東京都 近代文化遺産リスト

サイトマップ東京都 近代文化遺産

文化財分布マップ


国宝

国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
ら行・わ

国登録有形文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行・わ

国指定史跡



国 宝



b0212342_20532307.jpg旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)
きゅうとうぐうごしょ(げいひんかんあかさかりきゅう)
明治42年(1909年)竣工。当時の皇太子、後の大正天皇の住居として建造された豪華絢爛な宮殿建築。現在は政府の迎賓館として使用されている。原則として一般公開。
map 35.68051, 139.72867







国指定重要文化財


あ行

b0212342_21040733.jpg永代橋
えいたいばし
大正15年(1926年)に隅田川にかけられた鋼鉄製の橋。
map 35.67641, 139.78757


か行

b0212342_21050209.jpg学習院旧正門
がくしゅういん きゅうせいもん
明治10年(1877年)の建造。一般道に面しており、常時見学可能。
map 35.70729, 139.70911

b0212342_21100375.jpg勝鬨橋
かちどきばし
本来は跳開橋だが、1970年11月29日を最後に橋桁が上がることはなくなった。橋脚内部にある開閉用機械の見学ツアーあり。要予約。詳細はかちどき橋の資料館公式サイト参照。
map 35.66227, 139.77487

b0212342_21163385.jpg旧朝香宮邸
きゅう あさかのみやてい
本館、茶室、倉庫、自動車庫、正門
内装は濃密で洗練されたアール・デコ・デザインとなっている。現在は東京庭園美術館として一般公開。本館内展示内容によっては、内部撮影不可の場合もある。
map 35.63694, 139.71904

b0212342_21171532.jpg旧朝倉家住宅
きゅう あさくらけ じゅうたく
主屋、土蔵
大正8年(1919年)竣工。東京府議会議長を務めた朝倉虎次郎の住宅であった。一般公開。見学についての詳細は渋谷区公式サイト参照。
map 35.64752, 139.70089

b0212342_21174853.jpg旧磯野家住宅
きゅう いそのけ じゅうたく
表門、主屋
大正元年(1912年)竣工の和風住宅。普段は非公開。春と秋に特別一般公開される。
map 35.71899, 139.73827

b0212342_21182560.jpg旧岩崎家住宅
きゅう いわさきけ じゅうたく
洋館、撞球室、大広間
洋館は明治29年(1896年)竣工。一般公開。見学についての詳細は旧岩崎邸庭園公式HPを参照。
map 35.70976, 139.7672

旧久邇宮邸(聖心女子大学)
きゅう くにのみやてい
御常御殿(きゅうおつねごてん)・小食堂、正門
大正時代(1920年前後)竣工の純和風木造建築物。瓦葺き。普段は非公開。年に1回程度、不定期に一般公開される。詳細は「旧久邇宮邸 公開」で検索。
map 35.65224, 139.71877

b0212342_21185596.jpg旧近衛師団司令部庁舎
きゅう このえしだん しれいぶ ちょうしゃ
明治43年(1910年)竣工。東京国立現代美術館工芸館として一般公開。外観と玄関、ホールが重要文化財指定。
map 35.68967, 139.75041

b0212342_09291082.jpg旧渋沢家飛鳥山邸
きゅう しぶさわけ あすかやまてい
晩香廬(ばんこうろ)、青淵文庫(せいえんぶんこ)
日本資本主義の父と言われ、理化学研究所の創設者でもある渋沢栄一。晩香廬はその喜寿を記念して、大正7年(1918年)に建てられた。また青淵文庫は彼が子爵になったことを記念して大正14年(1925年)に建てられた。双方内部一般公開。
map 35.74913, 139.73975

b0212342_21441049.jpg旧醸造試験所第一工場
きゅう じょうぞうしけんじょ だいいちこうじょう
明治37年(1904年)竣工. 現在も国の醸造試験所が管理しているが, 普段は非公開. 外観は隣の公園から見学できる. 10月下旬から11月上旬の東京文化財ウィーク期間中に特別公開される.
map 35.75045, 139.7349

b0212342_21194888.jpg旧弾正橋(八幡橋)
きゅう だんじょうばし(はちまんばし)
もともとは川に架けられていたものを移築。鉄を使った橋としては日本最古といわれる。屋外にあり常時見学可能。橋も渡れる。

