【世界遺産】 コローメンスコエの主の昇天教会 (ロシア モスクワ) 行き方・見学のしかた

サイトマップ > ロシアの世界遺産 > コローメンスコエの主の昇天教会

b0212342_14374651.jpg

英語名:Church of the Ascension, Kolomenskoye

モスクワ郊外、モスクワ川ほとりの高台にあるコローメンスコエは、かつて歴代ロシア大公の宮殿があった場所でした。1532年、大公だったヴァシリー3世は、のちにロシア初代皇帝・イワン雷帝となる子供の誕生を祝い、その敷地内に高い塔状の教会を建てました。これが主の昇天教会です。ロシア正教会の教会堂としては最初期のもので、ロシアに現存する石造建造物では最古だということです。ロシア正教会の教会堂は、「クーポラ」と呼ばれる玉ねぎ型の屋根を持つのが特徴ですが、この建物は8角形の尖った屋根を持っています。
1925年以降、コローメンスコエは野外文化財博物館となり、教会もその展示館の一つとして一般公開されています。そして1994年には、世界文化遺産に登録されました。


コローメンスコエの主の昇天教会 フォトギャラリー(16MB・96枚)




アクセス



主の昇天教会は、赤1
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
モスクワ地下鉄(モスクワ・メトロ) 2号線、コロメンスカヤ(Коло́менская)駅地図・青1)から、野外文化財博物館入口(地図・青2)を経由して、教会まで徒歩約20分(1.4km)。

または、

モスクワ地下鉄 2号線 カシルスカヤ(Каширская)駅地図・青4)から、野外文化財博物館入口(地図・青3)経由で、教会まで徒歩約30分(2.3km)。

モスクワ市街地に近いのも教会から近いのもコロメンスカヤ駅ですが、野外文化財博物館は非常に広大で美しい公園となっており、それを満喫するならカシルスカヤ駅で降りて公園内を散策するのもオススメです。

モスクワ地下鉄の乗り方は、モスクワ・メトロ紹介ページを参照してください。

それぞれの駅から教会までの行程など詳細は、コローメンスコエ訪問記編を参照してください。

上のGoogle Mapをオンラインでスマートフォンなどで見ておけば、オフラインになってもGPSにより現在位置が表示されるので便利です。


コロメンスカヤ駅の出口。
b0212342_15085465.jpg

カシルスカヤ駅舎。
b0212342_15094675.jpg

↓ 博物館公園の中には、英語表記付きの標識もあります。
主の昇天教会は「Church of the Ascension」です。
b0212342_16321884.jpg






見学のしかた


主の昇天教会は、野外文化財博物館の敷地内にあります。

野外文化財博物館のHPを探しましたが、わかりませんでした。
なので、開園時間、入館料、休園日などの最新情報は、ロシアのホテルのコンシェルジュなどに、ネットの地図などを指し示して聞いてみるとよいでしょう。


2019.7
[教会の開館時間]
月・金曜日以外 9:45〜17:30
金曜日 10:45〜18:30
博物館公園の開園時間は、
5/1〜9/30 7:00〜24:00
10/1〜4/30 8:00〜21:00

[教会の入館料]
1F, 2F合わせて250ルーブル。
博物館公園への入園料は無料。

[教会の休館日]
月曜日。
博物館公園は年中無休。


基本的にロシアでは、モスクワの高級店やホテルなど一部の店を除いて、英語が日本よりも通じません。
自分の場合、スマートフォンのGoogle翻訳アプリが大活躍です。
オフラインでも、スマホのカメラを看板やメニューなどの文字に向けるとロシア語→英語の翻訳をしてくれますし、
アプリに英語の文字を入力すると、ロシア語に変換してくれます。
更に現地の3Gか4G電波を受診してオンラインにすれば、日本語での文字・音声の翻訳もしてくれます。


↓ コロメンスカヤ駅側の公園入口。地図・青2
セキュリティ検査用の機械がありますが、壊れているのか、みんな素通りです。
公園に入るには無料なので、お金も払いません。
b0212342_15435575.jpg

