2016 バンコク, エアポート・レール・リンクの乗り方 How to get on Airport Rail Link, Bangkok


サイトマップ世界の鉄道乗り方バンコク エアポートリンク

b0212342_22155310.jpg

スワンナプーム国際空港とバンコク市内を結ぶ、エアポート・レール・リンク(Airport Rail Link)。世界中からバンコクに来る人々が、空港とバンコク市街間の移動に利用する。また、沿線住民の足でもある。

2010年の開業時には、空港と市街中心部をノンストップで結ぶエクスプレスがあったが、2014年9月以降、運休が続いている。再開のめどは立っていない。現在は各駅停車のシティ・ライン(City Line)のみが運行している。


大きなスーツケースを持ったバンコク初心者にとって使いやすい交通手段か?

以下の通り、治安、ラッシュ、バリアフリーについて考えてみたが、基本的には問題ないと言っていいだろう。

治安面。
すべての駅にセキュリティ・ゲートがあり、手荷物のX線検査が義務付けられている。そして深夜早朝も含め、車内で怪しい人物や危険な雰囲気に遭遇した事はない。外務省の海外安全情報でも、特に問題にはされていない。

b0212342_22165659.jpg

ラッシュ。
平日の07:00〜08:30ごろ、途中駅から市街中心部への通勤ラッシュがあるらしいが、空港は始発駅なので、座れればさして影響はない。座れなくても12分待ってつぎの列車に乗ればいい。自分がよく利用する夕方の時間帯は、空港→市街は空いている。むしろ、夕方はバンコク市内の道路が恐ろしく渋滞するので、電車の方が快適。
夕方、市街→空港方面は混雑するが、始発駅のパヤ・タイ駅から乗って座れれば、同様にそれほど大変ではない。

b0212342_22204703.jpg

バリアフリーか。
すべての駅にはエスカレーターが設置されており、観光客の多くが利用するスワンナプーム空港駅、マッカサン駅、パヤ・タイ駅にはエレベーターも設置されている。ただしマッカサン駅とパヤ・タイ駅については、エレベーターは3Fのホームと2Fのコンコースを結ぶのみで、2Fと1Fの間はエスカレーターのみ。エスカレーターの使い勝手は日本の鉄道の駅にあるものと大差ない。
上の画像は、スワンナプーム空港駅のエレベーター。

↓ パヤ・タイ駅ホームのエレベーター。この1台しかない。かなり小さい。
b0212342_22254740.jpg


↓ エアポート・レール・リンクとスカイトレインのパヤ・タイ駅を結ぶ連絡通路。
b0212342_22465903.jpg

市内の駅からホテルまでの交通手段への乗り継ぎ。
マッカサン駅は地下鉄(MRT)と、パヤ・タイ駅はスカイトレイン(BTS)と連絡している。それぞれエスカレーターでホームからホームまで移動可能。バンコクでは突然の豪雨に見舞われる事も多いが、しっかりした屋根付きの連絡通路が完備されている。

ただし!スカイトレインのホームは地上からかなり高い位置、ビルの4〜5階くらいの高さにあるが、ホームからコンコース、コンコースから地上への下りはいずれも階段のみ。要注意。 パヤ・タイ駅のみ、スカイトレイン降車後、ホームからエアポート・レール・リンクのホームまでバリアフリーとなっている。

b0212342_22494772.jpg ←エアポート・レール・リンクのマッカサン駅と地
 下鉄の駅を結ぶ連絡通路。広く屋根も地下鉄入り口
 まで続いており、階段部分はない。

b0212342_06082835.jpg ←画面の奥、道路の上を横切っている歩道橋みたい
 なのが連絡通路。右端の坂になっている部分はエス
 カレーターで、地下鉄の駅につながっている。エレ
 べーターはない。

b0212342_06152740.jpg ←マッカサン駅では、地下鉄(MRT)のペッチャブ
 リー駅と連絡している。マッカサン駅を出ると、こ
 んな看板があちこちに出ているのでこれに従って行
 けば、ペッチャブリー駅まで迷わない。

市内中心部の駅周辺にタクシー乗り場はなさそう。でも駅の近くは深夜・早朝以外はタクシーがバンバン走っていて、すぐに捕まえられる。ただ、スコールの中では濡れてしまうかも。




路線図

b0212342_08165148.jpg ←現地配布パンフレットより。
 Google Mapの「路線図」を有効にしてもわかりや
 すい。

 図の真ん中、AirportからPhaya Thaiまでの紺色
 のラインがシティ・ライン。
 平行する赤と黄色のラインはエクスプレス。

 緑色のラインはスカイトレイン(BTS)、紫のライ
 ンは地下鉄(MRT)

