案内所トップ愛媛県 近代文化遺産 > 萬翠荘



アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布 Google Map(管理人自作)


b0212342_07214201.jpg



アクセス


萬翠荘 見学用マーカー付き Google Map


バス・路面電車

伊予鉄バス 「一番町」バス停から、徒歩約3分。
市内電車(路面電車) 「大街道(おおかいどう)」駅から、徒歩約4分。
バス停、駅の位置はこちらの地図を参照。
伊予鉄バス、市内電車の路線図、時刻表、運賃、乗り方は、伊予鉄道公式ホームページへ。


駐車場

b0212342_07463572.jpg
施設附属無料駐車場。

収容台数 約20台。ただし、土・日曜日、祝日は原則として一般車両は駐車できない。萬翠荘公式サイト
駐車場への入り口はこちらの地図を参照。






見学のしかた


開館時間、入館料、休館日については、萬翠荘公式ホームページを参照。

2017.4
開館時間 9:00〜18:00
入館料 300円
休館日 月曜日。ただし祝日を除く。その他臨時休館あり。





建物の説明


萬翠荘は、大正11年(1922年)、旧松山藩主の子孫にあたる久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別邸として建設したものです。
陸軍駐在武官としてフランス生活が長かった定謨伯爵好みの、純フランス風の建物は、当時最高の社交の場として各界名士が集まり、皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたといわれています。また、裕仁親王(後の昭和天皇)の松山訪問に合わせ、完成を急がせたとも伝えられています。
萬翠荘は戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残す貴重な建築物として、昭和60年(1985年)に愛媛県指定有形文化財となりました。
その後、平成23年(2011年)11月29日に萬翠荘本館と管理人舎の2棟が国重要文化財に指定されています。←萬翠荘公式サイト

b0212342_08065873.jpg





管理人のおすすめポイント


東京にはこのような純洋風の大型邸宅があちこちにありますが(→東京・横浜のドラマロケや結婚式で使われる洋館)、地方では神戸・長崎を除くと、ちょっと珍しいです。そして萬翠荘はその中でも、純フランス風の邸宅としてとても瀟洒で、保存状態もいいと言えると思います。高台にあるにもかかわらず、松山市内からはまったくと言っていいほど見えないのがとても残念です。松山観光といえば「道後温泉」「松山城」が真っ先に思い浮かびますが、地元の方も含め、そのおしゃれな佇まいを見て、大正ロマンの雰囲気に触れてみるのもいいのではないでしょうか。
なお、こういった洋館を見ると管理人は美味しいケーキや紅茶を出すカフェが併設されているのをすごく期待してしまうのですが、ここにはありませんでした...。

b0212342_14065497.jpg



by h9w457y8i | 2017-08-08 07:09 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産日土小学校 > フォトギャラリー

