【国宝・重要文化財・世界遺産】 興福寺 (奈良県 奈良市) 拝観・見学のしかた 公式サイト補足情報


サイトマップ > 奈良県 江戸時代以前の文化財 > 興福寺

b0212342_09174933.jpg

興福寺(こうふくじ)の起源は、およそ1,350年前、飛鳥時代の669年に遡ります。藤原鎌足(ふじわらのかまたり。飛鳥時代の政治家。その後大きな権力を誇った藤原氏の最初の人物。大化の改新で大きな役割を果たした)が重い病気を患ったとき、彼の奥さんがその回復を願って、現在の京都府山科区に建てたのが始まりと伝えられています。その後すぐに奈良県北西部に移され、厩坂寺(うまやさかでら)と改名。更にその後、平城京が出来てそれに伴い寺を現在地に移した際、興福寺と改められました。奈良時代、平安時代には天皇家や藤原家から手厚い保護を受け、鎌倉・室町時代には幕府から大和国の実質的な統治権を任されるなどの強大な権力を誇りました。江戸時代にも幕府から領地を認められて保護されていましたが、明治に入ると神道と仏教を明確に分ける神仏分離政策が元になった廃仏毀釈(はいぶつきしゃく。仏教の建物や経典を破棄する運動)のために、一時は廃寺同然になったこともあったみたいです。その後は、ぶっ壊しやり過ぎちゃった、ゴメンナサイ、ということになり、明治30年(1897年)に4つの建造物が国宝に指定され、昭和に入って、二つの建造物が国の重要文化財に指定されました。また1998年には、世界文化遺産「古都奈良の文化財」の構成資産の一つに登録されました。


国宝建造物
東金堂(とうこんどう) 内部公開。
北円堂(ほくえんどう) 春と秋に内部特別公開。
五重塔 内部非公開。
三重塔 7月7日に内部特別公開。


重要文化財建造物
南円堂(なんえんどう) 秋に内部特別公開。
大湯屋(おおゆや) 内部非公開。


興福寺 フォトギャラリー(65枚・16MB)




アクセス



スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩

近鉄奈良駅 東改札口から、興福寺方面出口経由で、徒歩約6分(400m)。

JR奈良駅 東口(近鉄奈良駅方面出口)から、徒歩約21分(1.5km)。



バス

奈良交通が運行する市内循環バス 「県庁前」バス停地図・赤1)から北参道入口(地図・赤9)まで、徒歩1分。

市内循環バスの時刻検索は、各種乗り換え案内アプリが対応しています。
Google Map ルート案内機能は対応していないようです。2019.6
市内循環バスのルートマップはこちら

[料金] 一律210円
全国共通交通系ICカード利用可能。
奈良市とその周辺を網羅する奈良交通バスのフリー乗車券もあります。

[運行頻度] 10分に1本。

JR奈良駅前、近鉄奈良駅前からも運行しています。



駐車場

お寺付属の参拝者用有料駐車場があります。
入口は、地図・赤2。

営業時間、料金などの最新情報は、興福寺 公式サイトを確認してください。

2019.6
[収容台数] 46台
[営業時間] 9:00〜17:00
[料金] 乗用車 1,000円






拝観のしかた


境内の周りには柵や塀がありますが、入口には門はなさそうで、おそらくいつでも入れると思います。

6つの国指定文化財のうち、一つだけ普段から内部が公開されている東金堂。
内部拝観については、興福寺 公式サイトを参照してください。

2019.6
[公開時間] 9:00〜17:00
[拝観料] 300円

b0212342_07290739.jpg


全国の八角円堂の中で最も美しいとされている(←興福寺HP)、国宝・北円堂(ほくえんどう)。
普段は内部は非公開ですが、春と秋、それぞれ2〜3週間ほど特別公開されます。
b0212342_07374509.jpg