b0212342_21201924.jpg旧東京医学校本館
きゅう とうきょういがっこう ほんかん
東京大学創設の前年、明治9年(1876年)に現在大学本部のある文京区本郷に竣工。昭和44年(1969年)に現在の場所に移築。東京大学総合研究博物館小石川分館として一般公開。
map 35.7214, 139.74116

b0212342_21204971.jpg旧東京音楽学校 奏楽堂
きゅう とうきょうおんがくがっこう そうがくどう
明治23年(1890年)竣工。東京藝術大学の前身、東京音楽学校の校舎として建てられた。2Fホールではかつて滝廉太郎や山田耕筰などが活躍した。現在は台東区が管理。各種コンサートが開催されるほか、建物見学も日・火・水曜日に可能。詳細は台東区公式サイトへ。
map 35.71813, 139.77318

b0212342_21212421.jpg旧東京科学博物館本館
きゅう とうきょうかがくはくぶつかん ほんかん
昭和6年(1931年)竣工。鉄筋コンクリート造りの建物で、このように外観・内部に装飾性があるものは戦後に建てられたものには少なく、貴重な存在。国立科学博物館上の本館として一般公開。
map 35.71651, 139.77652

b0212342_21254072.jpg旧東京帝室博物館本館
きゅう とうきょうていしつはくぶつかん ほんかん
昭和12年(1937年)竣工。東京国立博物館本館として一般公開。内部の写真撮影も可能。
map 35.71883, 139.77652

旧馬場家牛込邸
きゅう ばばけ うしごめてい
大規模和風住宅。最高裁判所長官公邸として使用されており、非公開。

b0212342_21263420.jpg旧前田家本邸
きゅう まえだけ ほんてい
洋館、和館、洋館渡廊下、和館渡廊下、茶室待合、和館門及び塀、門衛所、正門及び塀
旧加賀藩主、前田利為が建てた居住用の邸宅。昭和4年(1929年)竣工。一般公開。ただし、洋館渡り廊下および和館渡り廊下は非公開。
map 35.66234, 139.68015

旧三河島汚水処分場 喞筒場施設
きゅう みかわしまおすいしょぶんじょう ぽんぷじょうしせつ
阻水扉室(東・西)、沈砂池及び濾格室(東・西)、濾格室上屋、量水器室及び喞筒室暗渠、喞筒室
三河島水再生センター(下水処理場)の敷地内にある。一般公開。要予約。詳細は東京都下水道局公式サイト参照。

b0212342_05490607.jpg清洲橋
きよすばし
隅田川下流に架かる鋼鉄製の道路橋。長さ186m、幅26m。昭和3年(1928年)竣工で、当時の最先端技術を駆使して建造された。

b0212342_04594360.jpg慶應義塾 図書館 三田演説館
けいおうぎじゅく としょかん、みたえんぜつかん
図書館は改修工事のため、2019年5月ごろまで外観を含め非公開。詳細は慶應義塾公式サイト参照。
map  35.64899, 139.74313

b0212342_08281801.jpg国立西洋美術館本館
こくりつせいようびじゅつかん ほんかん
一般公開。世界遺産「ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献」の一つ。

さ行

b0212342_05010773.jpg自由学園 明日館
じゆうがくえん みょうにちかん
中央棟、東教室棟、西教室棟、講堂
大正10年(1921年)竣工。一般公開。館内に喫茶室あり。
map 35.72669, 139.70725

b0212342_05014561.jpg新宿御苑旧洋館御休所
しんじゅくぎょえん きゅうようかんごきゅうじょ
普段は外観のみ一般公開。第2・第4土曜日に内部公開。館内での写真撮影不可。

b0212342_05022004.jpg聖徳記念絵画館
せいとくきねんかいがかん
美術館として一般公開。館内での写真撮影不可。

b0212342_16593566.jpg尊經閣文庫
そんけいかくぶんこ
図書閲覧所、書庫、貴重庫、門及び塀
昭和3年(1928年)竣工の鉄筋コンクリート造洋風建築。研究施設のため非公開。隣接する駒場公園から外観をチラリと見ることはできる。敷地内は立ち入り禁止。詳細は東京都目黒区公式サイト参照。
map 35.66290, 139.67937

