<   2017年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産 > 長浜大橋

文化財分布マップ



アクセス(行き方)

見学のしかた

重要文化財の橋って、どんな橋?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_21300606.jpg




アクセス


見学用マーカー付き Google Map


● 駅から徒歩
JR伊予長浜駅から、徒歩約12分(850m)。
2017.3 松山駅 → 伊予長浜駅 1時間15分。760円。2時間に1本。


● 駐車場
b0212342_20032305.jpg
施設付属駐車場あり。25台ほど駐車可能。
駐車場入口はこちらの地図を参照。

2017.3 9:00〜17:00 無料。トイレあり。





見学のしかた


b0212342_20161016.jpg
県道43号線の道路橋として使われており、自動車・徒歩で通行可能。
船を通すために橋桁が上に跳ね上がる機構を持っていて、現在でも観光とメンテナンスのために、毎週日曜日の午前11時20分頃と13時頃、実際に開閉される。←2017.3 開閉作業を行う管理人から直接聞いた。
跳ね上げ開始から終了まで、約15分。完全に跳ね上げられた状態となるのはわずか数分間。

橋の開閉スケジュールの確認は、大洲市文化スポーツ課へ。






橋の説明

長浜大橋(ながはまおおはし)は、一級河川「肱川(ひじかわ)」の河口にかかる現役で動く我が国最古の道路可動橋(バスキュール式鉄鋼開閉橋)であり、平成26年(2014年)、国の重要文化財に指定されました。他の道路可動橋としては、東京の隅田川にかかる勝鬨橋(かちどきばし)が有名ですが、現在では開閉機構は固定されており、橋桁が跳ねあげられることはありません。
長浜大橋は、昭和の初め、船運から陸上交通へと輸送手段が変わってゆきつつある時代に、愛媛県を事業主体として、増田淳事務所の設計により、1年10ヶ月の工期と当時の金額で29万円という巨費を要して昭和10年(1935年)8月に道路橋として竣工したものです。地元ではその色から、「赤橋」の愛称で親しまれています。なお、竣工当時は赤色ではなく、灰色に塗られていました。
長浜大橋の橋の長さは232m、幅5.5m。可動部の長さは約18mです。約54tの可動桁(跳ね上がる部分)をスムースに動かすために、橋の上に82tのカウンターウエイトを載せています。これが一種の分銅、つまり釣り合いを取るための重りの役目をして、開閉のための動力が小さくてもよいようになっています。15馬力という小さな動力を持つ電動モーターで稼働します。
戦時中はアメリカ軍戦闘機の機銃掃射を受け、トラス部材にその銃創を見ることができます(管理人は見つけることはできませんでした)。 ←現地案内看板





管理人のおすすめポイント


内子、八幡浜といった愛媛県西部の主な観光地や街からは離れ、鉄道駅はあるものの2時間に1本。管理人が調べた範囲では、残念ながらこの長浜大橋以外で、大洲市長浜地区にはこれといった観光の要素はないように思います。強いて言えば、橋のすぐ近くにある国の登録有形文化財、「末永家住宅」くらいでしょうか。
でも、海に面した小さな町、そして現在でも開閉する古い道路橋。それを観に行くだけでも、戦前の産業遺構が好きな管理人はワクワクしました。クルマをのんびり走らせて行ったのですが、交通量は少なく、肘川沿いの道路は意外と運転しやすく、山がちな四国の自然と田舎の風景を満喫しながら、楽しくドライブできました。橋のすぐそばに観光用の無料駐車場があるのも嬉しいです。

b0212342_19475705.jpg


by h9w457y8i | 2017-07-31 06:46 | 愛媛 | Comments(0)

サイトマップ > 群馬県 江戸時代以前の文化財リスト


b0212342_21164129.jpg
国指定重要文化財 貫前神社拝殿

文化財分布マップ


国指定重要文化財


阿久沢家住宅
あくさわけ じゅうたく
茅葺きの古民家。江戸時代中期。外観のみ見学自由。

笠卒塔婆
かさ そとうば
室町時代前期の、単なる石造りの卒塔婆。よほどのことがない限り見学の必要なし。

旧生方家住宅
きゅう うぶかたけ じゅうたく
江戸時代中期、板葺き二階建ての大型町家。一般公開。見学についての詳細は、沼田市公式サイトを参照。

旧黒澤家住宅
きゅう くろさわけ じゅうたく
江戸時代末期に建てられた、板葺き(石がのっかっている)二階建て、幅22mの大型古民家。一般公開。見学についての詳細は、上野村観光協会公式サイト参照。

