サイトマップ > 神奈川県 江戸時代以前の文化財 > 旧相模川橋脚

b0212342_18130257.jpg

大正12年(1923年)の関東大震災と翌年に起きた余震による液状化現象で、相模川付近にあった水田から、突如太い木の柱のようなものが出現しました。当時の調査により、これらが鎌倉時代、相模川にかけられた橋の橋脚であることがわかりました。出現した柱は10本。これらの配置から、相模川はかつてこの場所では現在とは大きく異なり、東西方向に流れており、橋は南北方向にかけられていたことがわかりました。橋の大きさは、幅約9m、長さは40m以上ある、とても立派なものでした。鎌倉幕府により書かれた歴史書、吾妻鑑(あづまのかがみ)によると、この橋は源頼朝の家臣、稲毛重成(いなげしげなり)がかけたもので、頼朝が渡り初めをした、とあります。また、大正時代からは出現した橋脚を文化財として保存しようとした様子を示す遺構も見つかっています。
中世(鎌倉時代から安土桃山時代)の橋の遺構は全国でも例が少なく大変貴重であること、地震で地中の遺跡が出現した稀な例であること、大正時代からの文化財保護の様子がわかること。これらの特徴を持つ旧相模川橋脚は、大正15年(1926年)に国の史跡に指定されました。また、関東大震災の液状化現象の様子が残されている貴重な例として、平成25年(2013年)には国の天然記念物に指定されました。現在見ることができる橋脚は、地震で地表に出現した際の位置、角度、長さ、形を精巧に再現したコンクリート製のレプリカです。本物は保存措置を施され、レプリカの真下に埋まっています。


旧相模川橋脚 Photo Gallery 31枚の画像


旧相模川橋脚は、赤マーカー4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR茅ヶ崎(ちがさき)駅 北口から、国道1号線経由で徒歩約30分(2.3km)。

国道1号線沿いの案内看板。
b0212342_18134142.jpg

b0212342_18135439.jpg


バス
JR茅ヶ崎(ちがさき)駅 北口バスターミナルの3番のりば(上の地図、赤マーカー2)から、
神奈川中央交通バス(通称「かなちゅうバス」)茅06系統、平塚駅北口行きバス、
または、
5番のりば(上の地図、赤マーカー3)から、神奈川中央交通バス 茅41系統 小谷行きバスに乗車。
 ↓
運賃180円、乗車時間 6分。全国共通交通系ICカード利用可能。
中乗り、前降り。
時刻検索は各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。
 ↓
「今宿(いまじゅく)」バス停(上の地図、赤マーカー1)下車。
バス停から現地まで徒歩約4分(300m)。


駐車場
施設付属の駐車場はありません。
すぐ近くに「ニトリ」があり、その駐車場は店舗利用者に限り無料。

1
b0212342_18143295.jpg

2
b0212342_18145403.jpg

3
b0212342_18152249.jpg

↓ 保存措置を施されたホンモノの橋脚。このように地下に埋まっています。
b0212342_18163005.jpg

5
b0212342_18164688.jpg

旧相模川橋脚 Photo Gallery 31枚の画像

文化財分布マップ

上記の記事内容は、現地案内看板、文化庁国指定文化財等データベースなどを参照しています。

# by h9w457y8i | 2018-11-18 09:58 | 神奈川 | Comments(0)

サイトマップ > 東京都 近代文化遺産 > 品川台場

b0212342_09144632.jpg

江戸時代末期の1853年、日本との国交を求めるアメリカ大統領の親書と共に、ペリーが黒船で伊豆の浦賀にやって来ると、江戸幕府は外国に対する海上の防御の必要性を痛感しました。そこで江戸市街防御のため、品川沖から深川沖にかけ、12基の台場を建設する計画を立てました。台場(だいば)とは幕末に日本各地に造られた要塞のことで、砲台や弾薬庫、塹壕(ざんごう)、兵士の詰所などを備えていました。

