シンガポールの世界遺産リスト

文化遺産

シンガポール植物園
シンガポール島南部に位置する。19世紀半ばに開園。縦1.2km、横300mほどの、南北に細長い形をしている。2015年にシンガポールで初めて世界遺産登録された。商業地区オーチャードから直線距離で1km。地下鉄「Botanic Gardens」駅から徒歩1分で北端部へ。路線バスの停留所からは徒歩1分で南端部へ。開園時間は5:00〜24:00。無料。



by h9w457y8i | 2016-03-29 09:49 | シンガポール | Comments(1)
Commented by desire_san at 2016-04-20 14:09
こんにちは。いつも貴重な情報をありがとうございます。
シンガポール植物園は、仕事でシンガポールに行ったとき行きたいと思っていましたが、仕事が詰まっていていけませんでしたので、ご紹介の内容を見て、いちか旅行で行ってみたくなりました。

私は年一度くらいルネサンスの街並みや建物、壁画なの美術を求めて西欧の歴史ある街を廻っています。昨年はルネサンス美術を求めてイタリアのトスカーナの街を廻りました。サン・ジミニャーノも中世にいるような魅力的な町でした。フログに私が感じたサン・ジミニャーノの魅力を私が撮った写真とともに書いてみましたので、見てくださると感謝致します。



<< 【重要文化財】 末広橋梁(旧四... タイの世界遺産 >>