<   2016年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


サイトマップ神奈川県 江戸時代以前の文化財

文化財分布マップ


国宝

国指定重要文化財

川崎市立日本民家園の国指定重要文化財 (7棟)

三渓園(横浜市)の国指定重要文化財 (10棟)

国指定史跡



国宝



b0212342_05373776.jpg 円覚寺舎利殿
 えんがくじ しゃりでん
 室町時代中期の建築。神奈川県内で唯一の国宝建造物。普段は非公開。正月の1月1〜3
 日、および11月上旬の数日間に特別公開される。特別公開時も内部は非公開。詳細は
 円覚寺に問い合わせ。
 map 35.33931, 139.54894







国指定重要文化財



b0212342_15505744.jpg 安養院宝篋印塔
 あんよういん ほうきょういんとう
 鎌倉最古の石塔。
 map  35.31440, 139.55525

石井家住宅(津久井郡藤野町)
いしいけじゅうたく
江戸中期の民家。昭和12年(1937年)に茅葺から鉄板葺に変更。現住のため見学は要予約。詳細は石井家住宅ホームページへ。

b0212342_15513162.jpg
英勝寺
えいしょうじ
仏殿(画像)、山門、鐘楼、祠堂、祠堂門

b0212342_15515348.jpg
荏柄天神社本殿
えがらてんじんじゃ ほんでん
鎌倉時代後期、1316年建立。外観は自由に見学できる。

覚園寺
かくおんじ
開山塔、大燈塔
鎌倉時代、1332年建立の宝篋印塔(石塔の一種)。拝観はガイドツアー方式。1日に5〜6回。敷地内での写真撮影禁止。詳細は覚園寺公式ホームページを参照。

旧石井家住宅(鎌倉市)
きゅう いしいけ じゅうたく
江戸時代中期の茅葺き古民家。一般公開。

旧一条恵観山荘
きゅう いちじょうえかん さんそう
江戸時代前期に京都に建てられた茅葺の山荘。昭和に入ってから鎌倉に移された。一般公開。見学については一条恵観山荘公式HPへ。

建長寺
けんちょうじ
仏殿、昭堂、法堂、唐門、山門、大覚禅師塔

b0212342_15522211.jpg
光明寺本堂
こうみょうじ ほんどう
江戸時代中期の建立。鎌倉にある仏殿の中では最大規模。

光明寺本堂内厨子
こうみょうじ ほんどうない ずし

極楽寺
ごくらくじ
忍性塔(にんしょうとう)、五輪塔
奥の院の墓地にある石塔。忍性塔は高さ357cm、五輪塔は高さ193cm。双方非公開。

五輪塔(逗子市)
ごりんとう

五輪塔(箱根町)
ごりんとう
鎌倉時代に建立された高さ約2.5mの3基の石塔。曽我兄弟(十郎祐成および五郎時致)、および十郎祐成の妾「虎御前」の墓とされる。国道1号線旧道沿いにあり、常時見学可能。

b0212342_15555216.jpg
浄光明寺五輪塔
じょうこうみょうじ ごりんとう
鎌倉時代後期に建てられた高さ3mほどの巨大な石塔。覚賢という僧侶の墓とされる。普段は非公開。毎年4月、第二日曜日から第三日曜日までの一週間に開催される鎌倉まつりの期間中のみ特別公開される。

b0212342_15594282.jpg
関家住宅
せきけじゅうたく
主屋、書院、表門
住居として使用されており、普段は非公開。不定期で特別公開あり。詳細は横浜市教育委員会公式サイト参照。

b0212342_16024141.jpg
鶴岡八幡宮
つるがおかはちまんぐう
上宮、摂社若宮、大鳥居(一の鳥居)、末社丸山稲荷社本殿

宝篋印塔(箱根町)
ほうきょういんとう
鎌倉時代後期建立の、高さ3m近くある巨大な石塔。多田満仲の墓とされる。国道1号線旧道沿いにあり、見学自由。

宝城坊
ほうじょうぼう
本堂、旧本堂内厨子





川崎市立日本民家園の重要文化財


川崎市立日本民家園 公式ホームページ

b0212342_15474382.jpg
旧伊藤家住宅
きゅう いとうけ じゅうたく

b0212342_11482510.jpg
旧江向家住宅
きゅう えむかいけ じゅうたく
江戸時代中期の建築。

b0212342_15481711.jpg
旧太田家住宅
きゅう おおたけ じゅうたく
主屋、土間
江戸中期の藁葺の古民家。

b0212342_15484531.jpg
旧北村家住宅
きゅう きたむらけ じゅうたく
江戸時代。

b0212342_15491597.jpg
旧工藤家住宅
きゅう くどうけ じゅうたく

b0212342_15495219.jpg
旧作田家住宅
きゅう さくたけ じゅうたく
主屋、土間

b0212342_15502141.jpg
旧佐々木家住宅
きゅう ささきけ じゅうたく






三渓園の重要文化財


国指定名勝・横浜三渓園 公式ホームページ

三渓園内でのスナップ写真 2017.1

b0212342_15411284.jpg
旧天瑞寺寿塔覆堂
きゅう てんずいじ じゅとうおおいどう
豊臣秀吉が母のために建てた寿塔(生前に長寿を祝って建てる建物。現在は京都の大徳寺にある)を覆うための建物。桃山時代の1591年に建立。もとは京都にあったものを明治35年(1905年)にこの場所に移築。内部非公開。