旧戸部家住宅
きゅう とべけ じゅうたく
江戸時代中期の、茅葺き、幅18mの大型古民家。一般公開。見学についての詳細はみなかみ町公式サイト参照。

旧中島家住宅
きゅう なかじまけ じゅうたく
氏神社、主屋、正門および門衛所、土蔵
一部のみ一般公開。見学についての詳細は太田市公式サイト参照。

旧茂木家住宅
きゅう もてきけ じゅうたく
江戸中期、板葺き幅16mの大型住宅。一般公開。見学についての詳細は富岡市公式サイト参照。

玉村八幡宮本殿
たまむら はちまんぐう ほんでん

長楽寺宝塔
ちょうらくじ ほうとう
鎌倉時代後期、建治2年(1276年)に建てられた石塔。かなり地味

東照宮(群馬県太田市)
とうしょうぐう

塔婆
とうば
平安時代前期、延暦20年(801年)に建てられた、高さ1.85mの石塔。1,200年も前ということがはっきりわかっている点が貴重。周囲は開けており、赤城山の眺めがとてもよい。常時見学可能。

富沢家住宅
とみざわけ じゅうたく
江戸時代後期。茅葺き、幅24mの二階建てで、この手の古民家の中では最大級。一般公開。見学についての詳細は、中之条町観光協会公式サイト参照。

b0212342_21192371.jpg
貫前神社
ぬきさきじんじゃ
唐門、拝殿、本殿

榛名神社
はるなじんじゃ
神楽殿、国祖社及び額殿(こくそしゃおよびがくでん)、随神門、双龍門、本社・幣殿・拝殿、神幸殿(みゆきでん)

彦部家住宅
ひこべけ じゅうたく
江戸時代中期、茅葺き、幅19mの大型古民家。一般公開。見学に関する詳細は彦部家住宅公式サイト参照。

妙義神社
みょうぎじんじゃ
唐門、総門、本殿・幣殿・拝殿

薬師堂
やくしどう
桃山時代、慶長3年(1598年)に竣工した、茅葺き、幅6mの建物。

雷電神社末社八幡宮稲荷神社社殿
らいでんじんじゃ まっしゃ はちまんぐういなりじんじゃ しゃでん
室町時代後期、天文16年(1547年)に建てられた銅板葺き、幅4mの建物。


by h9w457y8i | 2017-07-29 11:17 | 群馬 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 江戸時代以前の文化財 > 大村家住宅

文化財分布マップ


大村家は愛媛県内子町にある商家。江戸時代後期、1800年頃に建てられた。
内部は非公開(2017.3)で、見学は道路から外観のみ。
大村家の周辺は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、江戸時代〜明治時代の商家の街並みが残されている。大村家の他に、3つの国指定重要文化財建造物がある。
内子座
上芳我家住宅
本芳我家住宅

内子町にある文化財の見学用マーカー付き地図

1
b0212342_07284810.jpg

2
b0212342_07290029.jpg

3
b0212342_07291259.jpg

4
b0212342_07292861.jpg


by h9w457y8i | 2017-07-27 19:19 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産 > 本芳我家住宅


アクセス(行き方)

見学のしかた

本芳我家って? どんな建物?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布マップ


b0212342_13015898.jpg



アクセス


見学用マーカー付き Google Map


● 駅から徒歩
JR内子駅から、徒歩約17分(1.2km)。
2017.3 松山からの特急は、1時間に1本。乗車時間25分、乗車券 + 特急券 = 1,280円。

このほか、東京、大阪、松山空港から内子町まで、高速バスが運行されている。詳しくは内子町観光公式サイトへ。

内子町内には内子町営の定期路線バスが1系統のみ運行されており、JR内子駅にもバス停がある。でも、町の公式サイトには時刻表や運賃の表示はあるものの路線地図はなく、どこにバス停があるかは部外者にはわからない。あくまでも地元の人々の生活の足であり、観光客にはできれば使って欲しくないというメッセージなのかもしれない。JR内子駅のバス停を見つけて、1〜2時間に1本のバスが運よく停まっていれば、運転手さんに行きたい場所を告げ、近くの停留所を教えてもらってもいいかもしれない。


