タグ:洋風建築 ( 144 ) タグの人気記事


サイトマップ東京都 近代文化遺産明治学院インブリー館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_22205708.jpg



アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ






見学のしかた



明治学院インブリー館は、明治学院大学白金キャンパスの中にある。
普段の見学は外観に限られ、事前申し込みが必要。申し込みは学院長室へ。(03-5421-5230 /2017.10)
事前申し込みがないと、キャンパス内には入れない。
事前申し込みがあれば、見学の他にスケッチも可能。
←明治学院文化財ガイドブック(見学時にもらえる)、大学総務課

内部の見学は、毎年11月1日から3日までの3日間のみ可能。その期間は大学学園祭が開かれ、キャンパスへの立ち入りが自由となる。事前申し込みは不要。

b0212342_23050988.jpg







建物の説明



明治学院はキリスト教に基づく教育を行うことが建学の精神となっていて、開学当初は職員の中に宣教師も混じっていました。このインブリー館はその宣教師たちのための住宅の一つで、明治22年(1889年)に建てられたものです。W. インブリー博士が長年住んでいたことから、インブリー館と呼ばれるようになりました。
当時アメリカで流行していた木造建築の様式で、華やかさよりも住みやすさに重点が置かれた、ということですが、各部屋ごとに床板寄木の張り方が違っていたり、ドアノブが有田焼だったりと、地味なこだわりが随所に見られます。

昭和39年(1964年)、明治学院の前を横切る国道1号線の拡張工事のため、現在の位置に曳家により移動しました。
平成7年(1995年)にはその後2年間をかけて解体・修復工事が行われ、屋根以外は建造当時の姿になりました。屋根は、建てられた当初は瓦葺きでしたが、意図的に現在の銅版葺のまま残されたようです。

インブリー館は宣教師館としては都内最古、全国でも最古期のもので、その歴史的価値の高さが評価され、平成10年(1998年)、国の重要文化財に指定されました。
←明治学院大学公式サイト/インブリー館案内ページ、明治学院文化財ハンドブックなど

b0212342_04585061.jpg

b0212342_04585807.jpg







管理人のおすすめポイント



横浜には、明治時代に建てられた宣教師館がいくつも残っていますが、東京の都心では珍しい存在だと思います。
洋館としては簡素なデザインだと大学のHPでは言ってるんですが、窓の格子模様や破風(屋根下の外壁、三角の部分)のギザギザ模様など、十分オシャレだと思います。メンテナンスが完璧に行き届いていてみすぼらしさは全くなく、そのレトロな存在自体がキャンパスの雰囲気作りに大きく貢献していると言えるでしょう。
館内には建物や明治学院の歴史に関する展示、案内看板もあちこちにあり、じっくりと見学を楽しむことができます。

事前申し込みさえすれば外観はいつでも見学できますが、内部が特別公開される「白金祭」開催期間中(毎年11/1〜11/3)に訪れるのが、学園祭ならではの華やいだ雰囲気も味わえるのでオススメです。
社会人の自分には、学園祭を見に行く目的で大学のキャンパスに足を踏み入れるのってなかなかできないことですが、こういう機会があれば気軽に訪れることができますよね。キャンパスに入るとすぐに学生たちに取り囲まれ、いろんな催し物の案内を矢継ぎ早にされたり、チケットを買ってください!と迫られたり。その熱気と若さに圧倒されました。いやー若いっていいですねー。

b0212342_08535972.jpg

b0212342_05295843.jpg

b0212342_08000303.jpg

↓ 熱気に当てられて買うことになった焼きそば。意外と(笑)美味しかった。
b0212342_05305815.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-11-12 08:50 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産旧東京帝室博物館本館


b0212342_08555649.jpg


現在は、東京国立博物館本館(日本館)として一般公開。

JR上野駅 公園口から、徒歩8分。
JR鶯谷(うぐいすだに)駅 南口から、徒歩約8分。
東京メトロ 銀座線、日比谷線 上野駅 7番出口から、徒歩約13分。
京成電鉄 本線 京成上野駅 正面口から、徒歩約13分。

