ベトナムの世界遺産リストハノイ-タンロン王城遺跡中心地区 概要・フォトギャラリー

b0212342_21315001.jpg

アクセス(行きかた)・見学のしかたはこちら。


ベトナムの首都、ハノイの都心に位置するタンロン城は、7世紀に中国が築いた支配拠点の跡に、大越国(ベトナムの元となる国。中国文化の影響を強く受けていた)の独立を機に、11世紀になって李朝(李将軍が打ち立てた)により創建された。紅河デルタの低湿地を埋め立てて形成された不整形な都城域の一角に、宮殿群が計画的に配置された。その場所は今日まで10世紀にわたり、ほぼ一貫してこの地域の政治権力の中心であり続けている。近年発掘された李・陳朝期の考古学的遺構と黎朝期以降の地上遺構を含む皇城中枢部の遺跡は、東アジアと東南・南アジアからの影響がこの地で融合して形成された特有の文化を反映している。
世界遺産登録は2010年。


世界遺産に登録されたエリアの地図(ユネスコ公式サイト)

↓ 敷地内の要塞跡
b0212342_21353647.jpg

b0212342_21364206.jpg

↓ 敷地のすぐ隣には、ベトナム戦争で北ベトナム軍がアメリカから鹵獲した兵器が展示されていた。
b0212342_21371741.jpg

↓ 入場券を購入する建物。
b0212342_21381233.jpg

1
b0212342_21384569.jpg

2
b0212342_21393673.jpg

3
b0212342_21400938.jpg

4
b0212342_21403923.jpg

5
b0212342_21410900.jpg

6
b0212342_21413986.jpg

7
b0212342_21420993.jpg

8
b0212342_08264583.jpg

9
b0212342_08271592.jpg

10
b0212342_08274615.jpg

11
b0212342_08285258.jpg

12
b0212342_08282150.jpg

13
b0212342_08295110.jpg

14
b0212342_08292190.jpg

15
b0212342_08305125.jpg

16
b0212342_08302157.jpg

17
b0212342_08315448.jpg

19
b0212342_08312164.jpg

20
b0212342_08325674.jpg

21
b0212342_08322577.jpg

22
b0212342_09250716.jpg

23
b0212342_09253855.jpg

24
b0212342_09260967.jpg

25
b0212342_09263907.jpg

26
b0212342_09270965.jpg

27
b0212342_09273921.jpg

28
b0212342_09280911.jpg





to top
by h9w457y8i | 2016-09-29 09:28 | ベトナム | Comments(0)


案内所トップ > フランスの世界遺産

文化財分布マップ


世界文化遺産


アヴィニョン歴史地区:法王庁宮殿、司教関連建造物群及びアヴィニョン橋
いずれも一般公開。パリのリヨン駅からTGVでアヴィニョンTGV駅まで最短2時間40分。2週間前の最安値片道30ユーロ。通常料金96ユーロ。アヴィニョンTGV駅から歴史地区(アヴィニョン市街中心部の約500m四方)近くのアヴィニョン中央駅(Gare D'Avignon Centre)まで、15分間隔で運行するシャトルバスで約10分。アヴィニョン中央駅から法王庁宮殿までは、徒歩約20分(約1.2km)。

b0212342_09315876.jpg
アミアン大聖堂
一般公開。
フランスにあるゴシック建築の遺構としては最も完全なものとされ、またフランスの大聖堂の中では、尖塔の高さも内部の天井高も最も高い。

アルデッシュ ショーヴェ・ポンダルク洞窟壁画
文化財保護のため非公開。近くに復元センターがあり、そちらは見学可能。詳細はフランス観光開発機構公式サイトへ。

アルビ司教都市
アルビはトゥールーズの東およそ50kmにある街。パリから鉄道ではTGVとTERを乗り継いで7〜8時間かかる。airではパリのシャルル・ド・ゴール→トゥールーズ 1+30 19,000〜8000円、鉄道でトゥールーズ→アルビ 1+00.