国宝・三重塔。普段は外観のみの公開ですが、毎年7月7日、内部が特別公開されます。
b0212342_09160784.jpg


国指定重要文化財・南円堂(なんえんどう)は、普段は内部非公開ですが、秋に3週間ほど特別公開されます。
公開の詳細は、「南円堂 公開」で検索してください。

2019年は、10/17〜11/10の期間に特別公開されます。

b0212342_08041442.jpg


国宝・五重塔は、かつては内部が公開された情報はありますが、2019年の公開情報は今のところありません。
b0212342_09185028.jpg


また、再建されたばかりの中金堂、多くの国宝仏像などを収蔵している国宝館についても、公開時間と拝観料が設定されています。詳しくは興福寺 公式サイトを参照してください。

中金堂。
b0212342_07311879.jpg






文化財建造物の説明



↓ 国宝・五重塔は、室町時代中期、1426年に再建されたもので、オリジナルは奈良時代のものでした。高さはおよそ50m、現存する江戸時代以前の五重塔では日本で二番目の高さ(最も高いのは京都の東寺)で、各層の屋根の張り出しが大きく、細長い江戸時代のものよりも、優雅で力強い印象です。これぞ五重塔!という感じ。地図
b0212342_09185028.jpg


国宝館(鉄筋コンクリート造)には国宝仏像が数多く収容されています。
日本の仏像は、東南アジアのものに比べると、微笑み、憂い、怒り、瞑想など、様々な表情が豊かで、かつ優雅で芸術的だと思います。日本人だからそう思うのかな...。個人的に好きなのは、やはり彫刻の傑作と言われる阿修羅像ですね。


三重塔。地図・赤4
現存する興福寺建造物の中でもっとも古いものの一つで、鎌倉時代前期、1210年ごろの建築とされています。
b0212342_08035657.jpg

1
b0212342_07583364.jpg

2
b0212342_08033949.jpg

3
b0212342_07575456.jpg

南円堂。地図・赤3
b0212342_08122593.jpg

現在の南円堂は、江戸時代中期、1741年に再建された4代目です。
b0212342_08130589.jpg

重要文化財の南円堂は、北円堂とは違って近づいてお参りすることができます。
b0212342_08101578.jpg

南円堂の屋根。
b0212342_08044269.jpg

北円堂。地図・赤5。普段は柵に囲まれていて、近寄れません。
b0212342_08052427.jpg

五重塔、塔のてっぺん。地図・赤6
b0212342_08131944.jpg

1
b0212342_08140745.jpg

2
b0212342_08134414.jpg

五重塔、一層目。こういう軒下の複雑な構造を見ると、なぜかワクワクします。
b0212342_08213458.jpg

東金堂。室町時代中期、1425年に再建されたものです。興福寺にある文化財造物の中で、唯一内部が公開されています。地図・赤7
b0212342_08161805.jpg

東金堂、軒下。画面の両端が白くなっていますが、レンズのフレアですので気にしないでください...。
b0212342_08190051.jpg

1
b0212342_08200297.jpg

2
b0212342_08202311.jpg

入口には鹿の模様が描かれたのれん?が垂れ下がっていました。
b0212342_08204107.jpg

奈良と言えば鹿。興福寺の境内にもいました。
b0212342_08045792.jpg

最後は、大湯屋。室町時代、1426年頃の再建。その字の通り、かつてのお寺のお風呂場。中には直径が150cmほどの大きな鉄の湯釜が二つあります。現在は内部非公開で、特別公開の情報はありません。
b0212342_08251259.jpg

大湯屋は他の文化財建物群とは違って宗教的が意味はないせいか、少し離れた場所にポツンと建っています。地図・赤8
b0212342_08222995.jpg


興福寺 フォトギャラリー(65枚・16MB)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは、
興福寺 公式HP
文化庁 国指定文化財等データベース
などを参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-09-20 07:17 | 奈良 | Comments(0)

