【重要文化財】 住吉神社本殿(福岡県)

すみよしじんじゃ ほんでん

1623年竣工。*1
住吉造(すみよしづくり)、檜皮葺(ひわだぶき)
国指定重要文化財 大正11年(1922年)指定




竣工が江戸時代前期、かつ神社建築ということで、ちっとも「近代文化遺産」ではないが。
出張で福岡に出向いた際、宿泊先のホテルから徒歩圏内に国の重要文化財があるということで、訪れた。

住吉神社そのものができたのは1800年以上前とされ、国家鎮護や船舶守護の神様として信仰されてきた。全国に2000以上ある住吉神社の中でも最古と言われる(大阪の住吉神社本殿は国宝だけど)。現在の立地は海岸線から2.5kmほど内陸だが、中世の終わりごろまで博多湾はこのあたり一帯まで大きく湾入しており、当時は河口に突き出した場所に建っていた。*1, *2

神社に祭られている神様、歴史、建築様式の解説などは、住吉神社公式ホームページを参照。






神社の正面入口。神社の西側に当たる。
b0212342_9452466.jpg



鳥居の奥に見えるのは、神社の神門。
b0212342_9472831.jpg



拝殿。人間が神様にお祈りをする場所。このすぐ奥に、神様のいる場所=本殿がある。
b0212342_9493230.jpg



拝殿の前より。奥の本殿が垣間見える。正面の丸く光っているのは、御神体?の鏡?
b0212342_9523987.jpg

b0212342_9525113.jpg

b0212342_9532773.jpg

b0212342_11351476.jpg



本殿は、このように回廊のような柵に取り囲まれており、接近することはできない。撮影も屋根のみとなってしまう。このように本殿に接近できない神社はよくある。
b0212342_9535822.jpg

b0212342_9582146.jpg








見学メモ

アクセス
<鉄道>
JR「博多」駅、および福岡市営地下鉄空港線「博多」駅から、約800m(徒歩約10分)
福岡市営地下鉄七隅線「渡辺通(わたなべどおり)」駅から、約850m(徒歩約11分)
西鉄「西鉄福岡」駅から、約1.2km(徒歩約15分)
<バス>
西鉄バス「住吉」停留所から、徒歩2分。多くの系統のバスがこの停留所に停まる。博多駅発、天神発、渡辺通駅経由もあり。路線図、時刻表、料金など詳しくは西鉄バス公式ホームページ参照。
<クルマ>
神社内に50台収容の駐車場あり。


google map

普段の見学
記事内にリンクのある神社ホームページには、境内への入場時間の指定はなかった。一方、本殿は上記記事にあるとおり、回廊状の塀の内側にあり、普段は塀の中に入ることはできない。内部も非公開で、拝殿から奥をのぞき見るようにするのみ。

特別公開
情報は見つけられなかった。

問い合わせ
住吉神社社務所へ。



*1 福岡市教育委員会による現地案内看板
*2 住吉神社公式サイト内、神社についての解説 
by h9w457y8i | 2011-10-03 11:07 | 福岡 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。