【世界遺産】 スオメンリンナの要塞群 アクセス(行き方)

フィンランドの世界遺産スオメンリンナの要塞群 > アクセス

スオメンリンナの要塞群は、ヘルシンキの沖合およそ2.6kmの、複数の島の上にある。そのため、アクセスは船に限られる。

スオメンリンナ・フェリー

ヘルシンキのマーケットスクエア(フィンランド語で「Kauppatori(カウッパトリ)」)から、ヘルシンキ市営のスオメンリンナ行フェリーに乗船。
b0212342_18064793.jpg

時刻表    料金    チケットの買い方    乗り方


HKL/HSTHSL/HRT
ヘルシンキとその周辺のバス、トラム(路面電車)、地下鉄、そしてフェリーといった公共交通機関の運営事業者について、一部の日本語サイトでは「ヘルシンキ交通局=HKL/HST」と紹介されている。その一方で、時刻表検索、料金検索、乗り方案内などのサイトはHSL/HRT(直訳すると「ヘルシンキ地域交通公社」)が担当している。交通機関の車両を動かしたり整備したりしているのがHKL/HSTであり、公共交通の計画立案と業務委託、旅客への広報、検札業務などを行っているのがHSL/HRT。*5 我々旅行者にとっては、ほぼ同義と考えて問題ない。


時刻表
HSL/HRTの公式サイト内、フェリー時刻表を参照。夏期と冬期で運行時刻が異なる。

リンクが切れている場合はこちらのJourney Plannerへ。「from」に「kauppatori」、「to」に「suomenlinna」を入れて検索。



料金
12時間有効のフェリー・チケットが5ユーロ。何回でも乗船可能。*2 自動券売機がマーケットスクエアに設置されている。

スオメンリンナ行フェリーを含め、HSL/HRTの全ての交通機関が乗り放題になるday ticketもある。1日〜7日の間で有効期間を選べる。移動する範囲によって料金が異なり、ヘルシンキ市内のみの1日有効チケットは、8ユーロ。それ以外のday ticket料金はこちら

小児割引(7〜16歳) フェリーチケット、デイ・チケットともに、大人料金の半額。7歳未満は無料。*3



チケットの買い方
マーケットスクエアに置いてあるチケットの自動販売機。2種類ある。

b0212342_04264747.jpgコイン、クレジットカード、紙幣で支払いができる。
液晶画面のイギリス国旗マークの黒ボタンを押すと、英語表示になる。

クレジットカードで支払う場合、PIN NUMBERを聞いてくる。カードの暗証番号のこと。

チケットは紙のレシートのようなかんじ。チケットに印字された購入時刻から12時間有効。

デイ・チケットも販売。

b0212342_04264334.jpgこちらのタイプはコインのみ。

フェリー・チケットだけの販売はしていない。

HSL/HRTの他の交通機関(バス、トラム、地下鉄)用の60〜80分有効きっぷや、フェリーを含めた公共交通機関が乗り放題のデイ・チケットが買える。

Day ticketの買い方
1. レシート状の紙のDay ticket
スオメンリンナ・フェリーの乗り場や、バスの終点、鉄道や駅に設置された自動販売機で買える。
上の画像のタイプは使ったことがないので省略。英語表示に従えば問題なく買えるだろう。
下の画像の自販機の場合、24時間有効のデイ・チケットを買える。ヘルシンキ市内でのみ有効なデイ・チケットを買うには、「Zone 1」の「Day ticket 1 day adult」の緑のボタン(赤いのも含めて上から4番目)を押し、小さい液晶画面に料金が表示されるのでコインを入れる。
自販機で買った場合、有効期間の開始は購入時刻。紙のチケットに印字されている。

2. カード式のDay ticket
紙のデイ・チケットの他に、名刺大のカード式デイ・チケットもある。
空港のインフォメーション、駅や街のそこかしこにある「R」というでっかいロゴの「R-Kioski」、スーパーなどで売っている。
b0212342_08565519.jpgb0212342_08570131.jpg



乗り方
フェリー乗り場があるマーケット・スクエアの位置は、こちらのgoogle mapへ。

b0212342_08021719.jpgチケットの改札口はなく、チケットを係員に見せたり機械に読み込ませたりする必要はない。(ヨーロッパではよくある、信用乗車(船)制度を採っている)

←こんな感じのゲートを通るが、チケットを読み込ませたり差し込んだりはしない。
ただし、フェリー内では抜き打ちの検札がしばしば行われ、無賃乗船や悪質な期限切れの場合、80ユーロの罰金が科せられる。*2

カード式Day ticketでの乗船のしかた

b0212342_08113452.jpg最初に乗り物に乗る前に、左画像のようなカードリーダーにカードを当てる(黄緑色の十字の真ん中辺りにタッチする)。するとそのときの時刻がカードに記録され、有効期間が始まる。

次回からは、カードリーダーにタッチする必要はない(ただしフェリーのみ。他の乗り物では乗るたびにタッチ)。
カードが有効かどうかを確かめるには、カードリーダーにタッチすれば、リーダーの上の緑色のランプが点灯する。期限を越えていると赤いランプが点灯。

検札時は、係員が持っているカード読み取り機にカードをかざす。*4


*1 HSL/HRT公式サイト内、事業者案内ページより。
*2 HSL/HRT公式サイト内、スオメンリンナ・フェリー・チケット案内ページより。
*3 HSL/HRT公式サイト内、小児料金案内ページより。
*4 HSL/HRT公式サイト内、Day ticket案内ページより。
*5 HKL/HST公式サイトより。

mark10
by h9w457y8i | 2013-12-21 09:47 | フィンランド | Comments(0)