施設付属駐車場はない。
周辺の有料駐車場は、NAVITIME公式サイトへ。「上野駅」で検索。



スマートフォンの方はこちらのマップへ。


開館時間、入館料、休館日などについては、東京国立博物館公式HPへ。

2017.10
開館時間:09:30〜17:00
休館日:月曜日、および年末年始
常設展示の入館料:620円。大学生には割引料金あり。高校生以下、70歳以上は無料。ただし特別展は別途料金。

館内の写真撮影
手持ちのカメラであれば撮影可。フラッシュ、追加照明、一脚・三脚、自撮り棒は使用不可。撮影禁止マークのある展示物は撮影不可。←東京国立博物館公式サイト

フォトギャラリー


b0212342_09091324.jpg


旧東京帝室博物館本館(きゅう とうきょうていしつはくぶつかん ほんかん)は,前身の本館が関東大震災で被害を受けたことにより復興が図られ,昭和12年(1937年)11月6日に竣工した。
設計は「東京帝室博物館建築設計図案懸賞募集」の一等当選案(渡辺仁案)を原案とし,宮内省内匠寮が実施にあたった。平面は中庭をふたつ設けた日の字型平面で,正面中央前方に車寄を張り出す。鉄骨鉄筋コンクリート造で,規模は建築面積約6,600㎡、地上2階,地下2階である。
和風を基調とした大建築で,意匠的に完成度が高く,昭和初期の日本の近代建築の到達点を示す作品のひとつとして高い価値がある。また,博物館建築としての採光,空気調和等の設備面において,当時最新の技術水準が示されている点にも歴史的意義が認められる。
文化庁国指定文化財等データベース


b0212342_09200966.jpg



なお、重要文化財とは何の関係もありませんが、本館の隣にある平成館1F、オープンテラススペースもあるレストラン、「ゆりの木」に立ち寄ってみました。
さすがホテルオークラが監修しているお店ということで、五目あんかけ焼きそば、美味しかったです。

10:30〜博物館閉館時間
140席。終日全席禁煙。

b0212342_09255240.jpg

b0212342_09262232.jpg


文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2017-11-05 08:41 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ愛知県 近代文化遺産カトリック主税町教会

文化財分布マップ

1
b0212342_08423028.jpg

カトリック主税町(ちからまち)教会は、名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎が、テュルパン神父と共に造った教会です。名古屋・岐阜他方のカトリック教伝道の歴史の上で非常に重要な意味をもっています。信者会館と煉瓦塀は明治中期、司祭館は昭和5年(1930年)に竣工。
平成23年(2011年)、信者会館、司祭館、煉瓦塀が国の登録有形文化財となりました。 ←名古屋観光情報公式サイト

特徴的な形の教会そのものは、文化財としての指定、登録はされていない。


アクセス

名古屋鉄道(名鉄)瀬戸線 東大手駅から、徒歩約11分(800m)。
名古屋市営地下鉄 名城線 市役所駅から、徒歩約14分(950m)。
名古屋市営バス 清水口バス停から、徒歩約5分(350m)。

文化財構成要素の詳しい位置、バス停の位置などは、下の地図を参照。
スマートフォンの方はこちらのマップへ。



見学のしかた

外観は、教会の門が開いていればいつでも見学可能。
内部の見学に関しては不明。
問い合わせは教会へ。052-931-1381

1
b0212342_12072809.jpg
司祭館
2
b0212342_12084215.jpg
信者会館
3
b0212342_12333161.jpg

4
b0212342_12340129.jpg

5
b0212342_12343151.jpg

6
b0212342_12360376.jpg


by h9w457y8i | 2017-10-17 06:37 | 愛知 | Comments(0)


