サイトマップ神奈川県 江戸時代以前の文化財旧伊藤家住宅

1


伊藤家住宅は多摩丘陵南西部の橘樹郡金程村(川崎市麻生区金程)の農家で、江戸時代には名主を勤めたと伝える。建築年代を示す資料はないが、17世紀末から18世紀初めごろの建築と推定されている。
県内では多摩丘陵地方に多く分布する入母屋造の草葺屋根で、古民家特有の閉鎖的なたたずまいを見せる。例えばヒロマ前面は、18世紀中期以降の民家ならば縁側を設け、広々と開放されるが、当家の場合は柱間の半分しか開放できない片引戸で、しかも窓である。窓には格子が入り、こうした形式を当地方ではシシマドまたはサマと呼んでいたようである。県下の17世紀末以前の民家に共通してみられる装置である。またデイは前面と側面に縁側を持つが、その奥行きは浅く、縁台を固定したような形である。民家における縁側の発生期の姿を示しているのだろう。そしてデイと外部との仕切りは板戸だけで、障子はない。当家よりも古い清宮家との外観上の大きな違いは、当家が前面に庇を葺下ろしていることである。これによって深い軒の出が民家特有の陰影に富んだ彫りの深い表情を醸し出し、同時に、後に一般化するヒロマ及びデイ前面の縁側を雨から守るための準備がなされている。 間取りは江戸中期の当地方民家に一般的な広間型三間取だが、デイが12畳もあって、通例よりもかなり広いのが特色である。土間とヒロマ境にはその中央2間に腰壁を入れて両者を仕切るが、こうした形式は多摩丘陵地域の古民家によくみられるものである。ヒロマは丸竹を敷き並べた竹簀子の床である。足ざわりがごつごつするし、風の日には隙間風が吹き上げて、床材としては決して好ましいものではない。しかし、現在とは違って、板材を造るのにはたいへんな手間がかかったから、現金収入の少ない農家では板を購入するのが難しく、屋敷の周辺から無償で手にはいる竹をその代用として使ったのだろう。デイは唯一畳の敷かれる、最も上等な部屋である。ヒロマや土間は天井がない、あるいはあっても竹簀子天井程度であるのに対し、客座敷であるデイには天井を張り、床の間や違棚をもうけるのが18世紀中期以降の民家の普通の姿である。しかし当家の場合には天井も床の間もなく、より古い時代の様子を伝えている。寝室であるヘヤは、外部に対して開口部を持たない、きわめて閉鎖的な部屋である。しかしヒロマとの境は通常の引違戸で、清宮家に見られた、敷居を床面よりも一段高い位置に入れる、いわゆる納戸構えの形式よりは新しい。構造は整った四方下屋造で、棟束を立てず、上屋梁の上に張られた竹簀子天井の上は物置としても使用が可能である。 以上のように、当家は江戸時代中期の中層農家の標準的な遺構として貴重である。
昭和39年(1964年)、国の重要文化財に指定された。
川崎市公式サイト


