タリス(Thalys)の乗り方

   
タリスのチケット予約・購入を日本語で。人気のユーレイル・パスも


路線図

時刻・料金検索・予約のしかた

格安チケット

乗車のしかた

車内サービス

フランスの公共交通機関 乗り方リスト


b0212342_15325444.jpg
タリス(Thalys)は、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツを結ぶ国際超特急列車。フランス国鉄SNCF、ベルギー国鉄SNCB、ドイツ鉄道DBが出資して設立されたタリス・インターナショナル社によって運営されている。SNCFの高速列車、TGVの改良型車両を採用。ワインレッドの塗装が特徴的。最高速度は300km/hを誇る。走る線路は高速走行用に建設されたもので、TGV、ユーロスターなどと共用している。*1

この記事は、パリの北駅(Gare du Nord)からベルギーのブリュッセル南駅(Gare du Bruxelles-Midi)間往復の乗車経験を元に書いてある。それ以外の区間については、この記事の情報とは異なる部分があるかもしれない。

記事中のすべての画像は、クリックで拡大表示されます。






   路線図

b0212342_20482418.png
タリス公式ホームページに掲載されている路線図。


なおヨーロッパでは、タリスの他にもさまざまな国際特急が運行されている。フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ間を旅行する場合、フランス国鉄SNCFが運営する特急予約サイトドイツ鉄道DBの公式ホームページに行き、移動したい都市名を入力すると、自動的に最適な列車が検索結果に出てくる。
単なる移動手段ではなく、特定の列車に乗るのが目的の場合は、列車のブランド名でネット検索すれば公式サイトがすぐに見つかり、そこに「Network map」などというタグがあればそれが路線図。






   時刻および料金検索、予約のしかた

日本語で検索、予約したい場合は、旅行代理店レイルヨーロッパ(RAILEUROPE)日本語公式サイトが使える。英語での検索、予約に不安がある方はそちらへ。
単区間のきっぷだけでなく、ヨーロッパ全域をカバーするフリー鉄道パス=ユーレイルパスも販売しており、ヨーロッパの鉄道に関する情報が充実しているのでオススメ。
ただし、代理店を通す場合、予約は乗車予定日の3〜5日前(鉄道の種類によって異なる)までに完了する必要がある。つまり、当日、翌日、2日後の列車を予約するには、下記のタリス公式サイト(英語)から予約する必要がある。



乗車の直前に予約する方は、タリス公式ホームページ(英語版)から。それほど難しくない。

b0212342_20512852.jpg

タリスは全席指定席のため、乗車前に予約が必要。

なお、パリ発着なら、SNCFが運営するTGVの予約サイト、TGV-europe.comで、
ケルン(Köln)などドイツ発着の場合は、DB公式サイトでも検索、予約ができる。

当日、駅の窓口で予約、きっぷを購入することもできる。

b0212342_20521742.png
↑ タリス公式ホームページの一部を拡大したもの。

My journey  出発地と目的地を、プルダウンメニューから選ぶ。ホームページ下の路線図から、都市をクリックすることで選ぶこともできる。
Departure Date  出発日時
Return Date  タリスに往復割引はないので、選ばなくてもよい。その場合は下の「One-way ticket」にチェックを入れる。
Comfort 2  2等車=普通席
Comfort 1  ファーストクラス
Travelersの下の()内は年齢。該当する人数を入力。

必要事項を入力したら、右下の「SEARCH」をクリック。



b0212342_13174897.png
発車時刻(06h01=午前6時1分発)、料金が表示される。乗りたい列車の料金の左側○をクリックし、 「Choose my outward journey」をクリック。
料金の右側に小さい字で3〜4行書かれているのは、SEMI-FLEXきっぷの注意事項(列車の変更、返金に関する記述)。

「Choose my place」タブで座席を選ぶこともできる。タブをクリックし、「No preference」=「どの座席でも可」をクリックすると、三種類の座席から選べる。
beside  複数人数で乗車する場合、席をくっつける。
window  窓側
aisle  通路側



タリスにも格安きっぷは存在する。Comfort 1と2の違いを除けば、料金の差は、列車の変更や返金の自由度、wi-fiが無料かどうかにより、またそれが同じ内容でも予約の順番が早ければ安い。つまり早い者勝ちの早割り。パリからブリュッセルのComfort 2の場合、もっとも高いのが当日予約正規料金の99ユーロで、逆に最も安いのが39ユーロ。どちらも変更返金不可、wi-fi有料。車内のタリス・バー(Thalys Bar)でWi-fiのチケットが売られている。



b0212342_2112262.png
b0212342_21121966.png
b0212342_21123029.png
上の3つの画像は、1つのページを分割してキャプチャーしJPEGにしたもの。
「How do you wish to collect ticket?」
きっぷの受け取り方法を選ぶ。
Tichetless  Eメール。メールで送られてきたチケットを紙に印刷するか、スマートフォン、タブレットPCで車内検札の際提示する。
Self-Service Kiosk  駅の自動販売機で受け取る。
Station or Shop  駅の有人窓口か店舗で受け取る。