案内所トップ愛知県 近代文化遺産 > 愛知県庁舎

文化財分布マップ

1
b0212342_08414614.jpg


愛知県庁舎は、名古屋城旧三之丸の東に位置し、大津通に面した西を正面として建つ。北は名古屋市庁舎と隣接し、その先には城の中心部である旧本丸、二之丸が続いている。愛知県庁舎は、平成10年(1998年)に登録有形文化財、平成26年(2014年)には国の重要文化財に指定された。
愛知県は、南久屋町や南武平町などに庁舎を置いていた。大正15年に県内の郡役所が廃止され、昭和3年に三之丸を使用していた陸軍騎兵第三連隊等が郊外へ移転することとなり、現在地に県庁舎を建設する運びとなった。また同じくして名古屋離宮の廃止に伴い、名古屋市に下賜された本丸などの公開が始まり、天守などの国宝指定と相俟って、市民の間では名古屋城に対する関心が高まっていた。昭和13年(1938年)に県庁舎は竣工。基本設計は渡辺仁と西村好時、施工は戸田組による。
愛知県庁舎は、県政執務棟と県会議事堂からなる。鉄骨鉄筋コンクリート造の地上6階、一部7階、地下1階建、建築面積4,665㎡で、日の字型平面の東辺中央に議事堂を配して、西正面中央に車寄せ玄関、南北面中央に玄関を開く。
県政執務棟は1階を石張、2階から5階を黄褐色テラコッタ張、6階と7階を白色磁器モザイクタイル張とした三層構成の外観になる。両翼部の突出をなくして中央部分のみを突出させる凹凸を抑えた単純な箱型の形態に、名古屋城大天守から意匠を引用した入母屋造を多用する屋上階と、前面車寄せ廻りに本瓦型銅板葺の勾配屋根を置き、陸屋根のパラペットに瓦葺屋根を形づくって日本趣味をみせる。内部は、正面には6階に正庁、5階に貴賓室、3階に第一会議室、1階に正面車寄せ玄関と広間を配している。ただし、知事室を三階南辺中央に置くなど、必ずしも正面性が強く意識されたわけではない。また、広間などの照度を確保するため、大階段は正面に設けず右側へ寄せ、奥の壁面に窓を開く。
県会議事堂は、地階を石張、一階から三階を黄褐色テラコッタ張とし、東西棟の切妻屋根を架けて、南東隅には煙突を立てる。議場は二階に設け、西面して二階分を吹抜けとし、三階に傍聴席を設ける。議員、記者と傍聴者の動線を明確に区分することで、それぞれ階や区域の独立性を確保している。
各執務室の配置では、繋がりの深い部局を上下に重ねて垂直動線を意識し、階段やエレベーターを配置しており、通観すると、事務所建築としての効率に基づき機能性と合理性を重視して設計されたことがわかる。こうした点は内部の意匠にも表れている一方で、主要諸室の随所には日本趣味が反映されており、特に正庁、貴賓室、知事室においては極めて密度の高い装飾が展開される。文様を抽象化し、彩色を控えめに行うなど、伝統的な装飾とモダニズム的な明朗性を巧みに融合させている。外観の意匠は「金鯱燦然として聳ゆる天下の名城に対照し更に隣接する名古屋市庁舎の威容、天然の環境」に配慮して、西洋的な形態に名古屋城大天守を題材とした屋根を掲げるという、郷土性の強い発露によって演出するとともに、「日本趣味を基調としたる近世式」を達成したと考えられる。
(つけたり)の南北の自動車庫は、それぞれ桁行57m、梁間7m、鉄筋コンクリート造の長大な平屋建で、東端の一室を乗務員の控室とする。南自動車庫の一部には、建設当初からのシャッターが残る。
愛知県庁舎は、名古屋市庁舎とともに日本趣味を基調とした大規模庁舎建築が並立する都市景観を創り出している。その設計は、平面や空間の計画においては、過度の記念性を排した合理主義に基づいてまとめながら、外観意匠においては西洋的な様式と城郭天守の意匠の融合というかたちで地域的な特色、さらには「日本趣味」を顕現したといえる。昭和前期におけるわが国の建築思潮で大きな課題となった「日本趣味」の表現における到達点の一つを示す作品として価値が高い。
文化庁国指定文化財等データベース

