<   2015年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ベルギーの世界遺産リストストックレー邸トップページ > 見学要領・問い合わせ


現在、ストックレー邸内部は非公開。
公開に関する情報は、この記事掲載時には見つけられなかった。

問い合わせ先は不明。

ストックレー邸への行き方はこちら


by h9w457y8i | 2015-02-27 09:00 | ベルギー | Comments(0)

ベルギーの世界遺産リストストックレー邸トップページ > アクセス

Google Map

公共交通機関

左 ブリュッセル・メトロ(地下鉄)    右 ブリュッセル・メトロ駅の位置を示す看板
b0212342_1624442.jpgb0212342_16524211.jpg
ブリュッセル・メトロ 1番線 Gare Centrale駅
ブリュッセル市街の中心部にあり、有名な世界遺産「グラン・プラス」のメトロ最寄駅でもある。
 ↓
 ↓  ブリュッセル・メトロ(地下鉄)1番線 7分
 ↓  ブリュッセル・メトロの路線図、時刻表、運賃、乗り方については、こちらのブログ記事を参照。
 ↓
Montgomery駅      Montgomery駅
 ↓               ↓
 ↓ 徒歩約10分         ↓ ブリュッセル・トラム(路面電車)39, 44番系統
 ↓ 約700m           ↓ 2分
 ↓               ↓  
 ↓             Leopold II停留所
 ↓               ↓
 ↓               ↓ 徒歩1分
 ↓               ↓
現地              現地

Google Mapは、ブリュッセル市内の地下鉄、トラム、バスの時刻表を反映している。

上のGoogle Map上では、
Montgomery駅は、現地からまっすぐ西に700m行ったところの水色の「M」マーク。
Leopold II停留所は、現地の北50mの水色の路面電車マーク。




クルマ

施設付属の駐車場はない。


by h9w457y8i | 2015-02-26 09:00 | Comments(0)

ベルギーの世界遺産リストストックレー邸トップページ > フォトギャラリー

全ての画像はクリックで拡大できます。

1
b0212342_15572328.jpg

2
b0212342_16180431.jpg

3
b0212342_16175315.jpg

4
b0212342_16193070.jpg

5
b0212342_16191156.jpg

6
b0212342_16205795.jpg

7
b0212342_16213431.jpg

8
b0212342_16212723.jpg

9
b0212342_16235843.jpg

10
b0212342_16234993.jpg

11
b0212342_16255661.jpg

12
b0212342_16264635.jpg

13
b0212342_16265554.jpg

14
b0212342_16291482.jpg

15
b0212342_16293602.jpg

16
b0212342_16311087.jpg

17
b0212342_16310248.jpg

18
b0212342_16321284.jpg

19 ↓非公開、住人なしにもかかわらず、庭園は手入れが行き届いていた。
b0212342_16322467.jpg

site map


by h9w457y8i | 2015-02-25 09:00 | ベルギー | Comments(0)

ストックレー邸 概要

ベルギーの世界遺産リストストックレー邸トップページ > 概要


世界文化遺産
ストックレー邸

Stoclet House

竣工 : 1911年
構造および形式等 :
世界遺産登録 : 2009年

b0212342_16071918.jpg銀行家で美術品収集家でもあるアドルフ・ストックレーは、1905年、邸宅の建築をウィーン分離派運動の先駆的建築家ジョセフ・ホフマンに依頼した。芸術的にも金銭的にも制約を受けることなく、邸宅と庭園は1911年に完成した。単純化された幾何学的な設計はアールヌーボーの転換点として注目され、アールデコや建築におけるモダニズム運動の端緒となった。邸宅はウィーン分離派の最も完全で均整のとれた建築のひとつで、“総合芸術”の確立を目指したコロマン・モーゼルやグスタフ・クリムトの作風が取り込まれている。ほとんどの設備や家具什器が当時のまま残されており、外観・内装ともに全体が良好に維持されている。


詳しい英文の説明→ユネスコ公式サイト



by h9w457y8i | 2015-02-24 00:00 | Comments(0)

福岡県/近代文化遺産リスト旧日本生命保険株式会社九州支店トップページ > 見学要領・問い合わせ


普段の見学
開館時間 : 9:00~21:00
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、および12月28日~1月4日
入館料 : 無料
福岡市公式サイト内当該建物紹介ページ
福岡市総合図書館公式サイト




特別公開
建物について、普段公開していない部分についての特別公開の情報は、記事掲載時点では見つけられなかった。
文学に関する催しや展示が随時行われている。→福岡市総合図書館公式サイト




問い合わせ
福岡市文学館へ。



by h9w457y8i | 2015-02-22 09:00 | 福岡 | Comments(0)

