【世界遺産】 シドニー・オペラハウス  遠景

Sydney Opera House

1959年に建設が開始され、1973年、竣工。

世界文化遺産  2007年、登録。

シドニー・オペラハウス 近景の記事








世界文化遺産 登録基準 ( i ) 人類の創造的才能を表現する傑作。

1973年に竣工したシドニー・オペラハウスは、建築構造と建築デザインの双方において、創造性と革新性を共に併せ持つ、20世紀を代表する偉大な建築物である。この素晴らしい都市彫刻とも言うべき建物は、シドニー湾に突き出た半島の先端という風光明媚な場所に位置しており、建築界に永続的な影響を与えている。シドニー・オペラハウスは、二つのメインホール、レストランの3つの建物群から成り、それらは連結されたアーチ状の「シェル」によって覆われている。これらシェル構造の建物は、一つの広大なプラットフォームの上に置かれており、また歩行者用コンコースの機能を持つテラスにより囲まれている。1957年、国際的デザインコンペでデンマークの建築家、ヨーン・ウッツォン(Jørn Utzon)の設計案が採用された。これは建築への全く新しいアプローチだった。*1
現在登録されている世界遺産の中では、もっとも新しい。

シドニー・オペラハウスでは、シドニー交響楽団とオペラ・オーストラリア、オーストラリアン・バレエの本拠地として定期公演も開催。そのほか、音楽や演劇、オペラ、コンサートなど、多彩なパフォーマンスが行われている。年間約3000のイベントが上演され、毎年200万人もの観客が訪れるまさにオーストラリアの芸術の拠点である。*2

オペラハウス公式サイト内の建物案内ページは、建物の構造とデザインの特徴、建設の歴史の解説、建設中の建物や設計者ヨーン・ウッツォンなどのフォト・ギャラリーと、かなり充実した内容。英語のみなのが残念。







世界遺産、緩衝地帯に指定されている王立植物園から撮影。
b0212342_102131.jpg

b0212342_1043062.jpg

b0212342_1044585.jpg


左はレストラン、右がオペラ劇場とコンサート・ホール。
b0212342_1071430.jpg


b0212342_1081570.jpg

b0212342_1083935.jpg

b0212342_1085150.jpg

b0212342_109490.jpg


左がコンサート・ホールの屋根、右がオペラ劇場の屋根。
b0212342_10135690.jpg


オペラハウスの南東部から。
b0212342_10144834.jpg


南東部入り口にのみ、このようなゲートがある。
b0212342_10153683.jpg


左から、レストラン、コンサート・ホール、オペラ劇場。
b0212342_10162066.jpg


建物の位置関係。
b0212342_10185246.jpg


レストラン。
b0212342_10192661.jpg


オペラハウスの西~北西面。シドニー湾内の公共交通機関、シドニーフェリーから。
b0212342_950533.jpg

b0212342_9501726.jpg

b0212342_9503449.jpg



世界遺産、、緩衝地帯に指定されているハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)。
1932年竣工、最上部の海面からの高さ、134m。
b0212342_1054524.jpg

b0212342_10213866.jpg

よく見ると、橋のてっぺんに人が。工事関係者ではなく、観光客。橋の上を歩くツアー(Bridge Climb)がある。
b0212342_10222237.jpg





ハーバー・ブリッジと同じく、世界遺産の緩衝地帯に指定されているロイヤル植物園。
b0212342_10392624.jpg

b0212342_10394749.jpg


オペラハウスから南東方向のロイヤル植物園を望む。
b0212342_10403574.jpg


オペラハウスから東方向。この先は太平洋に通じている。
b0212342_10315467.jpg





見学メモ
シドニー・オペラハウス 近景記事を参照。
google map



*1 ユネスコ世界遺産公式サイト内、シドニー・オペラハウス案内ページを独自に和訳したもの。
*2 オーストラリア政府観光局公式サイト内、シドニー・オペラハウス案内ページより
by h9w457y8i | 2012-02-29 10:45 | オーストラリア | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。