旧伊藤家住宅は、川崎市立日本民家園の中にあり、一般公開されている。
日本民家園へのアクセス、見学のしかたは、こちらのページへ。


スマートフォンの方はこちらのマップ


2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12


# by h9w457y8i | 2018-01-17 09:40 | 神奈川 | Comments(0)


サイトマップ神奈川県 江戸時代前の文化財旧北村家住宅


b0212342_19182054.jpg


工藤家住宅の旧所在地は岩手県紫波郡紫波町である。この工藤家の形式でもある「南部の曲屋」は、盛岡を中心とする旧南部藩領という、比較的限られた地域内に分布する特異な民家形式である。L字型の平面を持ち、突出した土間の先端にウマヤを置くが、こうした内厩の形式は北国の民家のものである。特に春の短い東北地方北部では、農耕のためには、牛よりは動きの俊敏な馬を使う方が都合がよかったが、馬は癇が強く、その飼育は牛よりもずっと難しい。そこで厩を屋内に設け、馬の健康状態を常に把握できるようにしたのである。
しかし現在知られている曲屋の形式が誕生したのは意外に新しく、早くとも18世紀前期ごろであろうと考えられている。それ以前はこの地方でも単純な長方形平面の、いわゆる直屋の形式で、古い家ではこれに曲がり部分を増築して曲屋としているのである。そうしたなかで、工藤家は当初から曲屋として造られたものであり、その創建期の18世紀中期は、曲屋としては最も早い時期に属している。時代が降るにしたがって、この曲がりの部分が大きくなり、また屋根の形も入母屋や兜造として意匠を凝らすようになるが、工藤家では厩も小さく、そして単純な寄棟屋根を乗せるのみで、曲屋発生期の素朴で古式な姿をとどめている。
工藤家の間取りはなかなか複雑である。ニワに張り出した、大きな囲炉裏を持つダイドコロと、それに続くジョウイが日常生活の中心で、ナンドは寝室、ザシキは客座敷であったことはわかるが、他の部屋の使われ方はあまり明瞭ではない。例えば、カッテはその呼び名からは炊事関係の部屋のようだが、実際にはダイドコロとのつながりが悪く、むしろ寝室的な造りである。またチャノマも、居間的存在であるジョウイとの関係が曖昧である。シモザシキはその名からはザシキの次の間のようであるが、移築前にはその外に面する部分をクチナンド・ネドコという2室に仕切って寝室として使用していたから、もともと寝間的な部屋であった可能性もある。
建物の外周は土壁だが、内部間仕切には板壁を使う。しかしどの間仕切も内法より上には壁がない。そして天井はどの部屋にも張らないから、家全体がひとつながりの空間のようである。このように、外部に面する開口部を極力少なくするほかは、冬の厳しい寒さへの対処はほとんどなされていない。
平面の寸法は6.3尺(約191cm)を1間にして、梁行(奥行き方向)には1間、桁行(幅方向)には1.25間(7.87尺=約238cm)を基準に柱を割り付けている。そして梁行梁もこの柱割にしたがって7.87尺ごとに整然と配られその上に扠首が架けられる。しかし桁行梁は、上屋柱筋のほかには主要な間仕切り位置に置くのみである。主体部は4周の半間を下屋とするが、上屋・下屋境の柱を省略しない箇所も多く、例えばシモザシキやチャノマの内部には独立柱が立つという、古めかしい構造を見せている。
以上のように、工藤家住宅は当初から曲屋として建てられたものとしては最古の部類に属するものであり、また外観や間取りにも古式を残していて、曲屋の発生と展開を考えるうえでたいへん貴重な遺構である。
昭和44年(1969年)、国の重要文化財に指定された。
川崎市公式サイト


川崎市立日本民家園へのアクセス、見学のしかたなどは、こちらのページへ。




2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-01-15 11:43 | 神奈川 | Comments(0)


サイトマップ神奈川県 江戸時代前の文化財旧江向家住宅

1
b0212342_15201182.jpg


旧江向家住宅(きゅう えむかいけ じゅうたく)は、江戸時代中期に建てられた合掌造(がっそうづくり)の民家です。昭和43年(1968年)、富山県南砺市上平細島から川崎市立日本民家園に移築されました。翌昭和44年(1969年)には、国の重要文化財に指定されています。
富山県の五箇山(ごかやま)地方は、岐阜県の白川地方とともに合掌造(がっしょうづくり)で知られています。しかし、それぞれ特徴があり、五箇山でも庄川(しょうがわ)本流と支流の利賀谷(とがだん)とでは違いが見られます。この建物は庄川本流系で、「妻入(つまいり)」「正面に茅葺(かやぶき)の庇(ひさし)を付けた入母屋造(いりもやづくり)風」「田の字型の四間取り」といった特徴を持っています。床上には、下手に囲炉裏(いろり)のあるデイとオエ、上手にオマエとヘヤが並んでいます。デイは接客用、オエは日常生活の場、ヘヤは寝室、オマエは正式な座敷です。 このオマエは畳敷きで、浄土真宗が盛んな地域のためブツマ(仏間)が設けられています。急勾配の大屋根の部分は、養蚕などに使われました。囲炉裏の上の大きな棚は、火の粉が上がるのを防ぐとともに、濡れたものの乾燥などに使いました。
←現地案内看板
文化庁国指定文化財等データベース


