<   2017年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


案内所トップ神奈川県 江戸時代以前の文化財 > 名越切通

b0212342_10144744.jpg
第一切通

鎌倉時代、幕府のあった鎌倉に向かうためには、海から接近するか山を越えるかのいずれかしか道がなく、山の峠部分を削って切通(きりどおし)が複数作られました。名越切通(なごえ きりどおし)はそんな峠道のうちのひとつで、鎌倉と三浦半島方面を結ぶ要路となっていました。周辺には、切通の防衛にも関係すると考えられる平場や切岸、やぐらや火葬跡など葬送に関する遺構も多く分布していて、中世都市の周縁の歴史的景観を良く残しています。昭和41年(1966年)に国の史跡に指定されました。


アクセス

名越切通にはいくつかの入口がある。
入口の位置やバス停の位置などは、こちらのアクセスマップを参照。
バスの時刻表は、京急バス公式サイトを参照。京急バスは全国共通交通系ICカード使用可。

b0212342_14355003.jpg
 大町口へ(画像中央、コンクリートの坂。入口看板あり)
JR鎌倉駅から、徒歩約24分(1.7km)。
JR鎌倉駅東口バスターミナル 3番のりばから、京急バス 鎌31系統に乗車。所要時間6分、180円。30分に1本以上。長勝寺 バス停下車、徒歩約6分(400m)。

b0212342_14371216.jpg
 亀が岡団地口へ(画像左側の砂利道。入口看板あり)
JR逗子駅から、徒歩約24分(1.7km)。
JR逗子駅バスターミナル 6番のりばから、京急バス 逗29系統に乗車。所要時間19分、200円。亀が岡団地北 バス停下車、徒歩約3分(180m)。

b0212342_14375603.jpg
 ハイランド口へ(画像中央、車止めの先、公園の中の道。入口看板なし)
JR逗子駅から、徒歩約40分(2.6km、標高差 上り85m)
JR鎌倉駅東口バスターミナル 5番のりばから、京急バス 鎌36系統に乗車。所要時間15分、230円。30分に1本。夕陽台公園 バス停下車、徒歩約10分(700m、ほぼ平坦)。


 大町口 → 三叉路

1 「本当に史跡への道? 人家への私道じゃないの?」と不安になるような道を、案内看板通りどんどん進む。
b0212342_14445731.jpg

2 画像1の右側は、JR横須賀線が見下ろせる崖。
b0212342_14464829.jpg

3
b0212342_14482866.jpg

4 人ひとりがやっと通れるような場所も。本当に800年前から続く道なのか?と思いたくなる。
b0212342_14491369.jpg

5
b0212342_14505786.jpg

6 かなり険しい上り。地面は湿って滑りやすくなっており、運動靴でないと危険。
b0212342_14522056.jpg

7 訪れた日は快晴、気温28度だったが、それでもほとんど日は射さない。ひんやり、ジットリ。
b0212342_14535892.jpg

8 湿度が常に高く薄暗いせいか、胸の高さほどもある巨大なシダ類がウヨウヨ生えている。
b0212342_14550777.jpg

9
b0212342_14563820.jpg

10
b0212342_14575745.jpg

11
b0212342_14584102.jpg

12 三叉路
b0212342_14591879.jpg

13
b0212342_14594739.jpg


 ハイランド口 → 三叉路
b0212342_15005338.jpg
こども自然ふれあいの森公園内、三叉路へ分岐する道。
画像ではわかりにくいが、赤まるのところに小さなお地蔵様が佇んでいる。ここを右折。すると切通しへの案内看板が出てくる。