文化財分布マップ



1
b0212342_06134087.jpg

2
b0212342_06185318.jpg

3
b0212342_06190809.jpg

4
b0212342_06191380.jpg

5
b0212342_06191853.jpg

6
b0212342_06192257.jpg

7
b0212342_06194831.jpg

8
b0212342_06195329.jpg

9
b0212342_06195870.jpg

10
b0212342_06200366.jpg

11
b0212342_06200708.jpg

12
b0212342_06203525.jpg

13
b0212342_06203953.jpg

14
b0212342_06204495.jpg

15
b0212342_06204925.jpg

16
b0212342_06205342.jpg

17
b0212342_06211912.jpg

18
b0212342_06212340.jpg

19
b0212342_06212899.jpg

20
b0212342_06213346.jpg

21
b0212342_06213659.jpg

22
b0212342_06221424.jpg

23
b0212342_06221922.jpg

24
b0212342_06222394.jpg

25
b0212342_06222845.jpg

26
b0212342_06223292.jpg

27
b0212342_06251667.jpg

28
b0212342_06252069.jpg

29
b0212342_06252434.jpg

30
b0212342_06252912.jpg

31
b0212342_06253444.jpg

32
b0212342_06263000.jpg

33
b0212342_06263436.jpg

34
b0212342_06264096.jpg

35
b0212342_06264413.jpg

36
b0212342_06264963.jpg

37
b0212342_06271836.jpg

38
b0212342_06272371.jpg

39
b0212342_06272738.jpg

40
b0212342_06273160.jpg

41
b0212342_06273828.jpg

42
b0212342_06281798.jpg

43
b0212342_06282135.jpg

44
b0212342_06282781.jpg

45
b0212342_06283279.jpg

46
b0212342_06283718.jpg

47
b0212342_06290815.jpg

48
b0212342_06291335.jpg

49
b0212342_06291747.jpg

50
b0212342_06292218.jpg

51
b0212342_06292650.jpg

52
b0212342_06295912.jpg

53
b0212342_06300331.jpg

54
b0212342_06300932.jpg

55
b0212342_06301422.jpg

56
b0212342_06301995.jpg

57
b0212342_06305926.jpg

58
b0212342_06310384.jpg

59
b0212342_06310929.jpg

60
b0212342_06311357.jpg

61
b0212342_06311833.jpg

62
b0212342_06314733.jpg

63
b0212342_06315275.jpg

64
b0212342_06315612.jpg

65
b0212342_06320177.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-06 07:54 | 愛媛 | Comments(0)

サイトマップ愛媛県 近代文化遺産 > 日土小学校



アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布 Google Map(管理人自作)


b0212342_22124882.jpg



アクセス


日土小学校見学用マーカー付き Google Map


バス
JR八幡浜駅 バス停から、伊予鉄南予バス「伊方町役場前」行きバス乗車。
2017.3 乗車時間約20分、運賃290円。運行頻度は1時間に1本。
最新の時刻表、運賃は、伊予鉄公式サイトを参照。
喜木(きき)バス停下車、徒歩約35分(2.6km)。


駐車場
b0212342_22365524.jpg
施設付属駐車場あり。
小学校のグラウンドが見学日当日は駐車場として解放される。
無料。
収容台数約30台。

b0212342_06145869.jpg
駐車場入口=校門。





見学のしかた

日土小学校は現役の小学校校舎であり、普段は非公開。

年に3回、春休み、夏休み、冬休みの長期休暇期間中、それぞれ1日だけ特別公開される。
公開日は八幡浜市公式サイト参照。
平成29年度の公開予定日は、8月12日(土)、12月24日(日)、平成30年3月25日(日)。

b0212342_22472775.jpg
公開時間 9:00〜16:00
事前予約不要。
見学無料。
校内は土足禁止だが、学校で見学者用のスリッパを貸し出している。

校内は撮影自由。ただし、職員室、校長室、保健室など一部の施設は立ち入り及び撮影禁止。





建物の説明

日土小学校(ひづちしょうがっこう)は、愛媛県の西部、八幡浜市の山あいにある。八幡浜市職員の松村正恒(まつむらまさつね)の設計により、中校舎は昭和31年(1956年)、東校舎は同33年(1958年)に竣工した。
敷地は川の北側を占め、敷地の川寄りに校舎が並ぶ。緩やかな切妻屋根をかけた木造二階建で、要所に鉄骨の梁や筋交いを用いた合理的な構造をもつ。また、窓は柱の外側に枠を取り付け、天井に達する大きな開口部とする。
東校舎は、クラスター(房)型の教室配置とし、昇降口の南側に中庭を設けて採光と通風を確保する特徴的な平面をもつ。川に迫り出す二階ベランダが外観を特徴づける。
日土小学校は、合理的な構造と平面計画をもち、工業製品と身近な材料を用いた意匠により、豊かな空間をつくり上げており、木造のモダニズムの優れた作品として高い価値が認められる。 ←文化庁国指定文化財等データベース


