第二・第四・第五・第六橋梁 フォトギャラリー

群馬県 近代文化遺産リスト碓氷峠鉄道施設フォトギャラリー > 第二・第四・第五・第六橋梁


全ての画像はクリックで拡大できます。


第二橋梁

左 遊歩道脇より撮影。中画像にあるような橋全体の姿を見るには谷底に降りる必要があるが、谷底への斜面は非常に急で道はなく、斜面にも谷底にも背の高い草に覆われており、接近は難しいだろう。 
中 現地案内板       
右 案内柱
b0212342_823694.jpgb0212342_8234518.jpgb0212342_8243198.jpg



第四橋梁

左 谷側より     右 現地案内看板
b0212342_812635.jpgb0212342_7525764.jpg

左 谷側より縦     中 橋桁下谷側より     右 橋桁谷側
b0212342_824284.jpgb0212342_835114.jpgb0212342_845192.jpg

b0212342_805798.jpg



当時使用されたと思われる表示板



第五橋梁

左 全体遠谷側より          右 全体近谷側より1
b0212342_861139.jpgb0212342_865783.jpg

b0212342_881378.jpg



アーチ部分の煉瓦が2色になっている。
第三橋梁と同様、地震対策のための補強工事によるもの。

左 全体近谷側より2        右 現地案内看板
b0212342_8102527.jpgb0212342_8105413.jpg



第六橋梁

左 全体遠1     右 全体遠2  双方、国道18号線旧道より撮影。
b0212342_8121816.jpgb0212342_8125413.jpg

左 全体近           右 現地案内看板
b0212342_8154867.jpgb0212342_814118.jpg

左 アーチ全体      中 アーチ頂部横      右 アーチ頂部横近
b0212342_8165351.jpgb0212342_8174967.jpgb0212342_8195093.jpg

左 アーチ柱          
右 アーチ柱上部。このような金具の出っ張りが、第三橋梁でも見られた。通信用電線かかにかが載っていたのか?
b0212342_8185183.jpgb0212342_8221953.jpg



群馬県 近代文化遺産リスト碓氷峠鉄道施設フォトギャラリー > 第二・第四・第五・第六橋梁
by h9w457y8i | 2013-04-10 08:33 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。