じゆうがくえん みょうにちかん こうどう

昭和2年(1927年)竣工
木造、建築面積403.3㎡、一部二階、切妻造(きりづまづくり)*1、左右塔屋付、鉄板葺
国指定重要文化財  平成9年(1997年)指定

中央棟
東および西教室棟





東京、池袋駅の西口から歩いて10分足らず。閑静な住宅地の中にたたずむ教会のような建物が、自由学園明日館。
この講堂のほかに、道路を挟んで建つ中央棟東、及び西教室棟が、それぞれ国の重要文化財に指定されている。

画像クリックで拡大
b0212342_9184142.jpg


b0212342_9192367.jpg

b0212342_920124.jpg

b0212342_9193466.jpg

b0212342_9201844.jpg

b0212342_9203159.jpg

建物の歴史、構造などの概要は、自由学園明日館中央棟の記事を参照。

玄関。
b0212342_920583.jpg


現地案内看板。(クリックで拡大)
b0212342_9222392.jpg


b0212342_9225921.jpg

b0212342_9231117.jpg

b0212342_923201.jpg

b0212342_9233432.jpg

b0212342_9235151.jpgb0212342_924226.jpg


大きな窓のデザインは、明日館のシンボル、中央棟ホールの大窓のものを踏襲している。
b0212342_9261627.jpg







見学メモ

自由学園明日館中央棟記事の見学メモを参照。


*1 用語解説
by h9w457y8i | 2011-11-30 09:29 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ長崎県 近代文化遺産リスト > 頭ヶ島天主堂

かしらがじまてんしゅどう

附(つけたり)*1 司祭館
大正8年(1919年)竣工
単廊式教会堂、石造、建築面積131.6㎡、正面塔屋付、桟瓦葺(さんかわらぶき)*1
国指定重要文化財  平成13年(2001年)指定



頭ヶ島天主堂は,五島列島中通島の東方にある長径2km余の小島(頭ヶ島)にある。

鉄川与助の設計,施工により,明治43年に着工,大正8年に竣工した。

小規模ながら類例の少ない石造で,内外とも斬新な意匠をもち,長崎を中心に数多く残る離島,辺地の教会堂のなかでも傑出した遺構として,重要文化財に指定されている。

境内地は,島北の入り江に面した小集落の奥,緩やかに傾斜する山裾の一段高い位置にひらかれている。天主堂の周辺には,石造の門柱一対をはじめとして,同時期の石垣,石段などもよく残り,いずれも丁寧な仕事になる。

これらの工作物及び地勢を巧みに活かして造成された境内地は,周辺環境と一体となって良好な風致を形成しており,天主堂とともに保存を図る。*2

このほか、長崎県庁公式サイト内、頭ヶ島天主堂案内ページにて、詳細な解説あり。

天主堂外観、内部の写真が「写真紀行~風に吹かれて」というサイトにアップされていた。とても美しく撮影されている。(リンク禁止の記述が見当たらなかったので、貼らせていただきました。不都合がありましたらご連絡いただければ削除いたします)







見学準備メモ

アクセス
この教会が建っている「頭ヶ島(かしらがじま)」は、長崎県五島列島の最も東に位置している。この島には上五島空港があり、以前は定期便が就航していたが、2006年以降廃止となり、事実上旅客空港としては機能していない。(「上五島空港」で検索しても、ターミナルの公式サイトは見つけられなかった)
この島に行くには、橋で繋がっている中通島(なかどおりじま)から、ということになる。中通島は、定期航空便が就航する福江島とは橋ではつながっていないので、中通島へのフェリー、あるいは高速船のみとなる。
中通島へは、佐世保、長崎、福岡、福江のそれぞれの港からフェリー、あるいは高速船が出ている。

福岡空港/長崎空港→福江空港→福江港→中通島
福岡空港→福江空港はエアーニッポンが、長崎空港→福江空港はオリエンタル・エア・ブリッジ(旧長崎航空)が運航している。九州本島からの日帰りが可能かどうか。朝一番に福江空港に着くのはエアーニッポンの福岡発の便であり、午前9時30分着だが、中通島行きフェリー(九州商船野母商船、五島旅客船)の福江港出発時刻は、最も遅いものでも午前9時20分であり、それ以降は午後も含め、ない。よってこのルートでは不可能。

