ベルギーの世界遺産リストストックレー邸トップページ > 見学要領・問い合わせ


現在、ストックレー邸内部は非公開。
公開に関する情報は、この記事掲載時には見つけられなかった。

問い合わせ先は不明。

ストックレー邸への行き方はこちら


by h9w457y8i | 2015-02-27 09:00 | ベルギー | Comments(0)

ベルギーの世界遺産リストストックレー邸トップページ > フォトギャラリー

全ての画像はクリックで拡大できます。

1
b0212342_15572328.jpg

2
b0212342_16180431.jpg

3
b0212342_16175315.jpg

4
b0212342_16193070.jpg

5
b0212342_16191156.jpg

6
b0212342_16205795.jpg

7
b0212342_16213431.jpg

8
b0212342_16212723.jpg

9
b0212342_16235843.jpg

10
b0212342_16234993.jpg

11
b0212342_16255661.jpg

12
b0212342_16264635.jpg

13
b0212342_16265554.jpg

14
b0212342_16291482.jpg

15
b0212342_16293602.jpg

16
b0212342_16311087.jpg

17
b0212342_16310248.jpg

18
b0212342_16321284.jpg

19 ↓非公開、住人なしにもかかわらず、庭園は手入れが行き届いていた。
b0212342_16322467.jpg

site map


by h9w457y8i | 2015-02-25 09:00 | ベルギー | Comments(0)

ベルギーの世界遺産ブリュッセルのグラン・プラス > 見学要領・問い合わせ

概要       フォトギャラリー       アクセスGoogle Map


普段の見学

市庁舎

b0212342_20331029.jpgブリュッセル市公式サイト市庁舎見学案内ページ(英語、フランス語、オランダ語)があるものの、いまいちわかりにくい。
館内を見学するにはガイド付きツアーに参加する必要がある、というようなことを言われたと記憶しているが、公式サイトにはガイド付き見学ツアーの内容が書かれているのみ。

見学ツアーは以下の通り開催されている。
水曜日
13:00〜オランダ語、14:00〜フランス語、15:00〜英語。
日曜日
10:00〜英語、11:00〜オランダ語、12:00〜フランス語、14:00〜英語、15:00〜オランダ語、16:00〜フランス語。

いずれのツアーも、大人一人5ユーロ(これに加え、大人一人3ユーロという記載あり。ツアーに参加せずに勝手に館内を見学することが可能という意味なのか。詳細は不明)

開始15分前までに、市庁舎中庭に面した入口か、グラン・プラス内観光案内所でチケットを購入すること。返金可能。
館内での写真撮影は禁止。(ツアーのガイド談)
休館日は不明。



ブリュッセル市立博物館 「王の家」

b0212342_20233872.jpg開館時間:火~日10:00〜17:00(チケットの販売は閉館15分前まで)
閉館日:月曜、1/1、5/1、11/1、11/11、12/25
料金:3ユーロ

ブリュッセルの歴史に関する古文書、古地図、15~16世紀祭壇装飾、絵画、陶器、小便小僧の衣装などが展示されている。

ブリュッセル観光局公式サイト(日本語)/グラン・プラス案内ページより



ビール博物館 「黄金の木」

b0212342_20521400.jpg開館:毎日10:00~17:00
ただし、12/1~3/31の土・日:12:00~17:00
閉館日:1/1、12/25
一般6€ 、団体5€ (最少20人)、入場料にはビール1杯の試飲が含まれる。

ベルギービール醸造者組合が運営する博物館。
18世紀のビール醸造器具の展示や、最新のハイテク醸造法を紹介している。

ブリュッセル観光局公式サイト(日本語)/グラン・プラス案内ページより




イベント

2年おきに、8月中旬に広場をベゴニアの花が覆い尽くすフラワー・カーペットの催しあり。2014年は8月15日から3日間開催予定。詳細はフラワー・カーペット公式サイト参照。




問い合わせ

市庁舎 ブリュッセル市公式サイト(英語)参照。
ブリュッセル市立博物館(王の家)、ビール博物館(黄金の木) ベルギー観光局公式サイト(日本語)参照。

.