b0212342_09192287.jpg

ところが当時の江戸幕府は、江戸城の火事や将軍の逝去で財政難だったため、実際に築造されたのは、第1, 2, 3, 5, 6と御殿山台場の、合計6つの台場のみでした。そしてその後開国となったため、台場の要塞としての機能は不要となり、大正15年(1926年)に第3, 第6台場が「品川台場」として国の史跡に指定。2年後の昭和3年(1928年)には第3台場が台場公園として一般に解放されるようになりました。そして第3と第6以外の台場は、撤去されたり埋め立てられたりしており、現在は残っていません。

b0212342_09195296.jpg

現在では副都心として開発が進んだ「お台場」も、かつてはそんな歴史を持っていたのですね。


品川台場 Photo Gallery 77枚の画像



アクセス



スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
ゆりかもめ お台場海浜公園駅から第3台場まで、徒歩約14分(1km)。

東京臨海高速鉄道 りんかい線 東京テレポート駅 出口Aから、第3台場まで、徒歩約17分(1.3km)。


バス
お台場レインボーバス 「お台場学園前」バス停(上の地図、青マーカー3)から第3台場まで、歩約4分(300m)。

お台場レインボーバスは、通常の路線バスとは異なり、前乗り、後ろ降り。
均一運賃で、210円を前払い。
副都心を走るバスなのに、驚くべきことに全国共通交通系ICカード非対応。
運行頻度は15分に1本。
時刻検索、乗り換え案内は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。


駐車場
第3台場から約200mのところに、お台場海浜公園 北口駐車場(入口は、上の地図、青マーカー1)があります。
約240台。24時間。
料金など詳細は、海上公園なび公式サイトを参照。

↓ お台場海浜公園 北口駐車場の入り口。青マーカー1。
b0212342_09201632.jpg






見学のしかた



第3台場は屋外の公園で、24時間いつでも見学できます。
というか、お台場のキラキラしたイメージからは程遠く、黒船襲来の時代への扉を開く廃墟、って感じです。

↓ 第3台場の入口。
b0212342_09355165.jpg

b0212342_09224442.jpg

一方、第6台場は海上にある島で、一般人は立ち入り禁止です。
というか、橋がなく交通手段もないので、個人の船で無理やり上陸しない限り、立ち入れません。
b0212342_09250869.jpg


レインボーブリッジは徒歩で渡ることができ、橋の上から2つの台場を見ることができます。

↓ レインボーブリッジ、徒歩ルート(お台場側)の入口は、上の地図、青マーカー2。
b0212342_09243926.jpg

b0212342_09245554.jpg

↓ 第3台場。手前はかつての桟橋でしょうか。
b0212342_09215888.jpg

↓ 第6台場。立ち入り禁止。
b0212342_09221081.jpg

ここからは第3台場の画像です。

↓ 台場は、周囲が高さ3〜5mの石垣に囲まれ、その内側が窪んでいる形状をしています。
b0212342_09222236.jpg

b0212342_09235921.jpg

↓ ちなみにお台場の海は、意外と澄んだ色をしていました。もっと濁ってるかと思った。
b0212342_09223484.jpg

↓ 砲台。当時のものが残っています。意外と小さいなと感じました。
b0212342_09233385.jpg

b0212342_09234550.jpg

↓ 弾薬庫の跡。
b0212342_09242870.jpg

↓ 陣屋跡。兵士の詰所、ということでしょうか。
b0212342_09213921.jpg

b0212342_09230213.jpg

↓ かまど場の跡。
b0212342_09231791.jpg






管理人のおすすめポイント


東京のメジャーできらびやかな観光地にちょっと飽きてきた方、東京で幕末の雰囲気を味わいながらのんびり散歩したい方は、この品川台場、オススメです。上の地図を見てもわかるように、台場公園の第3台場は100m四方ほどの大きさではありますが、これほどの規模がありブラブラできる廃墟は、東京できっとここだけでしょう。
台場に生えている植物は黒松と雑木だけですので、オススメの季節は特になし。真夏と真冬はちょっと辛そうですが、それもまた廃墟っぽい雰囲気を体全体で味わうにはいいかもしれません。