【世界遺産】 王立展示館とカールトン庭園 (オーストラリア メルボルン) 行き方・見学のしかた


サイトマップ > オーストラリアの世界遺産 > 王立展示館とカールトン庭園

Royal Exhibition Building and Carlton Gardens

b0212342_21115763.jpg

オーストラリア第二の都市、メルボルン。かつてはオーストラリアの首都であり、ゴールドラッシュに湧いた街でもあります。王立展示館は、そのメルボルンの市街地に1880年、万国博覧会の展示館として建てられました。ビザンチン、ロマネスク、ルネサンスなど、様々な建築様式が融合した(...と言われてもよくわからないのですが)オーストラリア初のヨーロッパ風建築物で、現在も展示会場やイベントホールなどとして活用されています。また展示館が建つカールトン庭園は、ビクトリア植民地(オーストラリア全体が一度にイギリスの植民地になりましたっていう単純なものじゃなかったみたいで、そういう言い方になるんだそうです)初代総督が公園として整備したのが始まりです。南北700m、東西450mの長方形をした26haの公園内には様々な動植物が生存していると共に、近代的なメルボルン博物館や巨大シアター、テニスコートなどもあり、メルボルン市民の憩いの場として親しまれています。


王立展示館とカールトン庭園 フォトギャラリー(16MP・105枚)




アクセス



スマートフォンはこちらのマップ


王立展示館はカールトン庭園の中にあります。

カールトン庭園は、上の地図を見ればわかるようにメルボルン市街の中にあり、庭園の周囲には複数の路面電車の停留所やバス停があります。
路面電車やバスには乗ったことがないので、そのご案内はできません...。






見学のしかた



カールトン庭園の周りには柵や門はなく、いつでも自由に公園内を散策できます。
b0212342_21530084.jpg

一方、カールトン庭園の中にある王立展示館は、その中で催しが行われている時以外はガイドツアーに参加すれば内部を見学できます。

ガイドツアーは基本的に毎日1回開催されます。

集合場所は展示館のすぐ向かいにあるメルボルン博物館(地図・青1)。14:00です。
料金は大人 10 オーストラリアドル。
詳細は電話で、メルボルン博物館:13-11-02 番に問い合わせてください。