14
b0212342_15054307.jpg

15
b0212342_15060228.jpg

16 途中、「お猿畠の大切岸」(おさるばたけのおおきりぎし)への分岐点がある。
b0212342_15080193.jpg

17
b0212342_15081979.jpg

18 大切岸への道はウッドチップが敷き詰められ、綺麗に整備されている。
b0212342_15083715.jpg

19
b0212342_15092956.jpg

20
b0212342_15092381.jpg

21 分岐点はちょっとした広場になっており、そこから法性寺の建造物が見える。
b0212342_15125452.jpg

22
b0212342_15125889.jpg

23 このルートは切通ではない。細いところでは幅3mくらいの尾根となっている。尾根の両側は険しい崖。
b0212342_15133159.jpg

24
b0212342_15152276.jpg

25
b0212342_15151839.jpg


 三叉路 → 亀が岡団地口
26
b0212342_15163170.jpg

27 まんだら堂やぐら群への分岐点。
b0212342_15171296.jpg

28
b0212342_15214103.jpg

b0212342_15215547.jpg
訪れた時は立ち入り禁止だった。

まんだら堂やぐら群は、岩をくり抜いて作ったおびただしい数の穴=やぐらの中に、墓石が収められている平場。名のある武士や僧侶を弔ったものとされるが、中には斬首された頭骨も見つかっている。
29
b0212342_15263921.jpg

30
b0212342_15264329.jpg

31
b0212342_15264840.jpg

32 第三切通
b0212342_15271574.jpg

33
b0212342_15274775.jpg

34 第一切通
b0212342_15281376.jpg

35
b0212342_15281733.jpg

36
b0212342_15282196.jpg

37
b0212342_15282975.jpg

38
b0212342_15290713.jpg

名越切通、まんだら堂やぐら群については、逗子市公式サイトで詳しく、かつわかりやすく解説されている。


by h9w457y8i | 2017-08-31 07:56 | 神奈川 | Comments(0)


案内所トップ岡山県 近代文化遺産 > 高梁川東西用水取配水施設



アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_05080941.jpg
南配水樋門



アクセス


見学用マーカー付き Google Map

徒歩の距離が最も短い行き方=バス利用

b0212342_05381478.jpg

JR倉敷駅北口バスターミナル 1番のりば(上画像)から、両備バス イオンモール倉敷循環線 に乗車。
乗車時間 約9分。運賃170円。平日、土日共に10分に1本。2017.8
時刻表、乗車の仕方などは、両備バス公式ホームページ参照。
西酒津(にしさかづ)バス停下車、南配水樋門まで徒歩約14分(1km)。
バス停の位置などは、こちらの見学用マーカー付き Google Map を参照。
(なお、北配水樋門の北東、直線距離で約120m、県道24号線沿いに、井笠バスカンパニーの 酒津水門 バス停が残っているが、この路線は既に廃止されている。井笠バスカンパニーに確認済み。2017.8)


最寄り駅から徒歩

JR倉敷駅北口から、徒歩約30分(2.2km)。
ほぼ平坦、歩道あり。


駐車場

b0212342_06042978.jpg

文化財施設は酒津公園に面しており、公園付属の無料駐車場(上画像)が利用可能。
駐車場入り口はこちらのGoogle Mapを参照。


レンタサイクル

b0212342_07433026.jpg

水島臨海鉄道の倉敷市駅(JR倉敷駅南西部に隣接)構内に、レンタサイクル・ステーション「健彩館」(けんさいかん)がある。
1日乗り放題 600円、保険代 100円、事前予約可能。
画像は水島臨海鉄道、倉敷市駅の中。きっぷ売り場のすぐ横。自転車は駅の外に並べてある。
健彩館の場所はこちらのGoogle Map参照。