b0212342_09211789.jpg

b0212342_09212822.jpg

b0212342_09205139.jpg

品川台場 Photo Gallery 77枚の画像

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-11-17 09:41 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ > 中国の世界遺産 > コロンス島

b0212342_08144444.jpg

鼓浪嶼(ころうしょ。コロンス島)は、廈門(アモイ)の西岸から500mほど沖に浮かぶ小さな島です。
19世紀半ばから20世紀初頭にかけ、欧米列強や日本はその強大な武力を後ろ盾に、清国(当時の中国)と不平等条約を結び、清国の半植民地化をもくろみました。そしてその足がかりとして、沿岸の港湾都市に外国人が行政権や警察権を持つ外国人居留地を設立させました。これが「租界」であり、上海がその代表として有名です。また租界のうち、複数の国が租界権を持った場所を「国際共同租界」と言います。コロンス島も1903年、国際共同租界の一つになりました。現代のコロンス島は中国の有名な観光地であり、伝統的な福建省南部の様式、新古典主義様式、そしてコロニアル様式などの異なった様式が混ざり合った建物を街並みの中に今でも見ることができます。特に、20世紀初頭にはモダニズムとアール・デコが融合した「アモイ・デコ・スタイル」と呼ばれる建築様式が生まれ、コロンス島独特のものとして貴重です。
鼓浪嶼(コロンス島)は、2017年に世界文化遺産に登録されました。
ユネスコ公式サイト


コロンス島 Google Photo Album



アクセス



スマートフォンはこちらのマップ


日本では「コロンス島」の名で知られているこの島は、現地では「鼓浪嶼」と表記され、「グーランユー」と発音されます。地元の人に「コロンス・アイランド」と言っても、まず通じません。

コロンス島へのフェリーは、複数の港から複数のフェリー会社が運行しているみたいです。
ここでは、福建省観光開発局公式サイトのコロンス島のページに掲載されている、アモイフェリー(厦门轮渡有限公司、Xiamen Ferry)を使う場合を紹介します。

コロンス島が2017年に世界遺産に登録されてからというもの、島には中国人観光客がどっと押し寄せるようになりました。フェリーは座席の指定はないが定員制で、当日フェリーターミナルに行ってチケットを買おうとすると、特に週末はチケットオフィスが大混雑しており、管理人が泊まったホテルのコンシェルジュの話では、乗れるフェリーは数時間後、というのが普通らしいです。

↓ ターミナルには当日販売チケットの自動販売機もありますが、中国語のみで、英語や日本語の表記はありません。
b0212342_08154020.jpg

なので、フェリーのチケットはあらかじめネットで予約しておくのが良いでしょう。

なのですが、アモイフェリーの公式HPは中国語のみで、Google翻訳を使ってもイマイチよくわかりませんでした。
ネット予約するにはアカウントを作ってログインしなければならず、どうしたものかな、と滞在ホテルのコンシェルジュに相談したところ、ホテルのスタッフが自分のアカウントを使って予約してくれました。
(というか、コロンス島へ行きたいという観光客にはいつもそうしているのでしょう)

予約画面に予約可能な船の時間が表示されるので、その中から乗りたい時間を選びます。
7:10〜18:30(冬は17:30)の20分ごと。
時刻表はアモイフェリー公式サイトを参照。

乗船者はアカウントを持っている人である必要はなく、コンシェルジュのPC(かスマートフォン)に、自分の氏名(アルファベット)とパスポート番号を入力。
パスポートはフェリーターミナルでチケットを受け取る時のIDとなります。
料金はアカウントを持っている人がネット決済で支払う形になるので、コンシェルジュにその場で現金で払いました。往復35元 = 570円。(2018.10)

予約が完了したら、当日はパスポートを持ってフェリーターミナルに行きます。
それだけで不安なら、予約画面を写真に撮るか、印刷して持っていけばいいかも。

バスかタクシーで、アモイ側のフェリーターミナル「厦门邮轮中心厦鼓码头」へ。上の地図、青マーカー1。
管理人はタクシーを利用。6km、20分ほど走って、18人民元(約300円)でした。運転手に滞在ホテルでもらった地図でフェリーターミナルを指したら、一発でわかってくれました。