b0212342_15415995.jpg
旧東慶寺仏殿
きゅう とうけいじ ぶつでん
室町時代、1509年に建てられた仏殿。鎌倉の東慶寺内にあった。東慶寺は1285年に建てられた寺で、駆け込み寺、縁切り寺として有名だった。明治40年(1910年)に移築。内部非公開。

b0212342_15424069.jpg
旧燈明寺三重塔
きゅう とうみょうじ さんじゅうのとう
燈明寺は京都府の南端、木津川市加茂町にあった寺。奈良時代に創られた古刹だったが、現在は廃寺となっている。三重塔は室町時代の建立と考えられ、関東地方に現存する塔の中では最古。大正3年(1914年)に移築。内部非公開。

b0212342_15432671.jpg
旧燈明寺本堂
きゅう とうみょうじ ほんどう
室町時代中期の建立とされる。昭和22年(1947年)の台風で大きな被害を受け、解体・保存されていたが、昭和62年(1987年)に三渓園内に再建された。内部も公開されている。内装はいたってシンプル。
燈明寺については上の「旧燈明寺三重塔」を参照。

b0212342_15435267.jpg
旧矢箆原家住宅
きゅう やのはらけ じゅうたく
もとは岐阜県の白川郷にあった合掌造りの農村家屋。飛騨三長者のうちの一家と言われた矢箆原家の主屋として、江戸中期に建てられた。昭和35年(1960年)に御母衣ダムの湖底に沈む運命だったのを、三渓園が矢箆原家から寄進を受けて移築。普通農家と格式ある書院造が合体した特徴ある構造となっている。内部公開。季節に応じた展示がある。

b0212342_15450126.jpg
月華殿
げっかでん
江戸時代初期(1603年)に、徳川家康が京都の伏見城内に諸大名の控え室として建立したと言われる。その後、京都府宇治市の三室戸寺に移され、更に大正7年(1918年)、三渓園内に移築された。

春草廬
しゅんそうろ
江戸時代。庭から内部を見ることができる。

b0212342_15454200.jpg
聴秋閣
ちょうしゅうかく
江戸時代初期(1623年)、徳川家光が京都に上洛する際、二条城内に造らせたと言われる。大正11年(1922年)に移築。庭から内部を見ることができる。

b0212342_15461620.jpg
天授院
てんじゅいん
江戸時代初期(1651年)、鎌倉の建長寺の場所にかつてあった心平寺に地蔵堂として建立。大正5年(1916年)に移築。内部非公開。

b0212342_15465141.jpg
臨春閣
りんしゅんかく
江戸時代初期(1649年)、徳川頼宣により和歌山県紀ノ川沿いに建てられた別荘。現在では数奇屋風書院造として、京都の桂離宮とともに中世別荘建築の双璧と言われている。大正6年(1917年)に移築。建物内には入れないが、庭から部屋の中を見ることができる。

三渓園の建物の解説は、現地案内看板を元にしています。





国指定史跡 (一部)



b0212342_15374951.jpg安養院境内
あんよういん けいだい
一般公開。拝観時間、拝観料については、鎌倉市公式サイト/安養院案内ページを参照。

b0212342_11234535.jpg円覚寺境内
えんがくじ けいだい
鎌倉時代中期(1282年)、幕府の執権北条時宗が元寇の戦没者追悼のために創建した寺院。一般公開。境内の奥には、神奈川県内で唯一の国宝建造物、舎利殿がある。
map 35.33774, 139.54798

b0212342_14452706.jpg亀ヶ谷坂
かめがやつざか
鎌倉時代、鎌倉に入るために造られた切通のうちの一つ。現在は生活道路。

b0212342_14441907.jpg極楽寺境内・忍性墓
ごくらくじ けいだい にんしょうのはか
鎌倉時代、13世紀中頃に忍性が開いた寺院。室町時代にかけて勢力のある寺だった。境内は一般公開。忍性墓は境内の北西角にあり、普段は非公開。4/8に特別公開される。境内は写真撮影禁止(←現地看板)。
map  35.31023, 139.52842

b0212342_17262813.jpg浄光明寺境内・冷泉為相墓
じょうみょうこうじ けいだい・れいぜいためすけのはか
鎌倉時代創建の古刹。一般公開。拝観時間、拝観料などは鎌倉市公式サイト/浄光明寺案内ページを参照。

b0212342_14432236.jpg名越切通
なこし きりどおし
鎌倉時代、鎌倉に入るために山を削って作られた切通のうちの一つ。現在はハイキングコースとなっている。

b0212342_14441464.jpg仏法寺跡
ぶっぽうじ あと
鎌倉時代から室町時代にかけて存在した有力寺院の遺構。地面に柱の跡などが残っているらしいが、現在は雑草が生い茂り冬でも地面を見ることはできない。接近は困難で、獣道をかき分けていく。
map  35.30699, 139.53147


by h9w457y8i | 2016-12-30 05:29 | 神奈川 | Comments(0)

サイトマップ神奈川県 近代文化遺産

文化財分布マップ


国指定重要文化財

国登録有形文化財(一部)
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行・わ

横浜市認定歴史的建造物(一部)