日土小学校校舎は、八幡浜市役所の職員であった建築家松村正恒が設計し、中校舎と東校舎は、それぞれ昭和31年と昭和33年にかけて完成しました。
設計を担当した松村正恒は、昭和22年から八幡浜市役所に勤務し、昭和35年には、『文藝春秋』誌で日本を代表する建築家10人のひとりに選ばれた人物であり、市役所の職員として担当した学校や病院関連の建物の多くは建築雑誌や専門書籍に掲載されました。
その中でも、日土小学校の中校舎と東校舎は、竣工当初より学界とジャーナリズム双方から高い評価を受け、さらに近年のモダニズム建築再評価の気運の中で、国際的にも注目を集める存在となりました。
その事実を象徴的に示すのが、平成11年近代建築の保存と調査のための国際組織DOCOMOMO日本支部によって、日本の近代建築20選のひとつに選ばれました。
その前後から、日土小学校のみならず、松村正恒および彼の作品全般についての再評価や研究がおこなわれ、一定の成果が蓄積されてきたと同時に、日土小学校の中校舎と東校舎に対する歴史的・文化的な高い評価も確固としたものになり、平成19年9月に八幡浜市指定文化財に指定されました。
全国的に見ても古い木造校舎は、改修するのか、改築するのかという議論が顕著化し、問題となりますが、日土小学校についても例外ではなく、地域を二分した議論が沸き起こりました。
議論の末、八幡浜市教育委員会として中・東校舎の改修、不足教室の新増築の方針を決定しました。
その方針に基き、平成20年9月から地震補強(中・東校舎)、新増築(西校舎)を実施し、平成21年6月末で保存再生工事が完成しました。多くの方々のご協力をいただき完成した日土小学校校舎は、数少ない木造校舎の耐震補強事例であると共に、文化財の改修方法を用いながらも、現代の建築基準法等に配慮した全国的に見ても稀有な校舎であることから、全国から見学の依頼が多く寄せられることとなりました。また、この保存再生事業は国内外から高い評価を受け、2012年には日本建築学会賞(業績)とワールド・モニュメント財団/ノール モダニズム賞を授与されました。
そして平成24年(2012年)12月28日、中校舎、東校舎の二棟が、戦後建築としては4番目、戦後木造建築としては初の重要文化財に指定されました。
通常、学校教育の場となっている校舎は、児童への影響を考え、原則非公開としていますが、関心の高さを考慮し、長期の休みを利用して日土小学校のすばらしさを、多くの方々に共感していただきたいという思いから見学会を開催いたします。←八幡浜市公式サイト内、市役所生涯学習課「見学会開催の経緯」





管理人のおすすめポイント

山あいにひっそりと建つ、古い小学校校舎。管理人の頭に浮かんだイメージは、濃い茶色の、古い木材を使った古民家のような瓦葺きの建物でした。しかし。実際の校舎はそんな先入観を全く覆す、最新の住宅設計にも通じる素晴らしい建物でした。
外観を見たときは、その明るい緑色の爽やかな雰囲気に驚き、校内に入ると、とても昭和30年代に建てられたとは思えないモダンさ、子どもたちのことを第一に考えた優しい設計に驚愕しました。単にデザインが優れているだけではなく、光、風、緑を肌で感じることができる窓や間仕切りの配置。勾配の緩い広い階段。体で感じる木の温もり。これらは、今の高級新築住宅の広告でもよく見られます。
b0212342_06175106.jpg

「こんな校舎で勉強したかった。素晴らしい!」。管理人は見学の最中、ずっとそうつぶやいていました。
フォトギャラリーはこちら。

b0212342_23213795.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-04 07:37 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産長浜大橋 > フォトギャラリー

