バンコク、スカイトレイン(BTS)の乗り方

サイトマップ > 世界の鉄道乗り方リスト > BTS

b0212342_14011111.jpg

バンコク・スカイトレイン(BTS=Bangkok mass Transit System)は、タイの首都、バンコクの高架鉄道。二つの路線があり、いずれもバンコクの中心部を通る。スワンナプーム空港と市街を結ぶエアポート・レール・リンク地下鉄と連絡している。バンコク市民にとって欠かせない足であり、ラッシュ時は非常に混雑する。ただ、その時間帯の道路渋滞は惨憺たるものなので、自分は敢えてタクシーではなく鉄道を使うようにしている。

注意!)バリアフリーではない。
ホームはビルの4〜5階の高さにあり、地上からホームまでの登りにはエスカレーターが使えるが、ホームからの下りは階段のみ。エレベーターはない。なので、大きな荷物を持っての利用には不向き。

駅構内、車内の治安。
全駅の改札口前でセキュリティ・チェック(手荷物検査)が行われており、様々な時間帯に一人で乗っているが、不安を感じたことはない。外務省の海外安全情報にも、バンコク市内での鉄道利用は避けるべき、という記載はない。ただ常識的に、夜、女性一人での利用は避けたほうがいいと思う。2016.10現在



路線図・時刻・料金

2019.1 では、BTS公式サイトのインタラクティブ・マップがダウングレードしてしまい、時刻と料金の検索ができなくなってしまった。検索できるのはスマートフォンのタイ語での検索のみ。

スマートフォン用のBTS公式アプリをダウンロードして使えば、英語で所要時間、料金を検索できる。
「Bangkok BTS」で検索。

約10分間の乗車で、34バーツ=およそ100円。

他の鉄道との、きっぷの共通性
共通性はない。バンコクにはBTSの他に、スワンナプーム国際空港と市内を結ぶエアポート・レール・リンク、そして地下鉄があり、BTSの4つの駅がこれらの駅と隣接している。でも共通して使えるきっぷはなく、別々に買う必要あり。めんどくさい。

時刻表はなく、おおよそ5〜8分間隔で運行されている。
始発・終電の時刻は、BTS公式サイト、時刻案内ページ参照。運行時間は06:00〜23:45。




きっぷの買い方

b0212342_17253040.jpg 改札口のすぐ横にあるこのような窓口か、自動券売
 機で買う。

 券売機は2種類あり、お札が使えるものとコインし
 か使えないものがある。下の画像、コインしか使え
 ない券売機で買うときは、窓口へ行き黙ってお札を
 出すと、10バーツ硬貨に両替してくれる。

b0212342_17292261.jpg ←これがコインしか使えないタイプ

 使う順番は、券売機に書いてある番号に従う。

 1. 料金表(下の画像)が券売機のすぐ隣に貼ってあるので、それを見て運
 賃を押す。

 2. お金を入れる。20バーツ硬貨も使える。

 3. きっぷとお釣りが下から出てくる。

b0212342_17300731.jpg ←自動券売機の隣に貼ってある料金表。

b0212342_17370710.jpg ←こちらはお札も使えるタイプ。

 設置数は圧倒的に少ない。使い方は上のタイプとほぼ同じ。番号通りに操
 作する。英語表記あり。

b0212342_17415238.jpg 樹脂製カード型のきっぷ。
 中にICチップが入っている。




乗り方

b0212342_17555147.jpg ←地下鉄(MRT)やエアポート・レール・リンクか
 ら乗り継ぐ場合、このような表示を頼りにBTSの駅
 へ。接続している駅にはあちこちに表示があるので
 迷わないと思う。

b0212342_17452462.jpg ←1回限りの普通のきっぷを買った場合は、自動改
 札機の手前側のスリットにきっぷを差し込む。差し
 込む方向はきっぷに記された矢印の通りに。
一旦き
 っぷが機械の中に入り、再び出てくるので、それを
 引き抜くと改札機のドアが開く。

 使ったことがないので詳しく書かないが、1日乗り
 放題のOne Day Pass(窓口で買える)を使う場合
 は、差し込むのではなく、改札機の上にあるタッチ
 部分にタッチするとドアが開く。

改札口を通ったら、セキュリティ・チェックを受ける。手荷物を開けて中を係員に見せる。

b0212342_17534398.jpg ←ホームに上がるエスカレーター。
 終点の駅名が書いてある方のエスカレーターに乗
 る。

b0212342_17592796.jpg ←BTSのホーム。

 くどいようだが、ホームからの下りは階段のみ。
 エレベーターもない。


 なお、駅にはトイレは設置されていない。


by h9w457y8i | 2016-10-21 09:28 | タイ | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。