【重要文化財】 旧岩科学校 校舎 (静岡県 松崎町) 行き方、見学のしかた

サイトマップ > 静岡県 近代文化遺産 > 旧岩科学校校舎

b0212342_18531067.jpg

旧岩科学校校舎(きゅう いわしながっこう こうしゃ)は、静岡県伊豆地区では最古の小学校です。学校の創設は明治6年(1873年)、校舎は明治13年(1880年)9月に建てられました。建物の設計・施工は土地の大工、菊地丑太郎と高木久五郎。外観の壁は寺社建築風の「なまこ壁」で、その一方、正面玄関の二階には洋風のバルコニーが付けられ、和洋折衷の擬洋風(ぎようふう)建築となっていいます。内装は、一階は教室など実用のための作りで、二階は客室でした。特に二階の床の間は、赤い壁で日の出を、緑の壁で松を表現し、また名工・入江長八によってほどこされた漆喰によるこて絵の千羽鶴が、一羽一羽形を変えて描かれていて、まるで壁から抜け出して日の出を目指して飛んでいるかのような姿となっています。この千羽鶴は左官技法と色彩技法を巧みに融合させた、長八作品の傑作です。昭和50年(1975年)に国の重要文化財となりました。


旧岩科学校校舎 フォトギャラリー(16MP・43枚)




アクセス



旧岩科学校校舎は、マーカーG
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
旧岩科学校校舎は伊豆半島の西側にありますが、西伊豆には鉄道は走っていません。最寄りの駅は伊豆急下田駅になりますが、徒歩の距離で28kmと、とても歩ける距離ではありません。



バス
東海バス 重文岩科学校(じゅうぶん いわしながっこう) バス停(地図・D)から徒歩1分。

伊豆急下田駅からだと、
伊豆急下田駅 3番バス乗り場(地図・B)から、東海バス W40系統 堂ヶ島(どうがしま)行きバスに乗車。
 ↓
[運行頻度] 1時間に1〜2本
[乗車時間] 50分〜1時間
[運賃] 1,250円
 ↓
松崎小学校 バス停(地図・C)下車。

ここで 東海バス W55系統 八木山(やぎやま)行きバスに乗り換え。

松崎小学校 バス停
 ↓
[運行頻度] 2〜3時間に1本
[乗車時間] 10分
[運賃] 260円
[距離] 3.2km
 ↓
重文岩科学校 バス停(地図・D)下車。

東海バスの時刻・料金・乗り換え検索は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。

東海バスの路線バスは、前乗り、前降り。
運賃の支払いは現金のみ。ICカードは使用不可。
車内での両替は1,000円札のみ。



タクシー
上のバスでの行き方で、
伊豆急下田駅から乗る 東海バス W40系統 堂ヶ島行きのバスで、松崎小学校 停留所(地図・C)で下車。

松崎にはタクシー会社の伊豆土肥(とい)交通 松崎営業所があるので、あらかじめ電話しておけばよいのでは。
旧岩科学校までは3kmほど。
伊豆土肥交通(株) 0558-98-0111



駐車場
施設付属の無料駐車場があります。

入口は地図・E。

b0212342_19360088.jpg







見学のしかた


旧岩科学校校舎の開館時間、入館料、休館日の最新情報は、公式サイトを参照してください。

2019.8
[開館時間] 9:00〜17:00
[入館料] 300円
[休館日] なし。年中無休。

敷地内には、喫茶室、土産物店もあります。

また旧校舎の中では、小学生以上を対象としたまゆ玉人形を作る教室も随時開かれています。

詳しくは、松崎町振興公社公式サイト内、旧岩科学校校舎案内ページを参照してください。


敷地への入口。いかにも小学校の校門、と言った風情です。
b0212342_19513433.jpg

校門を抜けると、奥の方に旧校舎が見えてきます。
b0212342_19522368.jpg

b0212342_19532618.jpg

屋根瓦にも、「学」の文字が。
b0212342_19533983.jpg

石碑
b0212342_19535947.jpg

建物の入口。
b0212342_20020672.jpg

玄関脇の、生徒用昇降口。懐かしい響きですね。
b0212342_20023717.jpg

玄関。
b0212342_19561251.jpg

玄関の上に掲げられた額。立派ですね。
b0212342_19542654.jpg

玄関の上には小学校とは思えない、立派な龍の彫刻が。
b0212342_19545957.jpg

バルコニーの手すり。この辺は洋風建築の風情です。
b0212342_19553529.jpg

一階の廊下。
b0212342_19562696.jpg

かつての用務員室? 当時の暮らしが再現されていました。
b0212342_19565486.jpg

当時の教室風景。なんか先生、怖そうです。
b0212342_19572317.jpg

b0212342_20014945.jpg

当時使われていた教科書。先生が使っていた本でしょうか。難しそう...
b0212342_19594511.jpg

ほとんど垂直な、危ない階段。
b0212342_19574856.jpg

二階の窓から、屋根瓦。
b0212342_19582137.jpg

二階の客室。鮮やかな空色の天井が目を惹きます。
b0212342_19590975.jpg

二階、床の間。欄間の部分に鶴のこて絵が描かれています。
b0212342_20002258.jpg

このこて絵は近年になって修復したものだそうです。見事ですね。
b0212342_20011882.jpg

文化財の建物のすぐ横には、平成19年(2007年)に廃校となった松崎町立岩科小学校のかつての校舎があります。
b0212342_20030693.jpg



旧岩科学校校舎 フォトギャラリー(16MP・43枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
文化庁 国指定文化財等データベース
松崎町振興公社 公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

Commented by desire_san at 2016-06-29 07:52
こんにちは。
「近代文化遺産見学案内所」を説き時訪問させていだき、入れるところがあると出かけています。コメントをしばらくご無沙汰しており申し訳ありません。東京西洋美術館の建物が世界遺産になったり、日本にもまだいろいろ貴重な文化遺産の建物が残っているのを、h9w457y8iさんのブログをみて、改めて勉強させて抱いています。これからも楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。

私のブログは相変わらず、海外旅行記と、美術や音楽で感動した思い出をしつつづけています。
by h9w457y8i | 2019-08-13 07:11 | 静岡 | Comments(1)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。