● 駐車場
b0212342_09194605.jpg
施設付属駐車場はない。

内子町の観光用に「内子座・町並駐車場」がある。

1日300円。8:30〜17:00。50台くらい。

駐車場から本芳我家住宅までは、徒歩約6分。
駐車場の場所はこちらのアクセスマップを参照。
ちなみに、いつもリンクを使わせてもらっている NAVITIME には登録されていなかった。






見学のしかた

b0212342_13341692.jpg
建物内部は、2017.3時点では非公開。庭園には入れる。
庭園の開園時間は、内子町観光公式サイト内、本芳我家住宅案内ページ参照。

2017.3
9:00〜16:30、無休、無料。






建物の説明

b0212342_11125412.jpg
本芳我家(ほんはがけ)は、製蝋(せいろう)業で栄えた芳我一族の本家で、内子木蝋(もくろう)の基礎を築いた家です。江戸時代中期の元文元年(1736年)から木蝋生産を始めたとされ、天保11年(1840年)に現在地に移り、大規模に経営を展開しました。明治期には「旭鶴」の商標で海外にも製品を輸出していました。江戸時代末期の1861年以降は、分家やその分家が相次ぎ、それぞれ上芳我、中芳我などの通称で呼ばれています。
建物は木蝋生産が最も盛んだった明治22年(1889年)に建てられました。建物の質が良く、亀甲型のなまこ壁や鶴、亀、波などの華麗な漆喰細工など、華やかなデザインは内子の街並みの中でも際立った存在です。主屋の南に立つ土蔵の鏝絵(こてえ)は本芳我家の商標「旭鶴」です。主屋の背後には炊事場、産部屋、便所、湯殿が建ち、これら付属の建物や庭園など、敷地全体がかつての面影を伝えています。
平成2年(1990年)に国の重要文化財に指定され、平成15年(2003年から3年をかけて保存修理工事が行われました。 ←現地案内看板

←土蔵の「旭鶴」の鏝絵。






管理人のおすすめポイント

b0212342_09062743.jpg
本芳我家住宅周辺は、四国で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、江戸時代末期〜明治時代の商家の街並みが残されています。600mほどの道の両側には、国の重要文化財に指定された建物が他に3棟あり、それ以外にも住宅や商店はほとんどが当時の面影を残す佇まいとなっています。景観を乱すような建物や看板はほとんどなく、これほどの保存・再現性が確保されているのは、ヨーロッパの世界遺産並みといっても過言ではないかと。そのくらい感動しました。ぜひ散策してみてください。

町並みの様子は、内子町街角スナップのページへ。

木蝋の生産過程や芳我一族の歴史などを知るには、本芳我家から100mほど北にある国指定重要文化財、上芳我家住宅へ。邸内は一般公開されており、木蝋資料館も設置されています。



by h9w457y8i | 2017-07-23 07:58 | 愛媛 | Comments(0)

サイトマップ > 秋田県 江戸時代以前の文化財

文化財分布マップ

b0212342_14475239.jpg
国指定重要文化財 赤神神社五社堂


国指定重要文化財


b0212342_14491681.jpg
赤神神社五社堂
あかがみじんじゃ ごしゃどう
三の宮堂、客人権現堂、赤神権現堂、八王子堂、十禅師堂、中央堂内厨子
999段の石段の上にある。常時一般公開。厨子も公開されている。
map  39.87069, 139.75091

b0212342_14492593.jpg
大山家住宅
おおやまけ じゅうたく
江戸時代末期に建てられた。外観は常時一般公開。内部の見学は要予約。詳細は三種町公式サイトへ。

旧黒澤家住宅
きゅう くろさわけ じゅうたく
主屋、表門、土蔵、米蔵、木小屋
江戸時代中期竣工の上級武家屋敷。こけら葺き。一般公開。

旧奈良家住宅
きゅう ならけ じゅうたく
秋田県立博物館分館として一般公開。

草彅家住宅
くさなぎけ じゅうたく
主屋、土間
江戸時代中期の大型農家住宅。茅葺、幅18m。岩手県に見られる「曲家」に近い。内部見学は要予約。詳細は仙北市公式サイトへ。