国指定重要文化財



b0212342_07581014.jpg 旧内田家住宅
 きゅう うちだけ じゅうたく
 明治43年(1910年)竣工。内部も含め一般公開。ランチメニューのあるカフェが併設
 されている。
 map 35.43661, 139.6434

b0212342_07585871.jpg旧横浜正金銀行本店本館
きゅう よこはま しょうきんぎんこう ほんてん ほんかん
現在は神奈川県立歴史博物館の一部。2018年4月まで、改装工事のため閉館。

b0212342_07592746.jpg旧横浜船渠株式会社 第一号船渠・第二号船渠
きゅう よこはま せんきょ かぶしきがいしゃ だいいちごうせんきょ・だいにごうせんきょ
屋外施設であり、常時見学可能。

国道一号箱根湯本道路施設
こくどういちごう はこねゆもと どうろしせつ
函嶺洞門(かんれいどうもん)、千歳橋、旭橋
鉄筋コンクリート造落石防止施設、および鉄筋コンクリート造アーチ橋。函嶺洞門はすぐそばを走る一般道から見ることができるが、2016.9現在立ち入り禁止。二つの橋はいずれも現役の道路施設として使用されている。(管理人メモ:歩かないから冬晴れの日、箱根石塔と共に) map

b0212342_07595127.jpg日本郵船氷川丸
にほんゆうせん ひかわまる
海上で保存されている船舶としては初の重要文化財指定。建造物ではなく歴史資料としての指定。一般公開。オープンデッキの公開は土・日・祝日。そのほか船内見学ツアー、特別公開などあり。詳細は日本郵船公式サイト参照。

福住旅館
ふくずみりょかん
萬翆楼(ばんすいろう)、金泉楼(きんせんりょう)
明治初期の竣工。瓦葺き、木造3階建の現役旅館。旅館建築としては初めて国の重要文化財に指定された。見学のみの訪問が可能かどうかは不明。福住旅館公式HP

b0212342_08001511.jpg横浜市開港記念会館
よこはまし かいこうきねんかいかん
普段は一部一般公開。毎月1回特別公開あり。






国登録有形文化財 (一部)



愛光商会吉浜寮
あいこうしょうかい よしはまりょう
木造3階建てのシンプルな洋館。現在は個人所有。普段は非公開。催し、見学については今田美奈子食卓芸術サロン事務局まで。
35.15091, 139.12289

伊藤屋旅館
いとうやりょかん
奥棟、本館、門柱および石垣

岩本楼ローマ風呂
いわもとろう ろーまぶろ
旅館の現役浴場。宿泊客にのみ公開。

遠藤家住宅
えんどうけ じゅうたく
衣装蔵、穀蔵、主屋

b0212342_07223177.jpg かいひん荘鎌倉洋館(旧村田家住宅洋館)
 かいひんそうかまくら ようかん
 大正13年(1924年)竣工。木造2階建、スレート葺の洋館。宿泊者以外は内部見学不
 可。
 map 35.31187, 139.54157

b0212342_08004699.jpg神奈川県庁本庁舎
かながわけんちょう ほんちょうしゃ
現役の県庁舎。玄関および廊下は見学可。みなとみらい線 日本大通り駅から徒歩1分。

金澤園
かなざわえん
昭和4年(1929年)築、木造二階建て、瓦葺きの料亭旅館建築。平成28年(2016年)に営業を終了、現在は「喜多屋旅館」と名を変え、新たな料亭旅館として営業中。建物見学のみが可能かどうかは不明。
35.34405, 139.63527

鎌倉国宝館本館
かまくらこくほうかん ほんかん
昭和3年(1928年)竣工。鉄筋コンクリート造2階建、瓦葺き、高床式校倉風の建造物。一般公開。館内の写真撮影は禁止(共用部分は?)。見学についての詳細は鎌倉国宝館HP参照。

b0212342_05150733.jpg 鎌倉市長谷子ども会館
 かまくらし はせ こどもかいかん
 蔵、洋館
 明治41年(1908年)竣工。住宅地の中にあり、外観は前面道路から見学できるが、内
 部は非公開。
 map 35.31408, 139.53785

b0212342_05103540.jpg 鎌倉文学館本館
 かまくらぶんがくかん ほんかん
 昭和11年(1936年)竣工。旧貴族の別荘建築。内部を含め一般公開。ただし館内の写
 真撮影は玄関などの共用部分を含め禁止(文学館に確認済み)。
 map 35.31552, 139.53889

b0212342_08021631.jpg 川崎河港水門
 かわさき かこう すいもん
 屋外の施設であり、常時接近、見学可能。
 map 35.53617, 139.71688

川島町旧配水計量室上屋
かわしまちょう きゅう はいすいけいりょうしつ うわや
煉瓦造平屋の水道施設とは思えない瀟洒な建物。西谷浄水場の近くにあり、ほぼ同時期の大正3年(1914年)竣工。同浄水場の登録文化財上屋と同様の造りをしている。

環山
かんざん
数奇屋風木造平屋建。

環翠楼
かんすいろう
別館、本館北棟、本館南棟、大正の間

観音坂堰堤
かんのんざか えんてい

桔梗屋
ききょうや
主屋、文庫蔵、店蔵

旧稲元屋呉服店
きゅう いなもとや ごふくてん
一番蔵、内蔵

b0212342_08024707.jpg
旧華頂家住宅主屋
きゅう かちょうけ じゅうたく しゅおく
普段は非公開だが、毎年春と秋にそれぞれ数日間特別公開される。詳細は鎌倉市公式サイト/旧華頂宮邸案内ページ参照。

