サイトマップ > 神奈川県 江戸時代以前の文化財 > 旧石井家住宅

b0212342_17110934.jpg

石井家は後北條時代の地侍から発したと伝えられる旧家で、近世はこの地の名主を務めてきました。この住宅は桁行(建物の幅)13.5m、梁間(建物の奥行き)9mの規模を持った農家で、神奈川県内に多い「四方下家造り」の構造。平面は板敷きの「ひろま」と、その奥に畳敷きの「でい」「へや」が配される「三間取り」。ひろまの前面にしし窓を付け、でい、へや周りも土壁塗りで閉鎖的で、おそらく江戸中期、元禄年間(1688〜1704年)の建立と考えられます。
石井家住宅は、鎌倉から甲州に至る甲州街道筋である鎌倉市関谷にありましたが、近年に至り建物が老朽化し取り壊すことが検討されました。これを惜しんだ石井家の菩提寺、龍寶寺の住職が寺に寄贈を受け、境内に移築、保存を行い、現在に至っています。
昭和44年(1969年)、国の重要文化財に指定されました。

なお、「でい」は普段使うことがない客間、「へや」はでいの北側にある寝室です。各室の名前がひらがななのは、昔の農民のほとんどが文盲で、名称が文字になることなく口頭で伝承されていたためです。


旧石井家住宅 フォトギャラリー 48枚の画像



アクセス


旧石井家住宅は、上の地図、マーカー1。
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR および 湘南モノレール 大船駅西口から、徒歩約22分(1.5km)。


バス
JR および 湘南モノレール 大船駅西口 バスターミナル 2番乗り場(上の地図、マーカー2)から、神奈川中央交通バス(通称「神奈中バス」)藤沢駅北口行き 船33系統バスに乗車。乗車は中央部ドアから。整理券を取る。あるいは、全国共通交通系ICカードをドア側の機械にタッチ。
1時間に2本。乗車時間5分以内、運賃200円。運賃は降車直前に払う。現金を運転手横の運賃箱に入れるか、運賃箱のカードタッチ部にタッチ。両替できる紙幣は1,000円札のみ。時刻表は神奈川中央交通公式サイトへ。
「植木谷戸」(うえきやと)バス停(マーカー3)で下車。バス停から現地まで徒歩4分(300m)。


駐車場
施設付属無料駐車場あり。入口は上の地図、マーカー4。収容台数10台ほど。

駐車場入口。上の地図、マーカー4。
b0212342_17164069.jpg







見学のしかた


旧石井家住宅の隣に「玉縄ふるさと館」があり、そこが管理しているようです。開館時間は、玉縄ふるさと館の開館時間とリンクしていると思われます。

b0212342_17171525.jpg

2018.2
開館時間 9:30〜16:00
休館日 不明
入館料 100円。基本的には無人なので、入口の料金箱に入れる。

入口の料金箱。
b0212342_17173313.jpg

5
b0212342_17182960.jpg

6
b0212342_17184180.jpg

7
b0212342_17185068.jpg

8
b0212342_17190015.jpg

9
b0212342_17190926.jpg

10
b0212342_17191976.jpg

11
b0212342_17192953.jpg

旧石井家住宅 フォトギャラリー 48枚の画像

文化財分布マップ

この記事は現地の案内看板を参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-01-19 17:50 | 神奈川 | Comments(0)

サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財 > 柏谷横穴群

b0212342_11200312.jpg

柏谷横穴群(かしや よこあなぐん)は、6世紀末ごろから8世紀末ごろ(飛鳥時代〜奈良時代)にかけて造られたお墓の集まりです。東西およそ600m、南北およそ250mの範囲に、300基もの横穴が掘られ、そこがお墓として使用されました。最初にこの地に墓の横穴が掘られたのは聖徳太子が活躍していた頃です。お墓として使用された200年間の後半になると、新しい横穴は掘られなくなり、既にあった墓に別の遺骸が追加して葬られたり、火葬された骨が納められたりしました。葬られたのはこの周辺の集落遺跡で暮らしていた人々と推定され、出土品も見つかっています。鉄製品(直刀・刀子(とうす))・馬具)や金・銅・石製装身具類(匂玉(まがたま)・菅玉(くだたま)・耳飾りなど)、土器類(土師器(はじき)・須恵器(すえき))、亀甲片(きっこうへん)など、7世紀〜8世紀ごろのものが出土しました。またこれら横穴墓が掘られている地質は、箱根周辺にある火山から流れ出た巨大火砕流による軽石が主で、加工しやすい反面、壊れやすいという特徴があります。
昭和51年(1976年)に国の史跡に指定され、平成10年(1998年)には北伊豆地方でもっとも古い横穴墓が史跡に追加指定されました。