↓ メルボルン博物館。
b0212342_22030374.jpg

1
b0212342_22040558.jpg

2
b0212342_22035119.jpg



カールトン庭園は、メルボルン市街地の中にあります。
b0212342_21584428.jpg

b0212342_22093801.jpg

庭園の中にある、王立展示館。
b0212342_22081746.jpg

1
b0212342_21555946.jpg

2
b0212342_21562395.jpg

3
b0212342_22011816.jpg

4
b0212342_22015447.jpg

5
b0212342_22013527.jpg

6
b0212342_22024973.jpg

7
b0212342_22033899.jpg

8
b0212342_22023333.jpg

訪れた時は工事中でした。
b0212342_21591394.jpg

ちらっとだけ、中を見せてもらいました。
b0212342_22020871.jpg

展示館前の噴水。
b0212342_21593536.jpg

展示館のすぐ隣にある、メルボルン博物館。
b0212342_22062155.jpg

訪れた時は9月=初春。花が咲き始め、木々に緑が芽吹き始めていました。
b0212342_21563817.jpg

b0212342_22041872.jpg

日本では見かけない木や草花も。
b0212342_21573782.jpg

実、でしょうか?なんの木でしょう。
b0212342_21580291.jpg

1
b0212342_22002373.jpg

2
b0212342_21595745.jpg

3
b0212342_22055899.jpg

エジプトの紙の原料になった、パピルス?
b0212342_22074801.jpg

庭園内では、こんな風にジョギングをしたり。
b0212342_22160290.jpg

寝転がったり座ってくつろいだりしている人が、あちらこちらにいらっしゃいました。
b0212342_22162318.jpg

1
b0212342_22073021.jpg

2
b0212342_21532961.jpg

野生のカモ?もいます。
b0212342_21552091.jpg

庭園内には子供が遊べる遊具も。
b0212342_22044425.jpg

庭園の周りには世界遺産のバッファーゾーン=緩衝地帯があり、著しい景観の変化がないことが登録の条件となっています。

そのバッファーゾーンは、こんな感じ。
b0212342_22071062.jpg

1
b0212342_21511259.jpg

2
b0212342_22052094.jpg

3
b0212342_22083794.jpg

それにしても、19世紀末=明治時代にできた公園と、こんな感じのヨーロッパ大陸風建造物。上野公園とか、そうじゃないですか?
上野公園も世界遺産に、ならないような気がするなぁ...


王立展示館とカールトン庭園 フォトギャラリー(16MP・105枚)

このページは、
ユネスコ公式サイト内、王立展示館とカールトン庭園紹介ページ(英語)
阪急交通社公式サイト
などの記述を参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-09-18 06:42 | オーストラリア | Comments(0)

【重要文化財】 明治生命保険相互会社 本社本館(明治生命館) (東京都 千代田区) 見学のしかた


トップページ > 東京都 近代文化遺産 > 明治生命保険相互会社本社本館

b0212342_14432465.jpg

このいかにも威風堂々とした洋風の建物は、東京丸の内、皇居の目の前にあり、昭和9年(1934年)に完成したオフィスビルです。鉄筋鉄骨コンクリート造、高さは約31m。設計は東京美術学校(現・東京芸術大学)教授の岡田信一郎によるもので、主なデザインは古代ギリシア・ローマを源とする古典主義様式(と言われてもよくわかりませんが)。このテのビルは大正から昭和初期にかけ、大都市を中心にたくさん建てられましたが、この建物はその中でも、巨大な列柱がズラーっと並ぶ外観や、美しく大ぶりな大理石をこれでもか、というくらい多用した超ゴージャス巨大吹き抜けロビーを持つ点が目を引きます。千代田区観光協会公式サイトでは、「明治期以降に洋風意匠を導入した我国の建築の一つの到達点とも言うべき建築」とまで言われています。スゴイですね。第二次世界大戦期、昭和16年(1941年)から始まった金属回収令では、優れたデザインの金属製品の多くがこの建物から供出されました。また戦後は、GHQ(連合軍最高司令官総司令部)にアメリカ極東空軍司令部として接収されました。
なお、「明治生命保険相互会社本店本館」という名前は、平成9年(1997年)に国の重要文化財に指定された際の指定名で、現在では「明治生命館」と呼ばれています。

b0212342_14403724.jpg


明治生命保険相互会社本社本館 フォトギャラリー(16MP・70枚)




アクセス



明治生命保険相互会社 本社本館は、黄4
スマートフォンの方はこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩

上の地図を参照してください。
周辺には、JR、東京メトロ、都営地下鉄の駅が複数あります。



駐車場

明治生命保健相互会社本社本館(明治生命館)は、商業施設「丸の内マイプラザ」に接続しており、その付属駐車場が使えます。

駐車場の入口は、上の地図・黄3。

駐車場の営業時間、料金などの最新情報は、iPosNet駐車場検索ページにて、「丸の内MYPLAZA」で検索してください。

2019.9
[営業時間] 7:00〜23:00
[料金]
平日 300円/30分
土・日・祝日 最初の60分無料、以降300円/30分
[収容台数] 199台
[サイズ制限] 高 1.55m、幅 1.85m、長 5.00m

b0212342_13400508.jpg






見学のしかた



建物は明治安田生命「丸の内お客様ご相談センター」として営業中なのですが、その営業時間外に、内部を見学できます。

開館時間、休館日などの情報は、明治安田生命公式サイト内、明治生命館見学案内ページを参照してください。


2019.9
[見学可能時間]
土・日曜日 11:00〜17:00
水・木・金曜日 16:30〜19:30 ただし、館内の一部は非公開。重厚で豪華な内装をじっくり楽しみたいのなら、週末の見学がオススメ。
[入館料] 無料。
[休館日] 月、火曜日、12/31〜1/3、ビル点検日(要問い合わせ)