県庁舎内部の画像や解説は、愛知県公式サイトへ。



アクセス

名古屋市営地下鉄 名城線(右回り) 市役所駅 3番出口から、徒歩1分。
見学者用の駐車場はない。周辺の有料駐車場はNAVITIME駐車場サイトを参照。


見学のしかた

原則5名以上のグループでの見学ツアー。少人数の場合は応相談。一人での見学が可能かどうかは不明。
月〜金曜日 8:45〜17:30
要予約。052-954-6057 愛知県総務部財産管理課へ。
詳細は愛知県公式サイトへ。

2
b0212342_23105299.jpg

3
b0212342_23045816.jpg

4
b0212342_23053698.jpg

5
b0212342_23054832.jpg

6
b0212342_23055711.jpg

7
b0212342_23060768.jpg

8
b0212342_23025356.jpg

9
b0212342_23114454.jpg

10
b0212342_23115373.jpg

11
b0212342_23120376.jpg

12
b0212342_23124007.jpg

13
b0212342_23124961.jpg

14
b0212342_23125748.jpg

15
b0212342_23131347.jpg

16
b0212342_23130583.jpg

17
b0212342_23134968.jpg

18
b0212342_23135820.jpg

19
b0212342_23140715.jpg

20
b0212342_23141586.jpg

21
b0212342_23142407.jpg


by h9w457y8i | 2017-10-05 08:54 | 愛知 | Comments(0)

site map埼玉県 近代文化遺産 > 誠之堂

アクセス(行き方)

見学のしかた

誠之堂ってなに?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_06450791.jpg



アクセス

見学用マーカー付き Google Map

誠之堂は、深谷市大寄公民館の敷地内にある。


徒歩の距離が最も短い行き方 = バス利用
b0212342_07003851.jpg
JR深谷駅 北口から、深谷市が運行するコミュニティーバス「くるリン」の北部定期便に乗車。バスというか、バン。
JR深谷駅北口のバス乗り場は、こちらのGoogle Map参照。

運行頻度は1時間に1本程度。
乗車時間 40分。
料金 200円。
「大寄(おおより)公民館」停留所下車、現地まで徒歩1分。

←大寄公民館停留所。

くるリンの時刻表など詳細は、深谷市公式サイトを参照。


駅から徒歩
JR深谷駅から徒歩約50分(3.7km)。遠い...。


駐車場
b0212342_07363235.jpg
誠之堂は、深谷市大寄公民館の敷地内にある。
公民館の無料駐車場を利用できる。
収容台数 37台。

←駐車場入口。「誠之堂」の看板が道路から見える。





見学のしかた

b0212342_07444096.jpg
開館時間、休館日などの情報は、深谷市公式サイト内、誠之堂案内ページを参照。
2017.3では、9:00〜16:30開館、休館日は12/29〜1/3。

見学無料。
誠之堂のすぐ隣にある大寄公民館で受付を済ませてから見学する。
ガイドの方の解説もあり。時間は決まっておらず、受付でガイドをお願いすると、すぐにボランティアの方?がガイドを始めてくれる。