旧江向家住宅がある川崎市立日本民家園へのアクセス、見学のしかたは、こちらのページを参照。



2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

14 ↓ 囲炉裏の上の火棚。火の粉が上がるのを防いだり、濡れたものの乾燥に使われた。

15
16
17

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-01-14 08:57 | 神奈川 | Comments(0)


サイトマップ神奈川県 江戸時代前の文化遺産旧佐々木家住宅

1
b0212342_14125120.jpg


佐々木家住宅の旧所在地である八ヶ岳の東、千曲川の流れに沿った長野県南佐久郡八千穂村は山あいの高冷地で、決して豊かな土地柄ではなかった。佐々木家は旧上畑村の名主を交替で勤める有力農家であった。当家には普請に関する古文書が多数伝えられ、それによって現主屋の新築に至る経緯から、その後の移築、そして増築の過程がかなり克明にわかる、きわめて珍しい例である。
享保16年(1731年)、当家より代官所宛に、家屋が破損したので古材を用い、また不足の分は自山の唐松を伐り出して新築したい旨を記した「普請願書」が提出された。この願い出は許可され、早速普請に取りかかったものと思われるが、現主屋を見る限り、主要部材に古材は用いられていないから、決して贅沢な家屋でないことを強調するためにこうした表現が使われたのであろう。ところが新築10年後の寛保2年(1742年)、千曲川の大氾濫によって上畑村は大きな被害を受け、その結果村をあげて山寄りの高台に移転することになった。佐々木家は幸い流出を免れたが、翌年他の村民とともに新しい土地へと移転した。この時、主屋は解体して移築したようである。そして延享4年(1747)に座敷の妻側に2室続きの客座敷を増築した。民家園への移築にあたってはこの延享4年の状態に復原されている。
さて、創建当初の規模は現状からザシキ及びオクザシキを取り除いたものと考えればよい。つまり床上4室からなる整形4間取(田の字型平面)を基本としていた。オカッテも現在のように広くはなく、おそらく囲炉裏を中心とした後半部だけが土間に張り出していたものと想像される。したがって今のナカノマが当初の客座敷で、その妻側には床の間が設けられていた。そして延享4年の増築工事によって接客空間が格段に充実する。つまり増築されたオクザシキには床の間のほかに違棚が設けられ、そしてナカノマからザシキ、オクザシキとL字型に配置された3室からなる接客の場が形成された。こうした形式は鍵座敷と呼ばれ、江戸時代後期の東日本の上層農家で多くみられる形式であるが、当家は南佐久地方における鍵座敷成立の時期を明らかにするものとして貴重である。なお、客座敷に付属する形で上便所や風呂場が設けられたのは、当家が名主という立場上、代官所の役人などを接客する機会が多かったことを示すのだろう。
増築の結果、桁行は14間(約25m)という長大なものになった。屋根は茅葺の寄棟造だが、土間の妻側は兜造にしている。兜造は群馬県や埼玉県西部など、養蚕の盛んな地方に多くみられるが、佐久地方の兜は厩の上部を下男部屋などに用いるために中2階を設け、そこに光を採り入れるための工夫であったから、これらとは少々系統を異にしている。また、床上部の前面及び背面には石置き板葺屋根の庇を設けている。
当家の構造上の特徴は、差物を多用して柱の省略がかなり進んでいることである。特にオカッテとチャノマ・コザシキの境には長さ4間という長大な差物を用いており、これは他の八千穂民家にも見られない特色である。
以上のように、佐々木家住宅は創建から移築・増築までの過程が詳細に判明する数少ない民家であり、また当初の南佐久地方の最も進んだ間取り及び構造技法を有する、たいへん貴重な民家である。
昭和40年(1965年)、佐々木家より川崎市に寄贈、川崎市立日本民家園に移築され、昭和42年(1967年)、国の重要文化財に指定された。
川崎市教育委員会公式サイト
文化庁国指定文化財等データベース


