三井石炭鉱業株式会社 三池炭鉱旧万田坑施設 事務所

みついせきたんこうぎょうかぶしきがいしゃ みついたんこうきゅうまんだこうしせつ
じむしょ

大正3年(1914年)?*1 明治38年(1905年)?*2 竣工。
煉瓦造、建築面積124.99㎡、二階建、スレート葺
国指定重要文化財 平成10年(1998年)指定。





万田坑の概要については、こちらの記事参照。

大正3年(1914年)頃の建設当初は、坑内の換気を行う電気を動力とした巨大な扇風機が備え付けられた扇風機室だった。昭和26年(1951年)の万田坑閉坑後から、1階を更衣室などに、2階を事務室と坑内の監視室として利用していた。*1


b0212342_9423336.jpg

b0212342_9425080.jpg
b0212342_943376.jpg

b0212342_9432034.jpg

b0212342_943324.jpg

b0212342_9434398.jpg






見学メモ
万田坑概要記事の見学メモ参照。


*1 現地案内看板
*2 文化庁文化財等データベース
by h9w457y8i | 2011-07-14 09:46 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。