←大寄公民館入口。






建物の説明

誠之堂(せいしどう)は、大正5年(1916年)、渋沢栄一の喜寿(77歳)を記念して第一銀行行員たちの出資により建設された。
渋沢栄一は現在の深谷市に生まれ、株式会社組織による企業の創設、育成に力を入れ日本の近代経済社会の基礎を築いたが、その拠点となったのが第一国立銀行であり、明治29年(1896年)に同行が第一銀行となってからはその初代頭取を務めた。
栄一は、喜寿を迎えるのを機に第一銀行頭取を辞任したが、誠之堂の建築には栄一が同行の行員たちから深く敬愛されていたことが伺われる。
「誠之堂」の命名は、栄一自身によるもので、儒教の代表的な経典の一つ「中庸」の一節「誠者天之道也、誠之者人之道也(誠は天の道なり、これを誠にするは人の道なり)」にちなんだものである。
設計者は、当時の建築界の第一人者であった田辺淳吉。誠之堂の設計にあたっては、条件とされた「西洋風の田舎屋」で「建坪は30坪前後」を守りつつ、独自の発想を凝縮してこの建物を造り上げた。
建築面積(1階の床の面積)112㎡、煉瓦造平屋建て、天然スレート(石の一種)葺き。外観はイギリス農家を模しながらも、室内外の装飾に、中国、朝鮮、日本などの東洋的なデザインを取り入れるなど、様々な要素が盛り込まれ、それらがバランスよくまとめられている。
平成15年(2003年)、国の重要文化財に指定された。

b0212342_08370024.jpg
暖炉の後ろ側にあたる北側の壁面には、レンガによる朝鮮風の装飾積みで「喜寿」を文字を表している。また、外壁にはあえて色むらのあるレンガを使用し、リズミカルに配置することで、装飾性と変化を与えている。

なお解体の際に、外壁、基礎の各所から「上敷免製」の刻印のあるレンガが発見され、これらのレンガは深谷市上敷免にある日本煉瓦製造株式会社で焼かれたものであることが確認された。

b0212342_08415998.jpg
化粧の間や大広間の窓のステンドグラスは目を引く。大広間のものの図案は森谷延雄(もりやのぶお)による。
中国風の珍しい題材で、漢時代の貴人と侍者、それをもてなす歌舞奏者と厨房の人物たちの像は、栄一を貴人にみたてて喜寿を祝う情景と考えられてる。

b0212342_08452623.jpg
大広間の円筒形の漆喰天井(ヴォールト天井)は、石膏レリーフにより、雲、鶴、松葉の縁、寿の文字が配されて朝鮮風、一方、次之間の天井は日本的な網代天井で、数寄屋造りの様式を取り入れている。

誠之堂は、東京都世田谷区瀬田にあった第一銀行の保養・スポーツ施設「清和園」の敷地内に建てられていたものを現在地に移築・復元したものである。
清和園は当時あまり公開されることのなかった建築物であったが、建築研究者や建築関係者の間では、いずれも日本近代建築史上、対象時代を代表する建築物として高い評価を受けていた。
建築後は、銀行関係者のための集会施設として長い期間利用されていた。昭和46年(1971年)、清和園の敷地の半分以上が聖マリア学園に売却され、昭和50年代には、誠之堂は外国人教師の住まいとして貸し出された。建物や敷地は銀行(当時の第一勧業銀行)の所有であったが、平成9年(1997年)、学園の施設を広げる計画に伴い、誠之堂を取り壊す検討がなされた。渋沢栄一生誕の地である深谷市は、数少ない栄一にゆかりの貴重な建造物が取り壊されるのを見過ごすことはできず、譲り受けに名乗りを上げ、深谷市に移転することができた。
しかし、このような文化財的価値の高い建築物、特にレンガ構造物の移築は、日本でも初めての試みだったため、深谷市では移築保存検討委員会を設置し、移築方法などの検討を重ねた。その結果、「大ばらし」を応用した日本初の工法により実施することを決定した。これは、レンガ壁をなるべく大きく切断して搬送し、移築先で組み直す工法である。平成10年(1998年)2月から2年間の解体・復元工事を経て、平成11年(1999年)8月に復元が完成した。