見学のしかた


文化財の構成要素のうち、「酒津取水樋門」「南配水樋門」「北配水樋門」は屋外にあり、常時見学が可能。
「事務所」は非公開。

それぞれの構成要素の詳しい位置は、こちらの見学用マップを参照。

b0212342_12555177.jpg
事務所





施設の説明


国指定の重要文化財、「高梁川東西用水取配水施設」(たかはしがわ とうざいようすい しゅはいすいしせつ)は、高梁川の下流に位置する農業用水施設で、「酒津取水樋門」「南配水樋門」「北配水樋門」「事務所」の4つの建造物からなっています。この施設は、高梁川に点在していた古い取水施設を統合して旧東高梁川の河川敷に築かれたもので、高梁川に面する酒津取水樋門(さかづ しゅすい ひもん)から高梁川の水を配水池に引き入れ、配水池の南北にある配水樋門から、倉敷市内の複数の用水路へ配水しています。
工事は、高梁川の治水を目的とした国の事業として、明治40年(1907年)から行われた高梁川改修工事の付帯工事として行われました。樋門は内務省大阪土木出張所の計画・設計に基づき、大正13年(1924年)に竣工、事務所は岡山県の設計により大正15年(1926年)に竣工しました。建設後、門扉の改修、配水樋門の上の通路部分の改修等が行われていますが、全体としてかつての姿を良く残しています。
高梁川東西用水取配水施設は、近世以来の小規模な取水施設を統合して、施設の大規模化と水利用の合理化が図られた近代農業用水施設のうち、大正期での最大規模のものとして重要です。また、大正期に全国的に導入が図られた鉄筋コンクリート造樋門の現存例としても貴重で、農業土木技術史上価値が高いと言えるでしょう。これらの点が評価され、平成28年(2016年)、国の重要文化財に指定されました。
文化庁国指定文化財等データベース

b0212342_13004347.jpg
酒津取水樋門(さかづ しゅすい ひもん)は、高梁川の東岸に築かれた、幅約22mの鉄筋コンクリート造の樋門です。「樋門」(ひもん)とは、堤防の中にトンネル状の水路を設け、その水路内を流れる水を調整するための門のことです。なお水門は、堤防を分断してそこに門を作った場合の呼び方です。
通水部は門形で七連からなり、表面全体に花崗岩が美しく積み上げられています。


b0212342_12590250.jpg
南配水樋門は、倉敷用水、備前樋用水、南部用水、西部用水、西岸用水への配水量を調節する、幅48mの鉄筋コンクリート造の樋門です。


b0212342_22161507.jpg
北配水樋門は、八ヶ郷用水への配水量を調節する、幅18mの六連からなる鉄筋コンクリート造樋門です。


b0212342_12555177.jpg
事務所は、木造二階建で、現在は高梁川東西用水組合の事務所として使用されており、現在は非公開となっています。






管理人のおすすめポイント 


今まで、明治・大正時代に築かれたいろいろな水利施設を見学してきましたが、南配水樋門付近の用水路構造はとても珍しく、興味深いものでした。15もの配水樋門が横に連なる幅48mの堤防を抜けた水が、倉敷周辺の各地に分配されていく様子が一目でわかるようになっています。

b0212342_10285985.jpg



そして施設周辺は、緑の多い遊歩道や公園として整備されていて、人々の憩いの場にもなっているようでした。
b0212342_10302199.jpg


なお、文化財とは全く関係がありませんが、今回の訪問では北配水樋門近くにある「三宅商店 水辺のカフェ」で、ランチをいただきました。
古民家を改装した落ち着いた雰囲気のカフェで、倉敷市内のランチ・プレイスの中でも、口コミ評価で上位にランキングされていました
b0212342_22182809.jpg

b0212342_11040812.jpg

b0212342_10335092.jpg

b0212342_10335494.jpg

画像のカレーセットで、1,200円。
北配水樋門から出た水の流れを眺めながら、のんびり・ゆったりした時間を過ごせます。


by h9w457y8i | 2017-08-27 10:25 | 岡山 | Comments(0)