アルプス山系の先史時代杭上住居跡群
スイスを中心に、6カ国に点在する111の小規模な遺跡群からなる。アルプス山系の湖や川、湿地沿いに建てられた先史時代の杭上住居跡あるいは高床式住居跡。フランスでは15箇所の遺跡が世界遺産に登録されているが、いずれも湖の底に木の杭が突き刺さっているだけ状態で、実物の見学は不可能。スイス、ドイツでは建造物も見学できる。←フランス観光開発機構公式サイト

アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群

ヴェズレーの教会と丘

ヴェゼール渓谷の先史時代史跡群と洞窟壁画群

b0212342_1136696.jpg
ヴェルサイユ宮殿と庭園
一般公開。
年に数日間、休館日がある。宮殿内部への入口には長い行列ができ、数時間待たされることもあるが、朝一か夕方の閉館1時間30分くらい前だとほとんど並ばずに済むこともある。

ヴォーバンの要塞群

オランジュのローマ劇場とその周辺及び"凱旋門"

コースとセヴェンヌの地中海性農牧地の文化的景観

サン-サヴァン・シュール・ガルタンプの修道院教会
一般公開。
パリのモンパルナス駅からTGVでポワティエ(Poitiers)駅まで最短1時間40分。ポワティエ駅前からサン-サヴァン(Saint-Savin)の街までバスが出ている。所要時間約1時間(約50km)。バスの時刻表は不明。教会見学の公式サイトはこちら

サン・テミリオン地域

b0212342_23263894.jpg
シャルトル大聖堂
一般公開。
フランスで最も美しいゴシック様式の大聖堂と言われている。特にステンドグラスの深みのある青は、「シャルトル・ブルー」と呼ばれ有名。パリのモンパルナス駅から快速列車TERを使い、気軽に日帰りできる。

シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴ

シュリー-シュル-ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
フランス中部を大西洋に向かって東西に流れるロワール川沿い、シュリー-シュル-ロワールとシャロンヌ-シュル-ロワール間約300kmの区域が世界遺産に登録されている。シャトー、農地などの長い歴史の中で人間と自然が共存してきた美しい景観が続く。特徴的なランドマークはシャンポール城だが、それ以外にも多くのシャトーが含まれる。

ストラスブールのグラン・ディル

中世市場都市プロヴァン
街並みが世界遺産。歩いて回れる。パリのest(東)駅からトランジリアンで1時間30分。1時間に1本。11ユーロ。駅から観光局まで2km. 観光局には日本語の観光マップあり。見学用マーカー付き Google Map

天日製塩施設、サラン‐レ‐バン大製塩所からアルケ‐スナン王立製塩所まで
サラン-レ-バン大製塩所とアルケ-スナン王立製塩所は共に博物館として一般公開。アルケ-スナン王立製塩所までは、パリのリヨン駅からTGV, TERを乗り継ぎ、Arc-et-Senans駅まで最短2時間30分、Arc-et-Senans駅から徒歩3分。サラン-レ-バンの街には鉄道は通っておらず、バスの運行については不明。アルケ-スナンから約16km。

ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場及びアリアンス広場
3つの広場はナンシー市街中心部にある。最も広く有名なスタニスラス広場を中心に、カリエール広場は北に200m、アリアンス広場は東に100m。パリ東駅からナンシー駅まではTGVで最短1時間40分。ナンシー駅からスタニスラス広場は徒歩約12分(約900m)。

ノール=パ・デュ・カレー地方の炭田地帯
石炭採掘とそれに伴う様々な施設が産業遺産となっている。東西120kmに渡って109の施設が点在している。ルヴァルドには炭鉱歴史センター(Centre Historique Minier)という体験型の博物館あり。公共交通機関を使っての行き方は調べられなかった。

b0212342_11363716.jpg
パリ、セーヌ河岸
セーヌ川沿いの広範囲に渡る建物や公園が世界遺産に登録。内部を見学できる建物も多い。

ピレネー山脈-ペルデュ山(複合遺産)

b0212342_07322041.jpg
フォンテーヌブローの宮殿と庭園
一般公開。
フランス最大の宮殿。宮殿の内部は、フランス王家やナポレオン1世の博物館、美術館として一般公開。日本語のオーディオガイドあり。パリから予約不要の快速列車で40分 + 駅前からバスで15分。気軽に日帰りできる。

フォントネーのシトー会修道院
パリからTGVでモンバールへ、TGVで1時間(ただし日帰りに適した時間はない)、TERで2時間30分。そこから遺産まで6km。モンバール駅前の旅行案内所にレンタサイクルがある。公式サイトはこちら。

フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

ブールジュ大聖堂

ベルギーとフランスの鐘楼群

ボルドー、リューヌ港

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)
紀元前19世紀に古代ローマ帝国によって築かれた水道橋。パリからアヴィニョンまでTGVで2時間45分、アヴィニョンからバスで20分。

ミディ運河

b0212342_8402581.jpg
モン・サン・ミッシェルとその湾
一般公開。
年に数日間、閉館日がある。日本語のオーディオ・ガイドもある。パリから鉄道とバスを乗り継いで日帰り個人旅行可能。

b0212342_13141202.jpg
ランスのノートル - ダム大聖堂、サン - レミ旧大修道院及びトー宮殿
シャルトル大聖堂、アミアン大聖堂と並び、フランスの三大ゴシック聖堂に数えられる。ステンドグラスは14世紀に建てられた当初のものではないが、非常に美しい。全ての施設が一般公開。徒歩、または路線バスで施設間を行き来できる。 map

リヨン歴史地区

b0212342_06215224.jpg
ル・アーヴル、オーギュスト・ペレによる再建都市
ル・アーブルは大西洋に面し、セーヌ川河口に位置する街。このうち、鉄筋コンクリートの集合住宅で構成される約1.5km四方の景観全体が世界遺産に登録されている。 map

歴史的城塞都市カルカッソンヌ





世界自然遺産


ニューカレドニアのラグーン:リーフの多様性とその生態系

ピレネー山脈-ペルデュ山(複合遺産)

ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区

レユニオン島の火山峰、圏谷と岩壁群


by h9w457y8i | 2016-09-28 18:31 | フランス | Comments(0)

旧内田家住宅(外交官の家) 見学案内はこちら
1 ↓山手イタリア山庭園入口
b0212342_17034578.jpg

2 ↓北東角
b0212342_16532874.jpg

3 ↓北庭園ではブルー・サルビアが美しく咲き乱れていた。
b0212342_16542741.jpg

4
b0212342_16554774.jpg

5
b0212342_16570063.jpg

6
b0212342_16573571.jpg

7
b0212342_16581455.jpg

8
b0212342_16583636.jpg

9
b0212342_17004967.jpg

10
b0212342_17053538.jpg

11
b0212342_17222142.jpg

12
b0212342_17030699.jpg

13
b0212342_17213818.jpg

14 ↓北側庭園から更に北を望む。横浜・山下町の街並み。
b0212342_16593540.jpg

15
b0212342_17000412.jpg

16
b0212342_17224929.jpg

17
b0212342_17011806.jpg

18
b0212342_17232191.jpg

19
b0212342_17240196.jpg

20 ↓隣接された入口。喫茶室との入口を兼ねる。
b0212342_17020299.jpg

21 ↓喫茶室
b0212342_17061305.jpg

22 ↓東隣の庭園内並木道
b0212342_17045540.jpg

23
b0212342_17072459.jpg

24
b0212342_17075498.jpg

25
b0212342_17190754.jpg

26
b0212342_17081628.jpg

27
b0212342_17100514.jpg

28
b0212342_17102510.jpg

29
b0212342_17125272.jpg

30
b0212342_17133478.jpg

31
b0212342_17135301.jpg

32
b0212342_17085393.jpg

33
b0212342_17123024.jpg

34
b0212342_17121281.jpg

35
b0212342_17141324.jpg

36
b0212342_17105049.jpg

37
b0212342_17115097.jpg

38
b0212342_17130552.jpg

39
b0212342_17155359.jpg

40
b0212342_17162545.jpg

41
b0212342_17194371.jpg

42
b0212342_17180920.jpg

43
b0212342_17183907.jpg

44
b0212342_17165461.jpg


to page top


by h9w457y8i | 2016-09-28 13:00 | 神奈川 | Comments(0)

RATP (パリ交通公団)

b0212342_13391994.jpgメトロ(パリ市内地下鉄)の乗り方





SNCF(フランス国鉄)

b0212342_13565777.jpgRER(エル・ウー・エル)
Transillien(トランジリアン) 
の乗り方

パリ近郊=イル・ド・フランスを走る普通・快速列車。地下鉄に乗り入れている場合もある。

b0212342_12090780.jpgTER(テー・ウー・エル)の乗り方
イル・ド・フランス以外の地方とパリを結ぶ快速列車。座席指定なし。

Intercités(アンテルシテ)  SNCFの特急・急行列車。座席指定あり。事前購入割引あり。


b0212342_08393157.jpgTGVの乗り方
SNCFが世界に誇る超特急列車。どうでもいいが世界最速の記録を持つ。全車指定席。
早く予約すると格安でチケット購入可能。





