旧札幌農学校演武場(時計台) 概要

北海道の近代文化遺産リスト旧札幌農学校演武場 > 概要



国指定重要文化財
きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう(とけいだい)
竣工: 明治11年(1878年)
構造および形式: 木造、建築面積387.4㎡、二階建、鉄板葺、正面玄関及び時計台付
文化財指定: 昭和45年(1970年)
附指定: 時計・自鳴器械



b0212342_10095220.jpg「この建物は、日本最初の農業高等専門学校として、明治9年(1876年)8月にクラーク博士を初代教頭に迎えて開校した札幌農学校の演武場であります。
演武場は、講堂を兼ねた兵式教練場として第2代教頭ホイラー博士によって計画され、当時の米国中・西部開拓地の木造建築様式に習って北海道開拓使工業局の設計監督の下に建築され、明治11年(1878年)10月16日に完成しました。
時計塔は、明治14年(1881年)に米国ボストン市ハワード時計会社製の時打ち重錘式の大時計を備えて設置され、8月12日の正式鳴鐘以来現在も往時の姿のまま時を告げ続けております。
北海道大学の前身である札幌農学校は、北海道の開拓や日本文化の発展に寄与する多くの人材を育成しましたが、彼らに愛され親しまれた時計台の鐘の音は札幌のシンボルといわれております。
時計台は公共的な施設として時代の変遷の中で多く利用され、札幌の、そして北海道の教育・文化の発展に大きな役割を果たし、昭和45年(1970年)6月、国の重要文化財に指定され、現在は館内を札幌歴史館として一般公開しております。
時計台は、札幌市の歴史と文化を象徴するものとして”わたしたちは、時計台の鐘がなる札幌の市民です"と札幌市民憲章前章にうたわれ、市民の誇りとなっております。」




明治11年(1878年)に竣工した木造二階建の北海道における初期米国風木造建築で、当時農学校教頭であったホイーラー教授の設計指導になる。明治39年(1906年)に現在地に移築、昭和42年(1967年)に復原されている。
一般に札幌時計台の名で親しまれている北海道の開拓使時代の代表的建築である。



札幌市時計台公式サイトに、時計台の歴史、時計台建設に関わった人々の解説、時計台の構造などに関する解説あり。


.

by h9w457y8i | 2014-01-16 07:53 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。