た行

b0212342_05031460.jpg髙島屋東京店
たかしまや とうきょうてん
店内の見学は営業時間中自由に行える。1F受付で重要文化財指定についてのパンフレットを受け取れる。

b0212342_08290907.jpg築地本願寺 本堂
つきじほんがんじ ほんどう
昭和9年(1934年)竣工。鉄筋コンクリート造りで、インド古代仏教の建築様式を取り入れている。浄土真宗本願寺派の関東における拠点。6:00〜17:00の本堂開館時間中ならいつでも見学可能と思われる。
map 35.66669, 139.77201

b0212342_05042259.jpg東京駅丸ノ内本屋
とうきょうえき まるのうちほんや
鉄骨煉瓦造大規模駅舎建築。常時立ち入り、見学可能。JR東日本公式サイト内の重要文化財としての案内ページに、見どころやオススメ見学コース記載。

な行

b0212342_05045588.jpg日本銀行本店本館
にほんぎんこう ほんてんほんかん
要予約の見学ツアーが毎日開催。館内での写真撮影は不可。詳細は日本銀行公式サイト内、本店見学ツアー案内ページ参照。

b0212342_05052962.jpg日本橋
にほんばし
日本の道路の始点とされている。「日本国道路元標」の金属板が橋の道路中央に埋め込まれている。

b0212342_05055746.jpg日本ハリストス正教会教団復活大聖堂(ニコライ堂)
にほんはりすとすせいきょうかいきょうだん ふっかつだいせいどう
教会内の見学は午後のみ可能。内部での写真撮影は不可。詳細はニコライ堂公式サイト参照。

は行

b0212342_06140423.jpg表慶館
ひょうけいかん
鉄筋コンクリート造大型洋風建築。東京国立博物館の展示館。2014年10月以降, 展示環境整備のため休館。ただし特別展示等開催時は開館。館内での写真撮影は、特別展示時は玄関ホールのみ可能。
map 35.71859, 139.77524

b0212342_05070126.jpg法務省旧本館
ほうむしょう きゅうほんかん
重要文化財指定は建物外観のみ。敷地の一部と建物内の一部に、見学のため立ち入り可能。

ま行

b0212342_11485227.jpg三井本館
みつい ほんかん
三井関連企業の社屋、三井記念美術館として使用。歴史的建造物らしき内装を保っているのは1Fの銀行内部だけと思われる。銀行内装には大理石がふんだんに使われ重厚感にあふれる。銀行に問い合わせたところ、内部の写真撮影は不可。

b0212342_05075634.jpg三越日本橋本店
みつこし にほんばし ほんてん
昭和2年(1927年)竣工。店内の見学は自由に行える。ただし、三越ホール、特別食堂の見学は制限あり。
map 35.68584, 139.77375

妙法寺鉄門
みょうほうじ てつもん
明治11年(1878年)建造。寺の境内に入れる時間帯ならいつでも見学可能と思われる。

b0212342_11212387.jpg明治神宮 宝物殿
めいじじんぐう ほうもつでん
中倉・東西倉(東倉・西倉)、東西廊(東廊・西廊)、東西橋廊(東橋廊・西橋廊)、東西渡廊(東渡廊・西渡廊)、北廊、車寄、事務所、正門
奈良の正倉院を模した鉄筋コンクリート造り、一部花崗岩張りの建物。2017年1月から当面の間、修復・耐震工事のため閉館。
map 35.68031, 139.69799

b0212342_05084006.jpg明治学院インブリー館
めいじがくいん いんぶりーかん
明治22年(1889年)の建築。明治学院大学白金キャンパス内にあり、事前申し込みで外観のみ見学できる。秋に内部を含めた特別一般公開がある。
map 35.63681, 139.73109

b0212342_06144067.jpg明治生命保険相互会社 本社本館 (明治生命館)
めいじせいめいほけんそうごがいしゃ ほんしゃほんかん
一般公開。曜日によって見学可能時間が大きく異なる。館内での写真撮影可。詳細は明治安田生命公式サイト内、明治生命館案内ページ参照。
map 35.67898, 139.76158

b0212342_05102800.jpg明治丸
めいじまる
鋼鉄製3本マスト大型帆船。東京海洋大学越中島キャンパス内の陸上に定置されている。一般公開。

や・ら行

b0212342_05105953.jpg早稲田大学大隈記念講堂
わせだだいがく おおすみきねんこうどう
定期的に開催されるキャンパスツアーに参加すれば、講堂内部を見学できる。一人での参加も可能。内部での写真撮影の可否は不明。詳細は早稲田大学公式サイト内、キャンパスツアー案内ページへ。







