<   2017年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

サイトマップ福島県 近代文化遺産リスト > 旧高松宮翁島別邸

アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布マップ

b0212342_19455553.jpg



アクセス 


バス、駅から徒歩で来る場合は、近所にある国指定重要文化財「天鏡閣」紹介ページの「アクセス」を参照。
天鏡閣と旧高松宮翁島別邸の位置関係やバス停の位置などは、こちらの地図を参照。

バスはJR磐越西線の猪苗代駅から出ているが、磐越西線の列車は1〜2時間に1本、バスに至っては1日に4本しかない。また最寄駅のJR翁島(おきなしま)駅からは徒歩で約1時間10分(5.6km)ほどかかる。なので、あまり現実的ではない。
管理人は翁島駅から現地まで歩いてみたが、ほぼ平坦な道のりで、比較的広い歩道も整備されていたので、運動がてら気が向いたら、片道徒歩、片道バス、というのもいいかもしれない。


駐車場
b0212342_20175502.jpg
そんなわけで、アクセスはクルマを使うのが現実的。
門の前に、施設付属無料駐車場あり。
3台ほどのスペース。
b0212342_20213668.jpg
旧高松宮翁島別邸 駐車場入口。
ここの位置、そして下の天鏡閣見学用駐車場の位置は、こちらの地図を参照。「旧高松宮翁島別邸」の看板あり。
b0212342_20201952.jpg
門の前の駐車場が満車だったら、こちらの天鏡閣見学者用無料駐車場も使える。
迎賓館の門まで、約500m。






見学のしかた 


公開日が限られている。
庭園:5〜10月 9:00〜16:00、 11〜4月 非公開
建物内部:5〜10月の、毎月10日間ほど。10:00から2時間のガイド付き有料見学会に参加すること。要予約。定員1日1回30名。
休館日:火曜日、および11〜4月。
詳細は福島県迎賓館公式サイトを参照。






建物の説明 


旧高松宮翁島別邸(きゅうたかまつのみや おきなしま べってい。以下「別邸」という)は、大正天皇第三皇子・高松宮宣仁親王殿下が、有栖川宮威仁親王妃慰子殿下の御保養のために、大正11年(1922年)に建設されたものです。
当時、既に天鏡閣(明治41年建設)はあったものの、高松宮宣仁親王殿下は御還暦前の慰子妃殿下を気遣われ、自然の景観を庭園に見立てた純日本風のたたずまいを有する別邸を1年余りの歳月をかけて完成させました。
慰子妃殿下は、完成した別邸で、大正11年の避暑期間を御静養されました。その後は、天鏡閣と共に離れの日本間として、昭和天皇・今上天皇をはじめ多くの皇族を迎え入れ、皇室歴史に深く関わり現在に至っています。
また、旧高松宮翁島別邸は、洋風建築別邸の(天鏡閣〉と共に、昭和27年12月、高松宮殿下より福島県に御下賜され、福島県迎賓館として今日に至っています。
建物の建築構造は入念にして堅実、その意匠は洗練され、建築史的・文化史的にも貴重なものであることから、平成11年(1999年)5月、居間棟、玄関棟、台所棟の3棟が国の重要文化財に指定されました。古い伝統的和風住宅の様式に準拠して建てられた皇族別邸として、全国的にも珍しい遺構であり、福島県では保存・保護を図りながら、貴重な文化遺産を継承していくため、庭園を公開しています。さらに、国の文化財としての価値を紹介するため、期間限定で特別公開を実施しています。





管理人のおすすめポイント 


管理人が訪れたのは、長い冬の非公開時期が終わった直後、庭園の公開が始まり、建物内部の見学ツアーが始まる直前でした。そのせいなのか、建物周辺は人の気配がなく、雨戸が固く閉じられた外観は、何か寂しい雰囲気に包まれていました。デザイン的に目を引くところも、逆に長い年月風雪に耐えてきた侘び寂びを感じる、ということもありませんでした。うーん... 内部は一転、目をひくものがあるのかもしれません。あと、公式ホームページには、紅葉が美しい庭園の画像が掲載されていますので、庭園は紅葉の時期がいいのかもしれません。

b0212342_20563566.jpg

b0212342_20580574.jpg



by h9w457y8i | 2017-05-28 05:44 | 福島 | Comments(0)