佐世保、長崎、福岡からのフェリー
いくつもの会社によって運行されている。長崎県庁公式サイト内、「ながさきのしま」アクセス案内ページで分かりやすくまとめられている。
九州本島からの日帰りが可能か。結論から言うと、不可能。ただし、福岡港を深夜11時30分に出て、船上で夜を明かし、翌日中に九州本島内に戻ることは可能。

中通島の各港から天主堂まで。
バス。西肥(さいひ)バスが運行している。「頭ヶ島教会」停留所から徒歩5分。ただし、青方港から1日1本、有川港から1日2本のみ。
レンタカー。佐世保、長崎からの船が着く有川、奈良尾の各港に、メジャーなところではトヨタレンタリースの営業所がある。


google map

普段の見学
天主堂、あるいは天主堂を管理する団体の公式サイトは見つけられなかった。
長崎観光連盟および長崎県庁が運営する「ながさき旅ネット」というポータルサイト内に、この天主堂の案内ページあり。それによると、教会が開いている9:00~17:00であれば内部の見学は基本的に可能。ただし、ミサ(第2,4日曜日の16:00~)や冠婚葬祭が行われているときは不可の場合もある。拝観無料。
堂内の写真撮影の可否について。このポータルサイトの「見学時マナー」ページによると、現役の宗教施設なので一般論として不可。

問い合わせ
長崎県庁公式サイト内、頭ヶ島天主堂案内ページに、「主任教会は鯛ノ浦教会 TEL 0959-42-0221」とある。
まっぷる観光ガイドによると、「問い合わせ先 TEL 0959-42-0964」となっているが、どこの番号なのかは明らかでない。
文化財保存の主管はたいてい地方自治体の教育委員会なので、新上五島町教育委員会 TEL 0959-54-1984 


*1 用語解説
*2 文化庁文化財等データベースより

by h9w457y8i | 2011-11-24 09:29 | 長崎 | Comments(0)

じゆうがくえん みょうにちかん 
ひがしきょうしつとう ・ にしきょうしつとう

東教室棟 大正14年(1925年)、竣工。
西教室棟 大正11年(1922年)、竣工。
両棟ともに、木造、建築面積179㎡、切妻造、鉄板葺
国指定重要文化財  平成9年(1997年)指定。





東京の池袋駅から数100m。閑静な住宅地のなかに、自由学園明日館はある。

建物の構造、歴史などの概要については、明日館公式サイト内、建物案内ページを参照。


東教室棟。
b0212342_117993.jpg

b0212342_1173649.jpgb0212342_1175356.jpg


b0212342_1181836.jpg

b0212342_11103181.jpg





西教室棟。
b0212342_11105672.jpg

b0212342_11111457.jpg

b0212342_11131965.jpg

b0212342_11115049.jpg

b0212342_1112750.jpg






見学メモ
自由学園明日館中央棟の見学メモを参照。
by h9w457y8i | 2011-11-23 10:33 | Comments(0)

じゆうがくえん みょうにちかん ちゅうおうとう

大正10年(1921年)竣工 
木造、建築面積639.6㎡、一部二階、半地下付、切妻造(きりづまづくり)*1、鉄板葺
国指定重要文化財  平成9年(1997年)指定

東および西教室棟
講堂





b0212342_11103050.jpg

池袋駅からわずか数100mなのに、こんな閑静な住宅地があるとは…。と、ちょっとびっくりしながら、明日館に向かう。

そしてそんな住宅地の中に、自由学園明日館は建っている。明日館前の道路。
b0212342_111852100.jpg

b0212342_11181670.jpg

b0212342_11171768.jpg

b0212342_11173381.jpg

b0212342_11174457.jpg

b0212342_10594039.jpg


設計は、アメリカの巨匠、フランク・ロイド・ライトと、その弟子、遠藤新。 学園創立者の羽仁夫妻が、遠藤を介し、帝国ホテル設計のために来日していたライトに校舎の設計を依頼した。*2

建物の歴史、構造などの概要については、自由学園明日館公式ホームページから、建物案内ページへ。難しい学術的な記述ではなく、一般の人にもわかりやすい言葉で、丁寧に解説されている。


b0212342_6481845.jpg

この建物の特徴は、高さを抑えて水平線を強調した「プレーリーハウス(草原様式)」と呼ばれるデザインと、統一された幾何学的な建具のデザインにある。*2  建物の象徴ともいえるこの大きな窓のてっぺんの角度が、他の部屋の梁、照明器具、椅子の背もたれなど、ありとあらゆるところに取り入れられ、統一感を出している。
なお、このホールには喫茶室があり、ケーキやクッキーを食べながらくつろげるようになっている。

