案内所トップ > 鹿児島県 近代文化遺産

文化財分布マップ



国指定重要文化財

国登録有形文化財



国指定重要文化財


泉家住宅
いずみけ じゅうたく
奄美大島の民家。内部非公開。外部見学がどの程度できるのか不明。資料もネット上では見つけられず。

鹿児島旧港施設
かごしま きゅうこうしせつ
新波止、一丁台場、遮断防波堤
江戸時代末期から明治時代にかけて造られた。周囲は埋め立てられ公園として整備されており、常時見学可能。詳細は全国近代化遺産活用連絡協議会公式サイト参照。

旧鹿児島紡績所技師館
きゅう かごしまぼうせきじょ ぎしかん
瓦葺き木造二階建て、擬洋風建築の住宅建築。明治期以降多くの西洋建築が日本に建てられたが、この建物は幕末(1866年)に建てられており、この種の建築の中では日本最古。←文化庁国指定文化財等データベース 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。一般公開。見学に関しての詳細は鹿児島市観光サイトへ。
31.61561, 130.57419

旧集成館機械工場(尚古集成館)
きゅう しゅうせいかん きかいこうじょう
石造り平屋建て、瓦葺きの重厚な大型の建物。江戸時代末期(1865年)に建てられた。世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。現在は博物館として一般公開。見学に関しての詳細は尚古集成館公式サイト参照。





国登録有形文化財(一部)


磯工芸館
いそこうげいかん

磯珈琲館
いそこーひーかん


by h9w457y8i | 2011-06-01 14:01 | 鹿児島 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。