【重要文化財】 遺愛学院(旧遺愛女学校) 本館 ・ 旧宣教師館

サイトマップ北海道 近代文化遺産 > 遺愛学院

いあいがくいん (きゅういあいじょがっこう) ほんかん ・ きゅうせんきょうしかん

国指定重要文化財

明治41年(1908年)、竣工。
木造洋風建築。


未訪問。
現役の学校校舎として使用されており、学校の公式サイトで見る限り、保存状態は良好。
建物に関する解説は、下記問い合わせ先参照。
上記のほか、講堂、謝恩館が国登録有形文化財となっている。  




見学メモ

アクセス
JR函館駅より市電「湯の川」行に乗り換え「杉並町」電停下車徒歩1分
駐車場の有無。見学の場合は、学校の駐車場は使えないだろう。周辺の有料駐車場については未調査。
google map

普段の見学
現役の女子中・高校の校舎として使用されており、普段は非公開。

特別公開
毎年7月下旬、二日間だけ一般公開される。2017年は7月25日(火)、26日(水)。10:00〜14:00。詳細は函館市公式観光情報サイトへ。日にちは毎年変更される。詳細な日にちは毎年6月ごろ決まるようだ。

問い合わせ先
遺愛学院公式ホームページ参照。


by h9w457y8i | 2011-03-15 06:02 | 北海道 | Comments(0)