NHKで2011年7月14日に放映された美術鑑賞番組「美の壺」では、この窓を中心とした建物の美しさが取り上げられた。

b0212342_5375549.jpg

b0212342_538879.jpg

b0212342_5382166.jpg

b0212342_5384637.jpg


こちらは食堂。
b0212342_539526.jpg

食堂にしつらえられた、暖炉。
b0212342_5393941.jpg


b0212342_540347.jpg


現地案内看板。(画像クリックで拡大)
b0212342_5402989.jpg


b0212342_5415993.jpg


関東大震災や第二次世界大戦の空襲からも免れた明日館だったが、80年の歳月のなかで老朽化が顕著になったため、1999年(平成11)3月から2001年(平成13)9月まで保存修理工事が行われた。*2







見学メモ

アクセス
自由学園明日館公式サイト内、アクセス案内ページ参照。


google map

普段の見学
有料(ブログ記事掲載時、大人400円)にて一般公開されているが、館内ではいろいろな催しがある場合が多く、見学日と時間に制限がある。見学可能日、時刻、料金(喫茶料金も含む)などの詳細は、自由学園明日館公式サイト内、見学・利用案内ページ参照。なお、中央棟内で結婚式を挙行することも可能。私が見学した日も、下見に来ていたカップルが何組かあった。

特別公開
特になし。

問い合わせ
自由学園明日館公式サイト、問い合わせページ参照。


*1 用語解説
*2 自由学園明日館公式サイト内、建物案内ページより


東教室棟・西教室棟の記事
講堂の記事 
by h9w457y8i | 2011-11-22 11:19 | 東京 | Comments(0)

奈良公園の中。
奈良国立博物館新館の裏手=南側に、現在は奈良国立博物館・仏教美術資料研究センターとして使われている、旧奈良県物産陳列所がある。
訪れたときは博物館新館で正倉院の宝物展が催されており、新館の玄関回りにはたくさんの人の行列ができていたが、そことはうって変わって、かなりひっそりとした雰囲気。観光客はほとんど来ないエリアだ。

b0212342_1691621.jpg


b0212342_1695947.jpg

この建物は、奈良県の特産品の展示即売場として建てられた。
内部構造は洋風だが、名勝奈良公園の景観との調和を図って、外観は和風を意匠の基調としている。*2
一見すると、お寺に附属する建物のように見えた。飛鳥時代から鎌倉時代の伝統的な建築様式を取り入れている*3 らしい。

設計は、帝国大学工科大学造家学科(現東京大学工学部建築学科の前身)出身の建築史学者で、当時奈良県技師として古社寺建築物修理に尽力した関野貞(せきの・ただし)博士(1867~1935年)。
関野は大学在学中より宇治の平等院鳳凰堂を研究しており、屋根の形式や左右対称の優美な外観は鳳凰堂に範をとったものと思われる。*3


平等院を彷彿とさせる、左右の翼部。
b0212342_16203452.jpg

b0212342_16205345.jpg

b0212342_1621564.jpg


イスラム風デザインの窓。
このように、構造・デザインともに東西の要素をたくみに取り入れている。明治中期を代表する近代和風建築物として、高く評価されている。*3
b0212342_16223654.jpg


立派な鬼瓦。
b0212342_162309.jpg


建物を真横から見た。こちらは東面。
b0212342_16231739.jpg


建物の裏面=北側。正面南側からの画像は、たくさんの植栽によって遮られたものばかりになってしまったが、こちら側は職員用駐車場になっており、建物の特徴がわかりやすい。
b0212342_16235511.jpg

b0212342_16241443.jpg

b0212342_16242468.jpg


奈良国立博物館による現地案内看板。画像クリックで拡大
b0212342_16255696.jpg


建物の保存状態は非常に良好。不自然な真新しさもない。是非中に入ってみたかったが、あいにくこの日は公開日ではなかった。残念。







見学メモ

アクセス
奈良国立博物館交通アクセス案内ページ参照。このページに書かれている「市内循環バス内回り」について。奈良交通が運行している。1時間に6本以上。バスの路線図、バス亭時刻表、料金などの詳細は、奈良交通公式ホームページへ。
なお、博物館の交通アクセスは、なら仏教館と新館の玄関までの案内となっている。そこから新館の裏を通って、徒歩約4分。