旧木下家別邸
きゅう きのしたけ べってい
木造2階建洋風住宅。日本初の2x4住宅建築。洋風の雰囲気をよく残し、保存状態も良い。現在は「大磯迎賓館(レストラン)」として利用されている。
35.3110443, 139.31450665

旧後藤医院鵠沼分院
きゅう ごとういいん くげぬま ぶんいん
昭和8年(1933年)竣工。木造平屋建て、銅板葺き。2017年では藤沢市のコミュニティ施設「鵠沼橘市民の家」として活用されている。内部見学できるかどうかは不明。
35.33427, 139.48409

旧近藤邸
きゅう こんどうてい
大正14年(1925年)竣工。木造二階建、スレート葺のシンプルな洋風別荘建築。一般公開。詳細は藤沢市公式サイトへ。
35.33291, 139.48909

旧三觜八郎右衛門家住宅
きゅう みつはしはちろうえもんけ じゅうたく
主屋、門、石塀
主屋は明治11年(1878年)竣工。木造二階建、瓦葺きの和風住宅。水・土曜日の10:00〜15:00 一般公開。←藤沢市公式サイト
35.34516, 139.45771

旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホール
きゅう よこはまきょりゅうち れんがぞう げすいどう まんほーる
明治15年(1882年)前後に敷設された下水道管。陶器の管を煉瓦造りに改造したもの。日本人が計画したものとしては初の近代下水道施設遺構として貴重。管は外径3.2mの卵型をしている。ここ以外にも、横浜市内の各所に当時の下水道管が展示されている。
map

旧横浜ゴム平塚製造所記念館
きゅう よこはまごむ ひらつかせいじょうしょ きねんかん
洋風木造平屋建。小規模ながら明治期の洋館の雰囲気がよく出ている。現在はギャラリーやイベント、会議スペースとして一般公開。詳細は公式サイト参照。

旧脇村家住宅主屋
きゅう わきむらけ じゅうたく しゅおく
昭和9年(1934年)竣工。木造二階建て、瓦葺きの数寄屋風別荘建築。非公開。道路から外観の見学は可能。
35.28900, 139.57683

光明寺書院
こうみょうじ しょいん
明治33年(1900年)竣工の一般的な瓦葺き仏教建築。

古民家山十邸
こみんか やまじゅうてい
主屋、門
主屋は明治16年(1883年)竣工。桟瓦葺き平屋建て、幅23mの豪壮な農家建築。一般公開。見学についての詳細は愛川町公式サイトへ。
35.51576, 139.33078

坂井家住宅
さかいけ じゅうたく
洋館、和館
昭和2年(1927年)竣工の小規模住宅。鎌倉風致保存会が管理しているが、非公開。

猿渡堰堤
さるわたりえんてい
重力式コンクリートダム。

b0212342_08061770.jpg
ジェラール水屋敷地下貯水槽
じぇらーる みずやしき ちか ちょすいそう
明治時代初頭に竣工。横浜港に停泊する船に水を供給するための地下貯水槽。屋外の施設であり、常時見学可能。
map

昭和電工川崎工場本事務所
しょうわでんこう かわさきこうじょう ほんじむしょ
昭和6年(1931年)竣工。鉄筋コンクリート造、2階建ての工場事務所。工場敷地内にあり、非公開。縦長の窓以外これといった特徴がない外観をどうしても見たければ、昭和電工の工場見学に参加すると、バスの車窓から見ることはできる。

b0212342_08062029.jpg
神霊教鎌倉錬成場
しんれいきょう かまくら れんせいじょう
霊源閣、待合、門、練塀
和風別荘建築。宗教法人が管理しており、見学は要予約。詳細は神霊教公式サイトへ。
map  35.31525, 139.53316

b0212342_05242693.jpg
寸松堂
すんしょうどう
主屋、蔵
昭和11年(1936年)竣工。木造二階建て、銅板葺き、塔屋付きの商店。鎌倉彫りの木工作品を売る店。店舗内のみ見学可能。
map 35.31412, 139.54377

関次商店
せきじしょうてん
穀物蔵、肥料蔵

関戸家住宅
せきどけ じゅうたく
主屋、穀蔵、文庫蔵
主屋は明治初期竣工。木造平屋建、鋼板葺(元茅葺)の農家建築。横浜市内では最大級の規模を誇る。2017年8月現在、撮影スタジオ「エムズハウス」として営業。一般の見学が可能かどうかは不明。
35.5901,139.5313

總持寺
そうじじ
虎嘯窟(こしょうくつ)、御霊殿(ごれいでん)、向唐門(むかいからもん)、香積台(こうしゃくだい)、三松関(さんしょうかん)、三宝殿、紫雲台、衆寮(しょうりょう)、鐘鼓楼(しょうくろう)、鐘楼、待鳳館(たいほうかん)、大僧堂、百間廊下及び門、仏殿(大雄宝殿)、放光観音台座(ひかりかんのんだいざ)、放光堂(ほうこうどう)
大正時代に建てられた、大規模木造建築。典型的な和風仏教建築であり、いずれの外観にも大正洋風的な雰囲気はない。

髙﨑家住宅主屋
たかさきけ じゅうたく しゅおく
昭和5年(1930年)竣工の瓦葺き二階建て和風住宅。「アンティークギャラリー路考庵」として運営中。

b0212342_08061463.jpg
田畑家住宅主屋
たばたけ じゅうたく しゅおく
昭和7年(1932年)築の洋館付き小規模住宅。現住のため非公開。
35.48821, 139.63115

