【重要文化財】 旧東京科学博物館 本館 (国立科学博物館 上野本館) アクセス・見学のしかた

アクセス(行き方)

見学のしかた

どんな建物なの?

フォトギャラリー

東京・横浜 大理石ホールやステンドグラス、赤レンガが美しい大きな洋風建築

東京都の近代文化遺産リスト


b0212342_13200962.jpg





アクセス



旧東京科学博物館本館は、赤マーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


上野公園の中にある。

徒歩距離が最も短い行き方
JR上野駅 公園口(エレベーター、エスカレーターあり)から徒歩約5分(約400m)。下の画像は公園口前の様子。この広い横断歩道を渡るとすぐに公園入口で、公園内は博物館までずっと平坦。

b0212342_16073549.jpg


他の駅から徒歩
東京メトロ 銀座線および日比谷線 上野駅 7番出口(緩い上りスロープ)から、徒歩約9分(650m)。

京成電鉄 京成本線 京成上野駅 正面口(エレベーター、エスカレーターあり)から、徒歩約9分(700m)。


駐車場
施設付属駐車場はない。周辺に有料駐車場多数。国立科学博物館公式サイト参照。






  見学のしかた


開館時間
09:00〜17:00
金曜日、および土曜日 09:00〜20:00

休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12/28〜1/1
特別展開催時は変更になる可能性あり。詳細は国立科学博物館公式サイト参照。

入館料
常設展示 普通入館者 620円
高校生以下 無料
高齢者、障害者などに割引あり。詳細は国立科学博物館公式サイト参照。

館内の撮影について
撮影者本人が個人的に使用する場合に限り、原則として自由。ただし、撮影禁止の表示があるもの、館内で上映されている動画は撮影禁止。また、館内での一脚・三脚・自撮り棒の使用、集合写真の撮影も禁止。特別展・企画展の展示物については、会場入り口で問い合わせ。←国立科学博物館公式サイト

b0212342_13434763.jpgb0212342_14401184.jpg







  建物の説明


日本館の建物は、関東大震災による震災復旧を目的として昭和6年(1931年)に竣工した。ネオ・ルネサンス調の建物は、文部省大臣官房建築家の設計による。鉄筋コンクリートで建設されるなど耐震・耐火構造にも注意が払われた。中央ホール上部などに使われているステンドグラスは小川三知(おがわ さんち)のアトリエ製作で、日本のステンドグラス作品の中でも傑作といえる。また、建物の内外に使われている装飾性の高い飾りなども、戦後の建物にはなくこの建物のみどころである。上から見ると、そのころの最先端の科学技術の象徴だった飛行機の形をしている。平成20年(2008年)に、国の重要文化財に指定された。
←現地案内看板

b0212342_13035220.jpgb0212342_13040511.jpgb0212342_13045626.jpgb0212342_13052448.jpgb0212342_13054158.jpgb0212342_13061856.jpg


by h9w457y8i | 2016-12-09 08:04 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。