案内所トップフランスの世界遺産ランス > フォトギャラリー



ノートル - ダム大聖堂

トー宮殿

サン - レミ聖堂および旧サン - レミ大修道院


ノートル - ダム大聖堂
1
b0212342_22463225.jpg

2
b0212342_22521656.jpg

3
b0212342_22524270.jpg

4
b0212342_22525270.jpg

5
b0212342_22530357.jpg

6
b0212342_22533879.jpg

7
b0212342_22534825.jpg

8
b0212342_22535907.jpg

9
b0212342_22540893.jpg

10
b0212342_22541812.jpg

11
b0212342_22553646.jpg

12
b0212342_22554697.jpg

13
b0212342_22555610.jpg

14
b0212342_22560742.jpg

15
b0212342_22562228.jpg

16
b0212342_22581266.jpg

17
b0212342_22582314.jpg

18
b0212342_22583213.jpg

19
b0212342_22584314.jpg

20
b0212342_22585332.jpg

21
b0212342_22594110.jpg

22
b0212342_22595245.jpg

23
b0212342_23000549.jpg

24
b0212342_23004701.jpg

25
b0212342_23005729.jpg

26
b0212342_23010732.jpg

27
b0212342_23012421.jpg

28
b0212342_23020520.jpg

29
b0212342_23021708.jpg

30
b0212342_23022930.jpg

31
b0212342_23023966.jpg

32
b0212342_23024972.jpg

33
b0212342_23034535.jpg

34
b0212342_23035402.jpg

35
b0212342_23040500.jpg

36
b0212342_23041446.jpg

37
b0212342_23042508.jpg

38
b0212342_23051610.jpg

39
b0212342_23063509.jpg

40
b0212342_23064727.jpg

41
b0212342_23065955.jpg

42
b0212342_23071428.jpg




トー宮殿
43
b0212342_23090745.jpg

44
b0212342_23092175.jpg

45
b0212342_23093348.jpg




サン - レミ聖堂および旧サン - レミ大修道院
46
b0212342_23103421.jpg

47
b0212342_23104679.jpg

48
b0212342_23105782.jpg

49
b0212342_23111196.jpg

50
b0212342_23112107.jpg

51
b0212342_23113388.jpg

52
b0212342_23132460.jpg

53
b0212342_23133877.jpg

54
b0212342_23135371.jpg

55
b0212342_23140442.jpg

56
b0212342_23143008.jpg

57
b0212342_23144400.jpg

58
b0212342_23145577.jpg

59
b0212342_23150748.jpg

60
b0212342_23151745.jpg

61
b0212342_23162142.jpg

62
b0212342_23163295.jpg

63
b0212342_23164347.jpg

64
b0212342_23170097.jpg

65
b0212342_23171223.jpg

66
b0212342_23311228.jpg

67
b0212342_23312855.jpg

68
b0212342_23315257.jpg

69
b0212342_23321116.jpg

70
b0212342_23322766.jpg

71
b0212342_23331899.jpg

72
b0212342_23333202.jpg

73
b0212342_23334576.jpg

74
b0212342_23335706.jpg

75
b0212342_23341041.jpg

76
b0212342_23353481.jpg

77
b0212342_23355070.jpg

78
b0212342_23360605.jpg

79
b0212342_23362315.jpg

80
b0212342_23364015.jpg

81
b0212342_23373132.jpg

82
b0212342_23375663.jpg

83
b0212342_23381342.jpg

84
b0212342_23382940.jpg

85
b0212342_23384371.jpg

86
b0212342_23385670.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-26 16:29 | フランス | Comments(0)


案内所トップフランスの世界遺産 > ランスのノートル-ダム大聖堂、サン-レミ旧大修道院及びトー宮殿

文化財分布マップ

世界遺産分布インタラクティブマップ(ユニセフ公式)



アクセス(行き方)

見学のしかた

遺産の説明

フォトギャラリー


b0212342_13120386.jpg
ノートルダム大聖堂(ランス)


アクセス


見学用Google Map

ランス(Reims)の街はパリの東、約140kmにある。パリの東駅(Gare du l'Est)からランス駅(Gare de Reims)まで、フランス国鉄SNCFの超特急、TGVで、約50分。

TGVの予約・乗り方は、こちらのページを参照。


b0212342_13394517.jpg
パリ、東駅


b0212342_13395689.jpg
パリ東駅発、ランス行き、TGV 2713号。


b0212342_13400821.jpg
ランス駅

ランス駅からノートルダム大聖堂とトー宮殿(隣り合っている)は、徒歩約18分(1.3km)。
ランス駅からサン - レミ旧大修道院までは、ノートルダム大聖堂前を経由し、徒歩約32分(2.3km)。
もしくは、ランス駅前のバスターミナルから路線バス。

b0212342_14132693.jpg

ランス駅 → ノートルダム大聖堂・トー宮殿
CITURA(ランスの公共交通機関運営組織) 2、4、6、9番系統バスのいずれかに乗車、オペラハウス(Opéra)バス停下車。バス停から徒歩約3分。