田丸家住宅主屋
たまるけ じゅうたく しゅおく
大正7年(1918年)竣工。木造平屋建て、スレート葺きの小規模住宅。簡素だが軽快な雰囲気の洋館。公開情報なし。

だるま料理店主屋
だるまりょうりてん しゅおく

茅ヶ崎館
ちがさきかん
中二階棟、長屋棟、広間棟、浴室棟

角田家住宅
つのだけ じゅうたく
石垣、主屋、道具蔵
主屋は大正時代に建てられた、瓦葺き平屋の和風農家住宅。現住のため非公開。

月山堂滴水庵
つきやまどう てきすいあん
主屋、待合、大門
主屋は明治後期(1900年ごろ)の竣工。木造平屋建ての数寄屋建築。Google Mapでは和菓子店と紹介されているが、詳細は不明。
35.32958, 139.46107

戸川堰堤
とかわ えんてい
昭和16年(1941年)竣工。重力式コンクリート造ダム。表面は石張り。幅189m、高さ8mの大型ダムで、周辺は公園として整備されており、接近可能。
35.40180, 139.17461

林家住宅主屋
はやしけ じゅうたく しゅおく
昭和12年(1937年)竣工。木造の大屋根住宅建築。古民家を母体に、和様を折衷した住宅に改装されている。ハーフティンバーの外壁がおしゃれ。現住のため非公開。
35.327989, 139.478939

三河屋本店
みかわや ほんてん
店舗兼住宅、蔵
昭和2年(1927年)竣工。木造二階建て、瓦葺きの店舗兼住宅。現在も酒店として営業中。内部見学の情報はない。

元滝堰堤
もとたき えんてい
昭和5年(1930年)竣工の重力式コンクリート製ダム。幅25m、高さ4.3m。おそらく近くまで接近可能。
35.42808, 139.24475

b0212342_08050138.jpg
山口家住宅主屋(横浜市)
やまぐちけ じゅうたく しゅおく
昭和13年(1938年)築の洋館付き小規模住宅。現住のため非公開。
35.49248, 139.62708

b0212342_08032871.jpg
横須賀市水道局走水水源地
よこすかしすいどうきょく はしりみずすいげんち
煉瓦造貯水池・鉄筋コンクリート造浄水池
横須賀市上下水道局逸見浄水場
よこすかし じょうげすいどうきょく へみじょうすいじょう
緩速ろ過池調整室Ⅰ、同Ⅱ、同Ⅲ、同Ⅳ、配水池西入口、同東入口、ベンチュリーメーター室

横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校校舎(旧横浜高等工業学校本館)
よこはまこくりつだいがく きょういくにんげんかがくぶふぞく よこはまちゅうがっこうこうしゃ
鉄筋コンクリート造3階建、学校校舎。特記事項なし。

横浜国立大学名教自然碑
よこはまこくりつだいがく めいきょうしぜんひ
高さ6.6mの石造記念碑。特に見るべきものはない。

横浜市水道局青山水源事務所
よこはましすいどうきょく あおやますいげんじむしょ
旧青山取水口、旧青山沈殿池

横浜市西谷浄水場
よこはまし にしや じょうすいじょう
配水池浄水井上屋、配水池配水井上屋、濾過池整水室上屋3号棟、同4号棟、同7号棟、同8号棟
見学は、1日2回行われる解説付きツアーに参加する必要がある。要予約。詳細は横浜市水道局公式サイトへ。配水池配水井上屋の外観のみ、敷地内の一般者立ち入り可能な庭園から見ることができる。

b0212342_08012593.jpg
横浜市立港中学校門柱 (旧花園橋親柱)
よこはましりつみなとちゅうがっこう もんちゅう
中学校と道路の境界にある。一般道からの見学は常時可能。普段は開門されない。

吉池旅館別荘(旧岩崎弥之助別邸和館)
よしいけりょかん べっそう





横浜市認定歴史的建造物 (一部)


b0212342_08041542.jpg
エリスマン邸
一般公開。

b0212342_08035750.jpg
ブラフ18番館
一般公開。

b0212342_08043460.jpg
山手111番館
やまて111ばんかん
一般公開。


by h9w457y8i | 2016-12-28 06:40 | 神奈川 | Comments(0)

日本の世界遺産リスト

案内所トップ > 国内の世界遺産リスト



文化遺産

自然遺産

日本の世界遺産分布 Google Map(管理人作成)


b0212342_04140189.jpg
沖縄・中城城跡



文化遺産


明治日本の産業革命遺産:製鉄・製鋼、造船、石炭産業
Sites of Japan’s Meiji Industrial Revolution: Iron and Steel, Shipbuilding and Coal Mining
釜石:橋野鉄鉱山(2016.12 非公開。→釜石市公式サイト
韮山:韮山反射炉 →伊豆の国市公式サイト
萩:萩反射炉、恵美須ヶ鼻(えびすがはな)造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡、萩城下町、松下村塾
八幡:官営八幡製鐵所(旧本事務所、修繕工場、旧鍛治工場、いずれも非公開)、遠賀川(おんががわ)水源地ポンプ室
佐賀:三重津海軍所跡
長崎:小菅修船場跡、三菱長崎造船所(第3船渠、ジャイアント・カンチレバークレーン、占勝閣(これら3つは非公開)、旧木型場)、高島炭鉱、端島炭鉱、旧グラバー住宅 →長崎市公式サイト
三池:三池炭鉱・三池港(宮原坑跡万田坑跡、専用鉄道敷跡、三池港)、三角西(旧)港
鹿児島:旧集成館(反射炉跡、機械工場、旧鹿児島紡績所技師館)、寺山炭窯跡、関吉(せきよし)の疎水溝