古四王神社本殿
こしおうじんじゃ ほんでん

嵯峨家住宅
さがけ じゅうたく
現住のため、見学に際しては要予約。秋田観光コンベンション協会公式サイト参照。

佐竹家霊屋
さたけけ たまや

神明社観音堂
しんめいしゃ かんのんどう
江戸時代中期、1734年の建立。幅一間、こけら葺きの小さな社。

鈴木家住宅
すずきけ じゅうたく
主屋、土蔵
現住のため見学は要予約。詳細は鈴木家住宅公式サイトへ。

土田家住宅
つちだけ じゅうたく
江戸時代中期竣工。茅葺、幅20mの大型農家住宅。曜日を限定して一般公開。詳しくは由利本荘市公式サイトへ。

天徳寺
てんとくじ
本堂、書院、山門、総門

波宇志別神社神楽殿
はうしわけじんじゃ かぐらでん

八幡神社
はちまんじんじゃ
正八幡宮本殿、若宮八幡宮本殿

三浦家住宅
みうらけ じゅうたく
非公開。年に2回、5月と11月にそれぞれ3日間、特別公開される。公開についての情報は、三浦館公式サイトへ(非常にみにくいので注意)

三輪神社
みわじんじゃ
本殿、境内社須賀神社本殿


by h9w457y8i | 2017-07-22 14:54 | 秋田 | Comments(0)

サイトマップ神奈川県 江戸時代以前の文化財 > 光明寺

1
b0212342_21435249.jpg

光明寺(こうみょうじ)は,鎌倉時代中期の創建と伝える浄土宗寺院である。江戸時代初期には関東十八檀林に定められ,伽藍を整えたとみられる。
本堂は,棟札より元禄11年(1698年)の建立と判明し,棟梁の蔵並木工之助は鎌倉大工である。部分的に改造や変更が行われているが,軸部から小屋組までほぼ当初の形式である。桁行九間,梁間十一間,正面三間向拝付の形式で,鎌倉の近世仏堂のうち最大の規模である。内部は上段式になる内陣と後陣,二重構成になる広大な外陣など,大規模な浄土宗本堂として特色ある構成である。
江戸時代の浄土宗関東十八檀林の中心建築を知る上で,貴重な遺構といえ,また完成度の高い鎌倉大工の作品であることにも価値が認められる。平成11年(1999年)、国の重要文化財に指定された。  ←文化庁国指定文化財等データベース

文化財分布マップ

JR鎌倉駅東口バスターミナル 7番のりばから、京急バス 鎌40 もしくは 鎌41 系統に乗車。乗車時間9分。200円、交通系ICカード可。10〜15分に1本。光明寺 バス停下車。徒歩1分。
アクセスマップ(バスのりばの詳細な位置も掲載)

2
b0212342_22080431.jpg

3
b0212342_22081620.jpg

4
b0212342_22082632.jpg

5
b0212342_22084494.jpg

b0212342_22091956.jpg
6 なんと、珍しいことに堂内撮影可。

7
b0212342_22103930.jpg

8
b0212342_22104403.jpg

9
b0212342_22105097.jpg

10
b0212342_22105422.jpg

11
b0212342_22112245.jpg

12
b0212342_22112846.jpg

13
b0212342_22113470.jpg

14
b0212342_22114114.jpg

15
b0212342_22114852.jpg

16
b0212342_22115332.jpg

17
b0212342_22131592.jpg

18
b0212342_22132021.jpg


以下、光明寺境内。
19
b0212342_22134229.jpg

20
b0212342_22134953.jpg

21
b0212342_22135325.jpg

b0212342_22141577.jpg
22 お寺付属の無料駐車場。入口の場所はこちらのアクセスマップを参照。

23
b0212342_22142036.jpg

24
b0212342_22165966.jpg

25
b0212342_22170489.jpg

26
b0212342_22172246.jpg

27
b0212342_22172682.jpg

28
b0212342_22173051.jpg

29
b0212342_22180027.jpg


by h9w457y8i | 2017-07-20 07:14 | 神奈川 | Comments(0)

サイトマップ愛媛県 近代文化遺産上芳我家住宅 > フォトギャラリー・パンフレット


主屋

炊事場

仕舞部屋及び便所・産部屋

離座敷

風呂場・便所

離部屋

釜場

出店倉

物置(画像なし)