ランス駅 → サン-レミ旧大修道院
4、6番系統バスのいずれかに乗車。サン - レミ バス停下車。バス停から徒歩1分。

ノートルダム大聖堂・トー宮殿 ⇄ サン-レミ旧大修道院
4、6番系統バスを使用。

それぞれのバス停の位置はこちらの見学用Google Mapを参照。

運賃
1片道 1.6ユーロ、2片道 2.7ユーロ、一日乗り放題 4.0ユーロ。2017.8
チケットはバス乗車時に運転手から購入。1片道の場合は現金を支払う。

CITURA公式HP(フランス語のみ)

b0212342_14135638.jpg
上の路線図はjpeg。PDF版のダウンロードはこちら


b0212342_14125689.jpg
CITURAが運行するトラム。ランス駅近くに停留所がある。シャンパンの街にふさわしく、シャンパングラスをモチーフにした顔のデザイン。だがこちらは遺産の近くにはいかないので使わない。





見学のしかた


見学用Google Map


ノートルダム大聖堂

開館時間:7:30〜19:30(日曜日、祝日は19:15まで)
拝観料:無料
休館日:なし
注意点:宗教施設なので、見学においては静粛に。
ノートルダム大聖堂公式サイト(フランス語のみ)
教会内部での写真撮影は可能。


トー宮殿

トー宮殿はノートルダム大聖堂に隣接して建てられている。現在は国立博物館として、大聖堂や大聖堂で行われた戴冠式に関する資料を展示している。
トー宮殿への入り口は、ノートルダム大聖堂とトー宮殿の間にある中庭に設けられており、その中庭へは、ノートルダム大聖堂内部に設けられた入口から入る。

b0212342_15202201.jpg
ノートルダム大聖堂とトー宮殿の間にある中庭。フェンスに囲まれており、外から直接入ることはできない。


b0212342_15205281.jpg
ノートルダム大聖堂内、中庭へ通じるドア

開館時間:5月2日〜9月8日 9:30〜18:30 / 9月9日〜12月31日 9:30~12:30、14:00~17:30
休館日:毎週月曜日、および1月1日、5月1日、11月1日、11月11日、12月25日
入館料: 無料
フランス観光開発機構公式サイト(日本語)


サン-レミ大聖堂、および旧大修道院

開館時間:8:00〜19:00
休館日:不明
入館料:無料
フランス観光開発機構公式サイト(日本語)

b0212342_15331671.jpg
サン-レミ旧大修道院は現在、サン・レミ修道院博物館として、多数のカトリック彫刻遺産を展示している。





遺産の説明


ノートルダム大聖堂は1211年以来、1世紀に及ぶ建設を重ねた。13世紀における最新の建築技術をふんだんに取り入れたこと、そして建築物と彫刻による装飾が見事に調和のとれた融合をなしているということから、ランスのノートルダム大聖堂はゴシック芸術の傑作と言える。特にドイツでは、多数の建築物がこの影響を受けた。
大聖堂に隣接するトー宮殿はかつての大司教の宮殿であり、宗教式典で重要な役割を担った。現在のトー宮殿は、17世紀に再建されたものである。現在は博物館として公開されている。
一方、サン-レミ聖堂は11〜12世紀創建のロマネスク様式の建造物。美しい身廊(教会内部、中央部分の細長い空間)があり、そこにはサン-レミ大司教の遺骨が安置されている。第一次世界大戦ではドイツ軍の砲撃にさらされ、甚大な被害を被った。
ノートルダム大聖堂、大司教の宮殿、そしてサン-レミ旧修道院は、フランスの君主制の歴史と直接結びついていると言える。ノートルダム大聖堂では998~1825年の間、歴代フランス王の戴冠式が執り行われた。それは、教会と国家の間で完璧な釣り合いが取れていたことの結果である。こうしたフランス君主制は、現代におけるまでヨーロッパ各地の政治的モデルとなっている。
これらの宗教施設は、1991年に世界文化遺産に登録された。
ユネスコ公式サイト

b0212342_16035370.jpg

by h9w457y8i | 2017-08-24 12:56 | フランス | Comments(0)