平泉 - 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群
Hiraizumi - Temples, Gardens and Archaeological Sites Representing the Buddhist Pure Land
中尊寺(金色堂、覆堂、経蔵)、毛越寺(もうつうじ)、観自在王院跡(かんじざいおういんあと)、無量光院跡(むりょうこういんあと)、金鶏山(きんけいざん)

日光の社寺
Shrines and Temples of Nikko
日光東照宮、日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)、日光山輪王寺(にっこうさんりんのうじ)
国宝9棟、重要文化財94棟、およびこれらの建造物群を取り巻く遺跡(文化的景観)が登録対象。

ル・コルビュジエの建築作品 近代建築運動への顕著な貢献
The Architectural Work of Le Corbusier, an Outstanding Contribution to the Modern Movement
国立西洋美術館

富士山 - 信仰の対象と芸術の源泉
Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration
富士山域(山頂の信仰遺跡群、大宮・村山口登山道(現・富士宮口登山道)、須山口登山道(現・御殿場口登山道)、須走口登山道、吉田口登山道、北口本宮冨士浅間神社、西湖、精進湖、本栖湖、青木ヶ原樹海)、富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)、山宮浅間神社(やまみやせんげんじんじゃ)、村山浅間神社、須山浅間神社、冨士浅間神社(須走浅間神社)、河口浅間神社、冨士御室浅間神社(ふじおむろせんげんじんじゃ)、御師住宅(おしじゅうたく 旧外川家住宅、小佐野家住宅)、山中湖、河口湖、忍野八海(おしのはっかい 出口池、お釜池、底抜池、銚子池、湧池、濁池、鏡池、菖蒲池)、船津胎内樹型(ふなつたいないじゅけい)、吉田胎内樹型(よしだたいないじゅけい 非公開)、人穴富士講遺跡(ひとあなふじこういせき)、白糸ノ滝、三保松原

富岡製糸場と絹産業遺産群
Tomioka Silk Mill and Related Sites
富岡製糸場、田島弥平旧宅(たじまやへいきゅうたく)、高山社跡(たかやましゃあと)、荒船風穴(あらふねふうけつ)

白川郷、五箇山(ごかやま)の合掌造り集落
Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama
荻町(おぎまち)集落、相倉(あいのくら)集落、菅沼(すがぬま)集落

古都京都の文化財
Historic Monuments of Ancient Kyoto
賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ・上賀茂神社)、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ・下鴨神社)、教王護国寺(きょうおうごこくじ・東寺)、清水寺、延暦寺、醍醐寺(だいごじ)、仁和寺(にんなじ)、平等院、宇治上神社(うじがみじんじゃ)、高山寺(こうざんじ)、西芳寺(さいほうじ)、天龍寺、鹿苑寺(ろくおんじ・金閣寺)、慈照寺(じしょうじ・銀閣寺)、龍安寺(りょうあんじ)、西本願寺、二条城

古都奈良の文化財
Historic Monuments of Ancient Nara
東大寺・正倉院、興福寺、春日大社、元興寺(がんこうじ)、薬師寺、唐招提寺、平城京跡、春日山原始林

法隆寺地域の仏教建造物
Buddhist Monuments in the Horyu-ji Area
法隆寺の建造物47棟、および法起寺の三重塔からなる。

紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)
Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range
吉野・大峯:吉野山、吉野水分神社、金峯神社(きんぷじんじゃ)、金峯山寺(きんぷせんじ)、吉水神社、大峰山寺(おおみねさんじ)
熊野三山:熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)、熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)、熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)、青岸渡寺(せいがんとじ)、那智大滝(なちのおおたき)、那智原始林、補陀洛山寺(ふだらくさんじ)
高野山:丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ)、金剛峰寺、慈尊院、丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)
参詣道:大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)、熊野参詣道(くまのさんけいみち)、高野山町石道(こうやさんちょういしみち)

姫路城
Himeji-jo

原爆ドーム
Hiroshima Peace Memorial (Genbaku Dome)

厳島神社
Itsukushima Shinto Shrine

石見銀山遺跡とその文化的景観
Iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape
銀鉱山跡と鉱山町:銀山柵内(ぎんざんさくのうち)、代官所跡、矢滝城跡(やたきじょうあと)、矢筈城跡(やはずじょうあと)、石見城跡(いわみじょうあと)、大森銀山伝統的重要建造物群保存地区、宮ノ前地区、熊谷家住宅、羅漢寺五百羅漢(らかんじごひゃくらかん)、佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)
石見銀山街道:鞆ヶ浦道(ともがうらどう)、温泉津沖泊道(ゆのつおきどまりどう)
港、港町:鞆ヶ浦(ともがうら)、沖泊(おきどまり)、温泉津重要伝統的建造物群保存地区
その他周辺:石見銀山処刑場、千人壷、胴地蔵、人切岩