土蔵

現地配布パンフレット

1
b0212342_09492884.jpg


2〜21 主屋
2
b0212342_09450944.jpg

3
b0212342_09463176.jpg

4
b0212342_09463915.jpg

5
b0212342_09465261.jpg

6
b0212342_09470284.jpg

7
b0212342_09480902.jpg

8
b0212342_09481902.jpg

9
b0212342_09482854.jpg

10
b0212342_09484541.jpg

11
b0212342_09491660.jpg

12
b0212342_16063629.jpg

13
b0212342_16070441.jpg

14 ↓左側の二階建てが主屋、右側が炊事場。
b0212342_09513092.jpg

15
b0212342_09570481.jpg

16
b0212342_09584038.jpg

17
b0212342_09584929.jpg

18
b0212342_09590078.jpg

19
b0212342_09590972.jpg

20
b0212342_09591944.jpg

21
b0212342_09595960.jpg

22
b0212342_16281661.jpg


22〜29 炊事場
22
b0212342_09522592.jpg

23
b0212342_09571563.jpg

24 ↓左側が炊事場、右側は本屋。
b0212342_10034411.jpg

25
b0212342_10041422.jpg

26
b0212342_16194033.jpg

27
b0212342_16193348.jpg

28
b0212342_16192671.jpg

29
b0212342_16194709.jpg


30〜36 仕舞部屋および便所・産部屋
30
b0212342_10002156.jpg

31
b0212342_10003164.jpg

32
b0212342_10004411.jpg

33
b0212342_10012837.jpg

34
b0212342_10013664.jpg

35
b0212342_10020196.jpg

↓ 産部屋の前から、廊下越しに本屋の縁側。
36
b0212342_10033327.jpg



37〜39 離座敷
↓ 左側が離座敷、右側は風呂場・便所。
37
b0212342_10001177.jpg

38
b0212342_10020914.jpg

39
b0212342_10031456.jpg


40〜42 風呂場・便所
40
b0212342_10032466.jpg

41
b0212342_16273680.jpg

42
b0212342_16290800.jpg

43 ↓ 離部屋
b0212342_09565181.jpg


44〜48 釜場
44
b0212342_09494012.jpg

45
b0212342_09495311.jpg

46
b0212342_09500480.jpg

47
b0212342_09504089.jpg

48
b0212342_09505742.jpg


49〜50 出店倉
49
b0212342_16303557.jpg

50 ↓ 左側が出店倉、右側が釜場。
b0212342_09520349.jpg


51〜54 土蔵
51
b0212342_09511097.jpg

52
b0212342_09512013.jpg

53
b0212342_09523669.jpg

54 ↓ 炊事場の窓から中庭。向こうに見えるのは土蔵。
b0212342_16293085.jpg

55〜65 文化財ではないが、蝋搾り小屋
55
b0212342_09521575.jpg

56
b0212342_09532723.jpg

57
b0212342_09533608.jpg

58
b0212342_09534683.jpg

59
b0212342_09535463.jpg

60
b0212342_09544007.jpg

61
b0212342_09545190.jpg

62
b0212342_09550153.jpg

63
b0212342_09551683.jpg

↓ 蝋搾り小屋から、土蔵、主屋、炊事場。
64
b0212342_09552784.jpg

65
b0212342_09563824.jpg


66
b0212342_09573669.jpg

67
b0212342_16283646.jpg

68
b0212342_10014860.jpg

69
b0212342_08435758.jpg

70
b0212342_08442772.jpg

71
b0212342_08445619.jpg

72
b0212342_08452678.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-07-18 09:02 | 愛媛 | Comments(0)

サイトマップ愛媛県 近代文化遺産リスト > 上芳我家住宅


アクセス(行き方)

見学のしかた

上芳我家って、どんな家?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布マップ


b0212342_06535945.jpg



アクセス


見学用マーカー付き Google Map


● 駅から徒歩
JR内子駅から、徒歩約18分(1.3km)。
2017.3 松山からの特急は、1時間に1本。乗車時間25分、特急料金込み 1,280円。

このほか、東京、大阪、松山空港から内子町まで、高速バスが運行されている。詳しくは内子町観光公式サイトへ。

内子町内には内子町営の定期路線バスが1系統のみ運行されており、JR内子駅にもバス停がある。でも、町の公式サイトには時刻表や運賃の表示はあるものの路線地図はなく、どこにバス停があるかは部外者にはわからない。あくまでも地元の人々の生活の足であり、観光客にはできれば使って欲しくないというメッセージなのかもしれない。JR内子駅のバス停を見つけて、1〜2時間に1本のバスが運よく停まって入れば、運転手さんに行きたい場所を告げ、近くの停留所を教えてもらってもいいかもしれない。