by h9w457y8i | 2014-01-30 14:37 | ベルギー | Comments(0)

ベルギーの世界遺産ブリュッセルのグラン・プラス > 概要

フォトギャラリー        アクセスGoogle Map        見学要領・問い合わせ




ブリュッセルはケルンとフランドル地方を結ぶ交通の要衝として、12世紀頃から発展した。交易で栄えた街の中心には市場が開かれたが、それはいつしか拡大し、グラン・プラス(大広場)と呼ばれる広場へと発展していった。13〜14世紀になると、商工業者間で結成された職業別組合であるギルドも出現し、グラン・プラスの周辺には、パン職人やビール醸造業者、大工・家具職人、仕立て屋などのギルドハウスが立ち並んでいった。
1695年、ルイ14世の命を受けたフランス軍の侵攻を受けたブリュッセルは、激しい砲撃で市庁舎以外のほぼ全ての建造物を焼失してしまう。しかしギルドの人々の努力によって、街はわずか4年で再建。新たなギルドハウスはそれまでの木造ではなく、バロック様式を取り入れた石造りへと変更された。より華麗な姿でよみがえったグラン・プラスは、19世紀半ばにフランスの文豪ヴィクトル・ユゴーによって「世界一豪華な広場」と称された。1831年にベルギー王国の首都となったブリュッセルは、現在では欧州連合本部が置かれ、「EUの首都」としての顔も持つ。
〜世界遺産検定公式ガイド(世界遺産アカデミー・世界遺産検定事務局発行)より引用




以下の文章は、ユネスコ公式サイト/グラン・プラス案内ページを管理人が和訳したもの。

登録基準

登録基準 2: 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値感の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。*1
グランプラスは、この地域の文化と社会性の特徴をよく表した、建築技術と芸術性のスタイルが高度に結びついた顕著な例である。

登録基準 4: 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。*1
建築学上の性質と品質という点から言っても、また公共の広場としての顕著な品質という点から言っても、グラン・プラスは、北ヨーロッパにおける高度に成功した商業都市の進化と業績を、独特な方法で例示している。それは、繁栄の頂点を極めた例だと言える。



解説

グラン・プラスは、この地域の文化と社会性の特徴をよく表した、建築技術と芸術性のスタイルが高度に結びついた顕著な例である。そしてまた、建築学上の性質と品質という点から言っても、また公共の広場としての顕著な品質という点から言っても、グラン・プラスは、北ヨーロッパにおける高度に成功した商業都市の進化と業績を、独特な方法で例示している。それは、繁栄の頂点を極めた例だと言える。

この広場が最も早く文献上に登場するのは、1174年のことである。当時はNedermarckt(オランダ語で「低い市場」)と呼ばれた。現在の名前で呼ばれるようになったのは、18世紀終盤になってからである。

この土地はかつてはセンエ川右岸近くの沼地であり、Lower Lotharingiaの大公、Charles of Franceにより977年前後に築かれた城郭の防御外堡、castellumの東方に位置していた。沼地は12世紀に干拓された。グラン・プラスの長方形の大きさは、脈々と行われ続けた拡張や修正により時代を超えて大きくなっており、現在の大きさになったのは1695年以降のことだった。しかし、7本の通りが広場に通じているのはずっとそのままである。13, 14世紀には、市場は無計画に配置されたsteenen(衣料、パン、肉を扱う石造りのホールや市場)と木材の柱を持つ家々に囲まれていた。そして、作業場、庭、ambiti(防火帯として用いられた通路)によって区切られていた。15世紀になると、広場南側の家々は取り壊され、代わりに市庁舎(工事期間1401〜1444年)の東西翼とその鐘楼(1449年竣工)が建設された。新しいパン・ホールは、広場の北側に1405年に建設された。