サイトマップ福島県 近代文化遺産リスト天鏡閣 アクセス・見学のしかた > フォトギャラリー

1
b0212342_16392006.jpg

2
b0212342_16400113.jpg

3
b0212342_16401559.jpg

4
b0212342_16402793.jpg

5
b0212342_16403865.jpg

6
b0212342_16411313.jpg

7
b0212342_16412408.jpg

8
b0212342_16413499.jpg

9 ↓ 猪苗代湖は標高が高く、5月に訪問したとき、桜が満開だった。
b0212342_16425140.jpg

10
b0212342_16430215.jpg

11
b0212342_16431323.jpg

12
b0212342_16432343.jpg

13
b0212342_16441325.jpg

14
b0212342_16442457.jpg

15
b0212342_16443443.jpg

16
b0212342_16444559.jpg

17
b0212342_16445661.jpg

18
b0212342_16450829.jpg

19
b0212342_16454857.jpg

20
b0212342_16455959.jpg

21
b0212342_16460942.jpg

22
b0212342_16462094.jpg

23
b0212342_16463039.jpg

24
b0212342_16471140.jpg

25
b0212342_16472296.jpg

26
b0212342_16473753.jpg

27
b0212342_16474940.jpg

28
b0212342_16475900.jpg

29
b0212342_16483376.jpg

30
b0212342_16484565.jpg

31
b0212342_16485423.jpg

32
b0212342_16490554.jpg

33
b0212342_16491539.jpg

34
b0212342_16495443.jpg

35
b0212342_16500454.jpg

36
b0212342_16501930.jpg

37
b0212342_16503823.jpg

38
b0212342_16502981.jpg

39
b0212342_16511842.jpg

40
b0212342_16514454.jpg

41
b0212342_16515679.jpg

42
b0212342_16520730.jpg

43
b0212342_16521751.jpg

44
b0212342_16522632.jpg

45
b0212342_16530478.jpg

46
b0212342_16531552.jpg

47
b0212342_16532659.jpg

48
b0212342_16533749.jpg

49
b0212342_16534683.jpg

50
b0212342_16542073.jpg

51
b0212342_16543051.jpg

52
b0212342_16544233.jpg

53
b0212342_16545119.jpg

54
b0212342_16552113.jpg

55
b0212342_16553198.jpg

56
b0212342_16554193.jpg

57
b0212342_16555055.jpg

58
b0212342_16560132.jpg

59
b0212342_16563989.jpg

60
b0212342_16564980.jpg

61
b0212342_16565820.jpg

62
b0212342_16570938.jpg

63
b0212342_16573073.jpg

64
b0212342_16583057.jpg

65
b0212342_16590032.jpg

66
b0212342_16593088.jpg

67
b0212342_17000017.jpg

68
b0212342_17034680.jpg

69 ↓ 正門
b0212342_17043893.jpg

70
b0212342_17045435.jpg

71
b0212342_17050515.jpg

72
b0212342_17051641.jpg

73 ↓ 従業員用の別館。
b0212342_17084616.jpg

74
b0212342_17081306.jpg

75
b0212342_17082381.jpg

76
b0212342_17083452.jpg

77
b0212342_17120164.jpg

78
b0212342_17100197.jpg

79
b0212342_17101693.jpg

80
b0212342_17103769.jpg



by h9w457y8i | 2017-05-26 07:31 | 福島 | Comments(0)

サイトマップ福島県 近代文化遺産リスト > 天鏡閣

アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_09375626.jpg



アクセス 


天鏡閣見学用マーカー付き Google Map


駐車場
b0212342_10003469.jpg
施設付属無料駐車場あり。

収容台数約40台。

駐車場入口はこちらの地図を参照。


バス
b0212342_10040998.jpg
JR猪苗代駅から、磐梯東都バス「会津レクリエーション公園」行きバスに乗車。「長浜」停留所下車。「長浜」バス停から徒歩約9分(600m)。