● 駐車場
b0212342_09194605.jpg
施設付属駐車場はない。

内子町の観光用に「内子座・町並駐車場」がある。

1日300円。8:30〜17:00。50台くらい。

駐車場の場所はこちらの地図を参照。
ちなみに、いつもリンクを使わせてもらっている NAVITIME には登録されていなかった。





見学のしかた


上芳我家住宅の開館時間、入館料、休館日は、内子町観光公式サイトへ。
2017.3 9:00〜16:30 500円 定休日なし、年末年始休み。





建物の説明


上芳我家住宅(かみはがけ じゅうたく)は、国内最大規模の製蝋(せいろう)業者だった本芳我家(ほんはがけ)の筆頭分家の屋敷です。
主屋(しゅおく)、炊事場、仕舞部屋(しまいべや)および便所・産部屋、離座敷、風呂場・便所、釜場、出店倉(でみせぐら)、物置、土蔵、離部屋といった、住居部分と木蝋生産関係部分の合わせて10棟が残っています。
主屋は木蝋生産の最盛期であった明治27年(1894年)に建てられ、その他の建物についても主屋とほぼ同じ時期の明治30年代には完成していたと思われます。最も古いのは出店倉で、これは本家から分家した1861年ごろのものだと考えられます。
かみはがけじゅうたくは各建物の質が良く、敷地も当時の面影をよく残していることから、地場産業と豪商の住宅の関わりを示す店で貴重な遺構です。
これらの点が評価され、平成2年(1990年)に国の重要文化財に指定され、平成20年(2009年)から3年をかけて、耐震補強を含めた保存修理工事が行われています。 ←現地案内看板
b0212342_17220064.jpg






管理人のおすすめポイント

b0212342_09062743.jpg
上芳我家住宅周辺は、四国で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、江戸時代末期〜明治時代の商家の街並みが残されています。600mほどの道の両側には、国の重要文化財に指定された建物が他に3棟あり、それ以外にも住宅や商店はほとんどが当時の面影を残す佇まいとなっています。景観を乱すような建物や看板はほとんどなく、これほどの保存・再現性が確保されているのは、ヨーロッパの世界遺産並みといっても過言ではないかと。そのくらい感動しました。ぜひ散策してみてください。

町並みの様子は、内子町街角スナップのページへ。

b0212342_17185951.jpg
また上芳我家住宅自体も、邸内には情報コーナーや喫茶コーナーがあり、ガイド案内による見学ができます。木蝋資料館としても整備されていて、単にガラスケースに入った資料を見るだけではなく、文化財に指定されている建物の中で、当時使われていた道具のレプリカなどを使って、木蝋生産の過程などがわかりやすく解説されており、その点でもオススメです。



by h9w457y8i | 2017-07-16 09:15 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ > 愛媛県 江戸時代以前の文化財


国宝

国指定重要文化財

文化財分布マップ

ページ内の解説は主に愛媛県教育委員会による。


b0212342_17293783.jpg
国指定重要文化財 大村家住宅


国宝


石手寺二王門
いしてじ におうもん
鎌倉時代末期、1318年建立。全体の均整がよく整い、全国の楼門の中でも屈指の名作とされる。

大宝寺本堂
たいほうじ ほんどう
鎌倉時代初期の建立。愛媛県内最古の木造建築として貴重。

太山寺本堂
たいさんじ ほんどう
鎌倉時代、1305年の建立と考えられる。当時の密教本堂としては珍しい構造になっており、鎌倉時代の力強い作風を示す代表作。






国指定重要文化財 (編集中)


医王寺本堂内厨子
いおうじ ほんどうない ずし
室町時代後期、1534年に造られた。本尊を入れる厨子。一般公開。

伊佐爾波神社
いさにわじんじゃ
本殿、申殿(もうしどの)及び廊下、楼門、廻廊
江戸時代中期、1667年の建立。大型神社建築。

宇和島城天守
うわじまじょう てんしゅ
三重三階の天守。江戸時代中期、1665年竣工。

b0212342_05415243.jpg
大村家住宅
おおむらけ じゅうたく
内部は非公開。

亀井八幡神社宝篋印塔
かめいはちまんじんじゃ ほうきょういんとう
鎌倉時代後期の石塔。一般公開。

旧山中家住宅
きゅう やまなかけ じゅうたく
幅15m、茅葺の農家。江戸時代中期の竣工。一般公開。

太山寺二王門
たいさんじ におうもん


by h9w457y8i | 2017-07-15 05:59 | 愛媛 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。