↓ こちらはカシルスカヤ駅側の公園入口。地図・青3
ここも素通りです。
b0212342_15445041.jpg

博物館公園入口の案内看板。
b0212342_15385282.jpg

博物館公園の地図看板。英語表記もあります。
b0212342_15452086.jpg

↓ チケット売り場。地図・青8
英語は通じませんが、売り場に置いてあったパンフレットの教会の写真を指差すと、250、と紙に書いてくれました。
b0212342_16013590.jpg

↓ チケット売り場に掲げられていた料金表。英語はありません。
クレジット・カードが使えます。
あとで知ったのですが、各種ツアーや催しの案内もあったようです。主に週末のものでした。
b0212342_16014733.jpg


150ルーブルと100ルーブルの、2枚のチケットを渡されました。

↓ 教会の近くにある博物館の案内所。どうせ英語は通じないと思って中には入りませんでした。
あとで知ったのですが、ここでオーディオガイドの貸し出しをしているようでした。
b0212342_16070889.jpg

教会は、塔状の建物の周りを回廊が取り囲んでいるような、変わった構造をしています。
3
b0212342_16220846.jpg

教会の展示室は1Fと2Fに別れています。
2階展示室に向かうには、廊下の階段を登ります。
b0212342_16552901.jpg

階段は3か所ありましたが、登れるのは1か所だけです。

b0212342_15481803.jpg

2F展示室の入口。ここで150ルーブルのチケットを椅子に座っていたおばさんに見せます。
b0212342_15501791.jpg

2F展示室内。こちらがメインの部屋と思われます。
b0212342_15521525.jpg

レンガと石で造られた壁は恐ろしく分厚く(3〜4m)、中は意外と狭かったです。
b0212342_15494911.jpg

その一方で天井はとても高く、床から41mあるそうです。
b0212342_16125198.jpg

1F展示室の入口。かなり小さいです。100ルーブル。
b0212342_15513857.jpg

1F展示室内。二つの部屋に別れていて、こちらは前室です。
b0212342_15523707.jpg

こちらが1Fのメインの部屋。当時のレンガや彫刻などが展示されています。
b0212342_15533164.jpg

建物の高さは、地面からてっぺんまで62m。
b0212342_16213433.jpg

一方こちらは、7年前の冬に行った時の画像です。
b0212342_06072229.jpg

2
b0212342_16215164.jpg

3
b0212342_16223471.jpg

4
b0212342_06081421.jpg

屋根はなんか白く粉がふいたような感じになってますが、よく見るとレンガの上に白い石が貼り付けてあるのがわかります。石灰石による装飾です。
b0212342_06083697.jpg

5
b0212342_16224382.jpg

6
b0212342_16225331.jpg

7
b0212342_16231125.jpg

こちらも冬の画像。回廊の下の柱は、かなりぶっといです。
b0212342_06100344.jpg
9
b0212342_16232199.jpg

10
b0212342_16235235.jpg

公園内では、オーディオガイド付きの観光列車?が運行されているようです。
自分が行った時は見かけませんでしたけど...。
b0212342_15421490.jpg

園内には、こんな感じのお店がところどころに建っていました。
b0212342_16141163.jpg

b0212342_16155413.jpg

メニューには英語表記もありましたが。朝の10時過ぎに訪れた時は、まだお店は閉まっていました。
b0212342_16153392.jpg

トイレは、教会のそばにある観光案内所?(地図・青9)と、カシルスカヤ駅側にある展示館?(地図・青10)にありました。
他にも歩道沿いに、臨時?のトイレが設置されていました。冬は凍りそうなので、ないかもしれません。

カシルスカヤ側の展示館。
b0212342_16202265.jpg

教会から見たモスクワ川。
b0212342_17013473.jpg

公園内は市民の憩いの場にもなっているようでした。
b0212342_16262512.jpg

b0212342_16274942.jpg

b0212342_16551002.jpg


コローメンスコエの主の昇天教会 2019.7 訪問記編

コローメンスコエの主の昇天教会 フォトギャラリー(16MB・96枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています。世界遺産は訪問済みが中心です)

このページは
ユネスコ公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-07-22 06:27 | ロシア | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。