国登録有形文化財



あ行

青山学院 あおやまがくいん ベリーホール、間島記念館
秋山家住宅 あきやまけじゅうたく 主屋、土蔵
芦葉家住宅 あしばけじゅうたく 倉庫、門
新井家住宅主屋(新宿区) あらいけじゅうたく しゅおく 木造二階建洋風建築。雰囲気はあるがかなり古く手入れはされていない風情。
新井家住宅(調布市) あらいけじゅうたく 内蔵、旧蚕室、主屋、外蔵、中門および塀
安藤家住宅主屋 あんどうけじゅうたく しゅおく

石川酒造
いしかわしゅぞう
本蔵、向蔵、雑蔵、新蔵、文庫蔵、長屋門
明治13年(1880年)竣工。造り酒屋の土蔵造り。ガイドツアーにて見学可能。要予約。詳細は石川酒造公式サイトへ。
map 35.71925, 139.33259

b0212342_09090139.jpg伊勢五
いせご
蔵、主屋
江戸時代から続く米屋。明治初期の建築。現役の店舗であり、内部の見学は不可と思われる。
map 35.72687, 139.74035

伊勢屋店舗兼主屋
いせや てんぽけんしゅおく

市田家住宅
いちだけ じゅうたく
裏門、表門、蔵、主屋

一瀬家住宅
いちのせけ じゅうたく
主屋、倉庫

一水寮
いっすいりょう

伊藤家住宅主屋(大田区)
いとうけじゅうたく しゅおく

伊藤家住宅主屋(三鷹市)
いとうけじゅうたく しゅおく

b0212342_06104032.jpg今半別館
いまはん べっかん
北棟、玄関棟、南棟
昭和25年(1950年)頃の建築。すき焼きの老舗として現在も営業中。今半HP

b0212342_21175397.jpg位田家住宅主屋
いんでんけ じゅうたく しゅおく
昭和5年(1930年)の建築。昭和初期の中流家庭住宅の典型。和洋折衷部分あり。現住につき非公開。
map 35.59937, 139.66390

宇津木家住宅主屋 うつきけじゅうたく しゅおく

b0212342_05120803.jpg雲鷹丸
うんようまる
明治42年(1909年)に建造された、現存する日本最古の鋼鉄製の帆船。東京海洋大学品川キャンパス内の陸上に定置されている。老朽化が激しいため船の内部は非公開。(2017.5時点)

江戸屋店舗兼住宅 えどや てんぽけんじゅうたく
青梅織物工業協同組合
おうめおりものこうぎょうきょうどうくみあい
旧織物加工工場、旧都立繊維試験場、旧発券倉庫、本館
本館は木造モルタル二階建の中規模事務所建築。特徴なし。

お茶の水女子大学 おちゃのみずじょしだいがく 表門、講堂、附属幼稚園園舎、本館

温故学会会館
おんこがっかいかいかん
鉄筋コンクリート2階建。1927年竣工。

御嶽神社
おんたけじんじゃ
行水堂、社務所、末社一山神社祖霊社

か行

b0212342_05130212.jpg学士会館
がくしかいかん
昭和3年(1923年)に竣工。館内のパブリックスペース(ホールや階段など)の見学は自由。内部の撮影は原則禁止。記念撮影程度なら可。2017.1


b0212342_06110803.jpg学習院
がくしゅういん
厩舎、正門、西第一号館(旧中等科教場)、東別館(旧皇族寮)、南一号館(旧理科特別教場)、乃木館(旧総寮部)、北別館(旧図書館)
正門脇の守衛所に届け出れば、学内の見学、および個人で楽しむ範囲の写真撮影は自由に行ってよい。ただし建物内部への立ち入りは不可。学習院大学学長室広報センターに電話で確認済み。

割烹美家古向島本店店舗 かっぽうみやこ むこうじまほんてんてんぽ
カトリック神田教会聖堂 かとりっくかんだきょうかい せいどう

金澤家住宅
かなざわけじゅうたく
主屋、門および塀、洋館(といっても板張りの目立たない小さな倉庫のような建物)