案内所トップ世界の鉄道・フェリー 乗り方 > マカオ路線バス



路線図

料金・時刻表

乗り方

マカオには鉄道が走っておらず(2017.8現在、建設中らしい)、公共交通機関は路線バスのみ。バスは小さなマカオの半島を網の目のように走っており、地元の人々の足となっている。乗り方はカンタンで激安なので、観光客にとっても便利でオススメな乗り物。



路線図


b0212342_12165361.jpg

マカオバスの公式サイト(中国語・ポルトガル語・英語)には、系統別の停留所リストはあるものの、路線地図は載っていない。

Google Mapの経路・乗り換え検索機能を使えば、最適なバスルートが系統名と共に表示されるので、それを使うのがいいのでは。
ただしこれだと、現地でオフラインの場合使えない。ネットが通じるところであらかじめ調べておく。

なお、なぜかはわからないが、マカオではオフラインの場合、Google Mapのオフラインマップをあらかじめダウンロードしておいても、GPS現在地がピンポイントで表示されなかった。(中国ならではのネット制限かGPS用妨害電波? でもマカオと同じ特別行政区の香港ではそんなことはなかったので、たまたまかもしれないが)
道路が網の目のように入り組む市街地では、オフラインマップだけでは現在地がわからず、道に迷ってしまった。そんなときのために、SIMフリー端末を持っている方は現地で販売されている格安SIMを購入し、管理人のようにそうでない方は、現地のデータローミングが使えるように、あらかじめネットが通じるところで調べておいたほうがいいかもしれない。
中国本土では政府によるネット制限のために、LineやYouTubeが使えないのと同様にGoogleコンテンツも使えないが、マカオでは台湾や香港同様、問題なく使える。





料金・時刻表


料金は、マカオ半島内で均一 3.2 パタカ(=44円。2017.8)。激安である。マカオの通貨パタカは香港ドルとほぼ同じレートであり、3.2 香港ドルでもOK。
香港国際空港、香港島からのフェリーが着くアウター・ハーバー・フェリーターミナルと、マカオの世界遺産構成要素は全てマカオ半島内にあるので、3.2パタカあればどのバスでも乗れる、と考えてよい。
なお、マカオ国際空港のあるタイパ地区からマカオ半島へは、4.2 パタカ。
料金の正確な情報は、マカオバス公式サイトを参照。

マカオバス公式サイトには、時刻表も掲載されていない。路線図と同じようにGoogle Mapの経路・乗り換え案内機能を使えば、バス運行頻度(x分に1本)と所要時間が表示される。一応発車・到着時刻も表示されるが、あんまりアテにならない。
どの系統も頻繁に運行されている印象。一番待たされて、20分。





乗り方


マカオの路線バスは3つの会社が運行している。日本の都市を走っているのとそっくりの大型のバスもあれば、マイクロバスに毛が生えたようなのもある。

b0212342_15445220.jpg

でもどのバスも、乗り方は一緒。

b0212342_15444677.jpg

停留所はみんなこんな感じ。
ポールの一番上に、停まるバスの系統番号が掲げられ、その下に円筒形のクルクル回る系統別の停留所一覧がくっついている。日本と違い、時刻表は掲示されていない。たしか始発と終バスの時刻は書いてあったような...。

乗りたい系統のバスが来たら、手を挙げて合図。
前乗り、後ろ降り。
前のドアから乗りこむと、運転席の横に金属製の運賃箱があるので、そこに3.2パタカか3.2香港ドルを入れる。
お釣りはもらえない。両替もしてもらえない。