ここではTichetlessを選んだ。

Passenger details  代表旅客の情報を入力。*は入力必須事項。

Purchaser details  きっぷを受け取るEメールアドレスなどを入力。

General Condiitons  「By check this box〜」は、「タリスのきっぷ販売規定に同意します」の意味。チェックを入れる。

最後に、「Confirm your order」をクリック。



「Summary and payment for your order」画面
クレジットカード情報を入力し、「Confirm your payment」をクリック。



最後に入力内容確認画面で内容を確認して、おしまい。直後にメールでチケットが送られてくる。

b0212342_62588.jpg
送られてきたメールをプリントアウトしたもの。
号車=coach、座席番号=seatも記載されている。
当日はこれを持って、ただ列車に乗るだけ。
車内検札の際、QRコードをスキャンされる。
▲ページの先頭へ






   乗車のしかた

パリ、北駅(Paris, Gare du Nord)。パリのタリス発着駅。
b0212342_661445.jpg


メトロ、RERで北駅に着いたら、この看板を目印に。あちこちにぶら下がっている。
b0212342_6132350.jpg


北駅構内。プラットフォームは1階にある。
b0212342_674818.jpgb0212342_612291.jpg


北駅のきっぷ販売窓口。駅の1F入口とプラットフォームの間にある。「Billets=きっぷ」と書かれた看板が駅構内のあちこちにあるからすぐに見つかる。当日券を買う場合はここへ。
予約の段階でticketlessを選んだ場合、ここに立ち寄る必要なし。ticketlessを選ばず、Paper ticketを選んだ場合、ここに行ってきっぷを受け取る。受け取りにはクレジットカードと予約番号が必要。
なお、当日予約の自動販売機はない。
b0212342_6154054.jpgb0212342_616696.jpg



列車の発車番線=Voieは、発車の10分くらい前にならないとわからない。この掲示板では一番右に番号が表示されるが、まだどの列車もVoieが決まっていない。乗客たちは掲示板付近に集まり、Voie番号が表示されるのを待つ。
b0212342_6214212.jpg


b0212342_6261793.jpg
「Voie 9」と表示されたため、みんな足早にそちらに向かう。
えてしてヨーロッパの特急列車車内の通路は狭く、それなのに飛行機と違って荷物は当然持込みだから、乗車直後は通路で身動きが取れなくなることもしばしば。なので、できるだけ自分の号車=Coachに直接乗る。発車まであと5分!


フランス国鉄SNCFの駅には改札口がないことが多い。この北駅もそう。だから、列車に乗り込むまで係員にきっぷや予約フォームを見せることはない。そのかわり、車内での検札はしっかりあって、乗車前に刻印機(上の画像、表示板下の黄色い縦長のモノ)にきっぷを差し込んで、乗車駅と乗車時刻を刻印する必要がある。でも、タリスは全席指定なのでその必要はない。(スマホ画面に刻印はできないし)

あと、一応フランスから外国のベルギーに直行する国際列車なのだが、EU圏内の国の移動の場合、出入国手続きはすべて省略される。日本人も同じ。逆に、イギリスはEUに加盟していないので、ロンドン行きのユーロスターのホームだけは最初から決まっていて、厳重な柵が設けられていた。


b0212342_13264545.jpg
Comfort 2 = 普通車の入口近くの表示。号車番号と行き先は、この画像では見にくいが、「2」の横の液晶板に表示されている。

b0212342_13293911.jpg
Comfort 2の車内。清潔で快適。日本の新幹線よりも、通路や座席の前後ピッチが狭い。


Comfort 2の客車の一部には、このような向かい合わせの席があり、上の画像のタイプとは入口が別。今回指定されたのはこのタイプの席。
b0212342_13341797.jpgb0212342_13343296.jpg
▲ページの先頭へ



車内サービス *2

全席でパソコン用電源が使える。

Comfort 2では、チケットによってWi-fiが無料の場合と有料の場合があり、Thalys Barと呼ばれる車内のビュッフェでWi-fiのチケットを販売している。

Thalys Barでは、暖かい簡単な食事、スナック、飲み物が販売されている。内容はこちら

Comfort 1では、食事や飲み物サービス、タクシー予約サービス、Wi-fi、新聞、パソコン用電源が、すべて無料で提供される。


b0212342_13345079.jpgb0212342_1335493.jpg

b0212342_13352152.jpgb0212342_13353823.jpg


ブリュッセル南駅(Gare du Bruxelles-Midi)
b0212342_13452351.jpg

b0212342_13425238.jpgb0212342_13431976.jpg


ブリュッセル南駅の列車案内掲示板。ここにプラットフォーム番号が表示される。
b0212342_13444432.jpgb0212342_1344442.jpg
▲ページの先頭へ



*1 タリス公式サイト内、Welcome to our world(英語)より
*2 タリス公式サイト内、車内サービス案内(英語)より

site map


Commented at 2012-05-18 14:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by h9w457y8i at 2012-05-22 12:39
5月18日のないしょさん>
どうもです。毎度ありがとうございます。そうですね、駅での動線については、おっしゃるとおりです。ですが他の駅ではちょっと違うかもしれません。
by h9w457y8i | 2012-05-11 16:25 | Comments(2)