案内所トップ > 青森県 近代文化遺産

文化財分布マップ



国指定重要文化財


旧大湊水源地水道施設
きゅうおおみなと すいげんち すいどうしせつ
第一引入口、沈澄池堰堤、乙水槽
周囲は水源地公園として整備されている。一般公開。

旧津島家住宅
きゅうしまづけ じゅうたく
主屋、文庫蔵、中の蔵、米蔵、煉瓦塀1、煉瓦塀2
和風大型住宅。二階建。瓦葺。太宰治記念館「斜陽館」として一般公開。

旧第五十九銀行本店本館
きゅう だいごじゅうくぎんこう ほんてんほんかん
洋風木造建築。二階建。青森銀行記念館として一般公開。12月1日〜3月21日は休館。

旧弘前偕行社
きゅう ひろさき かいこうしゃ
擬洋風木造建築。平屋建。瓦葺。保存修理工事のため、平成29年(2017年)9月ごろまで閉館。詳細は弘前厚生学院公式サイト内、旧弘前偕行社案内ページ参照。

弘前学院外人宣教師館
ひろさきがくいん がいじんせんきょうしかん
洋風木造建築。二階建。弘前学院大学の敷地内にあり、一般公開。詳細は弘前学院大学公式サイト、あるいは弘前観光コンベンション協会公式サイト内、弘前観光コンベンション協会公式サイト参照。





国登録有形文化財


青森県立郷土館(旧青森銀行本店)
あおもりけんりつ きょうどかん
鉄筋コンクリート造。二階建。一般公開されていると思われるが、開館日、および時間などは不詳。詳細は青森県公式サイト参照。

石場旅館
いしばりょかん

小野家住宅土蔵
おのけ じゅうたく どぞう
きみゑ家・サツエ家・郁男家・幸満家・秋穂家・昭正家・正博家・智栄家・長道家・良家

木村家住宅主屋
きむらけ じゅうたく しゅおく

木村産業研究所
きむらさんぎょう けんきゅうじょ
鉄筋コンクリート造。二階建。「モダニズム建築の特徴をよく伝えている」らしいが、一見すると装飾等はなく、普通のアパート風。一般公開されているが、事前に申し込みが必要。詳細・問い合わせ先は青森県公式サイト参照。

旧旭商会
きゅう あさひしょうかい

旧河内屋橋本合名会社
きゅう かわちや はしもとごうめいがいしゃ

旧七戸郵便局
旧島守発電所 (本館・水圧鉄管路・水槽・余水路)
旧制弘前高等学校外国人教師館

旧第八師団長官舎(弘前市長公舎)
擬洋風木造住宅。平屋建。瓦葺。ハーフティンバー風。弘前市役所の敷地内にあり、かつて市長公舎だった。普段は外観のみ見学可能。春に特別一般公開あり。問い合わせは弘前市役所へ。

旧高谷銀行本店(盛農薬商会倉庫)
小型木造洋風建築。二階建。鉄板葺。文化庁登録の名称は私企業の倉庫だが、青森県公式サイトによると、一般公開されているらしい。

旧西沢家住宅主屋
旧野村家住宅離れ
旧弘前無尽社屋(三上ビル)
旧藤田家別邸 (洋館・和館・倉庫(考古館)・冠木門および両袖番屋)
九戸家住宅主屋(くのへけじゅうたくしゅおく)

更上閣(こうじょうかく) 
(主屋・門)
木造和風住宅。平屋、一部二階建。鉄板葺。あまり重厚感はなさそう。八戸市の集会所として利用されている。一般公開しているようだが、詳細は不明。問い合わせ先は八戸市公式サイト内、当該文化財案内ページを参照。

駒井家住宅土蔵 (正篤家・武義家・忠雄家・徹雄家・宏家・光芳家・善重家)
佐滝 (本店・土蔵・文庫蔵・別邸・門および塀)
坂本家住宅主屋
佐藤家住宅土蔵 (義秋家・幸正家・征栄家・政衛家・正道家・聖徳家・竹悦家・長臣家・柳治家・利衛家・亮家・良徳家)
新むつ旅館本館
翠明荘(旧高谷家別邸) (洋館・日本館・奥座敷・四阿・土蔵・門)
田中家住宅 (主屋・米蔵・門)
成田和夫家住宅土蔵

八戸酒造 
(店舗兼主屋・西蔵・北蔵・文庫蔵・煉瓦蔵・煉瓦塀)
店舗兼主屋は和風木造建築、2階建、典型的な明治時代の大型店舗建築。煉瓦蔵のみがちょっと洋風。一般公開だが、酒造時期(冬)には非公開の場合もあり。有料。要問い合わせ。詳細は八戸酒造公式サイト参照。

松田和雄家住宅文庫蔵
松田家住宅土蔵 (圭司家・陸三家・良昭家・和雄家)
村井家住宅主屋
百田昭逸家住宅土蔵
森内家住宅土蔵 (レイ子家・悦子家・勇治家)

盛田牧場 
(1号厩舎(南部曲屋育成廏舎)・2号厩舎(育成厩舎)・3号厩舎(繁殖厩舎)・4号厩舎(繁殖厩舎)・5号厩舎(種牡馬廏舎)・馬頭観音堂(拝殿・奥殿・鳥居))
公開情報不明。問い合わせは、牧場を所有する金子ファームへ。

by h9w457y8i | 2011-05-31 01:07 | 青森 | Comments(0)

第一引入口 (附指定  大近川取水所、甲水槽)
沈澄池堰堤
乙水槽


明治時代の水道施設の遺構。保存状態は良好と思われる。
訪問の参考になりそうな情報は極めて少ない。
青森空港から、バスと電車を乗り継いで大湊駅下車、徒歩40分。合計3時間程度。
周辺は「水源地公園」として整備されているらしく、接近及び撮影は容易と思われる。しかし一方で、調査及び工事のため、一帯をブルーシートで覆っているという情報もある(当該情報を提供していたサイトは削除された)。また、見学は堰堤のみ可能かもしれない。訪問に際しては、前もって青森県文化財保護課、あるいは所有者のむつ市(公式サイトは大震災の影響か、2011.4.16接続不可)に問い合わせること。



google map
by h9w457y8i | 2011-04-16 00:35 | 青森 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。