礼拝堂 概要

京都府/近代文化遺産リスト同志社(旧英学校、神学校及び波理須理科学校)概要 > 礼拝堂

竣工: 明治19年(1886年)
構造および形式: 煉瓦造、建築面積316㎡、一階建、一部中二階及び地下室付、鉄板葺
国指定重要文化財  指定: 昭和38年(1963年)
文化庁国指定文化財等データベースより


 アメリカン・ゴシック調のこの建物は、プロテスタント教会の煉瓦造りの礼拝堂としては、現存する中では最古のものである。同志社の礼拝堂としては、二代目(初代は木造)。
 資金は彰栄館有終館と同様にアメリカン・ボード(会衆派教会系のミッション)からの寄付で、設計も同志社教員(アメリカン・ボード宣教師)のグリーン(D.C.Green)である。施工は有終館をも請け負った京都の棟梁、三上吉兵衛。
 同志社創立者の新島襄が、「礼拝堂は同志社の精神」と言うように、「良心教育」を目指す同志社のシンボルでもある。
 徳富蘆花が同志社時代を題材にした小説「黒い目と茶色の目」で「五色の光線」が降る、と形容したステンドグラスを通して堂内に差し込む光がやさしい。
 1963年に国の重要文化財に指定され、1987年から1990年まで半解体修理工事が行われた。
現地案内看板同志社大学公式サイト建物案内ページより

礼拝堂のフォトギャラリーはこちら
b0212342_05581410.jpg

.

by h9w457y8i | 2013-12-10 10:45 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。