碓氷峠鉄道施設 旧丸山変電所 概要

群馬県 近代文化遺産リスト碓氷峠鉄道施設トップページ概要 > 旧丸山変電所概要


碓氷峠鉄道施設
旧丸山変電所 機械室・蓄電池室
きゅうまるやまへんでんしょ きかいしつ・ちくでんちしつ


明治45年*1(1912年)、竣工。
機械室 煉瓦造、建築面積354.75㎡、スレート葺
蓄電池室 煉瓦造、平屋建

国指定重要文化財 平成6年(1994年)、指定。




丸山変電所は、明治45年(1912年)、碓氷線を走る機関車の電化に伴い造られた。碓氷線とは、信越本線の横川~軽井沢間の通称。信越本線は日本の近代化を担う重要な鉄道の一つで、この変電所の役割は、発電所からの電気を機関車に供給することであった。変電所は2棟の建物からなっている。南西向きに横並びの2棟のうち、西側が機械室、東側が蓄電池室。
機械室には回転変流器と変圧器が設置され、発電所から送られてきた交流電気を直流電気に変えて、蓄電池室内の蓄電池と機関車へ送電していた。
蓄電池室には、電気機関車が峠にかかるときに必要な電気を補うため、312個の蓄電池が並んでいた。充電中は室内に水素と有害物質の硫酸雲霧が大量に発生するため、窓、引き戸等は通風に適するように工夫されている。フォトギャラリーの画像を見比べると、機械室よりも屋根の通風口が多い。
丸山変電所は工場建築に近いため華やかさには欠けるものの、正面で入口や側面には控えめながら装飾的な要素が加えられ、落ち着いた格式の高いものとなっている。レンガ造り建築の最盛期のものであることが実感される、今に伝わる数少ない遺産である。
昭和38年(1963年)、新線開通に伴い、丸山変電所はその役割を追えることとなる。
その後、丸山変電所は日本の近代化に貢献した鉄道施設の様子をよく示すものとしての価値が認められ、平成6年(1994年)12月27日に国の重要文化財に指定された。そして平成14年(2002年)に修復工事が完了、現在に至っている。*2

修復工事はなされたが、施設の公開は普段は外部のみ。内部は不定期で特別公開される。詳しくは見学要領参照。


左 機械室      右 蓄電池室
b0212342_1264969.jpgb0212342_15104238.jpg




*1 年号について。1912年は明治45年であると同時に大正元年である。国指定文化財等データベースによると、「大正元年」となっているが、現地案内看板では「明治45年」となっている。
*2 現地案内看板より。フォトギャラリーに画像あり。


碓氷峠鉄道施設トップページ概要 > 旧丸山変電所概要
by h9w457y8i | 2011-05-19 09:18 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。