福岡県/近代文化遺産リスト旧日本生命保険株式会社九州支店トップページ > アクセス




Google Map


公共交通機関
福岡市営地下鉄 空港線 天神(てんじん)駅から、徒歩約7分(約500m)。
西鉄 天神大牟田線 西鉄福岡駅から、徒歩約9分(700m)。
西鉄バス 天神四丁目 バス停から、徒歩約1分。
西鉄バス 市役所北口・アクロス福岡前 バス停から、徒歩約3分(約200m)。

Google Mapの「ルート・乗り換え」機能は、西鉄バスの路線・時刻表を反映している。
福岡空港やJR博多駅からのアクセスは、他の乗り換え検索アプリやサイトでも容易に検索できる。
バス運賃は西鉄バス公式サイト参照。




クルマ
施設付属駐車場なし。
半径300m以内に有料駐車場多数あり。NAVITIME駐車場検索サイトにて、「福岡市赤煉瓦文化館」で検索。



by h9w457y8i | 2015-02-21 09:00 | Comments(0)

福岡県/近代文化遺産リスト旧日本生命保険株式会社九州支店トップページ > フォトギャラリー

建物北面 横
b0212342_08060158.jpg
建物外観 縦x3
b0212342_10321180.jpgb0212342_10321849.jpgb0212342_10322500.jpg
左 建物入り口      中 窓      右 案内看板
b0212342_10334639.jpgb0212342_10334955.jpgb0212342_10335266.jpg
左 塔屋        右 2階廊下
b0212342_10351417.jpgb0212342_10351919.jpg
左 1Fカウンター      中・右 階段室
b0212342_10365272.jpgb0212342_10365747.jpgb0212342_10370010.jpg
b0212342_10382122.jpg
2F 塔屋下 居室

by h9w457y8i | 2015-02-20 09:00 | Comments(0)

福岡県/近代文化遺産リスト旧日本生命保険株式会社九州支店トップページ > 概要

国指定重要文化財
旧日本生命保険株式会社 九州支店
きゅうにほんせいめいほけんかぶしきがいしゃ きゅうしゅうしてん


竣工 : 明治42年(1909年)
構造および形式等 : 煉瓦造、建築面積281.8㎡、二階建、地下一階、中央部塔屋付、銅板葺、ドライエリヤ煉瓦塀附属
重要文化財指定 : 昭和44年(1969年)
指定 : 便所、塀、棟札

明治42年(1909年)竣工した煉瓦造二階建、地下一階付の建物で、小規模ながら変化に富んだ外観をもち、特に白い横縞は辰野金吾の作品によく見られる意匠である。
保存がよく、九州地方においては洋風建築の遺構として重要なものである。



b0212342_16305806.jpg この建物は、日本生命保険株式会社の九州支店設置に伴い、明治40年(1907年)8月起工、同42年(1909年)2月に竣工した。設計辰野金吾・片岡安事務所、施工は溝水組であった。建築面積約282㎡の小規模な建物で、煉瓦造、地上2階、地下1階、中央にドームを戴いた八角の塔屋を持つ。小屋組みは木造トラス、屋根は天然スレート葺であった。
 昭和41年(1966年)まで日本生命保険相互会社福岡支店の社屋として利用されたが、その間、戦時中に会談手摺(鉄製)、正面玄関鉄扉、玄関北脇ドライエリア擁壁上の鉄柵などを供出、昭和26年頃には2階の会議室・階上応接室境の煉瓦壁を撤去、階段室吹き抜けの2階部分に床を設置するなどの改造があった。屋根をスレート葺から現在の銅板葺に改めたのもこの頃とみられる。
 明治末期の本格的な煉瓦造建築物として価値が高く、昭和44年(1969年)3月重要文化財に指定された。同年12月福岡市が買収し、同47年に福岡市歴史資料館として活用するため改修工事が行われた。このとき1階事務室前のカウンターグリル、階段室吹き抜け、階段の鉄製手摺、照明器具などを復旧したが、それとともに空調機器の設置および収蔵品の展示・保管のため、一部の部屋境の扉を撤去し、外廻りの窓に鉄製パネルをはめ込むなどの改修が行われた。

b0212342_16522439.jpg 平成2年(1989年)に至り、市博物館の新設にともない、この建物は資料館としての使命を終えた。この度、この建物を福岡市赤煉瓦文化館として整備し、新たに集会、催事の施設として保存・活用を図ることとなり、今回の改修工事に至った。

←平成4年(1992年)〜平成6年の改修工事後に取り付けられた、
現地案内看板

by h9w457y8i | 2015-02-19 09:00 | 福岡 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。