は、1654年にポルトガル王ドン・ジョン4世がマカオを褒め称えた言葉「神の名の街マカオ、他に忠誠なるものなき」に由来するものです。民政総署は新古典様式で、壁、レイアウト、裏庭に至るまで当時のまま残されています。二階には公式行事などで使用される議事室と、ポルトガルのマフラ宮殿の図書館を模した重厚な図書館と、小さなチャペルがあります。
74
b0212342_22504168.jpg

75
b0212342_22504812.jpg

76
b0212342_22510192.jpg

77
b0212342_22510934.jpg

78
b0212342_22512970.jpg

79
b0212342_22513642.jpg

80
b0212342_22514117.jpg


81〜85 セナド広場
セナド広場は何世紀にもわたってマカオの街の中心であり、現在も公共のイベントや祝典が開催される最も人気のある広場です。民政総署や三街会館(関帝廟)のすぐそばという立地は、地元の中国人社会が積極的に行政に関与していたことを物語っており、マカオ文化の多様性を知ることができます。広場はパステルカラーの新古典様式の建物に囲まれており、波形模様の石畳が調和のとれた雰囲気を醸し出しています。
81
b0212342_22552240.jpg

82
b0212342_22553816.jpg

83
b0212342_22554734.jpg

84
b0212342_22555688.jpg

85
b0212342_22563592.jpg


86〜90 仁慈堂
1569年に初代マカオ司教によって設立された施設で、祖国ポルトガルで最も著名かつ古い慈善団体の建物をモデルに建立されました。マカオで最初の西洋式病院と今でも運営されている慈善福祉施設の創設に深く関わりました。建物は新古典様式ですが、マヌエル様式の影響もうかがえます。
86
b0212342_23000128.jpg

87
b0212342_23001857.jpg

88
b0212342_23002425.jpg

89
b0212342_23003189.jpg

90
b0212342_23003716.jpg


91〜97 三街會館(関帝廟)
かつての中国市場があったあたりは、今も市場(營地街市)が建っています。西洋式のセナド広場に接して、この中国式寺院が存在する姿から、二つの文化の共生を見ることができます。関帝廟は、中国商工会議所の前身として中国系事業組合と長年密接に関わっています。
91
b0212342_23025336.jpg

92
b0212342_23025813.jpg

93
b0212342_23030236.jpg

94
b0212342_23030735.jpg

95
b0212342_23031217.jpg

96
b0212342_23031651.jpg

97
b0212342_23032386.jpg


以上、解説はマカオ観光局日本語HPより

これ以外の遺産の構成要素は、【マカオ歴史地区】フォトギャラリー 北側 の記事へ。

by h9w457y8i | 2017-09-30 10:45 | マカオ | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。