館内を見学する際は、以下のような制約があります。
禁煙。
飲食不可。
携帯電話での通話不可。
ペット同伴不可(使役犬については要問い合わせ)。
館内の撮影は商業目的でなければ自由。






管理人のおすすめポイント



建物正面が皇居に面しているため、前面は広く開けていて、立派な建物全体が見渡せます。都心部にはこうした戦前に建てられた立派な洋風の建物がいくつか残っていますが、周囲を他の建物や森などに囲まれていて、そういう視点で外観を見られるものはあまりありません。そして何と言っても、みどころはその豪華な内装でしょう。大理石と豪華なシャンデリアに彩られた吹き抜けのロビーでは、その大空間の豪壮さに息をのみますし、装飾は控えめながらも上質レトロな雰囲気が漂う食堂、会議室、応接室などの2F各室も、一見の価値があると思います。


1
b0212342_14413922.jpg

2
b0212342_14420917.jpg

3
b0212342_14423506.jpg

4
b0212342_14425502.jpg

外観の大きな特徴の、コリント柱。上に行くに従って少し細くなってます。でも近くで見ると大きすぎて、よくわかりません。
b0212342_13373981.jpg

2
b0212342_14440081.jpg

3
b0212342_13405139.jpg

4
b0212342_13362137.jpg

5
b0212342_13360236.jpg

6
b0212342_13364814.jpg

7
b0212342_13384658.jpg

8
b0212342_13363679.jpg

入口。
b0212342_13411884.jpg

b0212342_13382271.jpg

入口の上には。
b0212342_13372040.jpg

建物の裏は商業施設「丸の内MY PLAZA」に接続しています。
b0212342_13352956.jpg

吹き抜けのロビー。圧巻です。
b0212342_13340467.jpg

2
b0212342_13341814.jpg

3
b0212342_13334753.jpg

4
b0212342_13342930.jpg

ロビーから高ーい天井を仰ぎ見たところ。
b0212342_13331005.jpg

b0212342_13323552.jpg

レトロなエレベーターにもいくつか種類があり。
b0212342_13272157.jpg

2
b0212342_13344213.jpg

3
b0212342_13350512.jpg

4
b0212342_13351736.jpg

二階の回廊。
b0212342_13273823.jpg

2
b0212342_13275465.jpg

3
b0212342_13284404.jpg

二階の会議室。など。どの部屋にどんな名前がついていたか、忘れました。
b0212342_13282172.jpg

2
b0212342_13290586.jpg

3
b0212342_13310329.jpg

4
b0212342_13311507.jpg

5
b0212342_13315056.jpg

階段。
b0212342_13321339.jpg

エア・シューター。空気の力で館内の他の部屋に書類を送る装置。だと思います。
b0212342_13291663.jpg

現地配布パンフレット。クリックで拡大できます。
b0212342_13245931.jpg

2
b0212342_13254465.jpg

3
b0212342_13260173.jpg

4
b0212342_13261938.jpg


明治生命保険相互会社本社本館 フォトギャラリー(16MP・70枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは、
明治安田生命公式サイト
東京都千代田区観光協会公式サイト内、明治生命館案内ページ
文化庁国指定文化財等データベース
などの記述を参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-09-17 05:44 | 東京 | Comments(0)