google map

普段の見学
建物の敷地内に入れるのは、毎週水・金曜日の9:30~16:30. 詳しくは奈良国立博物館公式サイト内、建物案内ページへ。それ以外の曜日は、外観の見学は建物の周囲に張り巡らされている金網越しになってしまう。前記建物案内サイトに建物内部の写真が掲載されているが、それを見る限りかなり今風に改装されてしまっているような気がする。文化財としての見学に耐えうるかどうかは不明。

特別公開
特に見つけられなかった。

問い合わせ
奈良国立博物館公式ホームページ参照。ブログ記事掲載時、「問い合わせ」という項目はなく、ハローダイヤルの電話番号と、「ご意見・ご感想」を送信するページへのリンクが掲載されている。



*1 用語解説
*2 文化庁文化財等データベースより
*3 奈良国立博物館による現地案内看板より
by h9w457y8i | 2011-11-18 17:04 | 奈良 | Comments(3)

ルク・ユー・ティー・ハウス

飲茶の老舗。
今まで行った飲茶の店の中では、かなり美味しいほうだと思う。
サービスはぞんざいな感じだけど。

b0212342_9575616.jpg

店内の雰囲気は、伝統的な内装。お昼過ぎに行ったら、ビジネスマンが多かった。でもカジュアルな格好でも全く問題ないと思う。
b0212342_10112984.jpg

まずはお茶をどうするか聞かれる。広東語で聞かれても分からないので、メニュー表から漢字を見て決める。
b0212342_1025732.jpg


メニューに日本語の記載がある。画像クリックで拡大
b0212342_1003144.jpg

ただし、自分が行ったときは日本語が通じる人がおらず、別の注文用紙に食べたいものとその数を書いて店員に渡す、というスタイル。香港では一般的。画像クリックで拡大
b0212342_102938.jpg


典型的な品を頼んだ。一人で三皿。十分満足。
b0212342_1034344.jpg

b0212342_1041119.jpg

b0212342_1042497.jpg

以前、香港に住む人に、「日本人はシューマイとかしか食べないけど、そんなんじゃ飲茶、わかってない。なんで鳩、食べないの。美味しいよー」と言われた。
ハト。次回、試してみようかな。


住所 : 24-26 Stanley Street, Central, HongKong  google map
TEL : 2523-5464
営業時間 : 7:00-22:00 飲茶は朝から食べられる。午後5時ごろ行ったら、もう飲茶はやってないよ、と以前言われた。
定休日 : 無休

どこかのサイトに「要予約」と書いてあったが、午後1時過ぎに予約なしで行っても全く待たずに店に入れた。
by h9w457y8i | 2011-11-17 10:12 | Comments(0)

きゅうていこくならはくぶつかんほんかん

附(つけたり)*1 内匠寮奈良博物館建築工事図面(明治23~28年)、表昇降口雛形(どの部分をいうのか不明。よって画像はない)、棟札
明治27年(1894年)竣工
煉瓦造、建築面積1,663.5㎡、一階建、桟瓦葺(さんかわらぶき)*1、一部銅板葺
国指定重要文化財 昭和44年(1969年)指定






奈良市街の中心部、近鉄奈良駅周辺から、東大寺の方向に歩いてわずか徒歩5分ほど。
”野性”の鹿が、市街地なのにそこかしこを闊歩する奈良公園。
その中に、奈良国立博物館がある。
b0212342_2115069.jpg

b0212342_21152272.jpg


博物館の建物の一つ。現在は「なら仏像館」として使われているのが、この旧帝国奈良博物館本館。
b0212342_21185020.jpg

b0212342_21172476.jpg


建物自体の正面は、西に面している。
b0212342_2119344.jpg

設計は、当時宮内省内匠寮技師であった片山東熊(かたやまとうくま・1854-1917)によるもので、フレンチルネサンス高揚期の様式をとっている。*2
西側正面の門の上は、凝ったレリーフによって装飾されている。(画像クリックで拡大)
b0212342_22331555.jpg