鎌田毛住宅 かまたけじゅうたく 主屋、離れ、門及び塀

b0212342_06113298.jpg神谷バー本館
かみやばー ほんかん
国指定重要文化財のシャトーカミヤ(現・牛久シャトー)の創設者、神谷氏が創業したバー。現在も営業中。公式ホームページ

河津家住宅主屋
かわづけじゅうたくしゅおく
洋風小規模住宅。1929年頃竣工。

河原家住宅主屋
かわはらけじゅうたくしゅおく
学校建築の一部を移築した特異な小規模住宅建築。キワモノ系。

寛永寺 かんえいじ 護国院庫裏、渋沢家霊堂

神田神社
かんだじんじゃ
神饌所(しんせんじょ)、西門、拝殿、東門、幣殿、宝庫、本殿、瑞垣(みずがき)
鉄筋コンクリート造。昭和初期の神社建築。

菊池寛実記念智美術館別館
きくちかんじつ きねんともびじゅつかんべっかん
洋風木造2階建住宅建築。あまり古い趣きはない。月に1〜2度、ランチおよび学芸員解説付きの特別公開あり。要予約。参加費8,000円。詳細は智美術館公式サイト参照。

菊池家住宅 きくちけじゅうたく 茶室、茶室待合、茶室門および塀
旧伊勢屋質店 きゅういせやしちてん 座敷棟、土蔵、見世
旧大田黒家住宅 きゅうおおたぐろけじゅうたく 蔵、洋館
旧滋賀家住宅主屋 きゅうしがけじゅうたくしゅおく

旧島津家住宅アトリエ
きゅう しまづけ じゅうたく あとりえ

b0212342_21174344.jpg旧園田家住宅スタジオ
きゅう そのだけ じゅうたく すたじお
昭和30年(1955年)の建築。音楽家の自宅兼スタジオ。簡素で小規模だが、吹き抜けの音楽室、暖炉のある居間を持つ木造モダニズム建築。非公開。
map 35.61096, 139.67161

旧東京市深川食堂
きゅうとうきょうし ふかがわしょくどう
鉄筋コンクリート造2階建。2009年に改修され、現在は深川東京モダン館として一般公開。詳細は深川観光協会公式サイト参照。

旧常盤家本館(石合家住宅主屋)
きゅう ときわや ほんかん

b0212342_21552307.jpg旧丹羽家住宅蔵
きゅう にわけ じゅうたく くら
昭和11年(1936年)の建築。鉄筋コンクリート造。周辺は公園として整備され、外観は常時見学可能。内部は非公開。
map 35.73804, 139.74252

旧野方配水塔
きゅうのかたはいすいとう
高さ34mの鉄筋コンクリート製配水塔。現在は災害時用給水塔として利用されている。周辺は公園として整備されている。

旧弘田家住宅 きゅうひろたけじゅうたく 主屋、門柱および塀
旧ほていや玩具店店舗 きゅうほていやがんぐてん てんぽ
旧本多家住宅 きゅうほんだけじゅうたく 倉、長屋門

b0212342_06122132.jpg旧文部省庁舎
きゅうもんぶしょう ちょうしゃ
霞が関の文部科学省本庁舎に隣接。内部の一部を一般公開。玄関ホール、階段には大理石が使われ、竣工当時の趣がある。3F旧大臣室は情報ひろばの一環として公開されている。
map 35.67129, 139.74925

旧ヤマジュウ田村家住宅 きゅうやまじゅうたむらけじゅうたく 主屋、西土蔵、東土蔵
教證寺 きょうしょうじ 客殿、本殿
キリスト友会フレンズセンター
栗原家住宅 くりはらけじゅうたく 稲荷社および石鳥居、蔵、主屋、門柱および塀
黒沢ビル くろさわびる

幻戯山房(旧角川家住宅主屋)
げんざさんぼう
現代数奇屋風木造建築。

小池家住宅主屋
こいけけじゅうたく しゅおく
洋風木造2階建。一部ハーフティンバー。

功運寺 こううんじ 庫裏、山門、鐘楼
高岩寺本堂 こうがんじほんどう
古宇田家住宅 こうだけじゅうたく

国際基督教大学泰山荘
こくさいきりすときょうだいがく たいざんそう
表門、蔵、高風居、車庫、書院、待合
昭和初期に建てられた実業家の別荘。普段は非公開だが、大学文化祭や秋の東京都文化財ウィークに一般公開される。詳細は国際基督教大学公式サイト参照。

