明治学院 インブリー館 (東京都 港区) アクセス・見学のしかた


サイトマップ東京都 近代文化遺産明治学院インブリー館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_22205708.jpg



アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ






見学のしかた



明治学院インブリー館は、明治学院大学白金キャンパスの中にある。
普段の見学は外観に限られ、事前申し込みが必要。申し込みは学院長室へ。(03-5421-5230 /2017.10)
事前申し込みがないと、キャンパス内には入れない。
事前申し込みがあれば、見学の他にスケッチも可能。
←明治学院文化財ガイドブック(見学時にもらえる)、大学総務課

内部の見学は、毎年11月1日から3日までの3日間のみ可能。その期間は大学学園祭が開かれ、キャンパスへの立ち入りが自由となる。事前申し込みは不要。

b0212342_23050988.jpg







建物の説明



明治学院はキリスト教に基づく教育を行うことが建学の精神となっていて、開学当初は職員の中に宣教師も混じっていました。このインブリー館はその宣教師たちのための住宅の一つで、明治22年(1889年)に建てられたものです。W. インブリー博士が長年住んでいたことから、インブリー館と呼ばれるようになりました。
当時アメリカで流行していた木造建築の様式で、華やかさよりも住みやすさに重点が置かれた、ということですが、各部屋ごとに床板寄木の張り方が違っていたり、ドアノブが有田焼だったりと、地味なこだわりが随所に見られます。

昭和39年(1964年)、明治学院の前を横切る国道1号線の拡張工事のため、現在の位置に曳家により移動しました。
平成7年(1995年)にはその後2年間をかけて解体・修復工事が行われ、屋根以外は建造当時の姿になりました。屋根は、建てられた当初は瓦葺きでしたが、意図的に現在の銅版葺のまま残されたようです。

インブリー館は宣教師館としては都内最古、全国でも最古期のもので、その歴史的価値の高さが評価され、平成10年(1998年)、国の重要文化財に指定されました。
←明治学院大学公式サイト/インブリー館案内ページ、明治学院文化財ハンドブックなど

b0212342_04585061.jpg

b0212342_04585807.jpg







管理人のおすすめポイント



横浜には、明治時代に建てられた宣教師館がいくつも残っていますが、東京の都心では珍しい存在だと思います。
洋館としては簡素なデザインだと大学のHPでは言ってるんですが、窓の格子模様や破風(屋根下の外壁、三角の部分)のギザギザ模様など、十分オシャレだと思います。メンテナンスが完璧に行き届いていてみすぼらしさは全くなく、そのレトロな存在自体がキャンパスの雰囲気作りに大きく貢献していると言えるでしょう。
館内には建物や明治学院の歴史に関する展示、案内看板もあちこちにあり、じっくりと見学を楽しむことができます。

事前申し込みさえすれば外観はいつでも見学できますが、内部が特別公開される「白金祭」開催期間中(毎年11/1〜11/3)に訪れるのが、学園祭ならではの華やいだ雰囲気も味わえるのでオススメです。
社会人の自分には、学園祭を見に行く目的で大学のキャンパスに足を踏み入れるのってなかなかできないことですが、こういう機会があれば気軽に訪れることができますよね。キャンパスに入るとすぐに学生たちに取り囲まれ、いろんな催し物の案内を矢継ぎ早にされたり、チケットを買ってください!と迫られたり。その熱気と若さに圧倒されました。いやー若いっていいですねー。

b0212342_08535972.jpg

b0212342_05295843.jpg

b0212342_08000303.jpg

↓ 熱気に当てられて買うことになった焼きそば。意外と(笑)美味しかった。
b0212342_05305815.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-11-12 08:50 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31