← JR猪苗代駅 バス停。
駅舎を出て左側。一つしかないのですぐにわかる。

時刻表、運賃は磐梯東都バス公式サイトを参照。

長浜バス停の位置はこちらの地図を参照。

2017.5
平日は1日5本、土・日・祝日は1日3本しかない。
所要時間約10分。運賃450円。


駅から徒歩
b0212342_10135820.jpg
JR翁島駅(おきなしまえき)から徒歩約1時間10分(5.0km)。

← 翁島駅舎。

b0212342_10201558.jpg
翁島駅は無人駅。

無人駅から乗車し、無人駅で降車する場合で、乗車した列車が運転手しか乗務員がいない2両編成のワンマン列車の場合、特殊な降車方法が決められている。
降車する際は、前方車両の最前部ドアから。乗車時にすでに運賃を払っていれば、きっぷを運転席後ろの運賃箱に入れる。
あるいは、運転席後ろの運賃表で運賃を確かめ、運転席後ろの運賃箱に乗車証明書と運賃を入れる。
交通系ICカードを使って他の駅から乗車してきた場合は運賃の精算ができないので、乗車前に翁島駅までの乗車券を購入しておく。






見学のしかた 


特記事項なし。
開館時間、入館料、休館日などについては天鏡閣公式サイトを参照。

2017.5
開館時間 5〜10月 8:30〜17:00、11〜4月 9:00〜16:30
入館料 大人一人 360円
休館日 なし

b0212342_16050062.jpg
庭園ではカレーやコロッケなどの軽食が食べられる。
また、館内ではケーキと飲み物のセットも楽しめる。





建物の説明 


明治40年(1907年)8月、有栖川宮威仁親王殿下(ありすがわのみや たけひと しんのうでんか。有栖川宮家は江戸時代から大正時代にかけて存在した皇族。第二代親王は天皇となったが、その後大正12年に11代をもって断絶している)が東北地方を御旅行中、猪苗代湖畔を巡遊され、その風光の美しさを賞せられてこの地に御別邸を建設することを決定されました。明治41年(1908年)8月竣工。翌9月、皇太子嘉仁親王殿下(大正天皇)の行啓が有り、同御別邸を「天鏡閣」と命名されました。これは李白(りはく)の句「明湖落天鏡」に由来しています。昭和27年12月、高松宮宣仁親王殿下より福島県に御下賜されました。福島県は、以後天鏡閣を会議、講習会等に利用したが、建物の老朽化により、昭和46年4月より使用を中止しました。
昭和54年(1979年)2月、天鏡閣本館、別館、表門が国の重要文化財に指定されました。昭和57年9月、修復工事が完成し、昭和59年7月には、有栖川宮威仁親王銅像が東京築地から移設再建されました。後に、昭和天皇・皇后両陛下、徳仁(なるひと)親王(皇太子)殿下が御来県の際に天鏡閣を御視察されました。





管理人のおすすめポイント 


福島県内では珍しい大型の木造洋風住宅。猪苗代湖を望む高台に建てられていて、保存状態も良く、猪苗代湖や会津若松への観光がてら、ぶらりと寄って大正ロマンを感じることができます。敷地内で売られている名物のコロッケやカレーは評判のようで、多くの人が食べていました。(管理人は訪問時お腹がいっぱいだったので食べられなかったのが残念ですが)

b0212342_17020301.jpg
また、館内では明治時代風のドレスを試着し、写真撮影を楽しむこともできます。520円と驚きの安さです。


by h9w457y8i | 2017-05-24 08:16 | 福島 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財 > 根来寺境内
1
b0212342_09400726.jpg