【国宝】 園城寺 新羅善神堂 (滋賀県 大津市) 行き方、拝観・見学のしかた


サイトマップ > 滋賀県 江戸時代以前の文化財 > 園城寺 新羅善神堂

b0212342_07482637.jpg

園城寺(おんじょうじ)は、琵琶湖の南端、滋賀県大津市中心部に近い山裾に広がる大規模寺院で、一般的には広く「三井寺(みいでら)」の名前で知られています。

園城寺の概要は、こちらの「園城寺(三井寺)アクセス・拝観のしかた」をご覧ください。

国宝、新羅善神堂(しんらぜんしんどう)は、三井寺の境内から500mほど北に離れた飛び地にある神社建築です。平安時代に園城寺を再興し発展させた円珍(えんちん)が、留学先の唐から船で日本に帰る途中、枕元に老人が現れ、「自分は新羅明神である、寺の守護神として祀りなさい」と伝えた、という伝説があります。その新羅明神像(国宝)が納められているのが、この新羅善神堂です。建立は室町時代初期の1346年。三井寺が豊臣秀吉による謎の寺領没収でそれまでの建物がほとんど破壊された中で、残った新羅善神堂は貴重な建築物です。三間社流造(さんげんしゃ ながれづくり)という形式で、屋根はカーブが美しい檜皮葺き(ひわだぶき)、正面欄間に美しい彫刻が施されている以外はシンプルな意匠で、上品な美しさを持っています。琵琶湖周辺には三間社流造の古い建造物がたくさん残っていますが、その中でも最も形の整ったものとして高く評価され、明治34年(1901年)に国宝に指定されています。


園城寺(三井寺) フォトギャラリー(16MP・142枚)


園城寺(三井寺)のメインの境内への行き方、拝観のしかたは、こちらのページをご覧ください。




アクセス



新羅善神堂は、赤12
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩

京阪電鉄 石山坂本線 「大津市役所前」駅から、徒歩約6分(450m)。

↓ 新羅善神堂、参道入口。地図・赤22。左側の道を直進します。
b0212342_06585472.jpg

↓ 薄暗い森の中に、ひっそりと大きな鳥居が。地図・赤23。その奥に進んでいきます。
b0212342_06595752.jpg

かなり放ったらかしな感じの荒れた参道を歩くと。
(国宝のお堂に向かう参道がコレか?ウソでしょ、と思うくらいには、さびれまくっています)

目の前が開けて、お堂が見えてきます。
b0212342_07313162.jpg



駐車場

新羅善神堂付属の駐車場はありません。

新羅善神堂付近には、大津市役所駐車場以外の駐車場はなく、半径800m以内に複数の時間貸駐車場があります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて「新羅善神堂」で検索。







見学のしかた



国宝、新羅善神堂は、園城寺(三井寺)のメインの境内からは500mほど離れた飛び地にあります。
地図・赤12。

いつでも自由に敷地内に入り、お堂の外観を見ることができます。

お堂は透塀に囲まれていて、その外から外観を見ることになります。
1
b0212342_07315479.jpg

2
b0212342_07322413.jpg

3
b0212342_07323991.jpg

ちなみに、三間社流造は神社の典型的な建築様式ですが、日本神話に出てくる神様とか日本の歴史上の人物を祀ったものではないので、いわゆる「神社」ではないようです。


お堂の中に安置されている新羅明神像は秘仏で、普段は見ることができません。
ただ、過去には特別公開されたことがあるようです。
新羅明神像の公開については、三井寺に問い合わせてください。


園城寺(三井寺) フォトギャラリー(16MP・142枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
三井寺公式サイト
三井寺公式観光用サイト
文化庁国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-09-15 14:06 | 滋賀 | Comments(0)

【国宝・重要文化財】 園城寺(三井寺) 建物の説明、訪問記編


サイトマップ > 滋賀県 江戸時代以前の文化財 > 園城寺 アクセス・拝観 > 建物解説・訪問記編



園城寺(三井寺)の概要、アクセス、拝観・見学のしかたなどは、こちらのページを参照してください。


国宝建造物
金堂(こんどう。一般公開)

新羅善神堂(しんらぜんしんどう。外観のみ公開)

勧学院 客殿(かんがくいん きゃくでん。非公開。特別公開あり)