そのパン・ホールも1512年から1513年にかけて取り壊され、その跡地には「王の家(La Maison du Roi)」と名付けられた大きな建物が建設された。16世紀になると、多くの家々の広場に面した正面は、ルネサンス、あるいはバロック様式に造りかえられた。フランスのルイ14世は、1695年8月14日、自国沿岸の街や港をオランダとイギリスの艦艇により破壊された報復として、Villeroy元帥にブリュッセルの街を砲撃するように命じた。砲撃は熾烈を極めたものの、街の再建は迅速に進んだ。それは市当局の措置と、他の街や行政区による寛大な援助によるところが大きかった。1697年、注目すべき条例が、市行政官から公布された。それは、広場の景観を維持するため、全ての建物について、その正面を造り変える場合は、当局にそれを申請し承認を受けなければならない、というものだった。こうしてグラン・プラスは、4年で往時の姿を取り戻すことができた。

グラン・プラスの南面の大部分を占めるHôtel de Ville(市庁舎)は、長方形をした中庭を囲む建物の一群から成る。広場に面した部分は15世紀に造られ、二つのL字型の建物から成る。建物の正面は全体を彫像で飾られており、それは19世紀から設置されはじめた。それに比べると建物の南側は控えめな印象で、上から見るとU字型をしているゴシック建造物であり、18世紀に建造された。
広場を挟んで市庁舎の向かい側にあるもう一つの特徴的な建物は「Maison du Roi(王の家)」と呼ばれ、現在はブリュッセル市立博物館として使用されている。1873年、ブリュッセル市議会は老朽化のため、この建物を取り壊し、建て直す決定を下した。再建により建物は、三階建てのレンガ構造、アーケードを持つ正面、くぼみを持つ屋根、そして中央には灯火が灯る尖塔、といった建造当初の姿に復元された。

グラン・プラスに面した様々な大きさの家は、一つ一つが固有の名称を持っている。ブラバント公の家(Les Ducs de Brabant)、スペイン王の家(Le Roi de l’Espagne)、Le Cornet、白鳥(Le Cygne)、ブリューワーズの家(Maison des Brasseurs)、鹿(Le Cerf)、仕立て屋の家(La Maison des Tailleurs)、といった具合である。家々の内部がどの程度オリジナルの状態を保全しているかはまちまちで、18世紀初頭の状態がそのまま残っているような家もあれば、大幅に改造され、現代的になった家もある。いくつかの家の1階は、商店、レストラン、カフェとして営業している。



グラン・プラスの歴史

この広場が最も早く文献上に登場するのは、1174年のことである。当時はNedermarckt(オランダ語で「低い市場」)と呼ばれた。現在の名前で呼ばれるようになったのは、18世紀の最終四半期になってからである。

この土地はかつてはセンエ川右岸近くの沼地であり、Lower Lotharingiaの大公、Charles of Franceにより977年前後に築かれた城郭の防御外堡、castellumの東方に位置していた。北をSpiegelbeekの流れに、東と南を砂州に囲まれており、また東から西へと傾斜していた。それはグラン・プラスに面したいくつかの家の名前が物語っている。例えばNo 6 La Montagne, Nos 10 and 18 La Colline、という風に。沼地は12世紀(あるいはそれよりもわずか以前)に干拓された。

グラン・プラスの長方形の大きさは、脈々と行われ続けた拡張や修正により時代を超えて大きくなっており、現在の大きさになったのは1695年以降のことだった。しかし、7本の通りが広場に通じているのはずっとそのままである。13, 14世紀には、市場は無計画に配置されたsteenen(衣料、パン、肉を扱う石造りのホールや市場)と木材の柱を持つ家々に囲まれていた。そして、作業場、庭、ambiti(防火帯として用いられた通路)によって区切られていた。