2
b0212342_09401244.jpg

3
b0212342_09401864.jpg

4
b0212342_09402441.jpg

5
b0212342_09405167.jpg

6
b0212342_09405679.jpg

7
b0212342_09410019.jpg

8
b0212342_09410685.jpg

9
b0212342_09411003.jpg

10
b0212342_09414524.jpg

11
b0212342_09415025.jpg

12
b0212342_09415780.jpg

13
b0212342_09420824.jpg

14
b0212342_09424107.jpg

15
b0212342_09430872.jpg

16
b0212342_09431482.jpg

17
b0212342_09432157.jpg

18
b0212342_09433568.jpg

19
b0212342_09434128.jpg

20
b0212342_09443371.jpg

21
b0212342_09443806.jpg

22
b0212342_09444266.jpg

23 ↓ 最寄駅のJR和歌山線、岩出駅
b0212342_09445061.jpg


 和歌山県の最北、大阪府との境界には和泉山脈が横たわっており、根来寺(ねごろじ)はその一峰、一乗山の南麓と南側の前山と称される独立山塊状の山に挟まれた狭小な平地部と谷筋に立地する。かつての境内地の主要範囲は、東は菩薩峠、西は大門池東側の細尾根、南は東西に衝立のように延びる前山、北は和泉山脈南麓の北山であり、東西・南北とも約2kmに及ぶ。このなかに菩提川・大谷川・蓮華谷川などに形成された谷が入り組んでいる。
根来寺は一乗院大伝法院と号する新義真言宗の本山である。その淵源は大治5年(1130年)に覚鑁上人が高野山に大伝法院と密厳院を創建し、みずから大伝法院の座主となったことにはじまる。高野山中における金剛峰寺方と大伝法院方の対立により、正応元年(1288年)、頼瑜のとき根来に移転し、新義真言宗が成立した。室町時代には伝法堂院や大塔(国宝)が造営され、戦国時代にかけて大きく発展した。山内には円明寺などの塔頭子院が多数存在し、山内の坊舎2700余りとも伝えられ、大きな勢力をなしていた。この時期に紀北地方や泉南地方の小領主地侍層の子弟が根来の山内に入って、根来衆という僧兵集団となり強力な軍事力を構成した。こうしたなかで、天正13年(1585年)3月23日、豊臣秀吉の紀州攻めにあって、その多くが焼亡した。江戸時代に入り和歌山藩主の浅野家が復興し、大伝法堂・大門が再建され今日至る。
旧境内地の発掘調査は昭和51年(1976年)の広域農道建設を契機に始まった。このとき中世・近世の寺院遺構と焼き討ちに伴う焼土層が確認され、和歌山県と岩出市の教育委員会等により、これまで各所で継続的に行われ、大きな成果が上げられている。それによれば、15世紀から16世紀の段階に遺構の分布が急速に広がり、寺院が拡大していった様子がわかる。子院は斜面を造成して石垣などを配して平坦地をつくり、仏堂や住坊、倉庫・井戸・便所などを備えているのが一般的である。湯屋も確認されている。「根来寺伽藍古絵図」は作成年代が不明であるが、遺跡の状況と合致するところがあり、最盛期の様相を伝えるものと推定される。
発掘調査の出土品には多様なものが豊富にある。食膳具・煮炊具・調理具などの日常用品のほか、仏具、鉄砲玉・槍などの武器、筆・硯などの文具、お茶道具や茶臼などがある。焼き物は備前・瀬戸美濃・瓦器・土師器などの国産品のほか、中国・朝鮮・タイ・ベトナムなどで生産されたものがある。出土品は強く火を受けていたものが多く、焼き討ちの状況を如実に示す。
このように根来寺は中世に一大勢力をなした寺院の在り方をよく示し、多数の遺構を包蔵した往時の広大な境内地の全域が良好な状態で保存されている。また、現在まで法灯が継がれており、建造物や仏像などの多様な文化財が現境内地に残されている。中世における寺院の成立と展開、政治・経済等との関連等を具体的に知ることができる貴重な事例である。よって、史跡に指定し、保護を図ろうとするものである。
文化庁国指定文化財等データベース

根来寺へのアクセス

国宝 多宝塔(大塔) フォトギャラリー

重要文化財 大師堂 フォトギャラリー


by h9w457y8i | 2017-05-23 18:09 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財 > 根来寺大師堂

大師堂(だいしどう)は、真言宗を開宗した弘法大師・空海像を本尊として祀っている。明徳2年(1391年)建立。豊臣秀吉による焼打ちの戦火から免れ、昭和16年(1941年)、重要文化財に指定された。

1
b0212342_09240661.jpg

2
b0212342_09241048.jpg

3
b0212342_09241782.jpg

4
b0212342_09242334.jpg

5
b0212342_09242893.jpg

6
b0212342_09250597.jpg

7
b0212342_09251102.jpg

8
b0212342_09251688.jpg

9
b0212342_09252168.jpg

10
b0212342_09252558.jpg

11
b0212342_09255470.jpg

12
b0212342_09255846.jpg

13
b0212342_09260547.jpg

14
b0212342_09264695.jpg


文化財分布マップ(編集中)


by h9w457y8i | 2017-05-22 16:23 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財リスト > 根来寺 多宝塔

