サイトマップ東京都 近代文化遺産旧東京帝室博物館本館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_08555649.jpg




アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップへ。


JR上野駅 公園口から、徒歩8分。
JR鶯谷(うぐいすだに)駅 南口から、徒歩約8分。
東京メトロ 銀座線、日比谷線 上野駅 7番出口から、徒歩約13分。
京成電鉄 本線 京成上野駅 正面口から、徒歩約13分。

施設付属駐車場はない。
周辺の有料駐車場は、NAVITIME公式サイトへ。「上野駅」で検索。







見学のしかた



開館時間、入館料、休館日などについては、東京国立博物館公式HPへ。

2017.10
開館時間:09:30〜17:00
休館日:月曜日、および年末年始
常設展示の入館料:620円。大学生には割引料金あり。高校生以下、70歳以上は無料。ただし特別展は別途料金。

館内の写真撮影
手持ちのカメラであれば撮影可。フラッシュ、追加照明、一脚・三脚、自撮り棒は使用不可。撮影禁止マークのある展示物は撮影不可。←東京国立博物館公式サイト


b0212342_09091324.jpg







建物の説明



日本最古の博物館である東京国立博物館の歴史は、明治5年(1872年)から始まります。当時は現在の上野ではなく、文京区湯島に建てられました。明治10年(1877年)に現在の場所に美術館が建てられたのを皮切りに、博物館が移転。明治14年(1881年)には、帝国ホテルなども設計したアメリカ人建築家、ジョサイア・コンドルの設計により、初代の煉瓦造りの本館が建てられました。しかし大正12年(1923年)の関東大震災で被災、倒壊。そして昭和12年(1937年)、この東京帝室博物館本館が竣工しました。
設計は「東京帝室博物館建築設計図案懸賞募集」、今でいう建築コンペの一等当選案(渡辺仁案)を原案としています。応募の条件は、「日本趣味を基調とした東洋式」。建物を上から見ると、当時の大型建築ではしばしば用いられた、中庭を二つ設けた「日の字」型平面で、正面中央前方に車寄せを張り出します。鉄骨鉄筋コンクリート造で、規模は建築面積約6,600㎡、地上2階、地下2階となっています。
和風を基調とした大建築で、意匠的に完成度が高く、昭和初期の日本の近代建築の到達点を示す作品のひとつとして高い価値があるとされています。また、博物館建築としての採光、空気調和等の設備面において、当時の最新技術が使われており、その技術水準が示されている点でも、建築史上貴重な存在です。
これらの点が評価され、平成13年(2001年)に国の重要文化財に指定されました。


b0212342_09200966.jpg







管理人のおすすめポイント



大正から昭和初期にかけては、日本の各地に、和のテイストを大胆に盛り込んだ斬新な鉄筋コンクリート造りの大型公共施設が建てられた時代でした。名古屋市役所や愛知県庁もそうですし、東京には明治神宮宝物殿もあります。この東京国立博物館本館もそれと同じ感じでしょうか。上から見下ろされるような、威圧感さえ感じてしまうような迫力満点の壁。その上に載る瓦葺きの屋根。関東大震災直後の当時は耐震性の高い鉄筋コンクリート造りがもてはやされたでしょうからこういうのもアリだったんでしょうが、現在ではちょっと考えられないようなデザインかな、と思います。一方内装は、和風と洋風のテイストが絶妙にコラボし、博物館に相応しくとてもシックにまとめられている気がします。まあ管理人の主観はともかくとして、一般的には、大胆で完成度の高い建築、と高く評価されていますので、上野に出向いた折にはこの博物館に寄ってみてはいかがでしょうか。

b0212342_09433730.jpg

b0212342_09475465.jpg


なお、重要文化財とは何の関係もありませんが、本館の隣にある平成館1F、オープンテラススペースもあるレストラン、「ゆりの木」に立ち寄ってみました。
さすがホテルオークラが監修しているお店ということで、五目あんかけ焼きそば、美味しかったです。

10:30〜博物館閉館時間
140席。終日全席禁煙。

b0212342_09255240.jpg

b0212342_09262232.jpg


文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2017-11-30 10:53 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。