旧住友家俣野別邸

きゅうすみともけまたのべってい

附(つけたり)*1 : 附属屋(木造、建築面積52.39㎡、桟瓦葺)1棟
昭和14年(1939年)、竣工。
木造、建築面積456.23㎡、2階建、一部地下1階、桟瓦葺(さんかわらぶき)*1

国指定重要文化財  平成16年(2004年)、指定。その後指定解除の予定。

ただし、平成21年(2009年)3月、原因不明の火災により全焼。*3
地図



消失前の建物の様子
横浜市戸塚区東俣野町に所在する旧住友家俣野別邸は、横浜市の西南端、藤沢市との市境に接し、真西に富士山を望む広大な敷地を有し、旧東海道から西方にアプローチ道路を取り付けて正門を構える洋風折衷住宅であった。
旧住友家俣野別邸は、住友家16代当主住友吉左衛門友成の東京別邸として、佐藤秀三(佐藤秀工務店)の設計施工により昭和14年に建設された。
主屋棟、子供室棟、サービス棟をY 字形に配置。主屋棟は、中二階をもつ吹抜けの階段室ホールを介して南側に日光室と居間を置き、その東方には食堂と配膳室を配しており、日光室の西側と食堂の南側にはテラスを設けている。二階には半円形平面の展望室、展望室と一室化された書斎等が配されている。
子供室棟は主屋棟の南東方に配置されており、サンルーム風の遊戯室、10畳規模の令嬢室等が配されている。
また、サービス棟は主屋棟の北東方につながっており、宿直室、事務室等が配されている。
旧住友家俣野別邸は、住友営繕の系譜をひく佐藤秀三の代表的作品であり、昭和前期モダニズムの影響下における、ハーフティンバー・スタイルを基調とした洋風折衷住宅建築として重要なものと言える。
また、食堂を中心としたコンパクトな平面構成に特徴があり、大邸宅建築における平面計画の変化が示されている点にも歴史的意義が認められ、郊外邸宅の在り様を物語る屋敷地とともに、保存が図られている。*2



見学メモ
2011年5月の記事掲載時、修復に関する情報は見つけられなかった。


*1 用語解説
*2 神奈川県生涯学習文化財課発行パンフレット
*3 火災後の航空写真。毎日.jpより


全国の近代文化遺産リスト
by h9w457y8i | 2011-05-21 00:32 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。