国際文化会館本館
こくさいぶんかかいかん ほんかん
大型鉄筋コンクリート建築。地上3階。文化財的風情はあまりない。

b0212342_06124988.jpg国立天文台
こくりつてんもんだい
表門、旧図庫および倉庫、ゴーチェ子午環室、第一子午線標室、第一赤道儀室、大赤道儀室、第二子午線標室、太陽分光写真儀室、門衛所、レプソルド子午儀室
第一および第二子午線標室以外は外観の見学が可能。太陽分光写真儀室と門衛所以外は内部も公開している。
map 35.67487, 139.53693

小宮家住宅主屋 こみやけじゅうたく しゅおく
金剛院 こんごういん 庫裏、本堂

さ行

さかえビル
坂間家住宅主屋 さかまけじゅうたく しゅおく
佐々木家住宅主屋 ささきけじゅうたく しゅおく

実相寺
じっそうじ
本堂、門
大正時代の末に浅草から移転した日蓮宗の寺院。昭和3年(1928年)の建築。本堂は木造、金属板葺き。一般的な寺院建築で、近代的なところはない。
map 35.58002, 139.70285

渋谷区立広尾小学校
しぶやくりつひろおしょうがっこう
鉄筋コンクリート造3階建。火の見櫓の塔屋があるが、それ以外は特に見るべきところはない。

志村家住宅門および石垣 しむらけじゅうたく もんおよびいしがき
蛇の湯温泉たから荘 じゃのゆおんせん たからそう
松風荘 しょうふうそう 主屋、門

昭和のくらし博物館(旧小泉家住宅主屋)
しょうわのくらしはくぶつかん
古い一般の民家。注目すべき建物ではない。

b0212342_09263048.jpg進開屋
しんかいや
昭和初期の木造町家。現役のそば屋。
map 35.7253, 139.7415

新町館(三宅家住宅) しんまちかん 単なる古い鉄筋コンクリート造の二階建ての事務所。
すぺーす小倉屋 すぺーすおぐらや 蔵、店舗
西郊ロッヂング せいこうろっぢんぐ 木造モルタル二階建の集合住宅。洋風銭湯のような風情。

瀬川家住宅(旧古市家住宅) せがわけじゅうたく 蔵、主屋 純和風住宅。

た行

タイガービルヂング

高橋建築事務所社屋
たかはしけんちくじむしょ しゃおく
木造二階建、洋風ハーフティンバー建築。瓦葺。

高橋診療所
たかはし しんりょうじょ

高村家住宅主屋
たかむらけ じゅうたく しゅおく

b0212342_21174956.jpg竹中家住宅主屋
たけなかけ じゅうたく しゅおく
昭和初期の典型的な中流家庭住宅。木造二階建て、桟瓦葺、板張りの壁。現住のため内部非公開。
map 35.59921, 139.66377

玉置文治郎ビル たまおきぶんじろうびる
燕湯 つばめゆ
照田家住宅主屋 てるたけじゅうたく しゅおく

b0212342_05154494.jpg東京商船大学 (現 東京海洋大学)
とうきょうしょうせんだいがく
1号館、旧天体観測所(第1観測台、第2観測台)、事務局管理棟、2号館
東京海洋大学越中島キャンパスにある。内部は非公開だが、キャンパス内への入場、および建物の外観見学は自由にできる。越中島キャンパス代表番号に電話で確認済み。2016.11

東京女子大学
とうきょうじょしだいがく
講堂・礼拝堂、本館、6号館(東校舎)、7号館(西校舎)、14号館(安井記念館)、16号館(外国人教師館)、17号館(ライシャワー館)
文化財の概要、見学のための問い合わせなどは、東京女子大学公式サイト参照。

東京大学
とうきょうだいがく
教養学部旧第一高等学校本館(時計台)、工学部1号館、工学部列品館、先端科学技術研究センター十三号館(旧東京帝国大学航空研究所本館)、大講堂(安田講堂)、法学部3号館、法文1号館、法文2号館、本郷正門及び門衛所、野球場観覧席・ダッグアウト及びフェンス