ちなみに、バスはアモイ市内ならどこへ行くにも1元のようでした。でもGoogle Map ルート案内機能を使って調べたら、ホテルから1時間以上かかるということだったので、今回は利用しませんでした。

↓ 「厦门邮轮中心厦鼓码头」=アモイ側のフェリーターミナル。
b0212342_08164896.jpg

↓ タクシーを下りたら建物に向かってずっと左(南方向)へ。建物の一番南の端っこに、チケットオフィスがあります。
b0212342_08174907.jpg

どの窓口でもいいので、とりあえず並びます。順番が来たら英語で「I have reservation for the ferry to グーランユー at xxxx(だいたいの出発時間)」と言うと、「Passport」と言われるので、パスポートを見せると、パスポート番号を確認されて往復分のチケットが発券されます。英語は普通に通じました。

↓ 往復分のチケット。印刷されたバーコードを乗船口にある機械にかざします。島からアモイに戻る時もこのチケットを使います。
b0212342_08180666.jpg

チケットを受け取ったら、右手のセキュリティーチェックへ。そこで手荷物と金属探知機の検査を受けます。
↓ 「安全検査 Security Check」の方へ。
b0212342_08191235.jpg

b0212342_08194833.jpg

↓ セキュリティを通ると出発ロビーに出ます。ロビーには 1, 2, 3の乗船口がありますが、チケットに「登船口 1」と書いてあれば、1番へ。乗船口ゲートでチケットのバーコードをスキャンして通過。
b0212342_08202657.jpg

↓ 出発時刻の5分ほど前になると、乗船が開始されます。フェリーは2階建て。1Fはつり革が付いた立ち席、2Fには座席あり。自由席。
b0212342_08211073.jpg

b0212342_08214312.jpg

↓ 20分ほどで、コロンス島の三丘田フェリー乗り場(「鼓浪屿三丘田码头」。上の地図、青マーカー2)に到着しました。
b0212342_08221523.jpg

b0212342_08225042.jpg

b0212342_08232142.jpg

↓ フェリーターミナルから出てすぐのところに、多くの屋台が並んでいました。売り子たちの元気な声が響きます。
b0212342_08235066.jpg



アモイへの戻りかた

帰りの便は予約なしで乗れます。並んだ早い者勝ち。
来るときに降りた三丘田フェリー乗り場で再びセキュリティチェックを受け、ゲートの機械にチケットのバーコードをかざします。
パスポートは見せなくてOK。
時刻表はアモイフェリー公式サイトを参照。7:20〜18:00ごろまで、20分おき。
ホテルのコンシェルジュによると、週末の午後は戻るフェリーでも乗船待ちが生じるとのことでした。

↓ 三丘田フェリー乗り場の目印は、赤い円錐形の構造物。
b0212342_08243837.jpg

↓ アモイ側のフェリーターミナル。
b0212342_08250950.jpg

アモイ側フェリーターミナルのタクシー乗り場は、到着階ではなく、出発階にありました。






見学のしかた


島には、19世紀から20世紀初頭にかけて建てられた古いレンガ造りの洋館がいたるところに残っていて、その多くが今でも住居や商店として使われています。キラキラに改装されていない洋館たちの間の細い路地をぶらぶら歩いたり、観光客で賑わう繁華街で日本では見られない変わったジャンク・フードを試したり。そんな散策を楽しめると思います。

注意! 中国でのインターネットについて。
中国では、政府によるネット規制やGoogleとのいざこざなどの影響で、ILNE, Googleの全コンテンツ(YouTubeを含む)、Yahoo検索などが使えません。URLをブラウザに入れても、制限がかかっている、または開けない、というメッセージが出ます。なので、もしアモイでGoogle Mapを使いたいのなら、あらかじめ日本でオフラインのマップをダウンロードしておく必要があります。または、あらかじめ日本のネット通販で香港のSIM(1ヶ月間で2G、1,500円など)を買い、SIMフリー端末に入れると、コロンス島を含めたアモイでもGoogleコンテンツやLINEが使えるらしいです。
一部のVPNを使うと問題ない、という話も聞きましたが、管理人は試しませんでした。