光浄院 客殿(こうじょういん きゃくでん。非公開。特別公開あり)


重要文化財建造物
大門(仁王門。一般公開)

閼伽井屋(あかいや。一般公開)

一切経蔵(経堂)(いっさいきょうぞう。またはきょうどう。一般公開)

塔婆(三重塔)(とうば。外観のみ公開)

食堂(釈迦堂)(じきどう、またはしゃかどう。一般公開)

毘沙門堂(びしゃもんどう。外観のみ公開)

唐院(四脚門は一般公開。灌頂堂は外観のみ公開。大師堂、唐門は非公開)

鐘楼(一般公開)



園城寺(三井寺) フォトギャラリー(16MP・142枚)



園城寺(三井寺)の文化財建造物は赤マーカー
スマートフォンはこちらのマップ


まずは、三井寺のメインの入口。大門(仁王門)です。室町時代、1452年の建築。上の地図・赤7
1
b0212342_14294330.jpg

2
b0212342_14354165.jpg

3
b0212342_14352283.jpg

大門をくぐった先に、拝観受付があります。
ここで入山料 600円を払って、境内に入ります。

↓ 大門のすぐ脇に、食堂(じきどう)(釈迦堂)があります。室町時代中期(15世紀前半)の建築。元々は御所の清涼殿だったものをここに移築したとも言われている建物で、かつては僧侶が食事をするところとして使われていましたが、現在では釈迦如来像が置かれ、釈迦堂とも呼ばれます。地図・赤11
b0212342_21365785.jpg

向拝(入口)の屋根部分。唐破風となっています。
b0212342_14285569.jpg

中に入って、お参りができます。
b0212342_14281972.jpg

b0212342_14283369.jpg

食堂 案内看板
b0212342_14275026.jpg

ここで、一気に境内の南へ飛びます。

↓ 国宝、勧学院 客殿(かんがくいん きゃくでん)への入口。安土桃山時代、1600年の建築。地図・赤21
この門の中にあるのですが、予約がないと見ることができません。
b0212342_13572606.jpg

門の中。ここから先には進めません。
b0212342_13594856.jpg

塀の隙間から。どれが客殿なのかな?
b0212342_14264731.jpg

勧学院客殿 案内看板
b0212342_13563362.jpg

毘沙門堂に向かう階段。
b0212342_21340966.jpg

↓ 毘沙門堂(びしゃもんどう)。重要文化財。江戸時代前期(17世紀前半)の建築。地図・赤18
外観のみの公開で、中は見られません。
2
b0212342_13555384.jpg

3
b0212342_14324135.jpg

1
b0212342_13535169.jpg

4
b0212342_14325632.jpg

↓ 唐院(からいん)。平安時代に園城寺を再興した円珍(智証大師)の廟所(墓所)です。
奥に見えているのは、四脚門です。
b0212342_14334333.jpg