b0212342_21275526.jpg

b0212342_21281317.jpg

b0212342_21283431.jpg

b0212342_21284999.jpg

建物南面。
b0212342_21295117.jpg

北面。
b0212342_21303427.jpg

b0212342_21493785.jpgb0212342_21495367.jpg

博物館入口のある、東面。
b0212342_21305796.jpg


建物西面の脇、案内看板。画像クリックで拡大。
b0212342_2132134.jpg


ところで。ここでこの建物に対する感想だが。
この案内板には、「とくに西玄関まわりの装飾は意匠的にもすぐれ、明治中期の欧風建築として代表的なものである」と書かれているのだが。
西玄関にはコンクリートの真新しい階段が作られていたが、装飾性のかけらもない。窓風の装飾部も、コンクリートでベタっと塗りたくっただけ。これらは最近に補修された部分と見受けたが、建物の雰囲気に全く調和していない。仮にも国立の博物館であるというのに。入口上部の庇部分や柱頭部のレリーフが素晴らしいだけに、ちょっと残念だ。
b0212342_21374913.jpgb0212342_2138222.jpg

b0212342_21401481.jpg








見学メモ

アクセス
奈良国立博物館の交通アクセス案内ページ参照。
<バス>
「市内循環バス」は奈良交通が運行している。1時間に6本以上。バスの路線図、バス亭時刻表、料金などの詳細は、奈良交通公式ホームページへ。


google map

普段の見学
外部の見学は自由。博物館内部も文化財として見学する価値があるようなつくりになっているのかどうかは不明。

特別公開
建物自体の特別公開についての情報は得られなかった。

問い合わせ
奈良国立博物館公式ホームページ参照。ブログ記事掲載時、「問い合わせ」という項目はなく、ハローダイヤルの電話番号と、「ご意見・ご感想」を送信するページへのリンクが掲載されている。



*1 用語解説
*2 奈良国立博物館公式サイトより
by h9w457y8i | 2011-11-16 22:39 | 奈良 | Comments(0)

ならじょしだいがく(きゅうならじょしこうとうしはんがっこう)
しゅえいしつ

明治42年(1909年)竣工。
木造、建築面積20㎡、鉄板葺
国指定重要文化財 平成6年(1994年)指定。





先日、奈良女子大学の旧本館(現記念館)の内部が特別公開され、その機会に訪れた。
b0212342_647952.jpg

正門の内側、入ってすぐ右側に、守衛室はある。現在もちゃんと守衛室として機能しており、守衛さんが中で勤務されていた。
b0212342_7465410.jpg

十字型平面の鉄板葺の建物で、屋根の棟飾りや窓廻りを本館と類似した意匠でまとめている。*1
b0212342_7471485.jpg

b0212342_7473010.jpg

b0212342_7482667.jpg

b0212342_7484490.jpg

現役で使用されているだけに保存状態は良好で、外装のペンキも真新しいかんじだった。





見学メモ
旧本館の記事を参照。



google map


*1 旧本館入口で受け取った見学者用パンフレットより。
by h9w457y8i | 2011-11-12 07:58 | Comments(0)

ならじょしだいがく(きゅうならじょしこうとうしはんがっこう)
きゅうほんかん つけたり せいもん

明治42年(1909年)竣工
国指定重要文化財 平成6年(1994年)指定






国の重要文化財に指定されている、奈良女子大学の旧本館(現「記念館」)。その附(つけたり)として、この正門が指定されている。
附とは、重要文化財に指定されたモノに附属して、同じく文化財に指定されたもの。この正門のように建造物の場合もあれば、棟札、設計図などの書類の場合も多い。

この正門は、大学敷地の東辺に面している。
画像の奥、門の間から見える建物が、旧本館。
b0212342_8412412.jpg

中央の両開扉と両脇の片開扉で構成され、門柱や上部の照明器具の意匠に配慮がはらわれている。*1
b0212342_8414566.jpg

b0212342_842179.jpg

b0212342_8421237.jpg

この日は、旧本館、現記念館の内部が特別公開されていた。
b0212342_8422886.jpg


門の内側。西から東に向けてカメラを向けている。
b0212342_8443371.jpg

門を構成する板材などは昔からのモノのようだが、塗装は真新しく、保存状態は良好だった。

門の北隣には、同じく国の重要文化財に指定されている、守衛所。
b0212342_847220.jpg







見学メモ
旧本館の記事を参照。




*1 旧本館入口でもらった見学用パンフレットより。
by h9w457y8i | 2011-11-11 09:07 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。