↓ ただしコロンス島に限って言えば、簡単な地図しか持っていなくても、こんな感じの詳しい道案内が島中あちこちに立っているので、不便は感じませんでした。
b0212342_08254605.jpg

b0212342_08261797.jpg


オルガン博物館
b0212342_08264675.jpg

上の地図、赤マーカー1。
島でもっとも有名な、大きくて立派な石造りの洋館。個人が収集した古く珍しいオルガンがたくさん展示されています。
6/1〜9/30 8:15〜18:15
10/1〜5/31 8:15〜17:45
 入館料20元。
オルガン博物館のフォトギャラリー


日光岩
b0212342_08274614.jpg

上の地図、赤マーカー2。
島でもっとも高いところにある岩。高さは海面から100m弱といったところでしょうか。島を一望することができます。麓の日光岩寺というお寺から岩のてっぺんまで、10分ほどで登れます。ただし、健脚でないとちょっとキツイかもしれません。
7:30〜20:00 入場料60元。
日光岩のフォトギャラリー


旧日本領事館
b0212342_08283802.jpg

上の地図、赤マーカー6。内部は非公開? 管理人が平日13:00に訪れた時には門は閉じていました。


菽荘花園、皓月園
b0212342_08291371.jpg

6/1〜9/30 8:15〜18:15
10/1〜5/31 8:15〜17:45


観光インフォメーション・センター
b0212342_08294879.jpg

島の地図をもらえますが、日本語対応のものは置いてありませんでした。
オルガン博物館、日光岩、菽荘花園、皓月園などの共通入園チケットを販売。全部回るのなら20%くらい安くなり、お得です。
8:15〜17:45


電動トラム
b0212342_08302129.jpg

有料のトラムが島の外周をひっきりなしに走っています。乗るには、下のような「P」のマークの停留所か、停まっているときに運転手さんに直接お金を払って乗ります。料金、運行時間など詳しいことはわかりませんでしたが、通りすがりに気軽に利用できる雰囲気でした。


トイレ
無料公衆トイレが島のあちこちにあります。
トイレ内にはアンモニアの匂いが立ち込めてはいましたが、個室は用を足すのがためらわれるほど不潔ではありませんでした。
トイレットペーパーは、あったりなかったり。


飲食店
島の南東部、上の地図の赤マーカー1と赤マーカー6に挟まれた地域は島の繁華街で、食べ歩きできるような食べ物を売っている露天商、カフェ、ローカルなファストフード店などの飲食店が、所狭しと軒を並べていました。

b0212342_08305434.jpg

b0212342_08312499.jpg

↓ 「今日有房」=本日営業の看板。島中で見かけました。
b0212342_08315727.jpg

台湾の真横にある、亜熱帯の島。歩いていると喉が乾きますが、飲み物のペットボトルは、あちこちにある小さな商店で売っていました。

コロンス島 Google Photo Album

文化財分布マップ(世界遺産は一部)

# by h9w457y8i | 2018-11-16 07:16 | 中国 | Comments(0)

サイトマップ > 東京都 近代文化遺産 > 築地本願寺本堂

b0212342_08163702.jpg

築地本願寺は、江戸時代の初め頃、1617年に浅草に建てられたお寺です。その後火災で焼失したため1657年に現在地に移転。大正12年(1923年)の関東大震災で本堂が焼失したため、昭和9年(1934年)に現在の鉄筋コンクリート造りの本堂が建てられました。設計は、当時東京帝国大学の助教授であり、日本や東洋の建築史体系を初めて樹立した伊東忠太。古代インド建築の要素を独自の解釈で外観に取り入れていて、かなり変わった雰囲気のお堂になっています。内部は基本的には伝統的な浄土真宗の形式ですが、ところどころに、やはりインド風の装飾が見られます。
建築家・伊東忠太が当時最新の技術で東洋的建築を追求した典型例であり、また秀逸な建築デザインをもつ震災復興期の貴重な建造物であることから、平成26年(2014年)に国の重要文化財に指定されています。
← 現地案内看板、コトバンク