以上、現地配布パンフレット、現地案内看板、深谷市公式サイトより。





管理人のおすすめポイント

正直に言います、この文化遺産に関してはこれといってオススメなところは...。
深谷市の渋沢栄一に対する並並ならぬ思い入れ、誇りはわかります。日本初の工法を使って東京からこの建物を移築したのも、さぞかし大変だったことでしょう。ですが、大正時代の建築に見られるような、良い意味での枯れた感じ、長い年月・風雪に耐えた感じ、文化遺産の趣きがほとんど感じられません。パッと見、おしゃれだけど一般の住宅、と言われても違和感がありません。すぐ隣にあるピカピカな鉄筋コンクリートの公民館や立派な運動場と、この建物の間に、ちょっとボリュームのある生垣とか植生を作るなどして、風情を出す工夫ができたのではないか、と残念に感じてしまいました。
深谷市にゆかりのある方には、渋沢栄一の偉業に想いを馳せる静かな場所として、いいかもしれません。


文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2017-06-08 07:28 | 埼玉 | Comments(0)

サイトマップ福島県 近代文化遺産リスト天鏡閣 アクセス・見学のしかた > フォトギャラリー

1
b0212342_16392006.jpg

2
b0212342_16400113.jpg

3
b0212342_16401559.jpg

4
b0212342_16402793.jpg

5
b0212342_16403865.jpg

6
b0212342_16411313.jpg

7
b0212342_16412408.jpg

8
b0212342_16413499.jpg

9 ↓ 猪苗代湖は標高が高く、5月に訪問したとき、桜が満開だった。
b0212342_16425140.jpg

10
b0212342_16430215.jpg

11
b0212342_16431323.jpg

12
b0212342_16432343.jpg

13
b0212342_16441325.jpg

14
b0212342_16442457.jpg

15
b0212342_16443443.jpg

16
b0212342_16444559.jpg

17
b0212342_16445661.jpg

18
b0212342_16450829.jpg

19
b0212342_16454857.jpg

20
b0212342_16455959.jpg

21
b0212342_16460942.jpg

22
b0212342_16462094.jpg

23
b0212342_16463039.jpg

24
b0212342_16471140.jpg

25
b0212342_16472296.jpg

26
b0212342_16473753.jpg

27
b0212342_16474940.jpg

28
b0212342_16475900.jpg

29
b0212342_16483376.jpg

30
b0212342_16484565.jpg

31
b0212342_16485423.jpg

32
b0212342_16490554.jpg

33
b0212342_16491539.jpg

34
b0212342_16495443.jpg

35
b0212342_16500454.jpg

36
b0212342_16501930.jpg

37
b0212342_16503823.jpg

38
b0212342_16502981.jpg

39
b0212342_16511842.jpg

40
b0212342_16514454.jpg

41
b0212342_16515679.jpg

42
b0212342_16520730.jpg

43
b0212342_16521751.jpg

44
b0212342_16522632.jpg

45
b0212342_16530478.jpg

46
b0212342_16531552.jpg

47
b0212342_16532659.jpg

48
b0212342_16533749.jpg

49
b0212342_16534683.jpg

50
b0212342_16542073.jpg

51
b0212342_16543051.jpg

52
b0212342_16544233.jpg

53
b0212342_16545119.jpg

54
b0212342_16552113.jpg

55
b0212342_16553198.jpg

56
b0212342_16554193.jpg

57
b0212342_16555055.jpg

58
b0212342_16560132.jpg

59
b0212342_16563989.jpg

60
b0212342_16564980.jpg

61
b0212342_16565820.jpg

62
b0212342_16570938.jpg

63
b0212342_16573073.jpg

64
b0212342_16583057.jpg

65
b0212342_16590032.jpg

66
b0212342_16593088.jpg

67
b0212342_17000017.jpg

68
b0212342_17034680.jpg

69 ↓ 正門
b0212342_17043893.jpg

70
b0212342_17045435.jpg

71
b0212342_17050515.jpg

72
b0212342_17051641.jpg

73 ↓ 従業員用の別館。
b0212342_17084616.jpg

74
b0212342_17081306.jpg

75
b0212342_17082381.jpg

76
b0212342_17083452.jpg

77
b0212342_17120164.jpg

78
b0212342_17100197.jpg

79
b0212342_17101693.jpg

80
b0212342_17103769.jpg



by h9w457y8i | 2017-05-26 07:31 | 福島 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。