根来寺(ねごろじ)は、室町時代後期の最盛期には数万人の僧侶が暮らす一大宗教都市の中心であった。1万人を超える武装した僧侶を抱え、鉄砲隊も存在したほど。豊臣秀吉と対立し、天正13年(1585年)に焼き討ちにあう。
真言密教の教義を形の上で示したとされる多宝塔(たほうとう)は、天文16年(1547年)建立。豊臣秀吉の紀州征伐の焼打ちから残ったものだが、その頃の戦乱の弾痕がはっきりとみられる(とありますが、管理人は見つけられませんでした)。高さは約40m、横幅は約15mあり、日本最大の木造多宝塔。国内で唯一、普段から内部が見学できる多宝塔でもある。明治32年(1899年)に国宝に指定された。←根来寺公式サイト

根来寺へのアクセス

1
b0212342_06523836.jpg

2
b0212342_06534041.jpg

3
b0212342_06540514.jpg

4
b0212342_06551320.jpg

5
b0212342_08561224.jpg

6
b0212342_08561824.jpg

7
b0212342_08562349.jpg

8
b0212342_08565203.jpg

9
b0212342_08565800.jpg

10
b0212342_08570407.jpg

11
b0212342_08571088.jpg

12
b0212342_08571508.jpg

13
b0212342_08574537.jpg

14
b0212342_08575065.jpg

15
b0212342_08575599.jpg

16
b0212342_08580125.jpg

17
b0212342_08580684.jpg

18
b0212342_08592179.jpg

19
b0212342_08592777.jpg

20
b0212342_08593153.jpg

21
b0212342_09000041.jpg

22
b0212342_09001115.jpg

23
b0212342_09001611.jpg

24
b0212342_09005956.jpg

25
b0212342_09011128.jpg

26
b0212342_09012054.jpg

27
b0212342_09012595.jpg

28
b0212342_09013073.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-05-20 07:05 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財リスト > 根来寺

b0212342_14342834.jpg


最寄駅から徒歩
最寄駅はJR和歌山線の岩出駅。(いわで)
徒歩約1時間(4.5km)。


バス
下記のバス停の位置は、こちらの見学用Google Mapを参照。

行き方 1
JR阪和線 和泉砂川駅(いずみすなかわ)東口を出て徒歩1分の、和歌山那賀バス「砂川駅前」バス停から、岩出駅方面行きに乗車。
時刻表、運賃は和歌山バス公式サイトを参照。
2017.5 乗車時間16分、460円。1〜2時間に1本。全国共通交通系ICカードは使用不可。現金の両替は1000円札か硬貨のみ。
「根来寺」(ねごろでら)バス停、あるいは「岩出図書館」(いわでとしょかん)下車。(バスは根来寺バス停か岩出図書館バス停のどちらかを経由する)
「根来寺」バス停から根来寺入口まで徒歩1分。
「岩出図書館」バス停から根来寺入口まで徒歩8分。

b0212342_23263005.jpg
岩出図書館バス停。道路上ではなく、図書館の駐車場内にある。


行き方 2
JR和歌山線 岩出駅(いわで)を出て徒歩1分、和歌山那賀バス「岩出駅前」バス停から、樽井駅前行きバスに乗車。
2017.5 乗車時間22分、400円。1〜2時間に1本。
「根来寺」、あるいは「岩出図書館」バス停下車。
バスに関する情報は、JR和泉砂川駅からの乗り方を参照。
b0212342_23365012.jpg
JR岩出駅。
b0212342_23354765.jpg
JR岩出駅前バス停。


駐車場
b0212342_23381990.jpg
施設付属無料駐車場。
駐車場の入り口はこちらの地図を参照。



拝観時間、拝観料などの情報は、根来寺公式ホームページを参照。

国宝 多宝塔(大塔) フォトギャラリー

重要文化財 大師堂 フォトギャラリー


by h9w457y8i | 2017-05-18 14:36 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ > 和歌山県 江戸時代以前の文化財リスト

国宝

国指定重要文化財

国指定史跡


b0212342_13061562.jpg
国宝 根来寺多宝塔(大塔)


