山梨県 江戸時代以前の文化財(建造物)

サイトマップ > 山梨県 江戸時代以前の文化財

国宝

国指定重要文化財

文化財分布マップ


国宝 大善寺 本堂



国宝


清白寺仏殿
せいはくじ ぶつでん
室町時代中期(1415年)建立。檜皮葺。外観はいつでも見学可能と思われる。

b0212342_09075218.jpg大善寺 本堂
だいぜんじ ほんどう
鎌倉時代後期(1286年)建立。檜皮葺。山梨県内では最古の建築物とされる。
map 35.65716, 138.74301







国指定重要文化財


浅間神社摂社山宮神社本殿
あさまじんじゃ せっしゃやまみやじんじゃ ほんでん

b0212342_09095726.jpg穴切大神社本殿
あなきりだいじんじゃ ほんでん
桃山時代(1500年代後半)建立の、檜皮葺、幅一間の小さな社。非公開。外観を横の壁から覗ける程度。
map 35.66266, 138.56108

安藤家住宅
あんどうけじゅうたく
表門、北蔵、主屋、文庫蔵、南蔵
主屋は、江戸時代中期に建てられた茅葺きの古民家。

雲峰寺
うんぽうじ
庫裏、書院、本堂、仁王門
室町時代中期(1,500年頃)の建築。仁王門は風情豊かな景観の中にあり、四季を通して訪れる写真家も多い。

恵林寺四脚門
えりんじ しきゃくもん
室町時代(1606年)建立。恵林寺は武田信玄の菩提寺として有名。境内には信玄にまつわる宝物館もある。公式サイト

塩沢寺地蔵堂
えんたくじ じぞうどう
江戸時代前期建立。茅葺。

小佐野家住宅
おさのけ じゅうたく
蔵、主屋
江戸時代末期。主屋は鉄板葺き。富士講御師の住宅。世界遺産「富士山」の構成要素。現住のため非公開。富士吉田市歴史民族博物館にレプリカがある。

観音堂(長作観音堂)
かんのんどう
鎌倉時代後期(1,300年頃)の建築。銅板葺き。



b0212342_10232785.jpg北口本宮富士浅間神社
きたぐちほんぐう ふじせんげんじんじゃ
本殿、西宮本殿、東宮本殿、惠毘壽社(えびすしゃ)及び透塀、神楽殿、手水舎、随神門、福地八幡社、諏訪神社拝殿、社務所
江戸時代前期(1615年)建立。本殿は檜皮葺で内部は絢爛な装飾あり。世界遺産「富士山」の構成要素。
map 35.47064, 138.79224



旧高野家住宅
きゅう たかのけ じゅうたく
馬屋、小屋、主屋、巽蔵、東門、文庫蔵
主屋は江戸時代後期に建てられた茅葺風銅板葺き二階建ての民家。「突上げ屋根」というこの地方の特色がよくでている。一般公開。見学についての詳細は甲州市公式サイトを参照。

旧外川家住宅
きゅうとがわけじゅうたく
主屋、中門、離座敷
江戸時代後期(1768年)建立の、富士山御師の住宅。世界遺産「富士山」の構成要素。鉄板葺きで、あまり風情は感じられない。一般公開。見学についての詳細は富士の国やまなし観光ネット公式サイト参照。

旧平田家住宅
きゅうひらたけじゅうたく
江戸時代中期に建てられた茅葺の古民家。武田信玄家臣の末裔と言われる上級農家住宅。一般公開。見学に関する詳細は富士の国やまなし観光ネットを参照。

窪八幡神社(大井俣窪八幡神社)
くぼはちまんじんじゃ
神門、摂社若宮八幡神社拝殿、摂社若宮八幡神社本殿、鳥居、拝殿(庁屋)、本殿、末社高良神社本殿(まっしゃたからじんじゃほんでん)、末社武内大神本殿(まっしゃたけのうちだいじんほんでん)、末社比咩三神社本殿(まっしゃひめさんじんじゃほんでん)
室町時代後期(1500年頃)の建立。本殿・拝殿は檜皮葺の立派な建物。公式HPはこちら

熊野神社
くまのじんじゃ
拝殿、本殿
室町時代中期。檜皮葺。

向岳寺(向嶽寺)中門
こうがくじ ちゅうもん
室町時代後期(1500年代中頃)、檜皮葺。向嶽寺は寺院自体が非公開だが、中門の前までは立ち入りができる。

光照寺薬師堂
こうしょうじ やくしどう
室町時代後期(1500年代中頃)、銅板葺き、小規模な薬師堂。

最恩寺仏殿
さいおんじ ぶつでん
室町時代中期。銅板葺き。窓の形など中国の様式が垣間見れる貴重な建物。

慈眼寺
じげんじ
庫裏、鐘楼門、本堂
江戸時代前期。本堂は茅葺きの大規模な伽藍。

清白寺庫裏
せいはくじ くり

善光寺
ぜんこうじ
山門、本堂
本堂は江戸時代後期(1789年)。山門ともに、銅板葺きの大型伽藍。

高室家住宅
たかむろけじゅうたく
主屋、新蔵、長屋門、離れ、文庫蔵、弁財天堂、前蔵、味噌蔵、籾蔵
江戸時代後期(1788年)に建てられた医師の住宅。現住のため非公開。過去の特別公開の様子は甲府市公式サイトを参照。

武田八幡神社本殿
たけだはちまんじんじゃ ほんでん
室町時代後期(1541年)。檜皮葺の趣のある建物。

長谷寺本堂
ちょうこくじ ほんどう
室町時代後期(1524年)。銅板葺きの小規模な伽藍。

天神社本殿
てんじんじゃ ほんでん
室町時代後期(1522年)。檜皮葺、幅一間の小さな社。

東光寺仏殿
とうこうじ ぶつでん
室町時代後期。檜皮葺。内部は非公開。

中牧神社本殿
なかまきじんじゃ ほんでん
室町時代後期(1478年)。檜皮葺き、幅一間の小さな社。

富士御室浅間神社本殿
ふじおむろせんげんじんじゃ ほんでん
桃山時代。銅板葺き。幅一間の小さな社。世界遺産「富士山」の構成要素。

星野家住宅
ほしのけじゅうたく
主屋、文庫蔵、籾蔵及び味噌蔵
江戸時代末期。二階建て、銅板葺き。本陣建築、というらしい。主屋は養蚕に使われていた。内部の見学は要予約。主屋は道路に面しているため見学可能。見学については大月市公式サイト参照。

本遠寺
ほんおんじ
鐘楼堂、本堂
江戸時代前期(1650年)建立。檜皮葺き? 幅五間。

門西家住宅
もんざいけ じゅうたく
江戸時代中期。茅葺の特にこれといった特色のなさそうな古民家。公開されているかどうかは不明。

八代家住宅
やつしろけじゅうたく
隠居屋、穀蔵、主屋、長屋門、文庫蔵、味噌蔵
主屋は江戸時代後期(1808年)、藁葺きの古民家。現住のため非公開だが、公開情報もあり。北杜市公式サイト参照。

山梨岡神社本殿
やまなしおかじんじゃ ほんでん
室町時代後期。こけら葺きの小規模な社。


by h9w457y8i | 2017-03-12 06:05 | 山梨 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。