東京農工大学農学部本館 とうきょうのうこうだいがく のうがくぶほんかん

東京文化財研究所黒田記念館
とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ くろだきねんかん
書庫、本館
一般公開。詳細は黒田記念館公式サイト参照。

虎ノ門大坂屋砂場店舗 とらのもんおおさかやすなばてんぽ

な行

西川家旧別邸蔵 にしかわけきゅうべってい くら 鉄筋コンクリート造、土蔵風の小規模蔵。
日本工業倶楽部会館 にほんこうぎょうくらぶかいかん

b0212342_09185517.jpg日本聖公会東京教区 東京諸聖徒教会 礼拝堂
にほんせいこうかい とうきょうきょうく とうきょうしょせいときょうかい れいはいどう
昭和6年(1931年)竣工。鉄筋コンクリート造。見学の可否は不明。
map 35.72385, 139.73908

は行

橋本家住宅
はしもとけじゅうたく
木造二階建、洋風住宅。瓦葺。

旗岡八幡神社絵馬殿 はたおかはちまんじんじゃ えまでん
花重店舗 はなじゅうてんぽ
ハリオグラスビル
はん亭
ビストロOJI(末光家住宅) びすとろおぢ
一橋大学 ひとつばしだいがく 兼松講堂、旧門衛所、東本館
細井家住宅主屋 ほそいけじゅうたく しゅおく

ま行

真木家住宅
まきけじゅうたく
日本館、洋館
洋館はハーフティンバーやベイウィンドウがあるものの、小規模住宅でありデザインも特筆なし。

松本家住宅主屋
まつもとけじゅうたく しゅおく

三岸家住宅アトリエ
みぎしけじゅうたく あとりえ

b0212342_08372224.jpg三菱電機 高輪荘
みつびしでんき たかなわそう
蔵、主屋、洋館
昭和初期(1930年ごろ)の建築。大型住宅建築。非公開。特別公開の情報もなし。
map 35.63578, 139.7305

水口家住宅洋館
みなくちけじゅうたく ようかん
小規模洋風住宅。フランス瓦葺きでそこそこ。

三橋家住宅主屋 みはしけじゅうたく しゅおく
宮川家住宅 みやがわけじゅうたく 主屋、納屋
宮城道雄記念館検校の間 みやぎみちおきねんかん けんぎょうのま 数奇屋風木造建築。
森田家住宅 もりたけじゅうたく 板塀、御看経堂(おかんきんどう)、旧米蔵、主屋、西蔵、前の蔵、見世蔵、味噌蔵、門
森博士の家 もりはかせのいえ 昭和の簡素な木造住宅。特筆なし。
守屋家住宅主屋 もりやけじゅうたく しゅおく

や行

山﨑家住宅主屋
やまざきけ じゅうたく しゅおく
明治10年(1877年)の建築。東京23区内の現住住宅としては珍しい茅葺の農家住宅。現住のため非公開。
map 35.58194, 139.67787

山本歯科医院
やまもと しかいいん

よし梅芳町亭
よしうめ よしちょうてい

b0212342_21173625.jpg吉川家住宅主屋
よしかわけ じゅうたく しゅおく
大正12年(1923年)の建築。映画関係者が撮影用に建てたとされる。平屋建ての洋館で、いたって簡素だが、外観、内装、建具などが当初の姿を保っている。現住のため非公開。
map 35.59641, 139.66206

ら行・わ

b0212342_21175803.jpg私の家(清家清自邸)
わたしのいえ(せいけきよし じてい)
昭和29年(1954年)の建築。建築家、清家清の自宅。鉄筋コンクリート造の小規模住宅。ワンルームの間取りの中に家族が暮らす。床の高さを地面に近くし、庭と一体感を持たせている。非公開。
map 35.59401, 139.69150






国指定 史跡

(一部)

b0212342_09530737.jpg品川台場
しながわだいば
江戸時代末期の1854年竣工。外国軍の襲来を恐れた江戸幕府が未曾有の規模で築いた要塞の跡。12基が計画されたが、実際に建造されたのは6基で、現存するのは2基。そのうちの一つ、第3台場のみが公園として一般公開されている。
map 35.63324, 139.77235

by h9w457y8i | 2017-02-02 04:36 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。