 マッカサン駅(Makkasan)でMRTと、終点のパ
 ヤ・タイ駅(Phaya Thai)でBTSと連絡してい
 る。




料金・時刻

距離別の運賃となっており、空港〜マッカサン間は35バーツ(110円)、空港〜パヤ・タイ間は45バーツ(135円)。

始発は午前6時頃、終電は午前0時頃。12〜15分に1本の頻度で運行している。
空港からマッカサン駅まで22分、パヤ・タイ駅まで約30分。




スワンナプーム国際空港到着ロビーから駅への行き方

b0212342_11460907.jpg ←税関を抜けて、2階の到着ロビーに出たところ。

b0212342_11473870.jpg ←到着ロビーにはこのような標識があちこちにある
 ので、これに従って地下1階へ降りる。

 「Train To City Center」と書かれた標識もあ
 る。それに従ってもよい。

b0212342_11495355.jpg ←地下に降りるエスカレーターの一つ。

b0212342_11540746.jpg ←エアポート・レール・リンク乗り場のロビー。

 きっぷ売り場は画面奥、左側。

b0212342_11554141.jpg エクスプレスは運休しているが、表示だけは存在
 する。

 エクスプレスとシティ・ラインの乗り場は隣り合わ
 せなので、この標識に従ってきっぷ売り場に向かっ
 てもよい。

b0212342_11584989.jpg ←エクスプレスの乗り場。2014月9月以降、こ
 のように閉鎖されている。

 このすぐ隣にきっぷ売り場とシティ・ラインの改札
 口がある。




きっぷの買い方

b0212342_12083659.jpg ←空港駅の自動券売機。

 地下1階の、緩やかに下る動く歩道の先にある。

 他の駅にある券売機もこれと同じ。

b0212342_12120127.jpg ←自動券売機の使い方が、券売機の左側に表示されている。

b0212342_11322559.jpg ←自動券売機のデフォルト画面。

 タイ語表記になっていたら、右上の「English」に
 タッチ。

 行きたい駅の名前にタッチする。

b0212342_12203029.jpg ←人数にタッチ。

 料金が表示される。

b0212342_12215484.jpg 紙幣、コインを入れる。
 コインは1、5、10バーツ。
 紙幣は20、50、100バーツ。

 青い丸い部分の下にあるスリットが
 紙幣の差し込み口。
 青い丸の部分は、プリペイド式タッチカードの差し
 込み口。
 クレジットカードは使えない。

 画面右上にコインの投入口がある。

b0212342_22551208.jpg お金を入れると、「トークン」(Token)と呼ばれ
 る樹脂製のコインが出てくる。それがきっぷがわ
 り。中にICチップが入っている。





乗り方

すべての駅の改札口にはセキュリティがあり、手荷物検査を受ける。

b0212342_13204912.jpg 改札口へ。トークンをタッチ部分にタッチすると、
 改札機のドアが開く。

b0212342_06120677.jpg ←スワンナプーム空港駅のホーム。
 いつもこんな感じで混雑している。

終点である空港駅では、列車が駅に到着し、空港に向かう乗客が全員降りてから数分間、車内の点検が行われる。その間は乗車することができない。開いたドアの前で並んで待つ。ホームにいる係員の「乗ってよい」の合図と英語の構内放送で、乗車していいかどうかがわかる。

 乗っていいかどうかわからないとき、ホームに何人
 もいる係員の前で列車を指差すポーズをすると、
 「No, wait」と言われた。

車内での停車駅案内。
各ドアの上に路線図が掲示されているが、電光掲示板ではなく、次の停車駅はそれだけではわからない。
英語の車内放送はあって、適切な音量であり、ゆっくりで聞き取りやすい。
また、各車両の天井、真ん中に1箇所だけ電光掲示板があり、次の停車駅がタイ語と英語で交互に表示される。ただ、ラッシュ時はほとんど見えないだろう。

b0212342_22572430.jpg 出口の改札口では、自動改札機にトークンを入れる
 とドアが開く。

b0212342_13252926.jpg 車内での注意事項。

 飲食禁止、禁煙。
 面白いのは、ドリアン持ち込み禁止!

b0212342_08233546.jpg ←2016.9の現地配布パンフレット。

 エクスプレス線の運休、マッカサン駅でのチェック
 イン・カウンターの閉鎖が書かれている。

b0212342_06252072.jpg ←マッカサン駅、シティ・ラインのホーム。

 左側の線路は、運休中のエクスプレス用。
 画面左手奥に小さく列車が写っているが、そこがエ
 クスプレス用のホームだった。


by h9w457y8i | 2016-10-08 06:38 | タイ | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。