栃木県 近代文化遺産リスト

サイトマップ栃木県 近代文化遺産

文化財分布マップ



国指定重要文化財



b0212342_21331079.jpg旧青木家那須別邸
きゅう あおきけ なすべってい
明治21年(1888年)の建築。青木家は那須野が原に大農場を開墾した家で、この建物は青木家の農場管理を兼ねた別荘建築。現在は栃木県が所有し、一般公開されている。
map 37.00122, 139.98515



旧篠原家住宅
きゅう しのはらけ じゅうたく
主屋、新蔵
篠原家は江戸時代末期に宇都宮城下で醤油醸造業を起こし、明治以降県内有数の豪商となった家。主屋は明治28年(1895年)竣工の土蔵造り和風建築物。一般公開。詳細は宇都宮市公式サイト参照。
map 36.56182, 139.89689



b0212342_11505723.jpg旧下野煉化製造会社煉瓦窯
きゅう しもつけれんがせいぞうがいしゃ れんがかま
明治22年(1889年)竣工。幅32m、高さ34mの巨大な煉瓦製のレンガを焼くための釜。一般公開。
map 36.21239, 139.70074



旧日光田母澤御用邸
きゅう にっこうたもざわ ごようてい
御座所、御食堂、皇后御座所、謁見所、内謁見所、皇族及び臣下休所、御車寄、主殿寮、調理所、女官部屋
明治32年(1899年)、皇太子であった大正天皇のために建てられた。近代和風住宅の典型と言える。一部を除いて一般公開。詳細は日光田母沢御用邸記念公園公式HPを参照。
map 36.7526, 139.59126



b0212342_2133586.jpg那須疏水旧取水施設
なすそすい きゅうしゅすいしせつ
東水門、西水門、導水路及び余水路
明治38年(1905年)〜明治39年に竣工。明治政府の殖産興業政策の元で大規模に開墾された那須野が原農場の発展に寄与した。周辺は公園として整備され、常時見学可能。ただし東水門は接近困難。
map 37.03816, 139.9865



古河橋
ふるかわばし
明治23年(1890年)竣工の鉄橋。長さは48m。当時は鉄道と道路の併用橋だったが、その後道路橋となり、現在は老朽化のために歩道専用となっている。
map 36.66528, 139.44498






国登録有形文化財

編集中


site map


by h9w457y8i | 2011-05-31 00:23 | 栃木 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。