タイ国鉄の乗り方

正式には「タイ国有鉄道」あるいは「タイ鉄道公社」、英語では「State Railway of Thailand」。
英語の頭文字の「SRT」のロゴが駅や車両に使われている。
タイ国鉄の乗り方_b0212342_16384151.jpg

路線図
タイ国鉄の乗り方_b0212342_13291379.jpg


時刻表、料金の検索
タイ国鉄公式サイト(英語)参照。
「Origin」から出発地、「Destination」から目的地をそれぞれプルダウンの中から選び、右の「Check」をクリックすると、列車名、列車のタイプ(特急、急行、普通など)、時刻が表示される。
右端の「Fare」欄の「Check」をクリックすると、料金がタイバーツで表示される。

列車のタイプ
Special Express  特急
Express  急行
Rapid  快速
Ordinary  普通
座席の予約ができるかどうかは不明。公式サイトを見てもよくわからなかった。
それぞれの列車の座席画像は、公式サイトを参照。


バンコクにあるターミナル駅、フアランポーン駅。
タイ国鉄の乗り方_b0212342_15323238.jpg

タイ国鉄の乗り方_b0212342_15501156.jpg
フアランポーン駅のキップ売り場。
自動券売機はない。

窓口では英語が通じる。
「アユッタヤ、First Class, One people」と言うと、「First Class already full. Only 3rd class available」と返された。仕方なく、三等車の切符を購入。

売り場の上の電光掲示板には、列車が発車するホーム番号が表示。

タイ国鉄の乗り方_b0212342_16213778.jpg
バンコクからアユタヤへの3等車のきっぷ。

きっぷには発車ホーム番号は印刷されていない。
今回はきっぷ売り場のおじさんが、きっぷの右上に発車ホーム番号の「11」を書いてくれた。
きっぷ売り場の上に電光掲示板があり、そこに発車ホームが表示されている。

90km、1時間30分以上乗って、20バーツ=60円!

タイ国鉄の乗り方_b0212342_16350351.jpg
フアランポーン駅の11番ホーム。

タイ国鉄の乗り方_b0212342_16411969.jpg
ホームの高さは線路と同じくらい。低い。

この急なステップをよじ登るようにして乗車。

タイ国鉄の乗り方_b0212342_17032722.jpg
アユタヤ駅舎。
タイ国鉄の乗り方_b0212342_17025736.jpg
アユタヤ駅。

タイ国鉄の乗り方_b0212342_16424489.jpg
3等車の車内の様子。冷房なし。トイレ付き。

中ではお弁当、飲み物などの車内販売もある。お弁当は怖くて食べられなかったが、飲み物は何度か購入。水1本10バーツくらいだったと思う。
タイ国鉄の乗り方_b0212342_14063654.jpg

窓は普通開けっ放し。雨が降ってきたら、窓は閉めずに日除けのよろい戸を閉める。すると風だけが入ってきて涼しい。

by h9w457y8i | 2016-06-07 13:43 | タイ | Comments(0)

日本だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。


by h9w457y8i