現地の方々はみんな、運賃箱の横の機械に、交通系ICカードで「ピッ」とやっている。「マカオパス」といって、コンビニで売っている。ただ、実際に使えるチャージ分が最低100パタカ、ディポジット(保証金。カードを返却すれば返金される)が30パタカ、合計130パタカ=1,780円(2017.8)と、マカオ路線バスならではの激安感が全然ない。なので、頻繁にマカオに来る人でなければあんまりオススメしない。これならお釣りがもらえなくても5パタカ払ったほうがいいよな、と管理人は思ってしまうのです。
ただ、コンビニや飲食店でも使える場合があるので、いちいち小銭を用意するのがイヤ、という方は買ってみてもいいかもしれません。
マカオパス公式HPはこちら。(中国語のみ)

車内では、次に停まる停留所名が前の液晶画面に表示され、車内放送もある。でも混んでいると見えないし聞こえない。
携帯端末でGPS現在地がわかれば問題ないけど、2回の訪問ともオフラインでは表示されなかったので、仕方なく現地の電波を拾ってデータローミングした。

次が降りたい停留所になったら、柱や天井にあるボタンを押す。

今まで8回ほど、朝から夕方まで乗ったけれど、渋滞に巻き込まれてすごく遅くなった、ということはなかった。

by h9w457y8i | 2017-08-22 09:06 | マカオ | Comments(0)

史跡 【備中国分寺跡】


サイトマップ岡山県 江戸時代以前の文化財 > 備中国分寺跡

文化財分布マップ



備中国分寺跡(びっちゅう こくぶんじ あと)は、8世紀(奈良時代)に聖武天皇の勅願によって全国に建立された国分寺の遺跡の一つ。小高い台地の上に、ほぼ二町(約220m)四方の旧寺地の地割りや、南大門・中門の礎石がよく残っている。なお、中心部は江戸時代再興の寺院境内となっており、五重塔が遺存する。昭和43年(1968年)に国の史跡に指定された。←文化庁国指定文化財等データベース

見学用マップ

1
b0212342_09283476.jpg

2
b0212342_16193102.jpg

3
b0212342_16200110.jpg

4
b0212342_16203964.jpg

5
b0212342_16210956.jpg

6
b0212342_16215682.jpg

7
b0212342_16225060.jpg

8
b0212342_16232076.jpg

9
b0212342_16235148.jpg

10
b0212342_16242162.jpg

11
b0212342_16245085.jpg

12
b0212342_16255868.jpg

13
b0212342_16262884.jpg

14
b0212342_16265783.jpg

15
b0212342_16273117.jpg

16
b0212342_16285531.jpg

17
b0212342_16292574.jpg

18
b0212342_16305135.jpg

19
b0212342_16312176.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-20 08:06 | 岡山 | Comments(0)


案内所トップ岡山県 江戸時代以前の文化財 > 備中国分寺五重塔

文化財分布マップ


備中国分寺五重塔(びっちゅうこくぶんじ ごじゅうのとう)は、江戸時代後期の1844年ごろに竣工したとされる。岡山県内で現存する唯一の五重塔で、昭和55年(1980年)、国の重要文化財に指定された。←現地案内看板

徒歩30分(2.5km)圏内には駅もバス停もない。付属の無料駐車場がある。駐車場の位置は、こちらの見学用マップを参照。

1
b0212342_17303521.jpg

2
b0212342_17310535.jpg

3
b0212342_17323460.jpg

4
b0212342_17313522.jpg

5
b0212342_17320671.jpg

6
b0212342_17331783.jpg

7
b0212342_17340145.jpg

8
b0212342_17343118.jpg

9
b0212342_17350148.jpg

10
b0212342_17355464.jpg

11
b0212342_17362511.jpg

12
b0212342_17365430.jpg

13
b0212342_17372428.jpg

14
b0212342_17375599.jpg

15
b0212342_17382846.jpg

16
b0212342_17393022.jpg

17
b0212342_17400033.jpg

18
b0212342_17402912.jpg

19
b0212342_17410086.jpg

20
b0212342_17420072.jpg

21
b0212342_17423068.jpg

22
b0212342_09202597.jpg

23
b0212342_09204529.jpg

24
b0212342_17440412.jpg

25
b0212342_17440412.jpg

26
b0212342_17444982.jpg

27
b0212342_17451979.jpg

28 ↓ 付属無料駐車場
b0212342_17454922.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-19 08:46 | 岡山 | Comments(0)

