重要文化財 【永代橋】

サイトマップ東京都 近代文化遺産 > 永代橋フォトギャラリー

文化財分布マップ

1
b0212342_11050145.jpg

2
b0212342_11050533.jpg

3
b0212342_11050961.jpg

4
b0212342_11051209.jpg

5
b0212342_11051694.jpg

6
b0212342_11054374.jpg

7
b0212342_11054711.jpg

8
b0212342_11055117.jpg

9
b0212342_11055590.jpg

10
b0212342_11060745.jpg

11
b0212342_11063518.jpg

12
b0212342_11063987.jpg

13
b0212342_11064301.jpg

14
b0212342_11064873.jpg

15
b0212342_11065255.jpg

16
b0212342_11072145.jpg

17
b0212342_11072699.jpg

18
b0212342_11073057.jpg

19
b0212342_11073531.jpg

20
b0212342_11073940.jpg

21
b0212342_11080595.jpg

22
b0212342_11080966.jpg

23
b0212342_11081535.jpg

24
b0212342_11081918.jpg

25
b0212342_11082389.jpg

26
b0212342_11084848.jpg

27
b0212342_11085206.jpg

28
b0212342_11085631.jpg

29
b0212342_11090051.jpg

永代橋(えいたいばし)は,清洲橋と同様に,関東大震災(1923年)からの帝都復興事業の一環として,内務省復興局土木部長太田圓三らの設計により,大正15年(1926年)12月に竣工した,橋長184.7m,幅員25.6mの規模を有する広幅員の三径間カンチレバー式タイドアーチ鋼橋である。橋脚及び橋台は鉄筋コンクリート造で,上部構造は,橋端部に水平力の及ばない支間長100.6mの下路(かろ)式タイドアーチと,その両側の突桁及び吊桁により構成され,突桁は,タイドアーチと連続的な曲面をつくる。
永代橋は,放物線状の大規模ソリッドリブアーチを中心とする荘重な造形により,近代的橋梁美を実現している。また,建設当時,我が国で最大支間(さいだいしかん)を実現した鋼アーチ橋であり,大規模構造物建設の技術的達成度を示す遺構として重要である。 ←文化庁国指定文化財等データベース

by h9w457y8i | 2017-08-17 15:50 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31