【重要文化財】 旧ハンター住宅  アクセス・見学のしかた

アクセス(行き方)

見学のしかた

ハンター住宅ってどんな建物? 住んでたのはどんな人?

フォトギャラリー

兵庫県の近代文化遺産 リスト


b0212342_07231119.jpg



  アクセス


建物は神戸市立王子動物園の敷地内にある。王子動物園正面ゲートから中に入り、動物園を経由して建物に向かう。

見学用 Google Map

阪急 神戸本線 「王子公園」駅 西口から建物まで、徒歩約8分(600m)。東口から徒歩約10分(750m)。
西口は階段のみ。東口にはホームから改札までエレベーターあり。

JR 東海道本線 「灘」(なだ)駅 北口(エスカレーター、エレベーターあり)から建物まで、徒歩約9分(700m)。

阪神 本線 「岩屋」(いわや)駅から建物まで、徒歩約17分(1.2km)。

施設付属駐車場あり。2時間まで150円/30分。2〜4時間まで100円/30分。4時間を超えると50円/30分。(2016.10) 王子動物園公式サイト参照。

b0212342_06271848.jpgb0212342_06272775.jpg






  見学のしかた


建物は王子動物園の敷地内にある。接近するには動物園に入る必要がある。
文化財保護のため、建物内部の公開は4月、5月、10月に限られる。この3ヶ月の間なら、王子動物園開園時は建物内部が一般公開される。

王子動物園 開園時間
3月〜10月 09:00〜17:00
11月〜2月 09:00〜16:30

休園日
毎週水曜日(祝日の場合は翌日。春休み、夏休み期間中は臨時開園もあり)、12/29〜1/1。

入園料
建物の見学のためには、王子動物園に入る必要があり、入園料を動物園正面ゲートで支払う。
大人 600円。中学生以下 無料。兵庫県在住の65歳以上 無料。
建物内部に入る場合、別途見学料は必要ない。

建物内部での写真撮影
基本的に自由。建物玄関で一言、個人の趣味の範囲で撮影する旨つげ、撮影時の注意事項(三脚を使わない、営利目的には使わない、など)を聞く。

b0212342_07423032.jpgb0212342_07414494.jpg






  ハンター住宅ってどんな建物? 住んでたのはどんな人?


旧ハンター住宅は、もともと神戸市中央区北野町3丁目(神戸三宮駅の北、山際の異人館が立ち並ぶ区域)にあった建物を、昭和38年(1963年)にこの場所に移築したもので、残っている神戸の異人館の中では最大規模のものの一つです。
最初に建てられたのがいつかははっきりとはわかっていませんが、明治22年(1889年)ごろ、ドイツ人のA. グレッピー氏が英国人の技師に依頼して造ったものと言われています。その後、英国人のエドワード・ハズレット・ハンター(Edward-Haslette Hunter)氏がこの建物を買い取り、改造して現在のような姿になりました。
ハンター氏は1843年にイギリスで生まれ、21歳のとき商社員として来日しました。その後大阪鉄工所(のちの日立造船)を創業するなど、我が国の明治産業界に大きく貢献しました。
基礎は石造り、壁はモルタル櫛目引きで、南と東に巡らされたコロネード(列柱式)ベランダ、その張り出し部の上には三角形のペジメント(切妻)があり、棟飾りや唐草模様の装飾がついています。
ベランダははじめ開放型でしたが、雨の多い日本の風土に適さないため、菱格子に美しくデザインされた窓がはめ込まれました。
室内は、1階に玄関ホール、書斎、食堂、応接室などがあり、それらの出口の上にはブロークン・ペジメントと呼ばれる額縁、大理石のマントルピース(暖炉の縁の部分)、チークの床材、ブロンズのシャンデリアなど、当時の豪華な面影がしのばれます。また、階段の踊り場にある窓には、英国から取り寄せた美しい色模様のステンドグラスが使われています。
ハンターが大正6年(1917年)に亡くなったあと、所有者は転々とし、昭和35年(1960年)には料理旅館として取り壊しの危機が訪れました。しかし、兵庫県が寄贈を受けて保存を図ることとなり、昭和38年(1963年)に、神戸市立王子動物園内に移築されました。平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災では、レンガ造りの煙突2本のうち1本が折れて室内に落下したため、東側のベランダが崩れ落ちてしまうなど、大きな被害を受けました。その後このベランダを一旦解体・補修し、煙突も復旧、建物内・外部の壁の塗り直しを行いました。
このように、旧ハンター住宅は、当時の富裕な外人生活の―端をうかがうに足る、いわゆる異人館の好標本であり、緑の山々をバックに、洋風の庭園とよくマッチし、細部にまで神経のゆき届いた意匠とあいまって、この時代の異人館の最もすぐれたものといえます。
昭和41年(1966年)、国の重要文化財に指定されました。
←現地配布のプリント
←現地案内看板

左上 櫛目引きのモルタル外壁     中上 コロネード・ベランダ     右上 三角ペジメント
左下 ブロークン・ペジメント     中下 マントルピース     右下 西側の煙突
b0212342_07443147.jpgb0212342_07463933.jpgb0212342_07440150.jpgb0212342_07584550.jpgb0212342_07490391.jpgb0212342_07493609.jpg


by h9w457y8i | 2017-01-25 08:10 | 兵庫 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31