琉球王国のグスクおよび関連遺産群
Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu
今帰仁城跡(なきじんじょうあと)、座喜味城跡(ざきみじょうあと)、勝連城跡(かつれんじょうあと)、中城城跡(なかぐすくじょうあと)、首里城跡(しゅりじょうあと)、園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、玉陵(たまうどぅん)、識名園(しきなえん)、斎場御嶽(せーふぁうたき)






自然遺産


知床
Shiretoko

白神山地
Shirakami - Sanchi

小笠原諸島
Ogasawara Islands
北ノ島、聟島(むこじま)、媒島(なこうどじま)、嫁島(よめじま)、弟島(おとうとじま)、兄島(あにじま)、父島、母島、西島、東島、南島、向島、平島、姪島、姉島、妹島、北硫黄島、西ノ島、およびこれら島々の周辺の岩礁等、南硫黄島

屋久島
Yakushima

by h9w457y8i | 2016-12-27 09:55 | 特集 | Comments(0)

to page last 画像
アクセス・見学のしかた

東京都の近代文化遺産リスト

日本の世界遺産リスト(編集中)

1
b0212342_22573875.jpg

2
b0212342_07013875.jpg

3
b0212342_07502583.jpg

4
b0212342_07020900.jpg

5
b0212342_07030818.jpg

6
b0212342_07023820.jpg

7
b0212342_07033871.jpg

↓8 ロダン作、「地獄の門」
b0212342_07043173.jpg

↓9 本来は出口として設計された外階段。しかし開館当初から使用されたことはなく、ずっと立ち入り禁止のまま。
b0212342_07050276.jpg

10
b0212342_07053286.jpg

11↓ 入り口ホール。
b0212342_07335409.jpg

12↓ 建物の中心部分、「19世紀ホール」。展示してある3体の彫刻は、いずれもロダン作。この吹き抜け空間から2Fに上がり、渦巻きの中心から外側に展示物を鑑賞していく創りになっている。
b0212342_07282020.jpg

13↓ この吹き抜けのホールはただ単に天井が高いだけでなく、いろいろな高さから作品や建物構造を見ることができる造りになっている。画面中央のバルコニーもその工夫の一つ。
b0212342_07285015.jpg

14
b0212342_07292042.jpg

15↓ 19世紀ホールに面したバルコニーから見下ろす。
b0212342_07313191.jpg

16↓ 2F展示室。左の細い階段は、中3階展示室に上がるためのもの。だが実際は、細くて危険ということで立ち入り禁止となっている。
b0212342_07295011.jpg

17↓ 2F展示室は照明に自然光を採り入れる設計だった。現在は人口照明を用いる。柱の間隔はモデュロールに基づく。
b0212342_07302282.jpg

18
b0212342_07320606.jpg

19↓ 中庭
b0212342_07325306.jpg

20
b0212342_07332328.jpg

21↓ この柱の間隔も、モデュロールを元に造られている。竣工当時は1Fの大部分はピロティ(壁がない柱だけのオープンエア空間)だったが、のちに空調のためにガラスの仕切りがつくられた。
b0212342_07345768.jpg

22
b0212342_07463238.jpg

23↓ ロダン作「考える人」
b0212342_07473753.jpg

24↓ ブールデル作「弓をひくヘラクレス」
b0212342_07481003.jpg

25
b0212342_07485585.jpg

26
b0212342_07492583.jpg



by h9w457y8i | 2016-12-25 08:45 | 東京 | Comments(0)

アクセス(行き方)

見学のしかた

どんな建物? 設計した人は? 美術館が世界遺産ってどういうこと?

フォトギャラリー

東京都の近代文化遺産リスト

日本の世界遺産リスト


b0212342_22573875.jpg



  アクセス


管理人作成 見学用マーカー付き Google Map


徒歩の距離が最も短い行き方
JR上野駅 公園口(エレベーター、エスカレーターあり)から、徒歩約2分。
公園口からは車いす用スロープあり。ほぼ平坦。段差なし。


他の駅から、徒歩
京成電鉄本線 京成上野(けいせいうえの)駅 正面口(エレベーター、エスカレーターあり)から、徒歩約7分(500m)。駅から現地までの間に、長い上り階段、および長い上り坂あり。

東京メトロ 銀座線および日比谷線 上野駅 7番出口(緩い上りスロープ)から、徒歩約6分(400m)。駅から現地までの間に、長い上り階段、および長い上り坂あり。


駐車場
施設付属駐車場はない。
周辺に有料駐車場はあるが、美術館は公式サイト内で公共交通機関の使用を推奨している。
周辺の駐車場については、国立西洋美術館公式サイト、駐車場案内参照。






  見学のしかた


開館時間、休館日、入館料については、国立西洋美術館公式サイトを参照。
建物の外観を見学できる庭園への入場は、無料。

美術館内での写真撮影は可能。ただし、以下の点に留意すること。
作品の撮影は常設展示物に限る。
フラッシュなど光が出る撮影はしない。
一脚、三脚などの撮影機材の使用は禁止。
営利目的の撮影は禁止。
状況により、館内を全面撮影禁止にする場合もある。
国立西洋美術館公式サイト

世界遺産に登録された建物として見学するなら、「?単なるコンクリート造りの美術館では?」とならないために、あらかじめ建物に関するウンチクを読んでおくことをお勧めします。
国立西洋美術館公式サイト内、建物解説ページがわかりやすくオススメ。

