【重要文化財】 豊稔池堰堤 アクセス(行き方)

香川県/近代文化遺産リスト豊稔池堰堤 > アクセス

記事の中に出てくる(D)〜(L)のアルファベットは、こちらのgoogle map中のアイコン名。
堰堤周辺は、航空画像地図のほうが分かりやすい。切り替えは、地図画面左側の「基本地図」プルダウン▼をクリック。

豊稔池堰堤の見学のしかた、周辺の様子、附の位置などは、見学要領の記事を参照。


公共交通機関

現地には、観音寺市営の「のりあいバス」が、JR観音寺駅(L)、およびJR豊浜駅付近(K)から運行している。
ダムのすぐ近くへは1日2本。現地から約2km山を下った「谷上(教育センター)」(J)までは、1日2本。

堰堤=ダムの横にある付属駐車場(上流側)内、のりあいバスの停留所(D)と、その時刻表。
b0212342_23133494.jpgb0212342_2316926.jpg
路線図、時刻表の見方

路線図(PDF/1.49MB)のオレンジ色の路線、「3 五郷高室線」を利用。
時刻表はこちら(PDF/1.25MB)。
観音寺(かんおんじ)市役所を出たバスは、JR観音寺駅(L)、総合スポーツクラブ「すぽっしゅ豊浜」(K。JR豊浜駅から徒歩700m)を経由して、谷上(教育センター)方面へ。
「田野々(たのの)」行のバスが、ダムのそばまで来る。
「谷上(教育センター)」(J)行のバスは、路線図の「谷上」までしか行かないので、ここから県道8号、および9号を歩くことになる。約2.1km、上り坂だから所要時間40分くらい? 教育センター前は、空車タクシーがいるような雰囲気ではない。



バスの乗り方

停留所以外の場所でも乗り降り可能。バスが来たら道路の左側で手を挙げる。
バスに乗ったら、田野々行なら運転手さんに「豊稔池まで」と告げ、谷上(教育センター)行なら終点まで乗車。
料金は全線100円均一!

観音寺市営のりあいバスについての詳細は、観音寺市公式サイト、のりあいバス案内ページを参照。




クルマ

施設付属無料駐車場(D・G)あり。
県道9号線を登ってくると、川の下に降りる細い道への分岐点(アイコンF。航空写真に切り替えた方が分かりやすい。以下同じ)と、道路の左側に小さな看板。
b0212342_06281816.jpg b0212342_06283246.jpg
上流側駐車場(D)

右上画像にある「上流」の方、つまり県道に沿ってそのまま進むこと、約150m。
左画像のようにダムが見える場所のすぐそばに、右画像の駐車場がある。収容台数5〜6台。無料。
b0212342_05512503.jpg b0212342_6163520.jpg
こちらの駐車場には公衆水洗トイレが設置。使用してみたが、普通に清潔だった。
ダムの上端を見るにはこの駐車場が便利だけど、上端自体は立ち入り禁止なので、見学は下流側駐車場からがメインとなる。


下流側駐車場(G)

b0212342_06460370.jpg
県道9号の分岐点(F)を「下流」の方へ、左側に下ると、クルマ1台が通れる細い道路が延びる。

河川敷にある「遊水公園」の入口(G)で行き止まり。
公園入口の左右に、こんな感じで駐車スペースがある。全部合わせると7〜8台は停められるか。
ダムの上端や、そのそばにある「豊稔池碑」(C)の見学も、まずはこの遊水公園入口を経由する。 b0212342_06474377.jpg b0212342_06475168.jpg

by h9w457y8i | 2013-11-20 06:17 | 香川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。