1
b0212342_17020521.jpg

2
b0212342_17021021.jpg

3
b0212342_17023204.jpg

4
b0212342_17025074.jpg

5
b0212342_17025754.jpg

6
b0212342_17032003.jpg

7
b0212342_17032562.jpg

8
b0212342_17033064.jpg

9
b0212342_17033417.jpg

10
b0212342_17033851.jpg

11
b0212342_17041074.jpg

12
b0212342_17041683.jpg

13
b0212342_17042090.jpg

14
b0212342_17042464.jpg

15
b0212342_17042983.jpg

16
b0212342_17045792.jpg

17
b0212342_17050177.jpg

18
b0212342_17050681.jpg

19
b0212342_17051142.jpg

20
b0212342_17051518.jpg

21
b0212342_17054544.jpg

22
b0212342_17055032.jpg

23
b0212342_17055434.jpg

24
b0212342_17055983.jpg

25
b0212342_17060333.jpg

26
b0212342_17062969.jpg

27
b0212342_17063302.jpg

28
b0212342_17063833.jpg

29
b0212342_17064298.jpg

30
b0212342_17064711.jpg

31
b0212342_17074352.jpg

32
b0212342_17075156.jpg

33
b0212342_17075524.jpg

34
b0212342_17075883.jpg

35
b0212342_17080288.jpg

36
b0212342_17085156.jpg

37
b0212342_17085679.jpg

38
b0212342_17090175.jpg

39
b0212342_17090516.jpg

40
b0212342_17090985.jpg

41
b0212342_17094673.jpg

42
b0212342_17095181.jpg

43
b0212342_17095573.jpg

44
b0212342_17095977.jpg

45
b0212342_17100384.jpg

46
b0212342_17103430.jpg

47
b0212342_17103849.jpg

48
b0212342_17104580.jpg

49
b0212342_17104912.jpg

50
b0212342_17105308.jpg

51
b0212342_17114051.jpg

52
b0212342_17114580.jpg

53
b0212342_17114984.jpg


by h9w457y8i | 2017-08-02 17:27 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産 > 長浜大橋

文化財分布マップ



アクセス(行き方)

見学のしかた

重要文化財の橋って、どんな橋?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_21300606.jpg




アクセス


見学用マーカー付き Google Map


● 駅から徒歩
JR伊予長浜駅から、徒歩約12分(850m)。
2017.3 松山駅 → 伊予長浜駅 1時間15分。760円。2時間に1本。


● 駐車場
b0212342_20032305.jpg
施設付属駐車場あり。25台ほど駐車可能。
駐車場入口はこちらの地図を参照。

2017.3 9:00〜17:00 無料。トイレあり。





見学のしかた


b0212342_20161016.jpg
県道43号線の道路橋として使われており、自動車・徒歩で通行可能。
船を通すために橋桁が上に跳ね上がる機構を持っていて、現在でも観光とメンテナンスのために、毎週日曜日の午前11時20分頃と13時頃、実際に開閉される。←2017.3 開閉作業を行う管理人から直接聞いた。
跳ね上げ開始から終了まで、約15分。完全に跳ね上げられた状態となるのはわずか数分間。

橋の開閉スケジュールの確認は、大洲市文化スポーツ課へ。






橋の説明

長浜大橋(ながはまおおはし)は、一級河川「肱川(ひじかわ)」の河口にかかる現役で動く我が国最古の道路可動橋(バスキュール式鉄鋼開閉橋)であり、平成26年(2014年)、国の重要文化財に指定されました。他の道路可動橋としては、東京の隅田川にかかる勝鬨橋(かちどきばし)が有名ですが、現在では開閉機構は固定されており、橋桁が跳ねあげられることはありません。
長浜大橋は、昭和の初め、船運から陸上交通へと輸送手段が変わってゆきつつある時代に、愛媛県を事業主体として、増田淳事務所の設計により、1年10ヶ月の工期と当時の金額で29万円という巨費を要して昭和10年(1935年)8月に道路橋として竣工したものです。地元ではその色から、「赤橋」の愛称で親しまれています。なお、竣工当時は赤色ではなく、灰色に塗られていました。
長浜大橋の橋の長さは232m、幅5.5m。可動部の長さは約18mです。約54tの可動桁(跳ね上がる部分)をスムースに動かすために、橋の上に82tのカウンターウエイトを載せています。これが一種の分銅、つまり釣り合いを取るための重りの役目をして、開閉のための動力が小さくてもよいようになっています。15馬力という小さな動力を持つ電動モーターで稼働します。
戦時中はアメリカ軍戦闘機の機銃掃射を受け、トラス部材にその銃創を見ることができます(管理人は見つけることはできませんでした)。 ←現地案内看板





管理人のおすすめポイント


内子、八幡浜といった愛媛県西部の主な観光地や街からは離れ、鉄道駅はあるものの2時間に1本。管理人が調べた範囲では、残念ながらこの長浜大橋以外で、大洲市長浜地区にはこれといった観光の要素はないように思います。強いて言えば、橋のすぐ近くにある国の登録有形文化財、「末永家住宅」くらいでしょうか。
でも、海に面した小さな町、そして現在でも開閉する古い道路橋。それを観に行くだけでも、戦前の産業遺構が好きな管理人はワクワクしました。クルマをのんびり走らせて行ったのですが、交通量は少なく、肘川沿いの道路は意外と運転しやすく、山がちな四国の自然と田舎の風景を満喫しながら、楽しくドライブできました。橋のすぐそばに観光用の無料駐車場があるのも嬉しいです。

b0212342_19475705.jpg


by h9w457y8i | 2017-07-31 06:46 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 江戸時代以前の文化財 > 大村家住宅