(または、このブログ記事の「建物・設計者・世界遺産登録について」を参考になさってください)

b0212342_07020900.jpgb0212342_07043173.jpg
 






  建物・設計者・世界遺産登録について


美術館には、絵や彫刻と同じくらい重要なものがあります。それは建築。
フランスで活躍した建築家、ル・コルビュジエは、コレクションの増加にともない建物も増築していく、「無限成長美術館」を考案しました。1959年に完成した本館は、この考えを元にしてできた美術館です。また、ル・コルビュジエは、身体のサイズを利用した「モデュロール」という特別な定規や、新しい時代の建築にふさわしい様々なアイデアを、本館に採用しました。

本館
第二次世界大戦後、フランスに差し押さえられていた松方コレクションの寄贈返還を受けるために設立された、日仏間の国交回復・関係改善を象徴する歴史的建造物です。ル・コルビュジエの設計により、昭和34年(1959年)に竣工しました。平成19年(2007年)には、国の重要文化財に指定されています。
国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献」は、平成28年(2016年)7月に、世界文化遺産への登録が決定されました。

b0212342_07013875.jpgb0212342_07053286.jpg

モデュロール
ル・コルビュジエが考え出した、建築の寸法を決めるルールで、黄金比と身体のサイズを利用して作った定規です。たとえば、人(183cmのヨーロッパ人の男性)が手をのばした高さ(226cm)を住宅の天井にちょうど良い高さと定めました。このようにして、建物、部屋、さらに家具の大きさなども「モデュロール」で決められています。

無限成長美術館
ル・コルビュジエは巻貝が中心から出発して外に向かっていくように、コレクションが増えるにしたがって、建物の外側に展示室を追加していくことのできる「無限成長美術館」を構想していました。(実際は、建てらてた当時から螺旋構造の大きさは変わっておらず、別に「新館」が隣接して増築されている)

ル・コルビュジエ Le Corbusier(1887-1965)
20世紀を代表する建築家の一人で、出身国のスイスからパリに拠点を移して活躍しました。建築のみならず、絵画、彫刻、家具などにも取り組み、個人住宅から国連ビルの原案まで幅広い創作活動を展開しています。合理的、機能的で明晰なデザイン原理を絵画、建築、都市などにおいて追求し、20世紀の建築、都市計画に大きな影響を与えました。「近代建築の5つの要点」(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、横長の窓、自由なファサード)を提唱し、近代建築の父の一人に数えられています。


国立西洋美術館の世界遺産登録について
国立西洋美術館本館は、2016年7月、「ル・コルビュジエの建築作品 - 近代建築運動への顕著な貢献」の一つとして、世界文化遺産に登録されました。世界各国の17の建造物が該当し、そのうち日本の国立西洋美術館は、
1. ル・コルビュジエが提唱した近代建築の五原則を具体的に表現していること。
2. 「無限発展美術館」の思想を体現していること。
3. 日本における近代建築運動に大きく貢献したこと。
が評価されました。


b0212342_22582056.jpgb0212342_07030818.jpg
b0212342_07285015.jpgb0212342_07313191.jpg
b0212342_07302282.jpgb0212342_07345768.jpg
b0212342_07473753.jpgb0212342_07481003.jpg

to page top
by h9w457y8i | 2016-12-24 07:15 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ > 各地の街角スナップ リスト

b0212342_19165614.jpg
ベトナム・ハノイ 2016.9

日本  東京  横浜  愛媛県内子町  岡山県倉敷市

アメリカ  サンディエゴ  ニューヨーク  ボストン  ホノルル

フィンランド  ヘルシンキ

フランス  パリ

タイ  バンコク

台湾  台北

中国  北京

ベトナム  ハノイ

マカオ


by h9w457y8i | 2016-12-23 07:00 | 特集 | Comments(0)

b0212342_16384151.jpg
タイ国鉄、フアランポーン駅


【アメリカ】
アムトラック(東海岸)
ボストン・T
ニューヨーク・サブウェイ(編集中)
フィラデルフィア・セプタ
サンフランシスコ・ケーブルカー(編集中)
サンフランシスコ・バート
サンディエゴ・トロリー
ロサンゼルス・メトロ(編集中)


【イギリス】
ロンドン・アンダーグラウンド
ロンドン・DLR
ナショナルレール


【インド】
デリーメトロ


【オーストラリア】
シドニー・シティレール
シドニー・フェリー(編集中)


【カナダ】
バンクーバー・スカイトレイン(編集中)


【シンガポール】
MRT(編集中)


【タイ】
タイ国鉄
エアポート・レール・リンク
バンコクメトロ(MRT)
バンコク・スカイトレイン(BTS)


【中国】
北京地下鉄


【ドイツ】
ドイツ鉄道(DB)
ICE
フランクフルト・トラム(編集中)


【フィンランド】
ヘルシンキ・トラム
ヘルシンキ・フェリー(編集中)


【フランス】
パリメトロ
TGV
アンテルシテ(編集中)
TER
RER・トランジリアン


【ベルギー】
ブリュッセルメトロ
タリス


【香港】
エアポート・エクスプレス
MRT(編集中)


【マカオ】
香港 - マカオ(Outer Harbor Ferry Terminal)高速船
路線バス


【マレーシア】
クアラルンプール・LRT、モノレール(編集中)


【ロシア】
モスクワメトロ


by h9w457y8i | 2016-12-20 09:36 | 特集 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28