国際特急

b0212342_20554116.jpgタリス(Thalys)の乗り方
フランス、ベルギー、オランダ、ドイツを結ぶ国際超特急。
全席指定席。早く予約すると格安でチケット購入可能。

by h9w457y8i | 2016-09-27 18:32 | フランス | Comments(0)

サイトマップ神奈川県 近代文化遺産 > 旧内田家住宅

アクセス・見学のしかた・ウェディング

「外交官の家」ってどんな建物? 誰が住んでいたの?

フォトギャラリー 1(10枚)

フォトギャラリー 2(45枚 別のページが開きます)

東京・横浜 ドラマ撮影や結婚式でも使われる洋館


b0212342_08583893.jpg


アクセス



b0212342_12433283.jpg JR京浜東北線および根岸線「石川町」駅南口より「イタリア山庭園」へ。徒歩約5分。ただし急な上り
 坂あり。

 ←石川町駅の南口。

b0212342_12434148.jpg ←イタリア山庭園入口。

横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅より、神奈中バス11系統「イタリア山庭園前」下車、徒歩約2分。

施設付属駐車場なし。
JR石川町駅周辺に有料駐車場多数あり。料金は概ね200円/20分。NAVITIME 駐車場ページ参照。




見学のしかた・ウェディング

開館時間:09:30〜17:00(7、8月は〜18:00)
入館料:無料
休館日:第4水曜日。ただし祝日の場合は翌日。および12/29〜1/3
イベント情報:館内ツアー、各種コンサートも催されている。
外交官の家公式サイト

b0212342_12505875.jpg カフェが併設されている。
 開店時間:10:00〜16:30(7、8月は〜17:30)
 →ブラフガーデンカフェ公式サイト

外交官の家をはじめとする横浜山手洋館でのウェディングは、横浜緑の協会公式サイト内のこちらのページ参照。



旧内田家住宅(外交官の家) 説明

通称「外交官の家」として横浜市民に親しまれている旧内田家住宅(きゅううちだけじゅうたく)は、ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43年(1910年)に東京渋谷の南平台に建てられました。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。
建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。1階は食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風の意匠とともに、19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動アーツ・アンド・クラフツのアメリカにおける影響も見られます。
横浜市は、平成9(1997)年に内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復原し、一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。各展示室には、建物の特徴やガーディナーの作品、外交官の暮らし等についての資料を展示しています。また、付属棟には、喫茶室が設けられています。




2
b0212342_16532874.jpg

9
b0212342_17004967.jpg

13
b0212342_17213818.jpg

19
b0212342_17240196.jpg

25
b0212342_17190754.jpg

27
b0212342_17100514.jpg

39
b0212342_17155359.jpg

41
b0212342_17194371.jpg

43
b0212342_17183907.jpg

44
b0212342_17165461.jpg


to page top


by h9w457y8i | 2016-09-25 17:30 | 神奈川 | Comments(0)

東京都 / 近代文化遺産リスト聖徳記念絵画館 概要 > アクセス・見学のしかた

b0212342_12264736.jpg


アクセス(行き方)



都営地下鉄 大江戸線 国立競技場駅から徒歩約5分(約400m)。
JR中央線 信濃町駅から徒歩約7分(約500m)。
東京メトロ 銀座線・半蔵門線 青山一丁目駅から徒歩約14分(1.1km)。

施設付属有料駐車場あり。
駐車場の入口は、上の地図の黒アイコン。
一日1,550円。収容台数約400台。
詳細は明治神宮外苑公式サイト参照。




見学のしかた

開館時間:09:00〜17:00
閉館日:年中無休(都合により休館することもあり)
入館料:500円。「施設維持協力金」という名目。

館内の写真撮影禁止。



by h9w457y8i | 2016-09-24 11:27 | 東京 | Comments(0)