文化財分布マップ


大村家は愛媛県内子町にある商家。江戸時代後期、1800年頃に建てられた。
内部は非公開(2017.3)で、見学は道路から外観のみ。
大村家の周辺は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、江戸時代〜明治時代の商家の街並みが残されている。大村家の他に、3つの国指定重要文化財建造物がある。
内子座
上芳我家住宅
本芳我家住宅

内子町にある文化財の見学用マーカー付き地図

1
b0212342_07284810.jpg

2
b0212342_07290029.jpg

3
b0212342_07291259.jpg

4
b0212342_07292861.jpg


by h9w457y8i | 2017-07-27 19:19 | 愛媛 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産 > 本芳我家住宅


アクセス(行き方)

見学のしかた

本芳我家って? どんな建物?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布マップ


b0212342_13015898.jpg



アクセス


見学用マーカー付き Google Map


● 駅から徒歩
JR内子駅から、徒歩約17分(1.2km)。
2017.3 松山からの特急は、1時間に1本。乗車時間25分、乗車券 + 特急券 = 1,280円。

このほか、東京、大阪、松山空港から内子町まで、高速バスが運行されている。詳しくは内子町観光公式サイトへ。

内子町内には内子町営の定期路線バスが1系統のみ運行されており、JR内子駅にもバス停がある。でも、町の公式サイトには時刻表や運賃の表示はあるものの路線地図はなく、どこにバス停があるかは部外者にはわからない。あくまでも地元の人々の生活の足であり、観光客にはできれば使って欲しくないというメッセージなのかもしれない。JR内子駅のバス停を見つけて、1〜2時間に1本のバスが運よく停まっていれば、運転手さんに行きたい場所を告げ、近くの停留所を教えてもらってもいいかもしれない。


● 駐車場
b0212342_09194605.jpg
施設付属駐車場はない。

内子町の観光用に「内子座・町並駐車場」がある。

1日300円。8:30〜17:00。50台くらい。

駐車場から本芳我家住宅までは、徒歩約6分。
駐車場の場所はこちらのアクセスマップを参照。
ちなみに、いつもリンクを使わせてもらっている NAVITIME には登録されていなかった。






見学のしかた

b0212342_13341692.jpg
建物内部は、2017.3時点では非公開。庭園には入れる。
庭園の開園時間は、内子町観光公式サイト内、本芳我家住宅案内ページ参照。

2017.3
9:00〜16:30、無休、無料。






建物の説明

b0212342_11125412.jpg
本芳我家(ほんはがけ)は、製蝋(せいろう)業で栄えた芳我一族の本家で、内子木蝋(もくろう)の基礎を築いた家です。江戸時代中期の元文元年(1736年)から木蝋生産を始めたとされ、天保11年(1840年)に現在地に移り、大規模に経営を展開しました。明治期には「旭鶴」の商標で海外にも製品を輸出していました。江戸時代末期の1861年以降は、分家やその分家が相次ぎ、それぞれ上芳我、中芳我などの通称で呼ばれています。
建物は木蝋生産が最も盛んだった明治22年(1889年)に建てられました。建物の質が良く、亀甲型のなまこ壁や鶴、亀、波などの華麗な漆喰細工など、華やかなデザインは内子の街並みの中でも際立った存在です。主屋の南に立つ土蔵の鏝絵(こてえ)は本芳我家の商標「旭鶴」です。主屋の背後には炊事場、産部屋、便所、湯殿が建ち、これら付属の建物や庭園など、敷地全体がかつての面影を伝えています。
平成2年(1990年)に国の重要文化財に指定され、平成15年(2003年から3年をかけて保存修理工事が行われました。 ←現地案内看板

←土蔵の「旭鶴」の鏝絵。






管理人のおすすめポイント

b0212342_09062743.jpg
本芳我家住宅周辺は、四国で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、江戸時代末期〜明治時代の商家の街並みが残されています。600mほどの道の両側には、国の重要文化財に指定された建物が他に3棟あり、それ以外にも住宅や商店はほとんどが当時の面影を残す佇まいとなっています。景観を乱すような建物や看板はほとんどなく、これほどの保存・再現性が確保されているのは、ヨーロッパの世界遺産並みといっても過言ではないかと。そのくらい感動しました。ぜひ散策してみてください。

