国宝 【旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)】 見学のしかた 2017.8


案内所トップ東京都 近代文化遺産旧東宮御所 > 見学のしかた



b0212342_05251540.jpg
前庭


b0212342_02404975.jpg
本館


見学のしかたはちょくちょく変わるので、まずは内閣府公式サイトへ。


建物の中に入るには、
1. ネットで事前申し込みし、Eメールで送られてきた参観許可証を予約した日に持参。プリントアウトするか、スマートフォンなどで表示させて提示するか。
2. 事前予約なしで参観。当日入場整理券を受け取る。
の2つのパターンがある。

事前予約するメリットは、混雑時に入場待ちがないこと。
事前予約していないと、混雑している場合、予約した方が優先入場となるので待たされる。開場時間の10:00直後は混雑しがち。

迎賓館見学に関する問い合わせ先はこちらの内閣府公式サイトへ。


建物内での写真撮影・飲食は厳禁。スマートフォンなどでの記念撮影も禁止。
カメラやスマートフォンを露出して携行することすらも禁止。
その他の参観時の禁止事項、注意事項は、内閣府公式サイトへ。

参観料:大人一人1,000円が必要。中高生 500円、小学生以下は無料。

休館日:毎週水曜日。その他の曜日でも見学不可の日が多い。見学可能な日にちの確認は内閣府公式サイトへ。

見学所要時間:館内 30〜1時間、庭園 30〜1時間。セキュリティー・チェックのために並ぶ時間は含まない。

見学者入口、当日整理券配布場所、最寄り駅などは、見学用マーカー付き地図を参照。


2016.4の建物内見学の様子
西門から敷地内に入ると、まずセキュリティ・チェックの列に並ばされる。並んでいる最中に、参観証、あるいは入場整理券の提示、および身分証明書(パスポートや運転免許証、健康保険証など)の提示を求められた。(2017.8では身分証明書が必要だという記載は公式サイトから削除されたので、必要ないと思われる)
空港にあるようなX線検査機器で手荷物と身体検査がなされ、その後建物の西側の入り口から入る。
建物内部では順路が決められており、自由行動は基本的に許されない雰囲気。とにかくあちこち至るところに係員がいて監視されているかんじ。
豪華絢爛な4つの広間には、休憩用の椅子が用意されている部屋もあり、じっくり眺めることができる。
順路に沿って建物から出ると、あとは自由に庭園を散策できる。庭では写真撮影は自由。出口は前庭を通って正面門へ。


Commented by 江口宏造 at 2014-06-04 19:24 x
迎賓館をぜひ一度観たいと思います。
Commented by 江口宏造 at 2014-06-04 19:27 x
迎賓館をぜひ一度観たいと思います。
by h9w457y8i | 2016-04-20 08:48 | 東京 | Comments(2)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31