東京都の近代文化遺産

b0212342_921238.jpg

「明治政府は,諸外国との条約改正に先立ち,近代国家としての体制を整えるため,明治19年(1889年)に西洋式の建築による官庁集中計画に着手しました。そして,その計画案の策定のためにドイツの高名な建築家で,共同の建築事務所を開いていたエンデとベックマンを招へいしました。
 まず,ベックマンが来日し,大規模な官庁集中計画案を作成しましたが,その帰国後,完成案を持ってエンデが来日しました。エンデは,当時の政治状況や反対者の意見を考慮して,ベックマン案を縮小し,日比谷に諸官庁を建てる案を作成しました。
 実際に建てられたのは,司法省と大審院(後の最高裁判所)の建物でした。司法省の庁舎(赤れんが棟)は,明治21年(1888年)に着工され,同28年(1895年)に竣工しました。赤れんが棟は,関東大震災ではほとんど被害を受けませんでしたが,昭和20年(1945年)の戦災によりれんが壁とれんが床を残して消失しました。戦後,同25年までに改修され,その後,法務省の本館として使用されてきました。そして,平成3年に復原改修工事が始められ,平成6年(1994年)に創建当時の姿に復原されました。
 なお,赤れんが棟の外観は,平成6年(1994年)12月に国の重要文化財に指定されています。」
 重要文化財指定は外観のみで、内装は含まれない。




建物北側。桜田門交差点より。
b0212342_96998.jpg

b0212342_934469.jpg


法務省の敷地内、建物西面。
b0212342_951737.jpg

b0212342_954621.jpg


建物3階、法務史料展示室前の廊下から、建物東面。
b0212342_962516.jpg

20100202







見学メモ

アクセス
<鉄道>
JR山手線・京浜東北線 有楽町駅から徒歩約10分
東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線 霞ヶ関駅A1出口から徒歩約3分
東京メトロ有楽町線 桜田門駅5番出口から徒歩約1分
東京メトロ日比谷線・千代田線 日比谷駅、および都営三田線日比谷駅 A100出口から徒歩約6分

<クルマ>
見学者用の施設付属駐車場はない。*2
日比谷公園の東側に、民間駐車場が点在している。法務省西門まで、いずれも徒歩約8~11分(約600~900m)。NAVITIME駐車場検索にて、「法務省」で検索。


google map

普段の見学
正門を入って建物の西側の敷地、および建物3階北側、法務史料展示室とメッセージ・ギャラリーが一般公開されている。開館は平日の10:00~18:00。無料。詳しくは法務省法務史料展示室見学案内ページ参照。
敷地内に立ち入るには、正門横の守衛所にて、建物と史料展示室の見学を行いたいと申し出る。
建物西側の庭は指定された範囲内(腰高の柵があったと思う)からなら、自由に外観を撮影してよいと言われた。ただし、公用車がしばしば通るので気をつけるように、とのこと。
建物の見学者用玄関にいた案内職員に、建物内部の撮影の可否を聞いたところ、撮影は遠慮して欲しいとのことだった。
建物東面は広い庭に面しているが、そこは見学者立ち入り禁止。3階展示室前の廊下から建物の東面外観だけを撮影したい、と展示室の係員にお願いしたところ、快諾していただけた。

見学所要時間 1時間

特別公開
情報は見つけられなかった。

問い合わせ
見学についての問い合わせは、法務史料展示室へ。


*1 文化財基本データに関しては、文化庁文化財等データベースより。
*2 法務省公式サイト内、法務資料展示室見学案内ページより。
by h9w457y8i | 2012-07-27 09:02 | 東京 | Comments(2)


案内所トップ東京都 近代文化遺産旧東宮御所(赤坂離宮迎賓館) > アクセス



駅から徒歩

内閣府公式サイト内、迎賓館赤坂離宮案内図参照。
最寄り駅は、JR中央線・総武線、東京メトロ南北線、東京メトロ丸の内線の、四ッ谷駅。

四ツ谷駅の出口地下鉄1番出口 エレベーターおよびエスカレーターあり。ただし、丸ノ内線から出ると階段のみ。
地下鉄2番出口 階段のみ。
地下鉄3番出口 南北線から、エスカレーターあり。
JR四ツ谷口、麹町口 エスカレーターあり。

どの出口から出ても、おおよそ徒歩7~8分。



迎賓館見学用入口、当日整理券配布場所などについては、上の地図を参照。



駐車場

見学者用の施設付属駐車場はない。徒歩7分(約500m)以内に、いくつかの民間有料駐車場がある。NAVITIME駐車場検索ページ、「迎賓館赤坂離宮」で検索。


見学のしかたはこちらのページへ。


by h9w457y8i | 2012-07-25 11:37 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。