重要文化財 【永代橋】

サイトマップ東京都 近代文化遺産 > 永代橋フォトギャラリー

文化財分布マップ

1
b0212342_11050145.jpg

2
b0212342_11050533.jpg

3
b0212342_11050961.jpg

4
b0212342_11051209.jpg

5
b0212342_11051694.jpg

6
b0212342_11054374.jpg

7
b0212342_11054711.jpg

8
b0212342_11055117.jpg

9
b0212342_11055590.jpg

10
b0212342_11060745.jpg

11
b0212342_11063518.jpg

12
b0212342_11063987.jpg

13
b0212342_11064301.jpg

14
b0212342_11064873.jpg

15
b0212342_11065255.jpg

16
b0212342_11072145.jpg

17
b0212342_11072699.jpg

18
b0212342_11073057.jpg

19
b0212342_11073531.jpg

20
b0212342_11073940.jpg

21
b0212342_11080595.jpg

22
b0212342_11080966.jpg

23
b0212342_11081535.jpg

24
b0212342_11081918.jpg

25
b0212342_11082389.jpg

26
b0212342_11084848.jpg

27
b0212342_11085206.jpg

28
b0212342_11085631.jpg

29
b0212342_11090051.jpg

永代橋(えいたいばし)は,清洲橋と同様に,関東大震災(1923年)からの帝都復興事業の一環として,内務省復興局土木部長太田圓三らの設計により,大正15年(1926年)12月に竣工した,橋長184.7m,幅員25.6mの規模を有する広幅員の三径間カンチレバー式タイドアーチ鋼橋である。橋脚及び橋台は鉄筋コンクリート造で,上部構造は,橋端部に水平力の及ばない支間長100.6mの下路(かろ)式タイドアーチと,その両側の突桁及び吊桁により構成され,突桁は,タイドアーチと連続的な曲面をつくる。
永代橋は,放物線状の大規模ソリッドリブアーチを中心とする荘重な造形により,近代的橋梁美を実現している。また,建設当時,我が国で最大支間(さいだいしかん)を実現した鋼アーチ橋であり,大規模構造物建設の技術的達成度を示す遺構として重要である。 ←文化庁国指定文化財等データベース

by h9w457y8i | 2017-08-17 15:50 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ岡山県 江戸時代以前の文化財 > こうもり塚古墳


吉備の大首長の墓と考えられる前方後円墳で、後円部には棺を納めた横穴式石室があります。
この横穴式石室は、全長19.4mで巨大な石を組み合わせて造られており、岡山県下三大巨石墳の一つに数えられています。また、全国でも、確認されている横穴式石室の中では第4位の規模を誇ります。
玉砂利を敷き詰めた石室には、井原市産出の貝殻石灰岩で造られた家形石棺、土を焼いて作った陶棺、そして木の棺が安置されていました。盗掘を受けていましたが、須恵器や土師器などの土器のほか、大刀や馬具をはじめとした鉄器などが多数出土しています
この古墳は,かつて仁徳天皇に愛された吉備のくろひめの墓とされ、くろひめ塚古墳と呼ばれていました。しかし、この古墳が6世紀後半に造られたもので、仁徳天皇の時代とは100年以上も隔たりがあることから、名前の変更が考えられ、石室内にこうもりがたくさんいたことからこうもり塚古墳と改名されました。 ←総社市公式サイト

古墳の徒歩30分圏内(2.5km)には、駅やバス停はない。備中国分寺付属の北側駐車場から、徒歩約4分。JR服部駅から徒歩50分(3.5km)。
見学用マップ

1
b0212342_18422853.jpg

2
b0212342_18423680.jpg

3
b0212342_18424392.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-15 08:08 | 岡山 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。