アクセス・見学のしかた

東京都の近代文化遺産リスト


b0212342_12172066.jpg



聖徳記念絵画館は、東京都新宿区、明治神宮外苑にあり、明治天皇・昭憲皇太后(明治天皇の皇后)の生涯にわたる事績を描いた絵画が展示されている美術館である。
竣工は大正15年(1926年)、設計はコンペティションの結果、小林正紹の原図を基に明治神宮造営局において佐野利器指導のもと、高橋貞太郎、小林政一が実施設計を行った。施工は主に大倉土木(現大成建設)が担当した。鉄筋コンクリート造、外壁および外階段には岡山県万成産花崗石、画室を除く壁面、中央大広間は、国産大理石と一部タイルを使用。幅112m、高さは中央ドーム頂点まで32m。
鉄筋コンクリート造の建物としては建設当時、国内最大規模を誇り、技術的にも最新のものが導入された。特に中央棟頂部のドームは、当時として最大級のスパン15メートルの鉄筋コンクリート造ドーム型シェルである。設備面でも、絵画の木製裏板と躯体壁の間に空間を確保して温湿度調整に配慮し、絵画室の採光では屋根とガラス天井の間に遮光調整幕を配するなどの工夫が認められる。
聖徳記念絵画館は、我が国最初期の美術館建築である。西欧の様式建築の手法を基調としながら、幾何学形態を強調した新しい造形表現をみせており、意匠的に価値が高い。またドームのシェル構造や絵画室の採光などに最新の技術を導入するなど、技術史的にも意義が認められる。
平成23年(2011年)、国の重要文化財に指定された。


↓ 外苑前街路樹
b0212342_13171939.jpg

↓ 街路樹北端から。
b0212342_13192565.jpg

↓ 正面中央
b0212342_13204484.jpg
b0212342_13253185.jpg
b0212342_13215883.jpg
b0212342_13225248.jpg
b0212342_13230614.jpg

↓ 正面入口上のステンドグラス
b0212342_13233688.jpg

↓ 1Fは外苑事務所として使われている。
b0212342_13240309.jpg

b0212342_13243976.jpg

↓ 北面
b0212342_13244837.jpg

↓ 西隣りは、新国立競技場予定地。
b0212342_13260371.jpg


内部は写真撮影不可のため、画像はない。

アクセス、見学のしかたはこちらのブログ記事参照。


by h9w457y8i | 2016-09-22 13:30 | 東京 | Comments(0)

フランスの公共交通機関の乗り方 > TERの乗り方

TERの乗り方

b0212342_11371566.jpg

TER(テー・ウー・エル)は、フランス国鉄 SNCF の快速列車。パリ近郊=イル・ド・フランスよりも遠い地方とパリの間を走る。


時刻検索

フランスで鉄道の旅をするときは、パリ近郊、地下鉄以外では、まずSNCFの公式サイト(英語)へ。

画面左側の「Timetables & real-time traffic updates」タブをクリック。

出発と到着の駅名か都市名、日時を入力。右下の「Search」をクリックすると、自分が移動する区間の列車時刻表が表示される。その画面の「Type」に、「TRAIN TER」と書かれていれば、TERに乗ることになる。





料金検索

SNCFのホームページに戻り、「Reservations」タブをクリック。

出発・目的地、日時を入力。
「Return on」 往復する場合の復路。
「CONFORT」 客車の等級。ファーストクラス(日本でいうグリーン車)か、セカンドクラス(普通車)。
「Passenger 1」 年齢を選択。26〜59歳以外では割引料金が適用される。それ以外のプルダウンはデフォルトのまま。
右下「Search」をクリック。

時刻と料金の画面になる。
この画面は座席指定のある特急列車と同じ仕様だが、TERは快速列車であり、座席指定はなく、事前購入の割引もない。
運賃をクリックするとネットできっぷを事前購入できる。事前購入した場合は、登録したメールアドレスに予約番号が送られてくるので、後述の駅にある黄色い自動券売機にそれを入力してきっぷを受け取る。

全車自由席なのに、きっぷ購入の際になぜ列車ごとのきっぷを買わなければならないかは不明。事前購入でも当日駅できっぷを買うときでも、きっぷの扱いは「列車変更、払い戻し可能」。車内検札で別時刻のきっぷを持っていても、区間さえ正しければ問題とはならないと思う。





黄色い自動券売機の使い方(事前購入なし)