川崎市立日本民家園にあり、一般公開されている。
アクセス・見学のしかたなどについては、こちらのページを参照。


スマートフォンの方はこちらのマップ

2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-01-13 09:19 | 神奈川 | Comments(0)

川崎市立日本民家園


サイトマップ神奈川県 江戸時代前の文化財川崎市立日本民家園

文化財分布マップ



日本民家園内の国指定重要文化財



b0212342_15474382.jpg 旧伊藤家住宅
 きゅう いとうけ じゅうたく
 江戸時代中期の建築。川崎市内から移築。一般公開。
 map 35.60889, 139.55835

b0212342_11482510.jpg 旧江向家住宅
 きゅう えむかいけ じゅうたく
 江戸時代中期の建築。富山県西部、南砺市から移築。一般公開。
 map 35.60962, 139.56028

b0212342_15481711.jpg 旧太田家住宅
 きゅう おおたけ じゅうたく
 主屋、土間
 江戸中期の藁葺の古民家。

b0212342_15484531.jpg 旧北村家住宅
 きゅう きたむらけ じゅうたく
 江戸時代。

b0212342_15491597.jpg 旧工藤家住宅
 きゅう くどうけ じゅうたく
 江戸時代中期の建築。岩手県の中部、紫波町からの移築。一般公開。
 map 35.60848, 139.5587

b0212342_15495219.jpg 旧作田家住宅
 きゅう さくたけ じゅうたく
 主屋、土間

b0212342_15502141.jpg 旧佐々木家住宅
 きゅう ささきけ じゅうたく
 江戸時代中期、1731年の建築。長野県の南端、南佐久郡から移築。一般公開。



アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップへ。

最寄駅から徒歩

小田急電鉄 小田原線 向ヶ丘遊園駅 南口から、徒歩約15分(1km)。


バス

小田急電鉄 小田原線 向ヶ丘遊園駅 南口バスターミナル 5番のりばから、川崎市営バス 「溝口駅南口」行き(溝19系統)に乗車。1時間に2本。210円。「生田緑地入口」(いくたりょくちいりぐち)バス停下車。徒歩約3分。

小田急電鉄 小田原線 登戸(のぼりと)駅 生田緑地口バス停から、川崎市営バス 「生田緑地」行きに乗車。1日4本。210円。終点「生田緑地」バス停で下車。徒歩約1分。

JR南武線 武蔵溝ノ口(むさしみぞのくち)駅、または東急電鉄 田園都市線 溝の口(みぞのくち)駅 南口 バスターミナル 3番のりばから、川崎市営バス 「向ヶ丘遊園駅南口」行き(溝19系統)に乗車。1時間に2本。210円。「生田緑地入口」バス停下車。徒歩約3分。

バスの時刻表などは、川崎市公式サイト/市営バス案内ページへ。


駐車場

日本民家園入口へ徒歩1分のところに、タイムズ「生田緑地東口」駐車場あり。有料。160台収容。






見学のしかた



開園時間、休園日、入園料については、日本民家園公式サイトへ。

2017.11
開園時間 3月〜10月 09:30〜17:00、11月〜2月 09:30〜16:30
休園日 月曜日、祝日の翌日(祝日、土・日曜日は開園)、年末年始
入園料 500円

園内での写真撮影は、注意事項を守った上で建物内部を含め自由。

1 ↓ 日本民家園 入口および受付

2
b0212342_13463615.jpg

3

4

5
6
7
8
9
10
11
12
13
16
14
15
16
17

18 ↓ 園内にある「そば処 白川郷

19

20 ↓ 民家園そば


# by h9w457y8i | 2018-01-12 10:59 | 神奈川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。