【重要文化財】 旧堀田家住宅  玄関棟、湯殿、土蔵、門番所

きゅうほったけじゅうたく
げんかんとう、ゆどの、どぞう、もんばんしょ

玄関棟 : 明治23年(1890年)、竣工。木造、建築面積181.64㎡、東面及び北面雪隠(せっちん=便所)附属、桟瓦葺(さんかわらぶき)*1
湯殿 : 明治44年頃(1911年頃)、竣工。木造、建築面積23.14㎡、西面渡廊下附属、桟瓦葺
土蔵 : 明治後期(1900年前後)、竣工。土蔵造、建築面積40.08㎡、二階建、西面庇付、桟瓦葺
門番所 : 明治23年頃(1890年頃)、竣工。木造、建築面積28.09㎡、桟瓦葺
*2

国指定重要文化財  平成18年(2006年)、指定。

旧堀田家住宅(1) 座敷棟、居間棟、書斎棟の記事







すべての画像はクリックで拡大表示されます。

旧堀田家住宅についての概要は、旧堀田家住宅(1)の記事を参照。

旧堀田家住宅の敷地入口。門の右手が門番所、左が土蔵、そして門の奥に見えるのが玄関棟。
b0212342_8464091.jpg


間取り図。*3
b0212342_8441167.jpg


旧堀田家全景。南側の庭園から。
b0212342_934258.jpg


ちょっとわかりにくいが、右から、湯殿、玄関棟、座敷棟。
b0212342_951968.jpg



玄関棟
黒門を入った正面に玄関棟は位置する。入口は3か所あり、一番左の銅板葺きの庇を持つものが、最も格式の高い玄関である。この棟は、来客と建物を結ぶ機能を持っており、家従や家令の部屋など、堀田家を支えた人々の執務室が配置されていた。*4
b0212342_9351394.jpg

右:見学者用の入口。上の画像の玄関の右隣にある。
b0212342_9353312.jpgb0212342_9355813.jpg


南面。
b0212342_99966.jpg


b0212342_9372326.jpgb0212342_9465539.jpg

b0212342_9471423.jpg

重要文化財指定書。玄関棟内に掲示されていた。
b0212342_9454423.jpgb0212342_9452976.jpg

左:濡れ縁。
右:濡れ縁の内側にある畳廊下。
b0212342_9393622.jpgb0212342_9375251.jpg

b0212342_9462655.jpgb0212342_9141360.jpg



湯殿
明治44年(1911年)に、堀田家農事試験場を視察に訪れた東宮殿下(大正天皇)の休息のために増築された湯殿である。ここには湯に浸る風呂桶はなく、かけ湯によって入浴した。*4
b0212342_975986.jpg

b0212342_912457.jpg


右が湯殿。左は玄関棟と、その奥は居間棟。
b0212342_9399.jpg


玄関棟から湯殿への渡り廊下。ここから先の壁の色は、すべて「桃山」という淡い桃色。
b0212342_940538.jpg

b0212342_9423741.jpgb0212342_9432885.jpg



土蔵
内部は非公開。
b0212342_8525619.jpg

b0212342_8532623.jpg

b0212342_8481476.jpgb0212342_853898.jpg

b0212342_8553679.jpgb0212342_8534041.jpg




門番所
内部は非公開。
b0212342_948985.jpg

b0212342_9482927.jpgb0212342_950143.jpg









見学メモ
開館時間、休館日、入館料、行き方などについての情報は、旧堀田家住宅(1)の見学メモを参照。


google map


*1 用語解説参照
*2 文化庁文化財等データベースより
*3 現地配布パンフレットより
*4 現地案内看板より
by h9w457y8i | 2012-04-12 08:31 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。