注! クレジットカードを持っていない場合は、自動券売機ではなく、「Billet」(「ビイェ」)と書かれた有人チケット売り場へ! 
「シャルトル(行き先)、ワン・アダルト(大人一枚)」と言えば通じる。


b0212342_16511757.jpgb0212342_16520299.jpg

b0212342_16533678.jpg英語の初期画面。

左上の「Buy a ticket」にタッチ。
b0212342_16554234.jpgすぐに列車に乗る場合、「Leave now」にタッチ。
b0212342_16571899.jpg頻繁に選ばれる行き先が表示される。

この中に目的地がなければ、右下の「Other」をタッチ。
b0212342_16584805.jpg「Other」にタッチするとキーボードが表示されるので、目的地名を入力。

目的地名が正しければ、下の「Correct」をタッチ。
b0212342_17005787.jpg片道=Single か 往復=Return かを選択。
b0212342_17020143.jpgSNCFを頻繁に利用する顧客向けの画面。

一般の旅行者は「No」を選択。
b0212342_17033659.jpg年齢にタッチ。

26〜59歳以外だと、割引料金が適用される。
b0212342_07530120.jpg割引が適用されるパスを持っているかどうか。

一般の旅行者は一番上の「No Reduction」を選択。
b0212342_07543704.jpg発車時刻と料金が表示される。

乗りたい列車の料金をタッチ。

全車自由席なのに、なぜ列車ごとのきっぷを買わなければならないのかは不明。座席数分しか売らないから??
b0212342_07555903.jpg選んだ列車の確認。

問題なければ、この画像には写っていないが、右下の「Continue」をタッチ。
b0212342_07572948.jpgネットショッピングの「買い物かご」の確認と同じような画面。

右下の「Continue」をタッチ。
b0212342_07590279.jpg液晶画面右側のカード差し込み口に、クレジットカードを入れる。

カードは途中までしか入らない。
b0212342_08071872.jpgカードを差し込んだら4桁の暗証番号を押して、右下、緑色の「V」ボタンを押す。
b0212342_08075351.jpg「Remove card」が出たら、クレジットカードを引き抜く。
b0212342_08084891.jpg「Receipt」= レシート。
領収書が必要かどうかを「Yes」か「No」かで選択。
b0212342_08103922.jpgチケット発券中。
b0212342_08112534.jpg券売機からチケットが出てくる。
b0212342_08120424.jpgSNCFでは、乗車前に駅のホールやホームのあちこちにある刻印機にきっぷを差し込んで、きっぷを有効にする手続きが必要。きっぷを差し込むと「ジジッ」とかすかな音がして、駅名と時刻が印字される。きっぷはどの向きに入れても良い。

...実はやっている人はそれほど多くないけど。一応決まりではやることになっている。と思う。
SNCFの超特急TGVのページにその記載あり。





列車の乗り方

SNCFの駅には改札口がない。駅に着いたら、きっぷを買い、そのまま列車へ。
列車の中で検札がある。検札に出くわさない場合もあるが、もし不正乗車が発覚すると高額の罰金が科せられる。

b0212342_11085217.jpg発車20分前くらいになると、駅の何番線から出発するかが案内板に表示される。普通は列車番号が表示されるが、この画像には表示されていない。そんなときは出発時刻と行き先を頼りに。
b0212342_11153586.jpgパリ、モンパルナス駅の22番ホーム。Le Mans行きTER。シャルトルに行くときに利用した。途中停車駅の中に「Chartres(シャルトル)」と書かれている。

TERの車両には、ファーストクラスとセカンドクラスがある。列車の入り口に大きく「1」か「2」と描かれている。
一つの車両に二つのクラスがあるときは、右下のような表示になる。
b0212342_08435093.jpgb0212342_08444254.jpg

b0212342_08455074.jpgドアのそばにはこのようなボタンがある。ドアが閉じていて、ボタンの周りがグリーンに光っていたら、そのボタンを押すとドアが開く。
b0212342_08475462.jpgTERは全車自由席。

車内は清潔。日本の鉄道なみ。
画像はセカンドクラスの2階席。1階より多少揺れが大きい。

目的地で列車を降りたら、そのまま駅舎の外に出る。きっぷを係員に見せたり提出する必要はない。


by h9w457y8i | 2016-09-18 12:03 | フランス | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。