国宝 


金剛三昧院多宝塔
こんごうさんまいいん たほうとう
高野山内。鎌倉時代前期の貞応2年(1223年)建立。檜皮葺。

金剛峯寺不動堂
こんごうぶじ ふどうどう
高野山内。鎌倉時代前期の建立。

善福院釈迦堂
ぜんぷくいん しゃかどう
鎌倉時代後期の嘉暦2年(1327年)建立。

長保寺
ちょうほうじ
大門、多宝塔、本堂
鎌倉時代後期建立。

b0212342_15495558.jpg
根来寺多宝塔(大塔)
ねごろじ たほうとう(だいとう)
室町時代後期建立。全国で唯一、内部が公開されている多宝塔。←現地案内看板





国指定重要文化財 

編集中。61までok

安楽寺多宝小塔
あんらくじ たほうしょうとう

上杉謙信霊屋
うえすぎけんしん たまや

雨錫寺阿弥陀堂
うじゃくじ あみだどう

加太春日神社本殿
かだかすがじんじゃ ほんでん

吉祥寺薬師堂
きちじょうじ やくしどう

旧谷山家住宅
きゅう たにやまけ じゅうたく

旧中筋家住宅
きゅう なかすじけ じゅうたく
内蔵、御成門、表門、北蔵、主屋、長屋蔵

旧名手本陣妹背家住宅
きゅう なかてほんじん いもせけ じゅうたく
米蔵、主屋、南蔵

旧柳川家住宅
きゅう やながわけ じゅうたく
主屋、前蔵

熊野那智大社
くまのなちたいしゃ
第一殿(滝宮)、第二殿(証誠殿)、第三殿(中御前)、第四殿(西御前)、第五殿(若宮)、第六殿(八社殿)、御県彦社、鈴門及び瑞垣

熊野本宮大社
くまのほんぐうたいしゃ
第一殿・第二殿(西御前・中御前)、第三殿(証誠殿)、第四殿(若一王子)

護国院
ごこくいん
鐘楼、多宝塔、楼門

金剛三昧院
こんごうさんまいいん
客殿および台所、経蔵、四所明神社本殿(ししょみょうじんじゃほんでん)
高野山内。

金剛峰寺
こんごうぶじ
奥院経蔵、山王院本殿、大門、徳川家霊台(とくがわけれいだい)
高野山内。

佐竹義重霊屋
さたけしげよし たまや
高野山内。

三郷八幡神社本殿
さんごうはちまんじんじゃ ほんでん

地蔵峰寺本堂
じぞうぶじ ほんどう

慈尊院弥勒堂
じそんいん みろくどう

十三神社
じゅうさんじんじゃ
本殿、摂社丹生神社本殿(せっしゃにうじんじゃほんでん)、摂社八幡神社本殿

浄妙寺
じょうみょうじ
多宝塔、本堂

善福院釈迦堂
ぜんぷくいん しゃかどう

長保寺鎮守堂
ちょうほうじ ちんじゅどう

長樂寺仏殿
ちょうらくじ ぶつでん

天満神社
てんまんじんじゃ
本殿、楼門、末社多賀神社本殿、末社天照皇太神宮豊受大神宮本殿

東照宮
とうしょうぐう
本殿、石の間、拝殿、唐門、東西瑞垣(東)、東西瑞垣(西)、楼門、東西廻廊(東)、東西廻廊(西)

道成寺
どうじょうじ
仁王門、本堂

那智山青岸渡寺
なちさんせいがんとじ
宝篋印塔、本堂

丹生官省符神社本殿
にうかんしょうふじんじゃ ほんでん
第一殿、第二殿、第三殿

丹生都比売神社
にうつひめじんじゃ
本殿1、本殿2、本殿3、門楼

b0212342_15531641.jpg
根来寺大師堂
ねごろじ だいしどう
室町時代前期の明徳2年(1391年)建立。

広八幡神社
ひろはちまんじんじゃ
拝殿、本殿、楼門、摂社高良社本殿、摂社天神社本殿、摂社若宮社本殿

増田家住宅
ますだけ じゅうたく
表門、主屋

松平秀康及び同母霊屋
まつだいらひでやす および どうははたまや

三船神社
みふねじんじゃ
本殿、摂社高野明神社本殿、摂社丹生明神社本殿(せっしゃ みうみょうじんじゃ ほんでん)





国指定史跡  (一部)


b0212342_16024076.jpg
根来寺庭園
ねごろじ ていえん


by h9w457y8i | 2017-05-16 08:16 | 和歌山 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。