町並みの様子は、内子町街角スナップのページへ。

木蝋の生産過程や芳我一族の歴史などを知るには、本芳我家から100mほど北にある国指定重要文化財、上芳我家住宅へ。邸内は一般公開されており、木蝋資料館も設置されています。



by h9w457y8i | 2017-07-23 07:58 | 愛媛 | Comments(0)

サイトマップ愛媛県 近代文化遺産上芳我家住宅 > フォトギャラリー・パンフレット


主屋

炊事場

仕舞部屋及び便所・産部屋

離座敷

風呂場・便所

離部屋

釜場

出店倉

物置(画像なし)

土蔵

現地配布パンフレット

1
b0212342_09492884.jpg


2〜21 主屋
2
b0212342_09450944.jpg

3
b0212342_09463176.jpg

4
b0212342_09463915.jpg

5
b0212342_09465261.jpg

6
b0212342_09470284.jpg

7
b0212342_09480902.jpg

8
b0212342_09481902.jpg

9
b0212342_09482854.jpg

10
b0212342_09484541.jpg

11
b0212342_09491660.jpg

12
b0212342_16063629.jpg

13
b0212342_16070441.jpg

14 ↓左側の二階建てが主屋、右側が炊事場。
b0212342_09513092.jpg

15
b0212342_09570481.jpg

16
b0212342_09584038.jpg

17
b0212342_09584929.jpg

18
b0212342_09590078.jpg

19
b0212342_09590972.jpg

20
b0212342_09591944.jpg

21
b0212342_09595960.jpg

22
b0212342_16281661.jpg


22〜29 炊事場
22
b0212342_09522592.jpg

23
b0212342_09571563.jpg

24 ↓左側が炊事場、右側は本屋。
b0212342_10034411.jpg

25
b0212342_10041422.jpg

26
b0212342_16194033.jpg

27
b0212342_16193348.jpg

28
b0212342_16192671.jpg

29
b0212342_16194709.jpg


30〜36 仕舞部屋および便所・産部屋
30
b0212342_10002156.jpg

31
b0212342_10003164.jpg

32
b0212342_10004411.jpg

33
b0212342_10012837.jpg

34
b0212342_10013664.jpg

35
b0212342_10020196.jpg

↓ 産部屋の前から、廊下越しに本屋の縁側。
36
b0212342_10033327.jpg



37〜39 離座敷
↓ 左側が離座敷、右側は風呂場・便所。
37
b0212342_10001177.jpg

38
b0212342_10020914.jpg

39
b0212342_10031456.jpg


40〜42 風呂場・便所
40
b0212342_10032466.jpg

41
b0212342_16273680.jpg

42
b0212342_16290800.jpg

43 ↓ 離部屋
b0212342_09565181.jpg


44〜48 釜場
44
b0212342_09494012.jpg

45
b0212342_09495311.jpg

46
b0212342_09500480.jpg

47
b0212342_09504089.jpg

48
b0212342_09505742.jpg


49〜50 出店倉
49
b0212342_16303557.jpg

50 ↓ 左側が出店倉、右側が釜場。
b0212342_09520349.jpg


51〜54 土蔵
51
b0212342_09511097.jpg

52
b0212342_09512013.jpg

53
b0212342_09523669.jpg

54 ↓ 炊事場の窓から中庭。向こうに見えるのは土蔵。
b0212342_16293085.jpg

55〜65 文化財ではないが、蝋搾り小屋
55
b0212342_09521575.jpg

56
b0212342_09532723.jpg

57
b0212342_09533608.jpg

58
b0212342_09534683.jpg

59
b0212342_09535463.jpg

60
b0212342_09544007.jpg

61
b0212342_09545190.jpg

62
b0212342_09550153.jpg

63
b0212342_09551683.jpg

↓ 蝋搾り小屋から、土蔵、主屋、炊事場。
64
b0212342_09552784.jpg

65
b0212342_09563824.jpg


66
b0212342_09573669.jpg

67
b0212342_16283646.jpg

68
b0212342_10014860.jpg

69
b0212342_08435758.jpg

70
b0212342_08442772.jpg

71
b0212342_08445619.jpg

72
b0212342_08452678.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-07-18 09:02 | 愛媛 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。