14世紀後半には、広場の南側に巨大な衣類売り場が建設された。1396年、市当局は広場の拡大と再開発のため、広場北側の多くの家々を接収した。15世紀には、広場南側の家々が取り壊され、代わりに市庁舎の東翼と西翼(工事期間1401〜1444年)、そして鐘楼(竣工1449年)が建設された。1405年、広場の北側に新しい「パンの家」が建設された。また1441年には、東側に不規則に建てられていた建物が取り壊され、そこに6棟のきれいに整列した建物が建てられた。この頃から、広場を囲む家々は会社やギルドの管理下に入っていった。ギルドは1420年頃から市政に影響を及ぼすようになり、グラン・プラスの発展に寄与していたからである。「パンの家」は1512年から1513年にかけて取り壊され、その跡地には「王の家(La Maison du Roi)」と名付けられた大きな建物が建設された。16世紀になると、多くの家々の広場に面した正面は、ルネサンス、あるいはバロック様式に造りかえられた。★


b0212342_08201023.jpg1 : Le Roi d’Espagne
2 - 3 : La Brouette 一輪手押車
4 : Le Sac 袋
5 : La Louve 雌狼
6 : Le Cornet
7 : Le Renard 狐
8 : L’Etoile 星
9 : Le Cygne 白鳥
10 : L’Arbre d’Or 黄金の木
11 : La Rose
12 : Le Mont Thabor
12a : Alsemberg
13 : La Renommée
14 : L’Ermitage
15 : La Fortune
16 : Le Moulin à Vent
17 : Le Pot d’Etain
18 : La Colline
19 : La Bourse
20 : Le Cerf Volant
21 : Joseph
22 : Anne
23 : L’Ange 天使
24 - 25 : La Chaloupe d’Or 黄金の汽艇
26 - 27 : Le Pigeon 鳩
28 : Le Marchand d’Or    34 : Le Heaume    35 : Le Paon 孔雀
36 : Le Petit Renard (ou le Samaritain)      37 : Le Chêne
38 : Sainte-Barbe     39 : L’Âne
上の地図はブリュッセッル市公式サイト/グラン・プラス案内ページより引用。


*1 日本ユネスコ協会連盟公式サイトより


mark1
by h9w457y8i | 2014-01-29 07:30 | ベルギー | Comments(0)

ベルギーの世界遺産ブリュッセルのグラン・プラス > アクセス

概要         フォトギャラリー         見学要領・問い合わせ


google map


鉄道

ブリュッセル・メトロ(地下鉄)のDe Brouckere駅(google mapのアイコンG)から徒歩約7分(約500m)、またはブリュッセル・メトロ中央駅( Gare Centrale. google mapのアイコンH)から徒歩約8分(約600m)。
ブリュッセル・メトロの乗り方はこちらの記事を参照。

ブリュッセル南駅(Gare du Bruxelles-Midi)から、徒歩約25分(約1.8km)。
ブリュッセル南駅は、フランス、ドイツ、オランダからの国際超特急「タリス」の発着駅。



クルマ

b0212342_05103398.jpg施設付属の駐車場はない。

付近に大型の地下駐車場がある。
入口はこちらのgoogle mapのアイコンJ、およびK。

営業時間、料金等の詳細はグラン・プラス駐車場公式サイト参照(フランス語またはオランダ語)。
b0212342_05104248.jpgb0212342_05103893.jpg

mark1
by h9w457y8i | 2014-01-26 05:18 | ベルギー | Comments(0)

サイトマップ > ベルギーの世界遺産リスト

文化財分布マップ(世界遺産は訪問済みのみ)


世界文化遺産


b0212342_05581770.jpg
建築家ヴィクトル・オルタの都市邸宅群
世界遺産に登録された複数の住宅のうち、一部が一般公開。

b0212342_06002152.jpg
ストックレー邸
2014.12現在、非公開。公開情報は見つけられない。

スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)

中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)

トゥルネーのノートル-ダム大聖堂

プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体

フランドル地方のベギン会修道院

ブリュージュ歴史地区

b0212342_06040708.jpg
ブリュッセルのグラン・プラス
100m x 50mほどの広場に面した建物の一群。ひときわ高い尖塔を持つ市庁舎は内部一般公開。内部写真撮影不可。その他の建物は現役の商店やレストランで、「王の家」以外、見学のための内部公開はしていない。

ベルギーとフランスの鐘楼群

ワロン地方の主要鉱区群





世界自然遺産


なし

.

by h9w457y8i | 2012-04-23 11:23 | ベルギー | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。