柏谷横穴群 フォトギャラリー 30枚の画像
Mobile      PC



アクセス


柏谷横穴群はマーカー5〜7
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 伊豆仁田(いずにった)駅から、徒歩約25分(1.9km)。


バス
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 大場(だいば)駅近くの大場駅前バス停(上の地図、マーカー3)から、
伊豆箱根バス 畑毛(はたけ)温泉行きバスに乗車。
 ↓
1時間に1本程度。200円。
 ↓
柏谷口(かしやぐち)バス停(上の地図、マーカー1)下車。
バス停から現地まで、徒歩約9分(700m)。

または、
大場駅前バス停から、伊豆箱根バス 畑毛温泉行きバスに乗車。
 ↓
1時間に1本程度。170円。
 ↓
 岐れ道(わかれみち)バス停(上の地図、マーカー2)で下車。
バス停から、徒歩約16分(1.2km)。

伊豆箱根バスの時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。
また、全国共通交通系ICカードが使えます。


駐車場
柏谷横穴群の周辺は柏谷公園として整備されており、公園付属の無料駐車場があります。
収容台数 100台前後?
駐車場入り口は、上の地図 マーカー4。

柏谷公園 付属駐車場
b0212342_20235881.jpg







見学のしかた


柏谷横穴群周辺は柏谷公園として整備されており、屋外の施設で、出入りを制限する門や塀などもないので、いつでも見学できます。

また、公園の中に横穴群を見学するための通路や現地案内看板も設置されています。

見学用の通路。
b0212342_20271308.jpg

4
b0212342_20274216.jpg

5
b0212342_20261493.jpg

6
b0212342_20262961.jpg

7
b0212342_20262693.jpg

穴の表面はコンクリートで補強されていて、中に入ったりもできます。
b0212342_20283701.jpg

上の地図、マーカー6の部分。
b0212342_20291406.jpg

b0212342_20310031.jpg

横穴群の中でもっとも古い横穴がある場所。上の地図、マーカー7。平成10年(1998年)に史跡に追加指定されました。
b0212342_20303777.jpg

b0212342_20304779.jpg

柏谷横穴群 フォトギャラリー 30枚の画像
Mobile      PC

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板などを参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-01-14 07:05 | 静岡 | Comments(0)

サイトマップ > 京都府 江戸時代以前の文化財 > 浮島十三重塔

b0212342_18235157.jpg

鎌倉時代の後期、1284年に、僧の叡尊(えいそん)は宇治橋(上の画像の橋ではありません)の大掛かりな修理を行いました。宇治橋は飛鳥時代に建設された日本最古と言われる大橋ですが、その後激流に流され、長い間そのままとなっていました。そしてその大修繕の際、橋の近くに祈祷道場となる人工島(現在の呼称は「塔の島」)を築き、宇治川で採れる魚の供養と宇治橋の安全を祈念して、島の中央に大きな石の塔を建てました。これが浮島十三重塔(うきしま じゅうさんじゅうのとう)です。竣工は1286年、高さは15.2mで、現存する江戸時代以前に造られた石造仏塔としては日本最大です。江戸時代には大規模な水害により倒壊し、宇治川の底に沈んでしまいましたが、明治40年(1907年)に発見され、翌年に再建されて現在に至っています。昭和28年(1953年)に国の重要文化財に指定されました。


浮島十三重塔 フォトギャラリー 24枚の画像
Mobile      PC



アクセス


浮島十三重塔は、赤マーカー4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
京阪電鉄 宇治線 宇治駅から、徒歩約10分(800m)。ほぼ平坦。

JR宇治駅 南口から、徒歩約15分(1.4km)。ほぼ平坦。


駐車場
施設付属駐車場はありません。

現地から約300mの場所に、平等院参拝者用の宇治駐車場があります。
入口は上の地図、青マーカー5。
収容台数約200台。
営業時間 8:00〜18:00
料金 1回700円(普通車)

b0212342_18285538.jpg






見学のしかた


浮島十三重塔がある塔の島は、京都府立宇治公園として整備されており、常時見学が可能です。

3
b0212342_18293847.jpg

4
b0212342_18311450.jpg

5
b0212342_18295517.jpg

6
b0212342_13130998.jpg
7
b0212342_18301388.jpg

十三重塔がある塔の島から見た朝霧橋。
b0212342_18305401.jpg

朝霧橋から見た宇治橋。
b0212342_13033623.jpg

浮島十三重塔 フォトギャラリー 24枚の画像
Mobile      PC

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板、文化庁国指定文化財等データベースの記載を参照しています。

# by h9w457y8i | 2019-01-12 08:04 | 京都 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。