b0212342_17302161.jpg

四脚門 案内看板
b0212342_14003895.jpg

↓ 唐院 灌頂堂(かんじょうどう)。江戸時代、1624年の建築。大師堂の拝殿の役割をしています。地図・赤15
b0212342_14010298.jpg

四脚門と灌頂堂以外の大師堂と唐門は、外観すら見ることができません。

唐院の前。
b0212342_14331629.jpg

奥に見えているのは、金堂です。
b0212342_14341529.jpg

↓ 唐院の隣には、塔婆(とうば)(三重塔)が建っています。
奈良県の寺にあったものが、1601年に移築されました。
b0212342_14075103.jpg

b0212342_14094901.jpg

塔婆 案内看板
b0212342_14093383.jpg

一切経蔵(いっさいきょうぞう)(経堂)。室町時代中期(15世紀前半)の建築。これも移築されたものです。
b0212342_14100243.jpg

中にも入れます。
b0212342_14110982.jpg

中には、巨大な八角形の回転書架が。この中には仏教の全経典の木版が納められています。
b0212342_14140107.jpg

そしてこちらが、国宝、金堂。
1
b0212342_14150766.jpg

2
b0212342_14222248.jpg

3
b0212342_14261733.jpg

6
b0212342_14350291.jpg

中に入ることができます。
4
b0212342_14170805.jpg

5
b0212342_14231654.jpg

金堂は園城寺の本堂で、本尊の弥勒菩薩が納められています。本尊は秘仏で非公開です。
b0212342_14234874.jpg

金堂 案内看板
b0212342_14255279.jpg

↓ 金堂のすぐ西隣に、閼伽井屋(あかいや)があります。安土桃山時代、1600年の建築。「閼伽井」とは、仏様にお供えする水を汲む井戸のことです。
b0212342_14240373.jpg

中をのぞいて見ましたが。
b0212342_21351712.jpg

井戸があるのかないのかよくわかりません。そして、たくさんのカエルの鳴き声が、げこげこゲコゲコ......
b0212342_21360272.jpg

↓ 閼伽井屋には、左甚五郎が彫ったと言われる龍の彫刻が。これが夜な夜な琵琶湖に抜け出して暴れるので、それを防ぐために五寸釘が目玉に打たれています......ということなのですが。五寸釘、どこ?
b0212342_14253768.jpg

五寸釘云々の案内看板
b0212342_14200607.jpg

閼伽井屋 案内看板
b0212342_14173239.jpg

金堂のすぐ前には、鐘楼があります。安土桃山時代、1602年の建築。
b0212342_14202986.jpg

鐘楼 案内看板1
b0212342_14220456.jpg

b0212342_14224899.jpg

気軽に、鐘をつくことができます。あ、気軽じゃダメなのかな。
b0212342_21362020.jpg

鐘楼 案内看板2
b0212342_14212146.jpg

国宝、新羅善神堂(しんらぜんしんどう)。これは一つだけポツンと離れたところにあるため、別のページでご案内します。
b0212342_14305112.jpg


園城寺(三井寺) フォトギャラリー(16MP・142枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは、
三井寺公式HP
文化庁国指定文化財等データベース
現地案内看板
現地配布パンフレット
などの記述を参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-09-14 17:32 | 滋賀 | Comments(0)

だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。


by h9w457y8i

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

北海道
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
茨城
栃木
群馬
千葉
埼玉
東京
神奈川
山梨
新潟
富山
石川
福井
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
大分
熊本
宮崎
鹿児島
沖縄
アメリカ
イギリス
イタリア
インド
オーストラリア
韓国
シンガポール
タイ
台湾
中国
ドイツ
ネパール
フィリピン
フィンランド
フランス
ベトナム
ベルギー
香港
マカオ
ルクセンブルグ
ロシア
用語解説
分布マップ
特集
特別公開スケジュール
文化財ランキング
食堂備忘録
雑記帳

メモ帳

パリ
旅行口コミ情報  

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 03月
2010年 02月

タグ

(367)
(199)
(178)
(138)
(132)

最新の記事

【国宝・重要文化財・世界遺産..
at 2019-09-20 07:17
【世界遺産】 王立展示館とカ..
at 2019-09-18 06:42
【重要文化財】 明治生命保険..
at 2019-09-17 05:44
【国宝】 園城寺 新羅善神堂..
at 2019-09-15 14:06
【国宝・重要文化財】 園城寺..
at 2019-09-14 17:32
【国宝・重要文化財】 園城寺..
at 2019-09-12 12:57
【重要文化財】 三尾神社 本..
at 2019-09-10 06:16
滋賀県 江戸時代以前の文化財..
at 2019-09-08 06:41
【登録有形文化財】 旧加太警..
at 2019-09-06 06:51
【重要文化財】 広島平和記念..
at 2019-09-04 08:36

外部リンク

記事ランキング

画像一覧