築地本願寺本堂 Photo Gallery



アクセス



築地本願寺本堂は、青マーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
東京メトロ 日比谷線 築地駅 出口1から、徒歩0分。

↓ 出口1への階段。
b0212342_07233074.jpg


駐車場
見学者用の駐車場はありません。
周辺には時間貸駐車場が多数あります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「築地本願寺」で検索。






見学のしかた


拝観ができる時間や行事などの最新情報は、築地本願寺公式HPを参照。

2018.11

拝観時間
4〜9月 6:00〜17:30
10〜3月 6:00〜17:00

年中無休。

拝観無料。

本堂内には誰でも自由に入れます。
写真撮影は、お参りをしている方に邪魔にならない範囲で自由にできます。






管理人のおすすめポイント


地下鉄の築地駅出口を出た瞬間に、異様と言ってもいい、インパクトがあり過ぎるお堂がドーンと目に飛び込んできて、まずはビックリします。
b0212342_08172695.jpg

開け放しの門は観光客がひっきりなしに通るので、境内に入るのも全然気後れしません。
そしてまず間違いなく、写真を撮りたくなります。
b0212342_08175354.jpg

しかも大きい。そして築85年。

ですが、そこはやはりお寺。ちゃんと手水する場所があります。
b0212342_07253433.jpg

異様な屋根のデザイン。菩提樹の葉っぱとハスの花がモチーフだそうです。
b0212342_08180767.jpg

本堂の内部は、外観とはうって変わって浄土真宗の伝統的な造りとなっています。
b0212342_07255571.jpg

本堂に入ったら、まずはお焼香。浄土真宗の焼香の作法が書かれていました。
b0212342_07260669.jpg

お堂から入口を振り返ると、大きなパイプオルガン。仏教音楽の普及を願って、昭和45年(1970年)に付けられました。毎月下旬に行われるランチタイム・コンサートで演奏を聞くことができます。
b0212342_07262760.jpg

そして個人的に一番気に入った、本堂内、階段手すりの上に乗っかっていた動物たち。インドの名工が彫ったよう。持って帰りたい...。
10
b0212342_07264199.jpg

11
b0212342_07264437.jpg

12
b0212342_07264770.jpg

外国人観光客の姿も多く見られました。
b0212342_07274906.jpg

文化財とは何の関係もありませんが、境内には日本料理店やカフェも併設されていました。順番待ちの方々が並んでいるほど盛況でした。今回は立ち寄らず...。
14
b0212342_08210420.jpg

15
b0212342_08264757.jpg

16
b0212342_07282631.jpg

築地本願寺本堂 Photo Gallery

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-11-15 08:28 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ > 都市別スナップリスト > 横浜 > 山手公園 2018..11.13

b0212342_07394200.jpg

横浜の観光地と言えば、みなとみらい、中華街、山下公園。そして多くの洋館が立ち並ぶ、旧外国人居留地の山手地区ですよね。その山手地区のメインストリートからちょっと外れた目立たない一角に、山手公園はあります。実は明治3年(1870年)に造られた日本初の公園。造成は居留する外国人たちが行い、初めは外国人専用の公園で、日本人は立ち入れませんでした。公園内にはテニスコートが設けられ、それが日本でのテニスの発祥とされています。昭和に入ると公園の半分が横浜市に無償で貸しつけられ、一般に開放されるようになりました。平成16年(2004年)に国の名勝に指定されています。

↓ 横浜山手テニス発祥記念館。
b0212342_07422082.jpg

b0212342_07423711.jpg

↓ 外国人たちによって持ち込まれたヒマラヤ杉の並木。日本のヒマラヤ杉はここから広まりました。
b0212342_07433104.jpg

上の写真以外に、54枚のPhoto Gallery


.
# by h9w457y8i | 2018-11-14 07:55 | 神奈川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。